上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


maxf_luka_tonyver_00.jpg

マックスファクトリー 巡音ルカ Tony ver.のレビューです。
クリプトン・フューチャー・メディアの音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェア 『ボーカロイド』 の第3弾 『巡音ルカ』 のキャラクター製品名と同じ名前である。

20歳の女性で、有名なボーカロイド・初音ミクより4歳年上のお姉さん(的存在?)。“ムーディかつハスキーな女声”をコンセプトに収録されており、得意ジャンルはラテン・ジャズ、エスノ系ポップス/ハウス、エレクトロニカ系ダンスとのこと。初音ミクたちに比べ長身のように描かれることもあるが、身長は162cmと女性では普通な方。また、シリーズでは初めての、日英両語を扱えるバイリンガルなボーカロイドでもある。衣装は、物理モデリング・シンセサイザーをモチーフにしているだけでなく、そこに木管・金管楽器の要素も加えられている。

こちらのスケールは商品名通り、シャイニングシリーズなどでおなじみのイラストレーター・Tonyさんが描いた巡音ルカをモデルに立体化されたもの。Tonyさんの描く、透明感のある色彩や柔らかな質感を忠実に再現、とあります。また、大人の魅力あふれるルカ姉さんの挑発的なポーズは必見!とのこと・・・確かに(*´∀`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
ルカと言えば、なんといってもその衣装でしょうか。前述の特徴をいかした、金と黒のコントラストをいかしたデザインであり、これが丁寧に再現されています。また、大胆でセクシーなポーズ故の躍動感など魅力あふれるフィギュアになっていますよ(何この解説、と自分で思った件



作品名キャラクター・ボーカル・シリーズ03 巡音ルカ
発売元マックスファクトリー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2012/07/31
原型智恵理
スケール1/7スケール
全高約230mm
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




maxf_luka_tonyver_01.jpg maxf_luka_tonyver_02.jpg

パッケージは、紫系のカラーリング。赤紫から青紫へのグラデーションがお綺麗ですね。
その随所に、キラーンと光が放たれているのがまた( ´∀`)b


maxf_luka_tonyver_03.jpg


中身はこんな感じ。本体とわかれているのは、台座とマイクのみです。
ただし、後で触れますが、身体のあるところを境に別パーツで、スカートが着脱できるようになっています。



maxf_luka_tonyver_04.jpg maxf_luka_tonyver_05.jpg

全身ぐるり。グッスマ公式の宣伝に恥じない大胆かつセクシーなポーズのルカ姉。マイクを持った右腕をあげて後ろにやって、左腕は曲げて顔の近くで丸めた感じ。セクシーな大人の外見でありながら、女の子のようなかわいさも持ち合わせています。
左側に大きくスリットの入ったロングスカートは、ルカの動きに合わせて舞い上がっていてリアル。ひねった腰からおみ足へのラインはモデルのようで、そのお姿はアイドルのよう。

両脚がしっかり地に足ついた静のポーズでありながら、その姿はポーズを取ったばかりのようで、躍動感を感じさせます。



maxf_luka_tonyver_06.jpg maxf_luka_tonyver_07.jpg

周りの衣装が木琴を思わせる茶色風味の黒を基本カラーとしているだけに、スリットから見えるふとももの白肌が余計に映える。大人の肉感溢れるふとももと、ちらりと見える横尻のラインは絶景でございます(*´∀`)



maxf_luka_tonyver_08.jpg maxf_luka_tonyver_09.jpg

スカートの翻りは後ろから見ても見事で、同じく棚引く長い髪とバランスのいいボリューム感を持たせています。

おみ足の下、台座はレコードの形になっているがまたいい。ルカが得意とするジャンルが、クラブ・バーなどでしっとりと聞くようなラテン・ジャズ系ということで、すごくマッチしているかなぁと。



maxf_luka_tonyver_10.jpg maxf_luka_tonyver_11.jpg

さすがに量産ものなので、一部粗いところもあるでしょうか。全体的にはすこぶる出来がいい。気になるかな、金で塗られた塗装も塗装剥げやはみ出しなく塗られており、完成度は高い。
結局のところ、買い手がこれを買うかどうかを見極めるのは、顔の好みによると思います。ただ、Tonyさんver.とは言え、顔は元のイラストにかなり近い感じがあります。
再現度は申し分なく、いや、それ以上に肉感のあふれる造形になっているかなと個人的には思ったり。公式にある”肌を真っ白にすることで生命力が弱いような印象や冷たい印象”という設定どこいったレベルであるw



