上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


shma_mogera_00.jpg

バンダイ ゴジラvsスペースゴジラ S.H.モンスターアーツ M.O.G.E.R.A モゲラのレビューです。
1994年末に放映された 『ゴジラvsスペースゴジラ』 に登場する対ゴジラ兵器。前作であるVSメカゴジラでも登場したGフォースによって建造された

M.O.G.E.R.Aというある言葉の頭文字から付いた名前で、正式名称は 『Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type』 (対ゴジラ作戦用飛行型機動ロボット)である。
足の裏に車輪が付いており、基本はこれで走行する。メカゴジラと違って重力バランスが悪いため、ホバーシステムが採用できず、新たな移動方法として模索されたもよう。ただし、場合によっては脚部関節を働かせ、二足歩行も可能としている。そのため、運動性はメカゴジラよりよくなっている。飛行も可能として、空間戦闘も行えるようになっている。
普段は二機の機体がドッキングした状態になっており、機体上部が地中沈降可能な特殊戦車ランドモゲラーで、下部が高機動万能型戦闘機スターファルコンになる。別々に操縦、分離攻撃ができるなどメカゴジラの時よりも高い機動力があることがうかがえる。また、メカゴジラの時に問題視されていた冷却器は上下両方に一つずつ備え付けられており、ボディーの随所には排熱ダクトも設置されてある。装甲は超硬質合成ダイヤモンド製であり、新技術である合成ブルーダイヤコーティング装甲を部分的に採用してあるもよう。モゲラのボディーの青い部分がそのコーティングであるが、予算と時間の都合で一部にしかコーティングすることができなかったとのこと。このように防備は少なからず考えられているが、腹部にプラズマメーサーキャノンの開閉ハッチがある構造上、腹部の装甲が脆弱なのが弱点となっている。

もともとはメカゴジラを超える対ゴジラ兵器として造られていたが、宇宙からやってきたスペースゴジラを迎撃するために出撃する。戦闘を行ったのはその時と、福岡に飛来したスペースゴジラを迎撃した時の二回。二回目は結果的にゴジラと共闘する形になり、スペースゴジラがエネルギーを集めるのに利用していた福岡タワーを破壊してエネルギーの供給を断ったり、ミサイルでスペースゴジラの両肩の結晶体を破壊するなど善戦したが、前述の構造より腹部を破壊され沈黙。その後、操縦者の結城晃のでたらめな操作により偶然にも再起動、捨て身の体当たりをスペースゴジラにくらわせ、その勢いでビルに突っ込み再び沈黙。最後は、ゴジラの熱線に巻き込まれ大炎上する結末となる。


SHMAシリーズにあたるが、今ままでのと違い、その構造上で大きな可動はできない。ただし、むしろ可動しすぎると違和感なので、その可動域はリアルな造りと言える。肩アーマー部分の可動が腕と別にアクションできるようになっているなど、考えられた設計はされている。スパイラルグレネードミサイルのため、腕部は通常タイプの別に開閉できるタイプがあり、ミサイル部分は取り外し可能でその間にミサイルによる煙のエフェクトがつけられるとうになっているなど、再現にこだわった製造がされているのは今回も同じ。差し替えによりプラズマメーサーキャノンの開閉も可能になっており、エフェクトパーツもついた、申し分ないボリュームとなっています。



作品名ゴジラvsスペースゴジラ
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2012/05/12
全高約135mm
仕様PVC/ダイキャスト/ABS製塗装済・可動フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




shma_mogera_01.jpg shma_mogera_02.jpg

ケースは、今回も横長サイズ。だいたい、ゴジラたちと同じでしょうか。
ウインドウが背中の方にある鋸状の形になっていますね。
後ろには、今回も細やかな設定などが書かれています。ファンにも嬉しい仕様ですね。



shma_mogera_03.jpg

モゲラ本体以外の中身がこちら。
モゲラは前のメカゴジラのような新たに装備するガルーダなどないためか、一般販売であるこちらだけで可能な限りの付属物がついています。

福岡で対決したためか、台座が町並みのようになっていますね。




shma_mogera_04.jpg shma_mogera_05.jpg

ぱっと見てみましたが、言わずもがなあのモゲラです。商品を初めて見たのは魂フィーチャーズ Vol.2にあったサンプルで、当時も商品化されたら嬉しいなってぐらいよかったと記憶していますが、こうしてお手に取るとより嬉しさがこみ上げてきましたね^^  装甲の質感がまずなんといってもいい。基本カラーであるメタリックシルバーが綺麗で、そこにちょっとばかしデザインの入ったブルーメタリックがもうね・・・あのモゲラ、どう見てもあのモゲラです!
造形がほんと細かく造られていて、相変わらずロボットもののモールドは他の追随を許さないなーぐらいに完成されたクオリティです。重量感もそこそこありますね。



shma_mogera_06.jpg shma_mogera_07.jpg

目はクリアパーツになっていまして、中の方も造り込んであります。
口(鼻?)のドリルも申し分なく、左右の排気ダクト周りも丁寧に造形されてあります。



shma_mogera_08.jpg shma_mogera_09.jpg

後ろの方も、しっかりモールドされていますね。
モゲラは首より上から外せるようになっているため、付け根で横に回せるようになっています。ただ、すぐに引っかかるけど...それより横にするとちょい浮きますね。

