上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


alter_hyakkar_naoe_00.jpg

ホビージャパンxアルター 百花繚乱 SAMURAI GIRLS 直江兼続のレビューです。
ホビージャパンのメディアミックス企画 『百花繚乱 SAMURAI GIRLS』 に登場するキャラクターの一人。かつて上杉家に仕えていた直江兼続の名を継ぐ女性。

「愛」 と彫られた髪留めをしているツインテールの少女。自称 「愛の戦士」 というのだが、少々ドジが目立つよう身の丈以上の大槌を振り回して戦う 「直江流戦鎚術」 の使い手。
米沢藩出身で中等部に所属。真田幸村とは幼馴染みで、米沢校舎にいた頃から幾度となく酷い目に合わされているとかなんとか・・・。柳生十兵衛からは決まった呼ばれ方をされておらず、毎回変わった呼び方をされているもよう。(ぐつぐつさん、ぐっちょり、など・・・
物語では式神によって仮死状態になった時に、助けるために宗朗がキスしたことで宗朗の剣姫となる。アニメ版では明確には契を結んでいないが、第1話の冒頭ではマスターサムライとなって十兵衛たちと共に戦っている。また、アニメでは女性陣から殴られ蹴られ罵られと、物理的にも精神的にも散々な扱いを受けている。

こちらのアルター版兼続は身をかがめ、愛用の大槌をかついだポーズになっている。たなびく長いツインテールやタイツにある桜吹雪や愛の文字、かついだ大槌のこまかなデザインなど、馴染みのハイクオリティフィギュアと成っている。大槌はかなりの重量があり、専用台座もついている。



作品名百花繚乱 SAMURAI GIRLS
発売元ホビージャパン
製造元アルター
出荷日2012/02/28
原型制作槙尾宗利
原型協力アルター
スケール1/8スケール
全高約225mm ※大槌含む(頭頂高:約160mm)
仕様PVC 塗装済み完成品フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




alter_hyakkar_naoe_01.jpg alter_hyakkar_naoe_02.jpg

ケースは、花模様が描かれたもの。身をかがめたポーズと大槌のことから、横長サイズ。
パッケージの外から見ても、大槌のでかさがわかります。



alter_hyakkar_naoe_03.jpg

中腰で大槌を背負い、可愛さあふれるドジっ子笑顔の兼続。見た目的には普通に見える女の子が巨大な槌をかついでいるというギャップもあるでしょうか。腰のところまであるだろう、たなびくロングのツインテールは、繊細ながらもボリューム感ある造形。
Niθさんデザインの和の中に洋が混ざり合うデザインで、元気あふれるかわいさの中に少し色っぽさもあるフィギュアとなっています。シリーズおなじみの、現代にある学生服と戦国時代のデザインが合わさっているのも魅力的。


alter_hyakkar_naoe_04.jpg



alter_hyakkar_naoe_05.jpg alter_hyakkar_naoe_06.jpg


alter_hyakkar_naoe_07.jpg


alter_hyakkar_naoe_08.jpg

後ろも見所十分(*´ω`*)
アニメ劇中でもところどころ描写に出たりネタにされたりな、ぷりんぷりんのおしりやふとももがたまらんですわね。
また、大槌のデザインは前から見ても後ろから見てもハイクオリティな出来映えで、デザインが細かく再現されています。


alter_hyakkar_naoe_09.jpg


alter_hyakkar_naoe_10.jpg


alter_hyakkar_naoe_11.jpg

出来は申し分なし。このシリーズ、別衣装など以外はアルター担当なのが本当に嬉しい!それぐらいに出来が安定しているので安心して購入出来ます( ´∀`)b 髪飾りや大槌、タイツに描かれた、兼続のシンボルとも言える愛の文字は綺麗に描かれています。ボリュームある髪造形はもちろんのこと、鈴や編み込んだ縄は質感ある成形がされています。
大槌には専用台座も付属していますが、兼続自体が大槌を背負い込むポーズと、バランスもよくできていると思います。ただ、この状態でずっと飾ってると両脚に負担がきそうではありますね。




alter_hyakkar_naoe_12.jpg

alter_hyakkar_naoe_13.jpg alter_hyakkar_naoe_14.jpg

顔のアップなど。笑顔での振り向き様。Niθさんのデザインをもとにした独特のまつげがある瞳が色っぽく、元気あふれる見た目との対比にゾクリときます。頬には体温のある人を感じさせる頬の赤みがうっすらと描かれています。大きく開いたお口もかわゆい♪

