上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


figmaWRS_00.jpg

マックスファクトリー figma WRSのレビューでふ。
ブラック★ロックシューター THE GAMEに登場するキャラクターの一人。背中のウイングはさておいて、外見が物語の主人公 『ブラック★ロックシューター』 にそっくりだが、カラーリングが真っ白くなっている少女。

ゲームをまだちっともやってないので、どういう位置づけなのかはいまいちわからないんですが、ゲーム中でB★RSとも戦闘するようね。ってことは、味方じゃないのか。持ってる武器が武器だけに、デドマスさん的立ち位置な気もしたんだけど、違うみたいね。
しかし、瓜二つの黒と白って、なんか某格闘ゲームを思い出すなーうんww

こちらはPSPゲームソフト 『ブラック★ロックシューター THE GAME』 のホワイトプレミアムBOX版の付属となっています。何時ものごとく、限定付属のfigmaぇ。ただ、今回のものに関してはボリュームも半端無く、買われた方も多いかと思います。一般販売しても何時もの3000~4000ぐらいじゃ話にならないでしょうね^^; 塗装も結構よくて、出来自体は実によかった。

一つ欲を言うなら、膝の可動をもう少しどうにかして欲しかったぐらいですね。(思ったより曲がらなかったので...



作品名ブラック★ロックシューター THE GAME
製作・開発元イメージエポック
製作協力マックスファクトリー
製造強力グッドスマイルカンパニー
関節パーツ開発協力株式会社PLM
発売日2011/08/25
原型制作鵜殿一佳・浅井真紀
スケールノンスケール
全高約150mm
仕様ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア




figmaWRS_01.jpg figmaWRS_02.jpg

figmaWRS_03.jpg figmaWRS_04.jpg

ケースはでかめのもの。もう少しコンパクトにできなかったものか・・・
パッケージ画像は、BRSとWRSの顔アップ。どちらも横側と正面とで半々ずつ写っている仕様。
裏には、特典の紹介や、協力された会社などがずらりと。珍しく、関節の造形協力なんてのもありますね(゚д゚)!

何時も思うが、ゲーム内容についての写真が全くないのはおかしくね?(;´∀`)



figmaWRS_05.jpg

本体ソフトと、もう一つの特典のhuke描きおろしアートワークス。
中にCDも入っていまして、そちらはリミテッドサウンドトラックだそうで。



figmaWRS_06.jpg

やはり背中のウイングの分があるだけに、ブリスターは二列体制w
ボリューム感半端ないっす( ´∀`)b



figmaWRS_07.jpg

本体以外のパーツがこちらで全部。
やはりでかい鎌とウイングがボリュームをしめていますね^^
顔が別に2種あるのも嬉しいところ!



figmaWRS_08.jpg

figmaWRS_09.jpg figmaWRS_10.jpg

適当にポーズつけて全身ぐるり。
基本、BRSを白くしたものですが、色以外に幾つか造形が違うポイントもあります。
マントがない分、BRSより露出度を感じてしまって(*´∀`)ニヤニヤが止まらない(ぉぃ まぁ、実はほとんど同じなんですけどね、露出度(ソコカヨ

特に汚れのない白で、綺麗に塗装されていると思います。出来はかなりいい部類。特に髪造形が丁寧です。
あと、気になったのは軟質パーツが全くないですね。久しぶり・・・かな。



figmaWRS_11.jpg

顔アップ。見た目はまさにBRSですが、純粋な雰囲気を持つ彼女に対して、WRSはどちらかというと尊大?表情も余裕ありげな、不適な笑みにみえます。なんか王様って感じだ(ぉぃ

瞳の色も対称的というか、赤色系ですね。


figmaWRS_12.jpg

別方向からも。睫の先がツンと上がっているのに、艶を感じます(ぇ



figmaWRS_13.jpg

figmaWRS_14.jpg

衣装。BRSと同じく、左胸元に星マーク。慎ましやかなのは、こちらも同じなんですね.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○
BRSと違ってマントは羽織ってないですが、代わりにストールというか首を覆うものが。
くびれもしっかり再現されていて、おへそもちゃんと(*´∀`)可動フィギュアで萌え要素たっぷりの出来映えです(違
そして、ホットパンツのチャック辺りの展開が半端ない。Vに開きすぎw

男ばかり生き残った世界で、こんな格好でうろちょろしていたら・・・



figmaWRS_15.jpg

スラリと伸びたおみ足。膝と足首が可動できるのは何時ものことですが、股の部分が少し何時もと違います。
股の辺りは何時もほどは動かなくて、代わりに、ホットパンツとふとももの間が横に回せるようになっています。
BRSと違って、ロングブーツでないのも特徴。


figmaWRS_16.jpg

ブーツではないが、足をソックスにも見えるような防具が覆っていて、膝近くにある折れた部分が横に長く展開しています。正直、どういう構造になっているのかがいまいちわからない^^; ってか、ソックスの上につけているのかな。



figmaWRS_17.jpg

背中側にも星マークが付いています。これはBRSにはなかった要素かな。



figmaWRS_18.jpg

そして、ホットパンツのお尻側。ちょ、食い込んでるんじゃねぇーの(*´ω`*)見事な割れ具合です!
ちょうと谷間の上辺りであろうところにはシワ使いまで・・・こってますねー



figmaWRS_19.jpg

figmaWRS_20.jpg

彼女も髪が長いですが、BRSと違い、左右対称的な長さになっています。
髪の作りは申し分なく、とても丁寧に作られています。毛先まで丁寧ですね^^
接続は何時も通り、ボールジョイントが使用されています。




figmaWRS_21.jpg

別の表情パーツ。こちらは、ペロリと舌を出している顔。舐め方からして、獲物を狙っているような雰囲気がありますね。BRSをとらえて、弄んじゃうんでしょうか(*´∀`)ヾ(゚Д゚ )マテ