首の中心のブルーメタリックも、この綺麗さ!



shma_mogera_10.jpg

shma_mogera_11.jpg shma_mogera_12.jpg

腹部の完成度も素晴らしいです。造形・塗装ともに文句のつけるとこなし。
赤い塗装部分周りも綺麗に塗り分けられていますね。

腕は肘関節も、凹凸のモールドがされているなど、リアルな製造がされています。



shma_mogera_13.jpg shma_mogera_14.jpg

脚部もこの出来映えです。これで可動しまくったらびびるけど、まぁ見た目通りで何よりだった(後で画像載せます

やはり、シルバーメタリックもいいけど、ブルーメタリック部分が綺麗なのが嬉しいね。
細かいモールドもしっかり再現されてところとかいいですわ。



shma_mogera_15.jpg shma_mogera_16.jpg

後ろの方はこんな感じ。鋸状の背ビレもこの出来。先はやや丸みあるものの尖らせるように成型されていますし、塗装剥げもなく綺麗な仕上がり。バックパックのモールドもいいね。
尻尾の出来も申し分ない。途中に関節があり、可動できるようになっています。





続いて、アクションについて。

shma_mogera_17.jpg

肩アーマーは腕の肩部と繋がっており、腕を上下すると肩アーマーも一緒に動きます。それに加えて、肩アーマーは横に角度調整することもできるようになっているため、腕を横に広げても何時もの位置に調整できます。



shma_mogera_18.jpg


胴体も腰のところで回せるようになっていますね。



shma_mogera_19.jpg shma_mogera_20.jpg

脚はまぁ広げるには無理があるかな。これぐらいは普通に足が開けるんですが、足首の関節の問題で地に足がしっかり尽きません。足首もちょっとだけは可動出来るんだけどね・・・ちょっとだけw
あと、画像だとぶっちゃけわからないけど、SHFにあるような脚の引き出しがこれもできるようになっていますね。(ただし、モゲラは股関節の方で引き出しできるわけだけど)

ついでに足の裏もパシャリ。ここもきっちりモールドなどされておりました!



shma_mogera_21.jpg


尻尾は上下に動かせるほか、横にもアクションできるようになっています。





続いて、換装部分や武器など。

shma_mogera_22.jpg shma_mogera_23.jpg

首のパーツを付け替えることができるようになっていて、差し替えによりモゲラの頭を上に向かせるようにできます。
モゲラの頭自体は何も変わっていません。



shma_mogera_24.jpg shma_mogera_25.jpg

左右の脚の外側にある円型パーツは、飛行用のユニットに換装できます。
差し替える時は左の写真のように、上の方を押し込むと斜めになるので、そうやってから外す仕組み。



shma_mogera_26.jpg shma_mogera_27.jpg

尻尾も着脱できるようになっています。ここ外せるのなんでだったっけ・・・(;´∀`)
また、尻尾の中心のパーツを取り外し、鋸状のパーツに換装することが可能です。

首から以上のパーツを差し替えることによって、飛行モードに変形できるようになっていますね。





shma_mogera_28.jpg

続いて、プラズマメーサーキャノンとスパイラルグレネードミサイルです。



shma_mogera_29.jpg shma_mogera_30.jpg

プラズマメーサーキャノンは、最初に腹部のパーツを取り外さなければいけません。それをする場合はまず、背中のバックパックを上に開けて、中にあるスイッチを押し込みます。そうすると、腹部のパーツが前に押し出されます。
押し出されたパーツの上にちょうど爪が引っかけられるぐらいの穴があるので、そこを使うと外しやすいです。


shma_mogera_32.jpg

あとは、普通にパーツを繋げるだけです。
これも細かく造られていますね。塗装も綺麗ですわ^^

元に戻す時も同じ用法でやれば換装できます。



shma_mogera_31.jpg

ミサイルは、腕部を普通に換装するだけ。
交換用の方の腕は先の方が開閉できるようになっており、開閉するとミサイルが見えるようになります。





最後にエフェクト部分です。

shma_mogera_33.jpg

まずは、プラズマメーサーキャノンからです。
使用する時は、建物のない方の台座を使用しますが、これは説明書にあった通りにしただけなので、基本は支えられればなんでもいいと思う。



