上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


DXGokin_yf29_alto_00.jpg

バンダイ DX超合金 YF-29 デュランダルバルキリー(早乙女アルト機)のぷちレビューです。
ブログを開設して多分・・・初めてじゃないかな。自分で買ったものじゃなく、他人のフィギュアのレビューですw

先日、twitterのフォロワーであるゼファードさん家に行ってきました。もともとは彼の家にDDのセイバーオルタがくるので、それを見るために行ってきたのですが、そのセイバーオルタが組み立てられている時間の間にお借りいたしました。未開封だったのに、先に触ってよかったんだろうかと思いつつも、変形させたり撮ったりしましたよ^^

しかし、人の家でもフィギュア撮ってるのか私ぁww


こちらは、劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~に登場した、S.M.Sに回されてきた試作機。基本カラーは、白と赤。機種および主翼前部が白になっており、残りが赤で構成されている。(早乙女アルト機)とあるように他のバリエーションも存在するが劇場版で登場しているのYF-29はこの機体のみで、他はゲーム 『マクロスラストフロンティア』 に登場している。アニメ本編にも登場するVF-25 メサイアやVF-27 ルシファーとは共通の設計母体を持つ姉妹機でもあるが、それらよりも高性能の最新鋭機である。頭部には1本の角、両耳部に25mm高速機関砲が搭載されている。

DX超合金だけあって、重量感もかなりのもの。さらにファイター(航空機)・ガウォーク(中間形態)・バトロイド(人型)の3段変形が完全再現できる完成品になっています。過去に発売されたVF-25やVF-27からの技術蓄積により、変形機構やギミックがさらに進化した商品になっている。必然とも言えるが、前述の高性能という部分をまさにそのまま超合金の完成度の進化であらわしているかのよう。
なお、ぷちレビューですが、DX超合金 YF-29用スーパーパーツもお借りしましたので、一緒に載せております。こちらのスーパーパーツは、専用の強化パックとして劇中に登場しています。魂ウェブ商店2011年11月発売限定品。

あと、ぷちレビューと書いているのは、いつもの感じで撮っていないのと、めいいっぱいあっちもこっちも撮っていませんので^^ ただ、マクロスのような変形型超合金はアクエリオン以来で久しぶりな上、マクロスF関係の知識はほとんどないので、まぁ悪戦苦闘しましたw 何時ものようにガシガシ撮っていたら、あの時間内では終わらなかったかな...あくまで私が素人だったから・・・です。



作品名劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2012/06/25
仕様ABS・POM・ZnDC製塗装済・可動フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




DXGokin_yf29_alto_01.jpg

いきなりですが、すでにファイターになったところからスタート。
っても、もとからファイターなんですけどね。一応、開封時と違うのはタイヤを押し出しているのと、ガンポッド(ハワード / LAI社製 HPB-01A重量子ビームガンポッド)を装備した状態になっているところかな。
と言いましても、ガンポッドは上からじゃわからないよねw
ちょっと気になったのが、後ろのちょうど真ん中にあるシールドですかね。外れやすいのが少し・・・ひょっとしたら自分の付け方が間違っていたのかもしれないのですが。引っかけても、ポロッと外れてしまうことがあって困りました。

塗装は綺麗な方ですが、一部ちょっとは滲んでたみたい。クリアパーツとか各部しっかり質感ある成形がされていました。なによりすごいのは、これだけでかいフィギュアでありながらシャープな部分やパーツが多いこと多いこと・・・おかげで扱いにはかなり気を遣・・・ったつもりです



DXGokin_yf29_alto_02.jpg

ちゃんと中に操縦している彼もいますね。コクピットの窓ガラスが紫色のクリアパーツが使用されています。
スミ入れはなくともモールドがしっかり再現されているのは、バンダイのすごいところですね( ´∀`)b

あ、下に見えている銃が、ガンポッドです。多分、私なんかより皆さんの方が詳しいと思いますが^^; 撮ってはいないけど、両腕に挟み込む形で固定されています。最初取り付ける時はこんな挟み方でちゃんと保持できるのかよと思いましたが、意外なほどしっかり保持できていました。すごいね!