maxf_luka_tonyver_12.jpg

maxf_luka_tonyver_13.jpg maxf_luka_tonyver_14.jpg

顔アップ。大人らしい優しい笑みを浮かべた表情になっています。公式のルカの顔に近づけつつも、Tony顔らしさがあります。顎やお鼻の造形が特徴的で申し分ない。別アングル見ても造形されているのがはっきりわかる唇もいいですな。特に下唇ににやりときます。
アイプリも当然お綺麗なのは、さすがグッスマ関連のフィギュアだけあります。(原型元はマックスファクトリーですけどね
髪はクリアパーツのようで透明感あります。毛先まで丁寧に造形されていて、中に気泡もなく丁寧に造られています。



maxf_luka_tonyver_15.jpg

maxf_luka_tonyver_16.jpg maxf_luka_tonyver_17.jpg

maxf_luka_tonyver_18.jpg maxf_luka_tonyver_19.jpg

後ろの流れる長髪や、左腕からしだれ落ちている髪もクリアパーツのようで、毛先の方はさらに透明感が増しています。毛先のくねっっている造形も丁寧で、シャープさもいい。ロングスカートの翻りと同じぐらい、自然な躍動感が表現されています。




maxf_luka_tonyver_20.jpg maxf_luka_tonyver_21.jpg

衣装は、茶色のインナースーツに黒のトップスとロングスカートですかね。インナースーツが身体にフィットしているので、露出しているように見えて露出度は低い方。
ロングスカートほどではないですが、トップスの裾も僅かに浮き上がっており、その造りがとてもリアルです。




maxf_luka_tonyver_22.jpg maxf_luka_tonyver_23.jpg

maxf_luka_tonyver_24.jpg

インナースーツは二の腕の中間まであり、そこにブレスレットのようなベルトを巻いています。留めている部分が重ねるのではなく合わせるタイプのようで、腕の外側にそのつなぎ目まで再現されています。腕にあるちょっとしたアクセントですが、造形も塗装もすこぶるいいですね。
さらにシンセイサイザーをモチーフにしたアームウォーマー、こちらも造形・塗装ともにいい。腕のように綺麗に弧を描いている感じではなく、やわらかいぐにゃっとしているところが質感あります。
その先の細い指も魅力的。マイクを掴んでいる感じが実に自然です。

左腕は肘を曲げており、その曲げた間にむちっと肉感が詰まっているのがいいですね。もともと細腕だけに、余計にそれが目立っています。指は爪まで造形・塗装がされているなど、いい出来映え。




maxf_luka_tonyver_25.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

公式から巨乳であるルカ姉さん。おっぱいもいいですが、真ん中で閉じているところの金縁は綺麗に塗装されていますし、その周りのシワ造形も細かいと、出来はピカ一。
トップスも肌にぴっちりで、先っぽの造形も僅かに伺えます! って、インナーにトップス着て、この造形とか、どんだけぼ.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○



maxf_luka_tonyver_26.jpg

胸の上には、金管楽器をモチーフにした飾りが抜群の出来で再現されています。下のトップスにも塗装が移っていなく、非常にいい( ´∀`)b



maxf_luka_tonyver_27.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!



maxf_luka_tonyver_28.jpg

腋造形も実にいいね!
ってか、インナーってここまでフィットするのかってぐらいフィットしています。
もともと別パーツだったのかもしれませんが、トップスとも塗装が綺麗に塗り分けられています。



maxf_luka_tonyver_29.jpg

お腹周りをパシャリ。くびれの上の方までは身体にフィットしているようで、その造形が伺えます。そこから下は余裕がある感じで、裾は縁のカーブに従って広がっています。
センターの縁だけでなく、裾の縁の金の塗装もまずまずの綺麗さです( ´∀`)b 一部粗いですが、はみ出てないのは嬉しいところ。


maxf_luka_tonyver_30.jpg

胸下から裾にかけて、シワ造形がすごい。もともとトップスがぴっちりで、さらにセンターでしっかり閉じているからこそですかね。浮き上がっているのは、それに引っ張られている分もありますね。



maxf_luka_tonyver_31.jpg

maxf_luka_tonyver_32.jpg

長髪で見えづらい背中側はこんな感じです。正面からは撮りづらいのが残念だったけど、造形上の問題だから仕方ない。腰のひねり故に、左側のシワが寄っているのがわかります。



maxf_luka_tonyver_33.jpg

トップスとスカートの間に僅かにインナーが見えており、フィットしたおへその造形。全高の割に、おへそは小さく造形されていますね。それがまたいいですけどね(*´∀`)