shma_mogera_34.jpg

メカゴジラと同じく、グラデーションがされた綺麗な配色ですね。

なお、このパーツはキャノンの発射口を被せるように位置づけるだけで、特にパーツ同士を繋げるなどのことはやりません。なので、エフェクトパーツだけで自立できるようにはなっていませんので。
まぁ、ここいらはゴジラなども同じなので、わざわざ言うことじゃないですかね^^;


shma_mogera_35.jpg

発射口の衝撃部分もよくできていますわ~。



shma_mogera_36.jpg

台座の出来も悪くない。歩道が一段高くモールドしてあります。




shma_mogera_37.jpg

そして、スパイラルグレネードミサイルです。
このエフェクト、かなり長いので、全部写そうとするとモゲラがちっちゃくなっちまうぜ(;´∀`)

でも、迫力は出るでしょうか・・・ね?(ぉぃ



shma_mogera_38.jpg

shma_mogera_39.jpg

shma_mogera_40.jpg

ただ、そのクオリティは素晴らしいです。噴射煙のところが細かく再現されています。
パーツを付ける時は、ミサイルのパーツをまず外す。ミサイルと腕の中間パーツがあるので、それも外す。腕に噴射煙エフェクトパーツの片方を繋いで、噴射煙エフェクトパーツ同士を繋ぎます。最後に、先端のクリアパーツの先にミサイルを繋ぎます。



shma_mogera_41.jpg shma_mogera_42.jpg

台座には二つ穴がありますので、そこにアームを差し込めばOK。
こっちもよくできていますね。建物もシンプルながら、丁寧に造ってあります。






以上、あとはアクションなど...

shma_mogera_43.jpg

飛行する時は言うまでもなく、台座で支えなくてはいけない。
今回、はじめてACT.5を使用しましたが、重い系のフィギュアはこっちの方が支えやすいですかね。



shma_mogera_44.jpg

これで目も光れば最高だったが、そこまで言うのは贅沢かな。




shma_mogera_45.jpg

モゲラ、出撃!



shma_mogera_46.jpg




shma_mogera_47.jpg




shma_mogera_48.jpg

パカッ(ぉぃ



shma_mogera_49.jpg



shma_mogera_50.jpg



shma_mogera_51.jpg

どぉぉぉぉぉぉぉん!!

やっぱりこのミサイルのエフェクトが一番いいなぁ。距離あるから撮るにはそれなりにスペースいるけど、一部撮るだけでも雰囲気出せますね!



shma_mogera_52.jpg

しかし、重さのこともあるのか、正面から見ると真っ直ぐ飛んでないのが明か



shma_mogera_53.jpg

ダイナの光臨エフェクトなんかも使ってみるよ!



shma_mogera_54.jpg

私はまだスペゴジを買ってないので、なんとなくゴジラと・・Gフォースの予定ではもともとはこうなるはずだったのにね。。。




shma_mogera_55.jpg

以上、バンダイ ゴジラvsスペースゴジラ S.H.モンスターアーツ M.O.G.E.R.A モゲラでしたー

このシリーズで一番楽しみにしていた作品でしたが、もう文句ないぐらいにいい仕上がりでした。脚部の可動はあんなもので十分で、腕がしっかり動かせられるのがよかった。付属やギミックもしっかり考えられていて、換装もやりやすくなっているのが評価に値します。なぜこんな動かしにくいやつを可動フィギュアなんかでと思われそうですが、そりゃゴジラにスペゴジ出たらこいつがいないとねって話ですし、個人的にはこいつのちゃんとしたのがずっと欲しいなと思っていたので満足です! もちろん、ランドモゲラーとスターファルコンの合体からできる仕様だったら感動ものだったでしょうけど、さすがにそれが無理だろって話なので・・・。これだけでも私は満足だね!



【関連記事】
G-Force Take off.  ~ S.H.MonsterArts UX-01-92 ガルーダ&メカゴジラ対応エフェクト
ゴジラを迎え撃て! ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器
G対策センター製対ゴジラ用戦闘兵器 ~ S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ
世界を恐怖に陥れた怪獣王 ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ
伝説のレプリロイド 「ロックマン」 の後継者 ~ D-Arts ロックマンエックス(コミックVer.)
放浪の騎士、灼熱の双剣 ~ SDX 灼熱騎士ガンダムF91
古代怪獣アクションフイギュア ~ ULTRA-ACT ゴモラ
エックスの無二の親友、赤きレプリロイド ~ D-Arts ゼロ(1st ver.)
徹頭徹尾悪役のサイボーグ怪獣 ~ 特撮リボルテック ガイガン



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/770-4ca9b582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。