上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


sdx_bknight_f91_00.jpg

バンダイ SDX 灼熱騎士ガンダムF91のレビューです。
騎士ガンダムシリーズ第2弾 『SDガンダム外伝 円卓の騎士編』 に登場する、新たに結成した円卓の騎士の一人

放浪の騎士とも呼ばれているガンダム。ブリティス最大の反ザビロニア組織のリーダーであり、ザビロニア抵抗組織で培った幅広い友人層を持っている。もともとは灼騎士<バーンナイト>ガンダムF91であり、後に円卓の騎士に迎えられて、装いも新たに灼熱騎士<バーニングナイト>ガンダムF91となる

シリーズ第3弾にあたる 『聖機兵物語』 にも登場しており、物語の舞台であるダバード王国に訪れている。ネオジオン族の機兵に対抗するため聖機兵に乗り込んで戦うが、戦闘後に精神力を使い果たして昏睡状態になってしまう。後に、幻影騎士<シルエットナイト>ガンダムRXF91となり、駆けつけた円卓の騎士と共にネオジオン族と戦っている。ただし、アニメ化された聖機兵物語は(大人の事情で)登場しておらず、話の内容も幾らか変更されている。


レジスタンスの隊長というのは、ゲームやカード、コミックにプラモ共通の位置づけ。物語の主人公・皇騎士ガンダム(後のキングガンダム二世)と出会う場所には媒体によって差違があるものの、だいたいブリティス近辺になっている。ややギャグのあるBB戦士の中で、ガチで強い。また、ゲームでの特別デモシーンを始め、カードでも単体で登場するなど扱いが実にいいのも彼の特徴である。さらにプラモではBB戦士は当然として、ちーびー戦士に元祖SDでも商品化されているなど、優遇っぷりが尋常じゃないw

そして、この度SDXでも商品化となったという。なんと主人公であるキングガンダム二世を差し置いて先に商品化されているというのがもうねw 商品化にはもちろんガンレックスも多分に影響しているとは思われるが、もともと人気度も高い騎士と言えるかと。ただし、この商品は灼熱騎士ガンダムF91であるため、灼騎士の方の鎧等々は付属されていない。円卓の騎士編での灼熱騎士と、聖機兵物語編での灼熱騎士になることができます。他の付属にはバーニングヴェスバーソード、バーニングナイフ、輝光の盾、さらにバーニングヴェスバーソード用のエフェクトパーツまでついているなどボリューム満点。ただでさえ、見た目のカラーリングは派手だと言うのに、このラインナップは凄まじいね(;゚д゚)




作品名SDガンダム外伝 聖機兵物語編/円卓の騎士物語編
発売元バンダイ
販売元バンダイ
出荷日2012/02/24
スケールノンスケール
全高約90mm
仕様ABS/PVC/ダイキャスト製塗装済・可動フィギュア




sdx_bknight_f91_02.jpg sdx_bknight_f91_01.jpg

ケースはF91の二形態のリバーシブルで、背景は赤き炎と青き炎。



sdx_bknight_f91_03.jpg

中身は何時も通り二段構成。アーマーの差し替えがあるので、ボリューム感ありますね。



sdx_bknight_f91_04.jpg

sdx_bknight_f91_05.jpg sdx_bknight_f91_06.jpg

まずは、標準装着されている聖機兵物語編のF91から。
基本カラーの青と白に、ゴールドとシルバーのメタリック塗装、クリアパーツなど豪華な仕上がり。重量感はやはり以前に比べると軽くなっていますが、それでもガンプラなどに比べれば重いなと感じられる重量はありますね。

