上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


nendoroid_symphogear_hibiki_00.jpg

グッドスマイルカンパニー 戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響のレビューです。
音楽プロデューサーである上松範康が原作を手がけたオリジナルテレビアニメ 『戦姫絶唱シンフォギア』 の主人公。人類共通の脅威とされる認定特異災害・ノイズに唯一対抗できるシンフォギアシステムの装者のひとり。

私立リディアン音楽院高等科1年生の15歳。周りにに流れされやすく、リディアンに進学したのも親友である小日向未来がそこに進路希望したため。その分、環境適応能力は非常に高く、仲間や友人を作るのは上手。しかし、嘘や隠し事が下手。
物語から遡ること2年前に、ツインボーカルユニット・ツヴァイウィングのコンサートを観に行った際、ノイズとの戦闘に巻き込まれる。この時に意図せずしてツヴァイウィングであり防人の天羽奏が装着していたシンフォギアの破片を胸に受けて生死をさまよったが一命を取り留めた。その時の傷は今も、胸にフォルテ型の痕として残っている。そして、二年後の現代にて、再びノイズを遭遇した際、過去の事件の際の治療で摘出されず体内に残っていた 「奏の置き土産」 が起動して、シンフォギアシステムの装者となる。明るくもあり、困った人がいたら放っておけない性格なので、ノイズと戦うこともあっさりと受け入れた。ただ、最初の頃は戦う覚悟と言えるものがなく、ツヴァイウィングのもう一人で同じく装者である風鳴翼の気持ちを考えずに軽率な行動に出ることも。そのため、彼女からも敵視されたことも。後にそのことを反省したことや、司令官である弦十郎の下で戦闘訓練を受けることなどを得て、少しずつだが一人前の戦士として成長していく。翼もそんな響との交流を通じて、戦士として認め共に戦うことを誓った。
戦闘スタイルは近接格闘を得意とする。弦十郎から受けた訓練により、物語後半への成長も凄まじいものに(;゚д゚)

聖遺物の力が装者と適合しないと扱えないのがシンフォギアであり、響ももともと正規の適合者ではない。ただし、奏から受けたシンフォギアシステム3号・ガングニールの破片が身体の組織と固着・融合したことにより、後天的な適合者となった。システムを起動するごとにガングニールの浸食が進むため、身体能力・回復力が強化され、シンフォギアと装者の適合さをあらわす適合係数は正規適合者をも凌ぐほど。適合者の中でも一握りのものしか使えない完全聖遺物のひとつ・デュランダルの起動にも成功した。(ただし、最初はガングニールに作用した破壊衝動などから、暴走を起こしてしまったことも)


シンフォギアのねんどろいどは翼も予約中と、響とあわせてすでに2人が立体化。2人いるので、是非とも合わせて遊びたいところ。なので、まずは響を開けておかないとね^^
出来はまずまず良い感じです。人類共通の脅威・ノイズに加えて、そのノイズに攻撃した際を表現したエフェクトパーツも付いているなど雰囲気も味わえる。完全聖遺物デュランダルから破壊衝動により暴走した際の表情パーツも付属するなど、劇中の姿も再現できるようになっています。



作品名戦姫絶唱シンフォギア
発売元グッドスマイルカンパニー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2012/09/27
原型まるひげ
制作協力ねんどろん
スケールノンスケール
全高約100mm
仕様ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・専用台座付属
使用カメラPENTAX K-x




nendoroid_symphogear_hibiki_01.jpg nendoroid_symphogear_hibiki_02.jpg

ケースは、響のイメージカラーにあった暖色系。模様も同じカラーリングながらも、見映えがいい。
後ろはやはり、あの顔がインパクト絶大w



nendoroid_symphogear_hibiki_03.jpg


中身はこんな感じ。久しぶりに説明書がビニールに封入されていますね。こういうビニールは後でパーツ入れに使えるのでありがたいところ。



nendoroid_symphogear_hibiki_04.jpg

nendoroid_symphogear_hibiki_05.jpg nendoroid_symphogear_hibiki_06.jpg

何時も通りにぐるり。もちろん、ガングニールを装着した響の姿。近接格闘ベースなだけあって、二の腕は動かしやすく露出しており、両腕にガントレットのような強化パーツ。両耳にあてたヘッドフォンのようなものから、触覚のような装甲、軽装の衣装を、デフォルメながらも高い再現度で作られています。アイプリも劇中に準拠したイメージになっていますね。