DXGokin_yf29_alto_03.jpg

ちょっとスーパーパーツも見えちゃってますが、中心部の側面もよくできています。




DXGokin_yf29_alto_04.jpg

一気に、ガウォークまで進行w
これ、写真で撮っていると大したことないように見えますが、変形にはものすごく時間かかってます(;´∀`)

台座も付属していますが、ちゃんと自立できるのはいいですな!!



DXGokin_yf29_alto_05.jpg

さっきは左側ばっかりだったので、今度は右側面も。
本当に塗装も綺麗ですし、機構など細かいところまで再現度が素晴らしいです。

触りながら、本当によくできているなぁと感心せずにはいられなかったです。さすが1万越えの商品ですわ ほんとにこんなの触らせてもらってよかったんだろうか...



DXGokin_yf29_alto_06.jpg

ロゴのプリントなども、ものすごく綺麗です。
足はつま先側とかかと側が別々に可動できるようになっており、これのおかげで地に足付けるようになっています。斜め可動はできないので、無理があるところもありますがね。足の外側だけでなく、内側まで細かくモールドされておりますなぁ。



DXGokin_yf29_alto_07.jpg

こちらのビーム飽(TW2-MDE/M25 隠頭式連装MDEビーム砲)は、左右見比べていただければわかるように、引き出しができる仕様。また、後のバトロイドの時にも見てわかると思いますが、ビーム飽の根本部分も引き出しができるようになってます。引き出して、左右に回転させたりできるとか、自由度が高い可動域ですね^^




DXGokin_yf29_alto_08.jpg

腕を引き出したタイプはこちら。いやだって、説明のところに腕収納バージョンと腕出したバージョンがあったんだもん(;´∀`)



DXGokin_yf29_alto_09.jpg

ファイターモードでは後方の先にあるシールドは取り外して、左腕に装備させることができます。こちらもいい出来映えですね!!



DXGokin_yf29_alto_10.jpg

肩のプリントや塗装もばっちり!
あと、これは遊んだだけになってしまいましたが、肩の上の方は着脱ができるようになっていました。



DXGokin_yf29_alto_11.jpg

ガンポッドはもちろん、手に持たせることが可能。
この手パーツは指が可動できるタイプになっています。(最初からついているもの)  握り手などもちゃんとあったのですが、こちらの手で十分事足りるかなと思いましたので。あと、外した時にバキッだけは嫌だったので....

大きいだけあって保持のことを考えられているのかただ単に握るだけでなく、浅いダボ穴に軽く押し込ませるようにして、保持させることができるようになっていました!




DXGokin_yf29_alto_12.jpg

そして、またあっという間に、バトロイドに。ちなみに、説明書通りにやっていますが、これであっているのかイマイチ自信がないです(;´∀`)
見てわかるように、ガンポッドは上下に展開できるようになっています。展開する前に引き出すようなこともやっています。



DXGokin_yf29_alto_13.jpg

上半身をアップで。顔自体も申し分ない出来映え。目にあたるところがクリアパーツであるのがいいですな^^
頭部両サイドの耳もいい。でも、細いんですよね....DX超合金アクエリオンの時もそうでしたが、こういう細い耳が変形時にうっかり折っちゃいそうなパーツ候補ナンバー1というぐらいで、とにかく折らないように気をつけましたww



DXGokin_yf29_alto_14.jpg

足の外側の側面を回転させて、さらにカバーをオープン。
ミサイル(ビフォーズMBL-02 マイクロミサイルランチャー)も再現されているなど、再現が行き渡っていますね( ´∀`)b





DXGokin_yf29_alto_15.jpg

続いて、スーパーパーツを付けた分です。
個人的にはかなり付けやすかったです。翼部のところはただスライドして押し込むだけ。ブースターもスライドしてダボに揃えるだけで、最初はよくわからなかったですが、慣れると簡単に付けられる。シールドも簡単に付けられました。

問題は外す時でしょうか。シールドが特に外しにくく、時間が要しましたね(;´∀`) ブースターは真っ直ぐ外そうとせず、やや斜めにスライドさせると外しやすい・・・ということに途中で気づきましたw



DXGokin_yf29_alto_16.jpg

各部アップで。こちらのスーパーパーツもモールド、塗装ともに申し分ないです。翼部の白い部分の先端は引き出しギミックがあります。引き出された部分も、細かい造形がされていますね!