出来は申し分なし。もちろん個体差などはありますが、メッキも綺麗でいい出来です。関節とかもしっかりしていて、保持力がありそうです。マントも質感ある感じでかっこいいね。



sdx_bknight_f91_07.jpg

フェイス部分の構造は毎度おなじみ。首の引き出しなど今回もできるようになっています。
目や口の塗装は申し分ないですね。左右のもみあげのような部分も一部塗装剥げがありますが、まずまずの出来。



sdx_bknight_f91_08.jpg


燃える翼を思わせる頭部飾りは、ゴールドのメタリック塗装とクリアパーツで煌びやかです。



sdx_bknight_f91_09.jpg

sdx_bknight_f91_13.jpg sdx_bknight_f91_14.jpg

鎧もよくできています。メタリック感あるゴールドの塗装がかなり綺麗に仕上がっているのが嬉しいところでしょうか。こちらの形態のアーマーは前後が同じ構成になっていますね。やはりメタリックゴールドがかっこいい!
股関節のジョイントが見えてはいますが、そういうのも含めてSDらしさがっていいかな。足首の可動も自由さあって、しっかり地に足付けられる構造になっているようです。下の前垂れは上の方を軸に可動できます。



sdx_bknight_f91_10.jpg

兜の後頭部はこんな感じ。彫りもちゃんと入っていますね^^



sdx_bknight_f91_11.jpg

背中には青いマントと、バーニングヴェスバーソードを収めるパーツ。
この時のF91は数ある形態の中でも唯一の青いマント着用だったったような。ひらりと風を受けているような躍動感があって、ポーズを決める時にかっこよく決まるのではないでしょうか。



sdx_bknight_f91_12.jpg


マントに隠れていますが、後ろ腰に隠し持っている(?)バーニングナイフもちゃんと再現されています。抜刀して手に持つことも!




続けて、他のパーツなどを...

sdx_bknight_f91_15.jpg

sdx_bknight_f91_16.jpg



フェイスパーツは、標準でついているものも含め3種類。正面以外は左右に向いたものが一つずつついています。
余裕があるならついでに笑顔とか目閉じもつけて欲しかったかなと思えなくもないです。



sdx_bknight_f91_17.jpg

バーニングナイフは掴み手で握ることができます。
バーニングヴェスバーソ-ドに比べると、使うことが少ないでしょうけど、造形など丁寧に作られています。



sdx_bknight_f91_18.jpg

こちらがバーニングヴェスバーソ-ドです。マントの後ろに収めていたものと違い、鍔にあたる部分が展開しています。
ギミックではなく、閉じたバージョンと開いたバージョンが二本ずつついています。

持たせ方は直接はめこむのですが、柄の先が太い上に掴み手がかたいので、斜めから入れるようなことをしないと入れにくいですかね。着脱する時も少し斜めに抜く方がやりやすい感じでした。


sdx_bknight_f91_19.jpg

さらに、そこに燃え上がった炎をかたどったエフェクトパーツをつけることができます。ソードの刃の部分をエフェクトパーツに差し込むだけでよく、ちゃんと向きもあります。



sdx_bknight_f91_20.jpg

こちらは輝光の盾です。こちらのF91に持たせていますが、こちらは確か円卓の騎士編で使われていた盾だったかな。
F91の装備品の中で数少ないグリーンが基本カラーの盾ですね。円卓の騎士Ver.のF91には緑系のカラーがないので、これも混ざるといよいよど派手さがすげぇのなんのw

ソードと同じく、こちらも同じように少し斜めに入れるといいかと思います。




sdx_bknight_f91_21.jpg

SDXで初めて2体購入しました。両方出して、それぞれ別形態で解説の続きへ。



sdx_bknight_f91_22.jpg
sdx_bknight_f91_23.jpg sdx_bknight_f91_24.jpg

まずは、円卓の騎士Ver.のF91。装いも新たになっていますが、物語ではこれの後にさきほどの形態になるので、バージョンアップなんだがバージョンダウンなんだか...。
こちらは青が少なく、ゴールドとホワイトがメイン、青と赤が引き立て役のようなカラーリングです。派手さはこちらも負けていま・・・いや、どう見てもこちらの方が派手だろうとw

