不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


shma_mechagodzilla_effect_00.jpg

バンダイ S.H.モンスターアーツ UX-01-92 ガルーダ&メカゴジラ対応エフェクトのレビューです。
1993年末に放映された 『ゴジラVSメカゴジラ』 に登場する機体・ガルーダを含めたパーツ集。魂WEB商店限定の商品で、3月おまとめ分のひとつ。

S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラに対応したパーツ集で、ガルーダは単体でのアクションはもちろん、メカゴジラとの合体も可能になっています。
ガルーダ以外の封入パーツは、ハイパワーメーサービームキャノンのエフェクトパーツとGクラッシャーがついている。Gクラッシャーはメカゴジラに装備することができます。前のゴジラのエフェクトパーツに比べると、量は少なめですが、ガルーダは質感を意識して造られている上、ビームキャノン部は劇中を再現するかのように可動ができるようになっているのが大きいですね。



作品名ゴジラvsメカゴジラ
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2012/03/30
全高約135mm
仕様ABS/PVC/POM/ダイキャスト製塗装済・可動フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




shma_mechagodzilla_effect_01.jpg

何時もの外箱はこちら。


shma_mechagodzilla_effect_02.jpg shma_mechagodzilla_effect_03.jpg

そして、ケースがこちらです。
ガルーダに、Gのマークが入ったデザインがされています。背景は、鍵をかけたボックスのようなデザイン。後ろには、メカゴジラのイニシャルからMGを。



shma_mechagodzilla_effect_04.jpg

中はこんな感じで封入されています。



shma_mechagodzilla_effect_05.jpg

中身を並べると、こんな感じです。袋に入っているのは、Gクラッシャーです。
SHMAによく付いているデザインのはいった台座は今回も付属されています。



shma_mechagodzilla_effect_06.jpg

まずは、ガルーダから。シルバーメタリックにホワイト、ブラックの無機質さがよく再現されていながら、ウェザリングがされていて、質感がより深く再現された塗装がされていますね。



shma_mechagodzilla_effect_07.jpg

shma_mechagodzilla_effect_08.jpg shma_mechagodzilla_effect_09.jpg

G-FORCEは綺麗にプリントされています。毎度おなじみながら、スミ入れはないんだね。ただ、モールドは細かくされていて、実物に近いほどの作りには仕上がっていますね。



shma_mechagodzilla_effect_10.jpg

後ろのバーニアロケットにはクリアパーツが使用されているなど、こだわりのある作りはこちらでも同じ。根本にボールジョイントがあるので、それなりに向きを変えられるようになっています。ただ、私が買ったのは結構かたかったです。



shma_mechagodzilla_effect_11.jpg

底面側も、この通り細かい再現度( ´∀`)b



shma_mechagodzilla_effect_12.jpg

長射程を持つハイパワーメーサービームキャノン2基は、根本で折るようにアクションさせることができます。角度も自由にできます。



shma_mechagodzilla_effect_13.jpg

ビームまわりも質感ある処理がされています。先端はクリアパーツになっています。



shma_mechagodzilla_effect_14.jpg shma_mechagodzilla_effect_15.jpg

shma_mechagodzilla_effect_16.jpg

先端のクリアパーツは取り外して、ビームエフェクトパーツと差し替え可能。
エフェクトパーツもクリアパーツを使用し、これまたプラズマのような仕上がりがいいね。



shma_mechagodzilla_effect_17.jpg

写真には余り入らないけど、エフェクトパーツも付属。プリントされているのは、G対策センターのシンボルマークとイニシャル。(UNGCC = United Nations Godziila Countermeasure Center)



shma_mechagodzilla_effect_18.jpg

さらに、メカゴジラに使用できるGクラッシャーも付属。


shma_mechagodzilla_effect_19.jpg shma_mechagodzilla_effect_20.jpg

腕のサイドに取り付け。伸びているところは針金のようなものなので、ちょっと力が入るとゆがむのが気にならないでもないですが、真っ直ぐ伸びるよりは雰囲気出せそうかな。先のアンカーもスミ入れはないものの、よくできた造形です。



shma_mechagodzilla_effect_21.jpg

ガルーダの底面からパーツを3つ外せます。わかるように、右のパーツはつけたまま。
表記が内部に書かれているのがいいね。これだとパーツ取り付けた時は見えないようになるので、ありがたい。

なお、この状態では台座の支柱はちゃんと差し込めません。こちらでは引っかけているだけ。


shma_mechagodzilla_effect_22.jpg

メカゴジラにドッキングさせる時は、こちらのパーツに差し替えます。なお、真ん中のパーツは外したままにしておきます。



shma_mechagodzilla_effect_23.jpg shma_mechagodzilla_effect_24.jpg

メカゴジラの背中から一部パーツを取り外せるので、今回のパーツセットについているものと差し替えます。



shma_mechagodzilla_effect_25.jpg


あとは、普通に繋げるだけでOK。



shma_mechagodzilla_effect_26.jpg


ビームレーザー部を下げれば、スーパーメカゴジラ完成です。



shma_mechagodzilla_effect_27.jpg

一応撮っておくと、お背中はこんな感じになりました。




あとは適当に...

shma_mechagodzilla_effect_28.jpg

加工もして一応やってみたけど、この武器って確か、ゴジラの腰にある第2の心臓を打ち抜くものだったよね(;´∀`)やっちまったぁ・・・



shma_mechagodzilla_effect_29.jpg



shma_mechagodzilla_effect_30.jpg

ドッキングに向かうところも、それなりにやってみました。



shma_mechagodzilla_effect_31.jpg




shma_mechagodzilla_effect_32.jpg


合体完了!



shma_mechagodzilla_effect_33.jpg



shma_mechagodzilla_effect_34.jpg

エフェクトもつけると、やっぱかっこいいよね!



shma_mechagodzilla_effect_35.jpg



shma_mechagodzilla_effect_36.jpg

以上、バンダイ S.H.モンスターアーツ UX-01-92 ガルーダ&メカゴジラ対応エフェクトでしたー

単純にメカっぽい作りになるかなと思っていたですが、思った以上に質感が再現されていたのがよかったですね。スミ入れに関しては、さすがに量産するとなると個体差が出てくるので、こだわる人は自分で塗る方がいいんでしょうかね。
ガルーダ自体もそこまで重くなく、メカゴジラの方を調整すればしっかりアクションできます。エフェクトパーツもついていて、より楽しめるようになってよかったです^^




【関連記事】
ゴジラを迎え撃て! ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器
G対策センター製対ゴジラ用戦闘兵器 ~ S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ
世界を恐怖に陥れた怪獣王 ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ
伝説のレプリロイド 「ロックマン」 の後継者 ~ D-Arts ロックマンエックス(コミックVer.)
放浪の騎士、灼熱の双剣 ~ SDX 灼熱騎士ガンダムF91
古代怪獣アクションフイギュア ~ ULTRA-ACT ゴモラ
グッスマからきた、でかくてモフモフなヤツ ~ グッスマ星人ぬいぐるみ(大) レビュー
エックスの無二の親友、赤きレプリロイド ~ D-Arts ゼロ(1st ver.)
徹頭徹尾悪役のサイボーグ怪獣 ~ 特撮リボルテック ガイガン



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/727-d3e7b3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。