前髪の造形も悪くないかな。てっぺんから突き出て折れるアホ毛も似合います。額の右には、彼女が殉じる愛の文字が描かれた髪飾り。アップで見ると少し粗い感じもしますが、おおむね綺麗に出来ていると思います。プリントではなく、造形がちゃんとされているのがいいですね。



alter_hyakkar_naoe_15.jpg

後頭部は、髪が斜め上に引っ張られているのが造形で表現されています( ´∀`)bク
塗装も綺麗に塗られているかと。



alter_hyakkar_naoe_16.jpg

alter_hyakkar_naoe_17.jpg alter_hyakkar_naoe_18.jpg

左右に棚引くツインテールも髪のまとめられているところから毛先まで申し分なし。パーツはくっついていても、パーツ一つ一つを繋げたような細かい造形。縄でしばったところには、ふわりとボリューム感があるのもいいところ。縄や鈴、くくりつけているところまで仕上がっています。




alter_hyakkar_naoe_19.jpg

衣服は、学生服を思わせるデザイン。半袖にミニスカ、タイツと衣服と肌の色の対比が見て楽しめるデザイン。半袖やミニスカってのが活発な女の子っぽさがあっていいね。あと、ドジッ子にミニスカはいろんな意味でいいよね(*´∀`)bヾ(・∀・;)ォィォィ
襟元や裾には黒いカラーに白い縁、白い袖には黒いラインと、コントラストがいいですね。スカーフはやはり白い赤ですか。



alter_hyakkar_naoe_20.jpg

ブラウス襟の折れ方が真っ直ぐじゃなく少しぐにゃりとしているなど、リアルな造形です。袖やお腹辺りのシワ造形もいい。



alter_hyakkar_naoe_21.jpg

前屈み故に強調されたおっぱい(*´∀`)b
劇中では酷い扱いの兼続ですが、体型はスレンダーで結構いいと思うのよ。本人曰く、幸村よりは大きいらしい、ってか誰の目にも明らかかそれは(ぉぃ
上着の襟や中で巻いたスカーフなど丁寧に仕上がった造形。塗装は少しばかりか粗いけど、悪くはないでしょうか。



alter_hyakkar_naoe_22.jpg

左腕を伸ばして左膝に手を置いた、中腰でのあるべき位置。ここで腋をしめているところなんかも、胸が強調される要因のひとつでうんちゃかんちゃら・・・(ぉぃ
細腕ながら肘のやや膨らみあるところなど忠実に造形されていますね^^


alter_hyakkar_naoe_23.jpg

曲げた右肘も細腕ながらややむっちり感があっていい。力はこもっているけど、触るとぷにぷにするんじゃないかと・・・いやそうでありたい!(マテ
手は爪まで造形されていて、塗装もあります。穴あき手袋の造形もちゃんとあって、指との色分けもばっちり。


alter_hyakkar_naoe_24.jpg


左指も爪まで綺麗に塗装されています。手袋にもシワ造形がされているなど、リアルに忠実な造形がされています。




alter_hyakkar_naoe_25.jpg

女学生と言えば、 絶 ・ 対 ・ 領 ・ 域 ! ! ?

ミニスカに膝上まであるタイツ、その間でむっちりと実るふともも、たまりませんな!!(*´Д`)


alter_hyakkar_naoe_26.jpg

お腹の辺りやスカートにもシワ造形が再現されています。上着の裾なども綺麗に塗装されています。
腰には注連縄(ここだけ紙垂がついているけど、多分、他のところも注連縄であると思われる)をベルトのように巻いています。


alter_hyakkar_naoe_27.jpg

欲張ってもう一枚w
左手に隠れた愛の文字。白から桜色にグラデーションされたカラーリングで、綺麗にプリントされています。
塗装がきっちり仕上がっているのも嬉しいところ。



alter_hyakkar_naoe_28.jpg

腰の注連縄は左でまとめて、そこに瓢箪をくくりつけています。瓢箪についているテープのようなものは、左側が少し剥げたデザインになっています。公式にあるサンプル写真にある瓢箪にもやや剥げたところが見受けられるので、これはもともとこういうデザインなんですかね。どちらにしろ、年期の入っているものだろうし、これはこれでいい。



alter_hyakkar_naoe_29.jpg

注連縄は後ろ腰にある部分も質感ある造形となっています。



alter_hyakkar_naoe_30.jpg

alter_hyakkar_naoe_31.jpg

大槌をどけて、お背中パシャリ。
素肌じゃないので、肩胛骨などわかりませんが、服の質感はよくできています。より身体がかがんだ左側に寄ったシワや、裾の造形などもよくできています( ´∀`)b よく見たら肩に縁造形なんかもちゃんとされているのですね!