バーニングヴェスバーソ-ドは背中のウイングパーツから突き出た鞘に挿入されています。これ、実際には地に着かないんでしょうけど、浮かせるとF91が後ろに傾くか、ウイングがかっこわるく見えるんですよね。なので、こんな感じで。



sdx_bknight_f91_25.jpg

頭部の角飾りは聖騎兵物語編のと近しいデザインです。先の方が炎のエフェクトになっているのも同じ感じですね。こちらもクリアパーツで作られています。造形もよくて、いいね( ´∀`)b



sdx_bknight_f91_26.jpg

sdx_bknight_f91_28.jpg sdx_bknight_f91_29.jpg

アーマーなどの出来映えも申し分ないです。造形もいいですし、塗装も実に綺麗。白と金のカラーリングがよくあっています!
アニメでは登場していなく、カードダスぐらいでしか見てなかったので、改めて見てこういうデザインだったんだなーと思ったところなんかもありますね^^



sdx_bknight_f91_27.jpg

ウイングも造形もよく、鋭利な翼がかっこいいね。翼の向きは関節で上下の角度と左右の角度が調整出来るようになっています。鞘の挿入は下から上に入れるようになっていますが、カチッとはまるので落ちることもないです。



sdx_bknight_f91_30.jpg

続いて、ガンレックスに乗る方についてですが、実際には先ほどのものではなく、軽装状態にしないといけません。肩アーマーを外し、軽装状態のものに差し替えます。背中にあるマント等も外します。



sdx_bknight_f91_31.jpg

あとは普通に乗せるだけ。


sdx_bknight_f91_32.jpg

ガンレックスの顔など外すと、ちゃんと中に収まっているのがわかるかと...




では、ポージングなど!

sdx_bknight_f91_33.jpg

途中載せていませんでしたが通常の掴み手とは別に、右手のみ親指を突き出した掴み手があり、このように刃のある側を掴むことが出来ます。これでパッケージにあるようなポージングも可能ですよ。



sdx_bknight_f91_34.jpg

ナイフでのポージングも一つだけ。



sdx_bknight_f91_35.jpg

これが・・・聖騎兵・・・



sdx_bknight_f91_36.jpg



sdx_bknight_f91_37.jpg

剣に炎をまとい、いざ!



sdx_bknight_f91_38.jpg



sdx_bknight_f91_39.jpg

やはり、二刀流がF91ですね^^


sdx_bknight_f91_40.jpg

っても、こんなカットも。



sdx_bknight_f91_41.jpg

二形態でポージングなど。
もとがすごく派手でかっこいいので、それぞれ別形態で飾りたくなりますね^^



sdx_bknight_f91_42.jpg



sdx_bknight_f91_43.jpg



sdx_bknight_f91_44.jpg

ガンレックスの手に持たせてみるなど・・・でも、大きさ的に合わないねw
F91どこ見てるw



sdx_bknight_f91_45.jpg



sdx_bknight_f91_46.jpg

さらに三体一緒に...




sdx_bknight_f91_47.jpg

最後は、ハイコントラストで一枚ずつでおしまい。


sdx_bknight_f91_48.jpg

以上、バンダイ SDX 灼熱騎士ガンダムF91でしたー

出来も悪くなく、煌びやかで見映えもかっこいい。保持力も悪くないので、ストレスなくポーズをつけられるのがまたいいですね。付属パーツも豊富で、文句の付けようがないぐらい充実した内容になっていました^^
SDXも円卓の騎士編に入ってきましたが、果たしてどこまで商品がでるでしょうかね...w




【関連記事】
王家の谷に伝説の巨人 ~ SDX 聖機兵ガンレックス
アルガス一の剣の使い手! ~ SDX 剣士ゼータガンダム レビュー
技には魔法・・・ギガソーラッ! ~ SDX 法術士ニューガンダム レビュー
戦場に舞い降りた天空の翼 ~ ROBOT魂 ストライクフリーダムガンダム
地・球・防・衛!! ~ スーパーロボット超合金 ダイ・ガード レビュー
木曜日の名を冠する”オリジナル7” ~ ROBOT魂 ダン・オブ・サーズデイ
闇を貫く赤い影。 ~ ブラックゴールドソー -animation version-
紫の金のクウガ ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングタイタン



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/704-6efd2d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。