スカートを固定している二重のベルトも申し分ない出来映えです。金具とベルトの塗装が綺麗に塗り分けられているのも良い感じ。



maxf_luka_tonyver_34.jpg

棚引くスカートには、めっちゃ細かいシワ造形。造形的なところでは意外と見所かな。
これだけ深くシワ造形を形成しつつ、造形の粗さがないのがすごいです。ちょっとぐらい凹凸のミスがあってもおかしくないほどなのに、この完成度!!



maxf_luka_tonyver_35.jpg

スカートのスリットの方に描かれている、金管楽器を模したようなラインも綺麗にプリントされています。
そのスリットからはふとももがはっきりと見えており、もう少し顔を下げるだけでパンツが見えてしまうほどになかなかの棚引きだと思います。

この絶妙さと、ある意味で絶対領域のようになっている造りがこのフィギュアの魅力の一つでもあるのですよ!




maxf_luka_tonyver_36.jpg

スカートはシワ造形に連なって、ドレープを造り出しています。この一つ一つの盛り上がりが自然で、やや凹みもある独特の膨らみがいいフィギュアの証拠。



maxf_luka_tonyver_37.jpg

maxf_luka_tonyver_38.jpg maxf_luka_tonyver_39.jpg

後ろもすげぇ。シワ地獄か、ここは(ぉぃ
上からどんどん大きい波になっていくような造りが非常にいい。このシワ造形から、スカートのやわらかさや厚みがよりはっきりとわかる気がします。

ベルトの出来は後ろも申し分ないです。色も綺麗。



maxf_luka_tonyver_40.jpg

スカートの縁の金色も実に綺麗に塗装されています!




maxf_luka_tonyver_41.jpg


おみ足は、左足はすらりと、右足はくの字にして立っています。どうでもいいことですが、照明の都合上、運良くパンツが見えてないねw
スリットの影響か、ふとももがすごく強調されていていいね(*´∀`)



maxf_luka_tonyver_42.jpg

でも、先にパンツをパシャリ。でもでも、暗めでわかりづらいでしょうか?
ふとももは華奢な体型ながらも肉感はそこそこある感じです。露出しているところがここぐらいな分、余計に目がいきますな。



maxf_luka_tonyver_43.jpg

スカートをはいた状態でも、横から見るとおしりのカーブが横からおがめられます(*´Д`)
ルカ姉さん、なんてサービスのいい!(ぉぃ



maxf_luka_tonyver_44.jpg

膝小僧周りも素晴らしいです。また後で触れるので、ここでは簡単に撮っておくだけ。



maxf_luka_tonyver_45.jpg

また、ローアングルで、今度は尻造形。
最初のあたりで触れましたが、スカートは着脱できます。でも、スカートをはいた状態でも見たい人がいるかなと思って、一枚ね。

大人らしい黒い下着に包まれた白桃果実が二つ・・・ふとももにあったムチっ感のあるおしりです(*´ω`*)




maxf_luka_tonyver_46.jpg

前述通り、台座はレコードになっています。何気にデザインが意識されていて、レーベルの大きさなど、そのまま再現されています。中心に黒い丸がありますが、CDなどにもあるこちらはプレイヤーのターンテーブルに乗せる際の軸用の穴です。と言っても、実際に穴が開いているわけではなく、プリントで再現しているようです。

なお、このレコードで実際に音楽がかかるんじゃないかと一部で噂になっていたようですが、台座の厚みをみた感じ、まずそれはないなと。そもそも回しても足の接続部のところで引っかかるしねw あと、記憶通りだなら、実際のレコード盤はもっと大きかったような・・・。





では、続いて、皆さん期待?の着脱分です(*´ω`*)

maxf_luka_tonyver_47.jpg

maxf_luka_tonyver_48.jpg maxf_luka_tonyver_49.jpg

maxf_luka_tonyver_50.jpg maxf_luka_tonyver_51.jpg

さっきまでのセクシーさは残しつつも、どこか露出き.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○
ほぼ隠れていた右ふとももから股のまわり、後ろのきゅっと締まりつつも実りのいいおしりまでしっかり拝められます!