別パーツということありますが、縄に塗装がついていないのもよかった。でも、色移りとかは注意した方がいいのでしょうかね。




alter_hyakkar_naoe_32.jpg

alter_hyakkar_naoe_33.jpg alter_hyakkar_naoe_34.jpg

兼続の相棒、巨大な大槌。金色のカラーリングに花模様と、なかなか贅沢な仕上がりじゃないでしょうか。劇中で毎度、無茶苦茶に使用しているので、こんなに綺麗でいるのはなぜなんだろうと思いたいw
造形された鳥居やお社など、内部まで丁寧に仕上げられたものとなっています。


alter_hyakkar_naoe_35.jpg

中間辺りは、紐が縛り付けられ、補強されています。結び目の造形や塗装も概ね良好。



alter_hyakkar_naoe_36.jpg

大槌の両側にある平頭の面には愛の文字が彫られています。これまた見事と言わんばかりの、綺麗な愛の文字。逆さまになっているのはたたきつけた側に、愛の文字ができるため。

サポート台座もついています。支柱の先は斜めになっていて、愛の下の方に入れることで支えられるようになっています。公式によると、この位置がいいらしいです実際、やってみたのですが、支柱が斜めになるのはなぜだろう...やり方が悪いのかな(;´∀`)



alter_hyakkar_naoe_37.jpg

柄頭は着脱でき、こちらの鎖がついたものと差し替えることが出来ます。




alter_hyakkar_naoe_38.jpg

alter_hyakkar_naoe_39.jpg alter_hyakkar_naoe_40.jpg

おみ足は、大槌をかついでいるとは思えないほどの華奢な細足。両脚ともすらりと伸ばしていて、左足にやや重心を置くような足の置き方ですかね。やはりというか、後ろから撮ったのが気になりますが、そこはまた後でw

膝下のシワやふくらはぎなど造形はもう文句なし! タイツがふとももをやや締め付けるような感じも表現されていると思います。イイネ!!



alter_hyakkar_naoe_41.jpg

タイツにプリントされた桜の花びらも綺麗。
左足のタイツにあった愛の文字と同じく、ところどころグラデーションがされた華やかなデザイン。



alter_hyakkar_naoe_42.jpg

alter_hyakkar_naoe_43.jpg alter_hyakkar_naoe_44.jpg

ブーツはつま先やかかとが下駄のように角張っていて、全体的にはヒールのようなもの。現実でもあんまり見たことのないタイプのものです。光沢ある濃い赤色塗装が基本カラーで、縁造形や金具などもよくできています。つま先にはYの字を思わせるような彫りが入っています。かかと側の丸みもよくできています。



alter_hyakkar_naoe_45.jpg

alter_hyakkar_naoe_46.jpg

膝の引き締まっているところや、ふとももとふくらはぎの膨らみ。女性のおみ足とはなんでこうもニヤニヤさせられるのか(*´ω`*) 大槌を日頃からかついでいるだけあって、細いおみ足にあるふともものむちむち感がたまらんです!!



alter_hyakkar_naoe_47.jpg

そして、ついにこの至宝ともいえるお し り (*´Д`)

このけしからんふくらみはなんなのでしょうか。あんなでかい大槌を普段からかついでいるためか、胸に肉がいかず、身体を支えるもも肉と尻肉にいってしまったのだろうか。とにかくムチムチ感半端ないです! さらにはこのミニスカとタイツ・・・もうこれ以上何を望むというのか(ぉぃ



alter_hyakkar_naoe_48.jpg

パンツはもう大事なところだけ隠すことしか考えてないサイズ。中腰故に上に引っ張られて縦に伸びているため、ぷりんぷりんの尻がいつも以上に露わになっています!! 何気に、パンツのクオリティも高いです!縁造形やセンターのシワなどきっちり仕上がっています。ここまで出来上がった上での尻はいつも以上にいいものです!