出来はまずまず。と言っても、一部粗いところがあるぐらいで、造形も塗装もいいレベル。ただし、注意点としてパーツのポロリが多いこと。背中には飛行をアシストする小さなウイングがあるのですが、これもかなり外れやすいです。
また、背中に差し込む台座のアームですが、あまり深く入りません。入らないのは、首のボールジョイントとの干渉を防ぐため、ダボ穴が浅くなっているため。正直なところ安定感が悪かったので、自分は穴を削って貫通させました。先に首のボールジョイントを差し込んで、その後に台座のアームを差し込めばよし。言うほど変わらないですが、最初よりはマシにはなりましたね。



nendoroid_symphogear_hibiki_07.jpg

顔アップ。もちろん、ノーマル顔です。明るいイメージを感じさせる、にっこりスマイル顔ですね。
元がそうであるためか、前髪が短い。物語劇中ではそんなに目立ってた印象はないですが、ねんどろになると非常におでこが開いて見えます。また、目尻が左右の髪にかかるかどうか微妙なところにあるのも特徴。



nendoroid_symphogear_hibiki_08.jpg

アイプリはとても綺麗ですな。お口のラインもしっかり描かれています。



nendoroid_symphogear_hibiki_09.jpg nendoroid_symphogear_hibiki_10.jpg

髪造形やヘッドフォンのような装甲などもばっちり仕上がっています。パーツがそれぞれ別なのか、塗装もまずまずいい。
頭部のアホ毛や、下の方で横に出ているところも良い感じですね^^



nendoroid_symphogear_hibiki_11.jpg

nendoroid_symphogear_hibiki_12.jpg nendoroid_symphogear_hibiki_13.jpg

胴体の衣装や、腕の装甲も申し分ない出来映え。肌との塗り分けとかもよく、綺麗に塗装されていますね。
背中のパーツとアームは干渉しないので、付ける順番などは特にないですね。

今回のねんどろは何時もと違い、股関節がボール型のものにはめこむ仕様になっています。なので、いつも以上に角度の調整などの自由度が高い。ただし、ここもポロリが多いようです^^;




nendoroid_symphogear_hibiki_14.jpg

頭部はこのように分けられています。装甲は全て前頭部に付いていますね。
なお、この写真では撮る都合上このように置いていますが、前頭部はこの向きで置くのは余りよくないかもですね^^;




nendoroid_symphogear_hibiki_15.jpg

続いて、付属パーツなどをパシャリとな。



nendoroid_symphogear_hibiki_16.jpg

ファイティングポーズよろしく、曲げ腕が両方付いています。対称的ではなく、やや違うタイプの曲げ腕になっていますね。




nendoroid_symphogear_hibiki_17.jpg

続いて、人類共通の脅威・ノイズやエフェクトパーツなどをパシャリとな。
右腕のガントレットは、機構が噴出したタイプになっております。こちらのは右手分だけ付属。



nendoroid_symphogear_hibiki_18.jpg

先に表情パーツ。こちらは戦闘顔です。
さっきまでのスマイルとは違い、気迫あふれる表情です。いわゆる叫び顔、怒り顔に相当する表情パーツです。戦うねんどろにはもってこいですな!

眉毛が真ん中に向かって下がっているので、さっきよりもでこがより強調されるようになってますな^^;



nendoroid_symphogear_hibiki_19.jpg

正面からはわかりにくいですが、背中のパーツも差し替えています。ジェット噴射エフェクトが付いたタイプともう一種類パーツが付いているので、空中アクション時はこちらに差し替えるといいかなと。ただ、こっちも外れやすいことこの上ないw



nendoroid_symphogear_hibiki_20.jpg nendoroid_symphogear_hibiki_21.jpg

ノイズとエフェクトはそれぞれ別パーツで、支柱も別々についています。ノイズはクリアパーツがベースで、この大きさで出来も悪くない感じ。両腕とも二の腕からが別パーツで、縦に回転させられるようになっています。
支柱の(台座側の)付け根ですが、ノイズの方は台座の大きな穴に、エフェクトパーツは小さな穴に差し込めるようになっています。本体に取り付ける方のは同じサイズなので、組み合わせを入れ替えることもできるようです。詳しい付け方は説明書にありますので、これから開けられる方はそちらを見るといいかと^^




nendoroid_symphogear_hibiki_22.jpg

そして、劇中でもインパクトのあった表情のひとつ。顔が黒く染まったこちら((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



nendoroid_symphogear_hibiki_23.jpg

説明にもある通り、暴走顔です。アインのファントム顔以来の、化け物顔です(マテ
真っ黒の顔に赤い目が二つ。口はにかっと笑みを浮かべていますが、何時もの明るさではなく、どこか悪を楽しむ雰囲気を感じさせます。



nendoroid_symphogear_hibiki_24.jpg

アインのファントム顔と違い、ベースが完全に真っ黒になっています。ボールジョイントも真っ黒と、再現度の意識は高い。
ただし、色移りには注意がいりますね。




nendoroid_symphogear_hibiki_25.jpg

その表情のまま、最後はこちら。



nendoroid_symphogear_hibiki_26.jpg

完全聖遺物・デュランダルです。移送任務中に響の歌に呼応して起動し、響を暴走させたもののひとつ。その後、終盤で活躍したものでしたね^^
一部塗装は省かれていますが、出来はなかなかいいです。こんなごっつい剣も久しぶりですかね^^

柄のサイズは細目なので、一般的な握り手で持たせられそうです。





さぁ、アクションポージング!!