なお、着脱するところはお腹の上のところトップスの内側です。なので、着脱部がほとんど目立ちません。下から見下ろさないとわからないレベルですね。ロングスカートも別パーツなので、ふとももなどへの色移りは注意がいります。なお、新品であればちゃんとビニールが間に入っておりますので、ご安心を。



maxf_luka_tonyver_52.jpg

改めて、ふとももへ・・・たまらんな(*´∀`)b

オーバーニーソのところですが、ちゃんとおみ足が食い込むように造られています。もう少し肉感を感じさせてくれるとよりよかったですが、これだけでも十分いい。



maxf_luka_tonyver_53.jpg


maxf_luka_tonyver_54.jpg maxf_luka_tonyver_55.jpg

膝小僧をパシャリ。こちらは左足。
さきほどの写真でも十分伝わったかもですが、この膝小僧の周りの凹凸がほんとよくできているんですよ。それだけニーソックスがフィットしているわけですが、ただ単に前にふくらみがあるだけでなく、横の膨らみから膝小僧の真下のきゅっと締まっているところ、膝裏の中心の膨らんだところとその周りに凹んだところ、細かいね。こうリアルに再現されているのは、素直にぞくりとさせられます。



maxf_luka_tonyver_56.jpg maxf_luka_tonyver_57.jpg

一方曲げている方の右足は我々が足を曲げている時と同じで、左足のような独特の凹凸はわかりにくい方。
それでも膝の真下がやや締まっているところ、膝裏にやや浮き上がった骨の造形が見えているなど、再現度は良い感じです。



maxf_luka_tonyver_58.jpg


maxf_luka_tonyver_59.jpg maxf_luka_tonyver_60.jpg

その下にいって、ロングブーツの出来映えもご覧の通り。ニーソックスとは違い、ブーツらしい固さのある質感が再現されています。紐の結び目まで丁寧に造形されており、塗装も抜群です!
後ろのふくらはぎの膨らみも申し分なし。足首の後ろにできるシワ造形まで、細かいところまで行き届いています。



maxf_luka_tonyver_61.jpg maxf_luka_tonyver_62.jpg

左足の方もこの出来映え( ´∀`)b ニーソックスの方は金色の縁などはほとんどないため、足先を包むロングブーツが金色というのがまた色的なバランスのよさを出しているでしょうか。

また、そのブーツの出来がいいところがさらにグッときますね。





maxf_luka_tonyver_63.jpg

下の下着は大人の黒ぱんちゅ(*´Д`)

でも、こちら、最初はレオタードなんじゃないかなとも思ったりしました。と言いいますか、構造がよくわからないんですよね。インナーがちょうどパンツの真上まできていますが、パンツの中に入れているのか、ちょうどここまでなのか、それとも実はパンツの上にスーツを着込んでいるのか。ただ、造形で見ると、インナーがパンツを包んでいるようなものじゃないので、別々のものなのかな。・・・と冷静にどうでもいい分析をw 多分、インナーがパンツの中にあるのが有力だと思うんですけどね。

まぁ、ルカ姉のぱんちゅが見れればなんでもいいんですけどね!(ぉぃ

見て分かるように縁造形まで再現されています。横は紐のように短い、セクシーな黒パンツ! そして、これは!と思ったのが、土手の盛りですよね。パンツがやや重たげに包み込んでいるのが造形から伝わってきます(*´ω`*)土手にパンツの生地がやや引っ張られる感じになっているんですよね。


maxf_luka_tonyver_64.jpg

ふとももも合わさって、たまらぬたまらぬ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



maxf_luka_tonyver_65.jpg

おへそも合わせてパシャリ!! 可能であれば実際のルカ姉さんのここに顔を押しつけて、頬をスリスリ&クンカクンカしたいです!!(そして警察へ...w




maxf_luka_tonyver_66.jpg

続いて、おしりの方へ。
もう申し分ない丸みです! 当然、こんな小さいパンツじゃルカ姉のぷりんぷりんのおしりは包みきれない、見事にはちきりていて、なぜ横紐がやぶれないのかと言いたいぐらいです!!(マテ
後ろの方も、縁造形が丁寧に再現されています。それだけに安心してニヤニヤできるんですよね(ぇ

ちょっと暗いので見づらいですが、おしりもいいけど、その上の肉感もいいのですよ。



maxf_luka_tonyver_67.jpg

こちらか見ると、パンツに収まりきれない上尻がやや窮屈にしているように見える(何 そのムチムチ感が非常にいい! もちろん、下尻のラインもばっちり。またそのラインがややたるみあるというか、お尻も少し重たげな感じになっているところが、すごくリアル! なに、このけしからん尻は!!(*´Д`)ジュルリ