ポーズがポーズ故に、尻を突き出しているように見えなくもないのがまたいいね。素晴らしい丸みと、その間の谷間が最高。



alter_hyakkar_naoe_49.jpg

alter_hyakkar_naoe_50.jpg

これも前屈み故か、食い込みもかなりのもので、立派なスー○ーさんが!
土手の膨らみもなかなかのもので、もう見応え十分すぎますわ!!



alter_hyakkar_naoe_51.jpg

これ以外にも、何枚撮ってるんだと言わんばかりに尻を撮りました(*´Д`)




あとは適当に...

alter_hyakkar_naoe_52.jpg



alter_hyakkar_naoe_53.jpg




布の色を変えて...

alter_hyakkar_naoe_54.jpg



alter_hyakkar_naoe_55.jpg

最初はこっちで撮るつもりだったのですが、家の照明だとシワ造形とかまできっちり撮れないんじゃないかなと思って、各アップ分とかはこっち先ほどの布で撮ってみました。



alter_hyakkar_naoe_56.jpg



alter_hyakkar_naoe_57.jpg

尻はやっぱり撮っておかないとねw(自重



alter_hyakkar_naoe_58.jpg

大槌をどけると、ガッツポーズをしているような感じに。
兼続かわいいぞ(*´ω`*)



alter_hyakkar_naoe_59.jpg



alter_hyakkar_naoe_60.jpg

最後は何時もの感じで...



alter_hyakkar_naoe_61.jpg



alter_hyakkar_naoe_62.jpg

以上、ホビージャパンxアルター 百花繚乱 SAMURAI GIRLS 直江兼続でしたー

もう文句なしの出来映えでした。やはり元のイラストがNiθさんデザインというのが、まず選択としてよかったか。華やかな武士の女性化、少女ながら艶のある表現など、合っていると思えました。それをハイクオリティに仕上げたアルターもさすがというべきか、こう安心して買えるのが当たり前であって欲しいんですけどね。
華奢な少女に巨大な武器という対比もよく、見た目にインパクトは多分、今までのキャラクターの中では一番なんじゃないかな。まぁ劇中では無駄にうるさいキャラクターなので、嫌でも目立つんだけどw そして、みんなにいじめられる愛すべき兼続でした。



【関連記事】
翔ける閃光・最速の魔道師 ~ アルター フェイト・T・ハラオウン 真・ソニックフォーム
扶桑のベテランウィッチ ~ アルター ストライクウィッチーズ 坂本美緒
祝福なき血統 ~ クイーンズゲイト 絡みつく孤高の刃アイヴィー
槍の名手は(百花繚乱では)極度のにおいフェチ(ぇ ~ ホビージャパン 後藤又兵衛
扇情的なおひぃさま♥ ~ エクセレントモデルLIMITED 徳川の美姫 千姫
沈着な頭脳な頭脳を持つ龍泉郷の仙女 ~ アルター ホウメイ
満面の笑みに優雅な舞 ~ ホビージャパン 真田幸村 Version 2.0 レビュー
剣豪・三厳を宿す剣姫 ~ エクセレントモデル 覚醒せし剣姫 柳生十兵衛 レビュー
パンツじゃないから(ry ~ アルター ストライクウィッチーズ 宮藤芳佳 レビュー
“輝く盾持つ聖王女” ~ クララクラン・フィリアス 甲冑Ver. レビュー



    
 

web拍手     


コメント
コメント
おお、やはりいきましたか。これはほんといい尻フィギュアだ。
大槌はやはり専用支柱うまくいきませんよね。俺はもうあきらめました。前後の安定がないから気が付くと転がって支柱倒れちゃってたり。
しかし内容が細かくてとても参考になります。ここまでやってのレビューですな。
2012/03/29(木) 22:15:56 | URL | クールT #- [ 編集 ]
Re
> クールTさん
幸村からですけど、この尻・・・シリーズは買い続けていますw いや、ほんと稀に見る尻造形です、たまらんです!
大槌は多少は仕方ないですが、万が一、癒着とか色移りしても困るんで、支柱は置いています。まぁ、一番いいのは持たせないことなんですけど、そんなこと言ったらどうしようもないし・・・
一まとめで撮っていますが、家ではこういう風にしていこうというだけですかね。レビュアーさんによって考えも人それぞれです。見所だけを抑えたレビューをする人もいらっしゃれば、あくまで 「いい写真を撮る」 というところに重点を置いた方もいらっしゃいます。いかんせん買うフィギュアの数も少なくなく、各自モチベーションやら生活のこともあるので、自分にあったやり方が結局一番なのですよw(とはいえ、試しにあの人のみたいにやってみるかーなんて挑戦はありだと思う
2012/04/02(月) 02:22:29 | URL | みるまうす #qyT2749. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/709-b0acf54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。