上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


robodama_heroman_00.jpg

バンダイ ROBOT魂 <SIDE HERO> ヒーローマンのレビューです。
bones制作の日本のテレビアニメ 『HEROMAN』 に登場する主人公・ジョーイと共に戦う、巨大なロボットを模したヒーロー。

カラーリングは白をベースに青と赤がプラスされた三色で構成されている。顔立ちは人間のよう。星条旗を思わせる五芒星が両脇腹にデザインされている。廃棄された市販のラジコンロボット 「ヘイボ」 をジョーイが拾って修理し、雷雲からの落雷を偶然浴びた事で特殊な力をその身に宿した。元がラジコンロボットであるだけあって、ジョーイが持つコントローラーの指示に従って戦うスピードはやや遅いがその分、攻撃力は絶大。電気を応用して、自ら電磁化したりテレポートなど多彩な能力を持っている。

ROBOT魂のエヴァンゲリオン、タウバーンをはじめ数々の可動モデルを手掛けた設計職人 「S氏」 と ヒーローマンデザイン コヤマシゲト氏の監修による、タウバーンの時にもあったタッグで製作されており、マッシヴなフォルムらしかぬ可動域を誇っています。とにかくごつい割によく動く、というのが触ってみた中での印象ですね^^ あと、無茶すると肩アーマーが外れてしまうってところかな。(壊れるんじゃなくて外れるだけ



作品名HEROMAN
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/10/29
全高約145mm
仕様ABS/POM/PVC製塗装済・可動フィギュア




robodama_heroman_01.jpg robodama_heroman_02.jpg

ケースはこんな感じ。ヒーローマンと同じく、白をベースカラーとしたものになっています。
後ろはマーベル・コミック風な解説になっています。



robodama_heroman_03.jpg robodama_heroman_04.jpg

全身。再現度は申し分なく、出来も上々。デザインがわかりやすいように見えて、特徴的な造形が仕上がっているのがいい! そして、塗装が綺麗ですよね~^^
脚部の都合上、台座が必要不可欠なのはあれですが、かっこよく仕上がっているるのは間違いないと言えます! ちなみに、タウバーンと同じく、台座のアームはACT.4仕様です。これだよ、やっぱACT.4でないと。SHFの方も見習って欲しいよ、マジでw



robodama_heroman_05.jpg

顔アップ。結構よくできていると思います。違和感は感じませんでしたね^^ 目も悪くない感じ。



robodama_heroman_06.jpg

意外と細身のように見えるボディーや、幅のある肩アーマーも申し分ない出来映え( ´∀`)b
ラインがちゃんと惹かれていますし、赤の塗装もはみ出てないなどいい。



robodama_heroman_07.jpg


一見、胴体は可動できないように見えますが、横から見るとパーツが幾つかにわかれているのがわかると思います。3の五芒星の上中下の部分がそれぞれ別パーツなので、そこそこ身体を捻ることができる。



robodama_heroman_08.jpg robodama_heroman_09.jpg

ごつい腕は球体型の関節で繋がれており、可動範囲は広め。どちらかというと肩アーマーが干渉することがあるので、そっちの方が注意がいりますかね。足の方は原作通りの成形がなされています。こっちも一見可動ができないように見えて、従来のロボ魂ほどの可動ができるのが驚きだったりしましたw



robodama_heroman_10.jpg

背中側も仕上がっていると思います。
黒いラインがやや途切れている部分があるのが少し気になりはしますが、可動フィギュアならまぁこんなもんかと^^;



robodama_heroman_11.jpg

腰の後ろ辺りにアームを差し込む仕組みになっています。



robodama_heroman_12.jpg robodama_heroman_13.jpg

ACT.4のアームの先に、接続用パーツを取り付けて、ヒーローマンと繋ぎます。サポートパーツがあるだけなので、アーム自体は従来の物と同じ。台座は赤い円を刻んだデザインのもの。ヒーローマンにあったサイズのものですが、動かしてみるとちょっと小さいかなと思わなくもなかったりそうでもなかったり(どっちだよ



robodama_heroman_14.jpg


足の裏はこんな感じになっています。正面から見るとシンプルですが、裏は細かい作りになっているのですな^^;