また、ルカ姉のいいところは上はインナーに包まれた上尻と、露出した白い下尻、この魅力溢れすぎな尻を見ないで何を見ると言うんだ!!(ぉぃ



maxf_luka_tonyver_68.jpg


こちらにも、是非とも顔を押しつけたいね!いや、マジで(ぉぃ
谷間の上の方を見ると、両側から引っ張られている感じがよく再現されているなーと思います。
また、こちらから見ても、土手の膨らみのよさが多分にわかるんですよね(*´∀`)b




maxf_luka_tonyver_69.jpg

寝かせた状態でも撮ってみたり。
このアングルで撮ると、より土手の膨らみ感がわかるんじゃないかと思います。
成長したま○肉たまらなす(*´Д`)ヾ(・∀・;)コラコラ



maxf_luka_tonyver_70.jpg

さらに、別アングルでも一枚。
'`ァ,、ァ'`ァ,、ァ(*´Д`*)もうかぶりつきたい!!



maxf_luka_tonyver_71.jpg

最後に、おしり側からも一枚ね。
もうこのムチムチ感マジすげぇ。

智恵理さんもう、良い仕事しすぎや(´Д⊂ヽ





とまぁ、こんな感じで、今回もレビューなのかよくわからん感じになってしまったw
あとは適当に...

maxf_luka_tonyver_72.jpg


うーん、こうして見て改めて、ルカ姉さんが立体化したことに涙が出るな。
リン・レンのスケールが出て、あそこで終わってしまってがっくり肩を落としたあの頃が懐かしい。もちろん、あちらに合わせたルカも出てくれりゃ買いますが、個人的にはもうこれで十分満足できるレベルだった・・・特に下が(マテ



maxf_luka_tonyver_73.jpg


もともとがこんな大胆なポーズってのが悩ましいです。
ルカ姉さんのスリットってそこまで気にしてなかったけど、こうして見ると、こんなので踊られたら男どもはみんな前屈みになるのでは(自重



maxf_luka_tonyver_74.jpg

なんか下ネタな方向ばかり言っていますが、全体的に見ても出来がいいのは確かです。ただ、それ以上に肉感の造形っぷりが素晴らしいんですよね。



maxf_luka_tonyver_75.jpg


ただ、後ろから見ると、生々しさは欠ける。当然ですけどね。
でも、シャープな髪の透明感たる美しさはいい。




maxf_luka_tonyver_76.jpg


んで、結局、スカート着脱状態でもちゃっかり撮っているというw



maxf_luka_tonyver_77.jpg


やはり、尻がいいですな尻が(ぉぃ



maxf_luka_tonyver_78.jpg


肉体だけを楽しみたい方へ...(ぇ




maxf_luka_tonyver_79.jpg
最後はいつもの感じで...



maxf_luka_tonyver_80.jpg

以上、マックスファクトリー 巡音ルカ Tony ver.でしたー

出来はとてもよく、非常にドキドキさせられたりニヤリとさせられたり、いろんな意味で魅力的なフィギュアでございました。正直なところ、ルカ姉の決定版でもいいぐらいの完成度です。ルカ姉のスケールはもうこれだけあればいいんじゃね、ってぐらいにいいものだった。
顔も好みを選びますが、正直、元のイラストとそこまで差があるほどでもないんですよね。やわらかい造りで、普通にルカとして受け入れられるレベル。いや、ルカなんだけどね。

このTony ver.はミクとルカときたけど、次はあるんですかね。動きがあればまたホビージャパンに載ると思いますが、はてさて(*゚д゚)




【関連記事】
ポニテ髪も美しい、応援ねんどろいど ~ ねんどろいど 巡音ルカ 応援Ver.
ハスキーボイスなお姉さんボーカロイド ~ figma 巡音ルカ
POP & CUTE!! ふっくらかわいいボーカロイド ~ マックスファクトリー 初音ミク HSP ver.
川神流後継者、最強のヒロイン ~ ねんどろいど 川神百代
ちっこいミクさんもかわいく元気に応援! ~ ねんどろいどぷち 初音ミク Cheerful Ver.
悲願の初優勝記念! ~ figma レーシングミク2011 初優勝記念ver.
ユルさとか、癒しとか・・・ ~ ミクモ #02 Original Collection まるくなる
始めるのよ これは戦争 ! ~ 初音ミク 恋は戦争ver. DX
”核融合炉にさ 飛び込んでみたら-” ~ 鏡音リン -炉心融解-



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/832-b5afa1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。