上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


robodama_doraemon_00.jpg

バンダイ ROBOT魂 ドラえもんのレビューです。

ドラえもんは、藤子・F・不二雄氏による日本漫画作品ならびにアニメとしても放送されている 『ドラえもん』 に登場する猫型ロボット。国境も世代も超えた国民的キャラクターで、名前すら知らないという人はそうそういないほど知名度あるキャラクターである。

作品タイトルと同じ名前のキャラクターであるが、公式的には主人公ではない未来からやってきた量産型の子守用ネコ型ロボットで、何をやらせてもドジばかりの小学生 「野比のび太」 (こちらが主人公)を一人前の大人にすることが目的

製造中に落雷が落ち、その際に身体からネジが一本抜け、さらに生産ラインから転落するというトラブルが発生。その影響で、従来のロボットよりも不器用さがついてしまった。落雷が起きたのは、時間犯罪者がタイムパトロールから逃亡するためにワープを行い、その時に放出された電気エネルギーが原因らしい。製造当時のボディーは黄色で声も高いものとなっていたが、これは1995年に上映された 「2112年 ドラえもん誕生」 で、これまでこんがらがったりよくわからなかったドラえもんの初期設定を明確に示すために設定されたもののひとつ。(当時の声優は大山のぶ代さんで、黄色メッキがついていた時は横山智佐さん) メッキがはがれたのも、この映画で明かされた設定とその前までの理由は全く異なっている。(そもそも上映前にはメッキであるという設定すらなかった)

見た目からはわかりにくいが、身長や体重、頭の周りなどの長さ、重さなどが全て129.3で揃えられているという設定がある。細かいのでは、 「ネズミを見たときに飛び上がる高さ:129.3cm」 「ネズミを見たときにネズミから逃げる速さ:時速129.3km」 などという謎設定もw

2112年9月3日(乙女座)に製造されており、その日が誕生日。そのためか、この商品も9月3日に発売されている。今になってドラえもんの可動フィギュアと思われそうだが、今だからこそかなりの出来映えになっています。まん丸の手にはマグネットを内蔵して、それを使うことでひみつ道具を手に持てる仕様になっている。出来もそうですが、再現度もいい。フォルムはまさにあのドラえもんと言えるほど。



作品名ドラえもん
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/09/03
全高約100mm
仕様ABS/POM/PVC製塗装済・可動フィギュア




robodama_doraemon_01.jpg robodama_doraemon_02.jpg

箱の中に見えるのは、どう見てもあのドラえもん!
背景には、コミックの一コマ一コマがちりばめられています。
後ろには、のび太と一緒に写っている写真も。でも、のび太はまだ買ってないんだよね(;´∀`) (゚Д゚ )ぇ



robodama_doraemon_03.jpg robodama_doraemon_04.jpg

全身。まん丸としたあのボディーから短い足、赤い鼻と尻尾、首についている鈴。まさにあのドラえもんが目の前にいました。足のところが若干目立ちますが、それでも申し分ない出来映えです!



robodama_doraemon_05.jpg

塗装剥げは全くと言ってないですね~



robodama_doraemon_06.jpg

背中からおしりの曲線も見事です、はい。



robodama_doraemon_07.jpg

付属物はこちらの通り。ひみつ道具でも特に有名なスモールライト、どこでもドア、空気砲、タケコプターが付属!
食べかけのどら焼きに、苦手なネズミまでなかなかのラインナップになっていますね!

表情パーツも豊富ですわー。目と口周りが別パーツになっており、いろいろ組み合わせて使用することが出来ます。これだけでも幅広い表情を楽しめそう。



robodama_doraemon_08.jpg

耳は頭部に内蔵されたマグネットでくっつきます。あまり強い磁力じゃないので、ちょっと手が当たると落ちるw



robodama_doraemon_09.jpg

”タケコプター!”

手に持っているタケコプターはマグネットでくっついています。
のび太がいないので、この間出した方を代理に(ぉぃ 何気に大きさも同じなんだなーっと。ちなみに、この人は助けてもらわなくても大丈夫。ってか、普通に空飛べるしww(ソウイウモンダイカ



robodama_doraemon_10.jpg

”空気砲”

こちらは右手の丸い部分を取り外し、差し替えることで使用します。タケコプターと合わせると、空中でのポージングも可能だぞ!! タケコプターもマグネットで頭部のてっぺんにくっつけられます。



robodama_doraemon_11.jpg

”ね、ねずみぃ~。゚(゚´Д`゚ )゚。”

ドラえもんが苦手なネズミも、細かく作られていました。また、ドラえもんのこの涙目がいい感じです。



robodama_doraemon_12.jpg

”どこでもドア!!”

こちらは出しかけのバージョンで付属。ポケットが引き出し式になっており、そこに差し込む仕様となっている。
出しかけのどこでもドアも3D感が感じられるいい造形です! ドアのノブは、ちゃんと反対側にもついているなど考えられています。



robodama_doraemon_13.jpg

”スモールライト!”

こちらもマグネットで持っています。



robodama_doraemon_14.jpg

ドラえもんの大好物のどら焼き。こちら関西では、三笠焼きとか三笠まんじゅうと呼ぶことが多いですかね。

個人的には泣くほど喜んでいる風に撮ったんですが、見方によっては誰かにつまみ食いされて泣いているようにも見えますねorz



robodama_doraemon_15.jpg

ネズミが増えたなど(゚д゚)!
いやむしろ、あの黄色いのをネズミと判断したドラえもんのすごさがもうね(ぉぃ



robodama_doraemon_16.jpg

こんな時にはスモールライト!
(余り解決策にはならなさそうだけど



robodama_doraemon_17.jpg

アニメなどでたまにあるじたばたしながら大笑いするようなのw
もうちょっと角度考えるべきだったかな^^;



robodama_doraemon_18.jpg

タケコプターで空を飛ぶ。



robodama_doraemon_19.jpg

”どこでもドア!”

なんとなくもう一種類撮ってたものw



robodama_doraemon_20.jpg

以上、バンダイ ROBOT魂 ドラえもんでしたぁ~

再現度もそうですが、出来がいい。塗装などすごく綺麗に塗られていました。短足故のポージングの難しさも、結構いい感じになんとかできていると思います。腕の可動も悪くない。欲を言うなら、ヒラリマント、タイムふろしきとかパワーてぶくろとかメジャーな道具をもう少しつけて欲しかったが、それを言い出したらキリがないのでこれぐらいがちょうどいいのかな。
これほどいい出来具合だと、今後ドラミとかも出たりするんだろうか。と言うか道具セットとか(ぉぃ




【関連記事】
地・球・防・衛!! ~ スーパーロボット超合金 ダイ・ガード レビュー
超小型害虫駆除ロボット、超合金にて登場! ~ 超合金 一撃殺虫!! ホイホイさん レビュー
人間の自由のために戦う戦士 ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 レビュー
ババンバン ババンバン ババンバンとバトルだ! ~ D-Arts メタビー レビュー
青いボディーが 正義に燃える! ~ ねんどろいど タチコマ レビュー
”メタリックでミックミク” ~ 超合金 初音ミク レビュー
”光の国から僕らのために” ~ ULTRA-ACT 初代ウルトラマン
ふ~もふもふもふもっふも~♪(ROBOT魂 ボン太くん レビュー~♪)



    


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/591-d2a6a2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。