nendoroid_symphogear_hibiki_27.jpg

ファイティングポーズ♪



nendoroid_symphogear_hibiki_28.jpg

表情を変えると、かっこよさが引き立ちますね。



nendoroid_symphogear_hibiki_29.jpg

ノイズと対峙...



nendoroid_symphogear_hibiki_30.jpg

エフェクトパーツがあると、より衝撃が絵で伝わるかな。



nendoroid_symphogear_hibiki_31.jpg

別方向でも一枚。



nendoroid_symphogear_hibiki_32.jpg

暴走顔で飛びかかるポーズなども...



nendoroid_symphogear_hibiki_33.jpg



nendoroid_symphogear_hibiki_34.jpg

劇中で、ブーツのギミックにより体得した跳び蹴り。曲げ足が付属しているので、ねんどろながらも躍動感あるポーズにできますね^^
ってかも、ライ○ー×ックだよね、このポーズw



nendoroid_symphogear_hibiki_35.jpg

単独でもう一枚。



nendoroid_symphogear_hibiki_36.jpg

デュランダルの制御に成功した図を考えて...まぁでも、響はやっぱり格闘術のイメージが強いから違和感が(特に師匠との訓練の所為か...





最後は、挿げ替え分を!
響は試してみたところ、昔のミク互換あるねんどろとの相性はよくないです。まりたんとかもやっていますが、うまくはまりませんでしたね

nendoroid_symphogear_hibiki_37.jpg

まずは、美樹さやかノーマル顔です。

デュランダルがあったので、なんとなくチョイスしてみた。目の大きさとかもそんな違和感がないかなと^^



nendoroid_symphogear_hibiki_38.jpg

続いて、チルノ怒り顔です。

怒り顔は多くあるのですが、最近レビューしたさくらやエステルはちょっとイメージが近い気がしたので、チルノにしてみました。角度的にわかりにくいかもですが、でこはやっぱり...^^;



nendoroid_symphogear_hibiki_39.jpg

おなじみの、ぴくせる☆まりたん ブチこめ!強襲戦闘Ver.驚き顔です。

これもある意味、感情が壊れてしまった何かなのか...w



nendoroid_symphogear_hibiki_40.jpg

こちらは、黒雪姫笑顔です。

少しツンのある怒り顔をやってみた。人当たりのいい響のイメージじゃないかもだけど、かわいいは正(ぉぃ



nendoroid_symphogear_hibiki_41.jpg

お次は、柏崎星奈泣き顔です。

怖いやだー!と泣き叫びながら吹っ飛ばす図・・・(;゚д゚)



nendoroid_symphogear_hibiki_42.jpg

打って変わって、コーデリア・グラウカ先祖顔です。

自信たっぷりな印象の響。不敵な笑みでファイティングポーズ!



nendoroid_symphogear_hibiki_43.jpg

こちらは、アイリ怒り顔です。

ノイズに向かって、飛び蹴り一発!!



nendoroid_symphogear_hibiki_44.jpg

続いて、暁美ほむら困り顔です。

時には悩みに立ち尽くすことも...



nendoroid_symphogear_hibiki_45.jpg

特殊な表情繋がりで、アインファントム顔です。

世間から姿を隠し、裏で戦い続ける?響。



nendoroid_symphogear_hibiki_46.jpg

こちらは、乾紗凪ディフォルメ顔です。

許さーん!!



nendoroid_symphogear_hibiki_47.jpg

続けて、明智小衣ブチギレ顔です。

怒りにまかせて、拳イッパーツ!!



nendoroid_symphogear_hibiki_48.jpg

以上、グッドスマイルカンパニー 戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響でしたー

造形など出来自体はほどよく、付属も良い感じでした! 一方、ポロリが多いため忍耐力がそこそこいるかなぁっと(ぇ
アクションフィギュアにあった格闘キャラなので、ポージングも楽しめましたね。そして、暴走顔ですね。これはまた面白いのがきてくれましたわ^^
次の翼も特徴的な表情持ちな上、武器もでけぇので実に楽しみです^^ あと、クリスも立体化して欲しいですな。




【関連記事】
葬儀社のメンバーという顔も持つ、ミステリアスなボーカリスト ~ ねんどろいど 楪いのり
魔法少女に夢を見ていた女の子 ~ ねんどろいど 鹿目まどか 制服Ver.
願いをかなえるためあらわれた霊的ねんどろいど ~ ねんどろいど めんま
性格以外は完璧・・・らしい残念系ヒロイン ~ ねんどろいど 柏崎星奈
魔法少女に夢を見ていた魔法少女 ~ ねんどろいど 鹿目まどか
ひきこもり電波女ねんどろいど ~ ねんどろいど 藤和エリオ
居候する電子戦用ねんどろいど ~ ねんどろいど ニンフ
黄金に輝く瞳、ちっちゃくも凛々しい剣姫 ~ ねんどろいど 柳生十兵衛 OP Ver.
剣豪・三厳を宿す剣姫 ~ エクセレントモデル 覚醒せし剣姫 柳生十兵衛



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/875-ab1af8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。