robodama_heroman_15.jpg

付属物は、手パーツが別に二種類、表情パーツが別に二種類。それから、電気エネルギーを放出した時のエフェクトパーツもついています!!(怒髪電エフェクトパーツと名称されています



robodama_heroman_16.jpg

そして、ジョーイのフィギュアも付属!! あくまでヒーローマンがメインですが、これは嬉しい付属なのかな。
ちゃんとコントローラーを付けた状態で、あのポーズであるのもいいところか! 何気に、出来もそんなに悪くないぞ(ぉぃ



robodama_heroman_17.jpg robodama_heroman_18.jpg

表情は、口の開いた顔。ジョーイの呼びかけに応答するように唸るヒーローマンの時のかな。歯のような造形までしっかりありますな!
こちらの表情は、もとからついている表情パーツから顔部分を取り外し、頭部を差し替えなければいけませんでした。


robodama_heroman_19.jpg robodama_heroman_20.jpg

もう一つは歯を食いしばっているもの。
んで、こっちは頭部と一体型になっています。頭部がもとのとなんか違うのかなと思ったんですが、ぱっと見わかりませんでしたね



robodama_heroman_21.jpg

そして、エフェクトも装着してみます。



robodama_heroman_22.jpg


頭部は後頭部から挟み込むだけ。つけるのに苦労はないですな。
エフェクトはもちろんクリアパーツ成形。


robodama_heroman_23.jpg


肩の方は中心のパーツがスライドできるようになっており、スライドしてできた隙間にエフェクトパーツを差し込みます。
こっちもクリアパーツ成形ですね。ちゃんと向きがあるようで、箱のを参考に差し込んでいます。

こっちだけピンボケしてしまった



robodama_heroman_24.jpg


膝を曲げたので、ついでに撮っておきました。これぐらい曲がります。十分ですね^^
足もそこそこ上げられるので、可動に関しては特に問題なさそうです。




では、適当にポージングなど...

robodama_heroman_25.jpg



robodama_heroman_26.jpg

一つ気になったのが、ヒーローマン自体がちょっと重いってところでしょうか。へたれやすい魂ステージではACT.4といえど、ヒーローマンを支えるには限界があります。なんで、前のめりなポージングだとちょっと倒れちゃうなんてこともありました




robodama_heroman_27.jpg




robodama_heroman_28.jpg

パンチやキックポーズも結構決められます。このごつい身体でほんとよく動くなーといい意味で驚きでした!



robodama_heroman_29.jpg




robodama_heroman_30.jpg

エフェクトパーツはもうちっと大きくてもよかったんじゃね?とも思いましたが・・・こんなもんなのかな。



robodama_heroman_31.jpg



robodama_heroman_32.jpg




robodama_heroman_33.jpg

しゃがんだポーズもまぁまぁできる感じ。



robodama_heroman_34.jpg




robodama_heroman_35.jpg



robodama_heroman_36.jpg


戦闘決着後のあのポーズ。でも、手が長いのかな、やり方が悪いのかな、劇中のような綺麗な円は無理でした^^;



robodama_heroman_37.jpg

以上、バンダイ ROBOT魂 <SIDE HERO> ヒーローマンでしたぁ~

やはりごつい割に可動域すげぇの一言ですかね。特に膝がここまで曲がるのがすごいですよね。いい仕事してるわ。出来も申し分ないですし、顔も悪くないかと。アニメとか見てた人なら買ってもいいと思いまふ(○´ω`○)




【関連記事】
王家の谷に伝説の巨人 ~ SDX 聖機兵ガンレックス レビュー
木曜日の名を冠する”オリジナル7” ~ ROBOT魂 ダン・オブ・サーズデイ レビュー
2011年 ロボット魂ドラえもん誕生!(ぇ ~ ROBOT魂 ドラえもん レビュー
地・球・防・衛!! ~ スーパーロボット超合金 ダイ・ガード レビュー
超小型害虫駆除ロボット、超合金にて登場! ~ 超合金 一撃殺虫!! ホイホイさん レビュー
ババンバン ババンバン ババンバンとバトルだ! ~ D-Arts メタビー レビュー
ふ~もふもふもふもっふも~♪(ROBOT魂 ボン太くん レビュー~♪)



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/627-ec733002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。