DXGokin_yf29_alto_17.jpg

反対側はまた違うアップで。先端を引き出した後に、四方向に外装を展開します。
小さいパーツなので、扱いには注意が必要です。



DXGokin_yf29_alto_18.jpg

ブースターも、後ろの先端が引き出し構造になっています。劇中でも引き出してから飛ぶのでしょうかね。
とにかく出来がいいね、これ! いやほんとにすごい。



DXGokin_yf29_alto_19.jpg

上からも一枚。このブースターは前の先端まで、上の方が長く下の方が短くなっています。また、間は斜めになった造りで、左右で向きが違うので、一見同じようなパーツですがちゃんと見分けることができます。





DXGokin_yf29_alto_20.jpg


ガウォークのところはすっ飛ばして、バトロイドでww
スーパーパーツを背負っても自立できます! すっげぇ保持力!!



DXGokin_yf29_alto_21.jpg

しかし、縦にもでかいし、横にでかい・・・こんなのが何種類も出ているのか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
さっきはガンポッドを抱えて見えていなかったですが、胸部などもばっちり仕上がっているのよ!



DXGokin_yf29_alto_22.jpg

でも、完成度は本当にすごい。よくできていますし、変形に関しても考えられた構造なんですよね。
遊んでいる内に、ファンが欲しくなる気持ちがすごくわかりました。



DXGokin_yf29_alto_23.jpg



DXGokin_yf29_alto_24.jpg

後ろはこんな感じです。
さっき触れましたが、ビーム砲の根本のところが引き出せるのがわかると思います。
ただ、見ての通り、ここもシャープなパーツなので、扱いには注意しないといけないですね^^;






あとは適当に...

DXGokin_yf29_alto_25.jpg

今更触れるのもなんですが、いろいろ写り込んでいますww




DXGokin_yf29_alto_26.jpg

特にお菓子がですね。ゼファードさんのお母様に出してもらったのですが、ホビー触っている間は菓子を食わないのがモットーなので、結局ひとつもいただかず・・・申し訳ないことをしたなぁ。お茶はちゃっかりもらっていましたがww(ぉぃ

それはそうと、YF-29いいですなぁ。ギミックもしっかりしていますし、肩、肘、手首の可動具合も申し分ない。
脚の方は少し無理があるところもありましたが、DX超合金ほどの大きさで考えれば十分すぎるほどでしょうか^^



DXGokin_yf29_alto_27.jpg



DXGokin_yf29_alto_28.jpg

以上、バンダイ DX超合金 YF-29 デュランダルバルキリー(早乙女アルト機)でしたー

軽く書いてしまいましたが、出来は非常にいいです。前のやつを触ってないので、比べるとどうというのがわからないのですが、これは素人なりにも変形機構がしっかり作られているなと思える商品でした。そう、素人だから時間がかかっただけの話なんですよね(;´∀`) 変形機構がいいだけでなく、塗装やプリントも綺麗ですし、お得意のモールドもしっかりされています。少し癖のある部分や、変形中に擦れが起きて塗装剥げする可能性という部分もありますが、ここまでしっかり作られているなら言うことないでしょうか。




【関連記事】
MSをまとった女の子 ~ アーマーガールズプロジェクト MS少女 ウイングガンダム(EW版)
アーマーガールズプロジェクト インフィニット・ストラトス ブルー・ティアーズ×セシリア・オルコット
戦場に舞い降りた天空の翼 ~ ROBOT魂 ストライクフリーダムガンダム
ビルドアップ!! ~ スーパーロボット超合金 デカレンジャーロボ
王家の谷に伝説の巨人 ~ SDX 聖機兵ガンレックス
地・球・防・衛!! ~ スーパーロボット超合金 ダイ・ガード
CAST IN THE NAME OF GOD, YE NOT GUILTY. ~ MAX合金 ビッグオー、アクション!



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/787-aecd4138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。