上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


ultraact_gomora_00.jpg

バンダイ ULTRA-ACT ゴモラのレビューです。
ご存じ、円谷プロダクション製作の特撮テレビ番組 『ウルトラマン』 にて初登場し、それ以降のシリーズでも登場している怪獣の一体。

別名 「古代怪獣」 。ウルトラマンでは第26話で初登場、第27話にも登場しており、前後編となっている。他、80やパワード、マックスにメビウスでも登場。ウルトラギャラクシー大怪獣バトルシリーズでは、主人公レイの相棒とも言える存在になっているなど位置づけも変わっている。
三日月型の巨大な角や大きく長い尻尾。全身は分厚そうな皮でできているようで、腹部にトゲのような鱗のような突起物。怪獣らしく、牙もちゃんとある。

怪獣のレビューも初でしょうか。バルタン星人も一応持ってるんですが、ちゃんとしたレビューでは載せて・・・ないよね^^; ウルトラマンはソフビなどが有名ですが、それとは質感とか結構違うように思えます。可動域はそこまで大きく動かせるわけじゃないですが、怪獣の割にはよく動くってのが印象です。重量感もなかなかあっていいですね。



作品名ウルトラマン
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2010/08/07
全高約160mm
仕様彩色済みアクションフィギュア




ultraact_gomora_01.jpg
このゴモラもお安くゆずっていただいたものなのですが、状態は結構良い感じ。特徴的な角や皮膚のトゲのようなものなど、再現度は抜群ですね。


ultraact_gomora_02.jpg

ultraact_gomora_03.jpg


なんと言っても、皮膚のクオリティがいいかな。ただの褐色ではなく、模様なども仕上がっています。
質感も申し分ないでしょうか^^



ultraact_gomora_04.jpg

ギロリと言う言葉が似合う瞳。目の塗装、綺麗ですわー( ´∀`)b
角の形や模様も丁寧作られています。顔と角の先の間がやや明るくなっていて、グラデーションも良い感じかな。



ultraact_gomora_05.jpg

顎が可動するので、口ももちろん開きます。牙造形もばっちり・・・ちょっと汚れてますね。・・・歯磨こうぜ!(マテ



ultraact_gomora_06.jpg

首の可動する関節は頭側と胴体側と二種類あって、そこそこ可動します。真横に向けるのはさすがに苦しいかな。
まぁ首の太い怪獣だし、これぐらいがちょうどいい。



ultraact_gomora_07.jpg

ultraact_gomora_08.jpg


腹の突起物の造形もよくできていると思います。塗装が濃くなっているなど、特徴もちゃんと再現されていていいね。
だいたい股関節辺りまで伸びているかな。人間で言う胸毛みたいなものなんだろうか、これは...



ultraact_gomora_09.jpg

腕は、肩、肘と手首に関節が仕込んであります。腕自体が短いですが、そこそこ可動できます。



ultraact_gomora_10.jpg

左手の方も皮膚自体は申し分ない出来。
しかし、肘はいいとして、手首の関節がちょっと目立ちますね



ultraact_gomora_11.jpg

こちらは股関節、膝、足首が可動できます。確か、ソフビの方は膝の関節が動かないんだっけか。そうなると、膝の関節が増えただけでも全然違いますかね。よりリアルに近い立ち方になるかと。



ultraact_gomora_12.jpg

背中側はこんな感じ。皮膚の模様がほんといい仕上がり( ´∀`)b



ultraact_gomora_13.jpg

尻尾は途中から大きく色が変わっています。これはもともとスーツがこんな感じだったのかな...(´・ω・`)?
ちなみに、この付け根から外せるようになってます。尻尾本体と胴体が接続しあう感じで、間に挟んでるある部分はカバーのような感じになっています。



ultraact_gomora_14.jpg

結構長い。ってか、かなり長い。
見た感じで、どこが可動するかはだいたいわかると思います。ただ、思いっきり尻尾が上がる感じでもないみたい。



ultraact_gomora_15.jpg

付属には、ウルトラギャラクシー大怪獣バトルシリーズで使用する 「超振動波」 のエフェクトパーツが付いています。
ちゃんと鼻にある角のような突起から放出していますね。



ultraact_gomora_16.jpg

もう一つの付属はこちら。
初代ウルトラマンにて登場した際、ゴモラは科学特捜隊のマルス133とスパイダーショットによって尻尾が切断されてしまうのですが、その状態にもできるみたいです。ただ、思いの外使う機会がないこれ



では、アクションポーズなんかを...

ultraact_gomora_17.jpg


やっぱり迫力ありますね~^^
大きさも重量感も申し分ないですわ。



ultraact_gomora_18.jpg

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルシリーズで多用していた飛び蹴り・・・っぽいポーズもやってみた。
魂ステージACT.4では支えるのも一苦労で、何回も倒れてしまいましたわ^^;



ultraact_gomora_19.jpg

別方向。この短い足で精一杯飛び蹴りしていましたね。
でも、威力は結構ありそうね...((((;゚Д゚))))



ultraact_gomora_20.jpg

「ゴモラ、趙振動波だ!」



ultraact_gomora_21.jpg



ultraact_gomora_22.jpg

一応、ウルトラマンとのカットも。ウルトラマンの方がだいぶへたれちゃったので、激しいアクションはできず...。
ってか、この後、ウルトラマンの手首折れたんだよね...あぅorz



ultraact_gomora_23.jpg

実は、ゴジラ買った時に何時かこれをやりたいと思ってたwww 結局はゴモラの方が後で買うことになったんですけどね^^;
どうせなら趙振動波と熱線をぶつけ合う構図にすればよかったかな。でも、そうすると余計に横長に・・・w



ultraact_gomora_24.jpg

以上、バンダイ ULTRA-ACT ゴモラでしたぁ~

出来もよく、可動もそこそこ動きます。もとからごつい故に、関節も太いので、ガシガシ遊べるのがいいね。しかし、相手役のウルトラマンがもうかなり前のものってのがネックでしたね^^; 趙振動波はおまけ程度な感じもありますが、ないよりはある方が嬉しかったので、これはこれでよかった!

セブンとエレキングも買っていますので、また機会がきましたら...




【関連記事】
戦場に舞い降りた天空の翼 ~ ROBOT魂 ストライクフリーダムガンダム
人間の自由のために戦う戦士 ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新2号
ゴジラを迎え撃て! ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ対応エフェクト&東宝特撮超兵器
G対策センター製対ゴジラ用戦闘兵器 ~ S.H.モンスターアーツ UX-02-93 メカゴジラ
世界を恐怖に陥れた怪獣王 ~ S.H.モンスターアーツ ゴジラ
人間の自由のために戦う戦士 ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号
行くぜ・・・俺、変身! ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダージョーカー レビュー
青い電王、再誕 ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王(トリロジーVer.) レビュー
”光の国から僕らのために” ~ ULTRA-ACT 初代ウルトラマン


    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/694-d7bd3179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。