舌ってのがわかりやすく、出来もいい感じ。



figmaWRS_22.jpg

こちらは、怒り顔とか叫び顔に相当する表情。
口には八重歯?牙?が出ているように見え、瞳は半円だったものが円全てが写っているものに。おぞましさを感じさせる表情ですね(;´∀`)

そして、BRSとは方向も逆で色も違う、炎のように燃える瞳。燃える瞳が逆ってところが対局を意味している気がします。
こちらは前頭部パーツを差し替えたもの。表情がこれ固定というわけではないです。



figmaWRS_23.jpg

付属のホワイトサイス。”サイズ”じゃなくて”サイス”なんですね。付属の説明書に、この名称であったのでホワイトサイスでいいのかな。
持つ部分だけでも身の丈ほどの長さがあります。ほんとこの世界の連中はなんでみんな、こんなでかいものばかりをぶんぶん振り回しているんだ(;゚д゚)



figmaWRS_24.jpg

鎌部分は、白と瞳の色と同じ赤い系の色で覆われています。赤い部分はクリアパーツで、劇中ではおそらくエフェクトみたいになってるんでしょうね。すぱっと切れそうだな、すぱっと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



figmaWRS_25.jpg

持つ部分はこのように接ぎ離すことができます。手の親指とそれ以外の間から入れることも可能ですが、外してから手を入れるとやりやすいです。ただま、普通に入れるのだと途中で限界があるので、どちらにしろ何回かは指の間から入れる羽目になったけどねw



figmaWRS_26.jpg

最後に、ホワイトウイングのご紹介。やはり、これが今回の一番の見所でしょうよ。



figmaWRS_27.jpg

これを装着する時は、首の周りのパーツも付け替えなきゃいけないみたいです。
さっきのは真っ白でしたが、こちらは機械的なパーツがくっついたものになっていますね。


figmaWRS_28.jpg

ちなみに、外すとこんな感じになっています。
ちゃんとブラの紐が肩に(*´∀`)作り込まれていますね~いい意味でw



figmaWRS_29.jpg

背中はこんな感じ。本来、支柱を差し込むところにユニットを装備。その下から支柱を差し込んで、固定するようになっています。




figmaWRS_30.jpg

figmaWRS_31.jpg


ウイング部分。ゲームのPVとかを見た感じ、このウイングから?何かジェット噴射的なものを出して浮いているように見えましたね。(ちゃんとゲームしろよw

パーツはプラモのような感じに見えますが、よくできています。塗装も綺麗ですしね^^ もうちょっとメタリック感と言いますか、白ならパーツ風味にしてくれるともっと映えた気もします。




では、あとは適当にポージング!

figmaWRS_32.jpg




figmaWRS_33.jpg


ペロリとしている顔は、挑発的なポーズにも使えて、いろいろ遊びどころがありそうです。
このペロリとしているところも、なんかデドマスさんを思わせますね(*´∀`)
でも、THE GAMEでは、”デッドマスター”は敵その1になっているからな・・・orz



figmaWRS_34.jpg



figmaWRS_35.jpg

デッドサイズに比べるとホワイトサイスは鎌部分に重量感があるので、figma台座を使ってもバランスが悪いのが悩みどころでした。



figmaWRS_36.jpg

あと、ポージング中気になったのが・・・


figmaWRS_37.jpg


前述にもある膝関節。個人差なのかもしれませんが、私のはこれで限界でした^^;
もうちょっと曲がるとよかったんだけどなー。



figmaWRS_38.jpg



figmaWRS_39.jpg

後ろ姿もかっちょえぇーです!!



figmaWRS_40.jpg

やはり、鎌を持って、突撃してくるポージングが( ´∀`)b



figmaWRS_41.jpg

ほんとはいろんなポーズで取りたいんですが、ホワイトウイングが意外と干渉するんですよね^^;



figmaWRS_42.jpg

余りガシガシ可動して遊ぶよりも、シンプルなポーズでビジュアルを楽しむ方がいいかもしれないです。



figmaWRS_43.jpg



figmaWRS_44.jpg

以上、マックスファクトリー figma WRSでしたー(○´ω`○)ノ

出来は言わずもがなです。塗装も綺麗で言うことなかった。白いので埃が目立たないのもいいところですが、その分、手の汚れとかが付着するかもなのでこれから触られる方はなるべく手を綺麗にしましょう。まぁ、汚い手でフィギュア触るやつなんていねぇとは思っていますが・・・w
惜しかった点は、もう先に述べた通りです。あと、これはfigmaの宿命か、もう少し保持力があればなーっていう、手首のね。こればっかりは仕様の問題なので、どうしようもないですけどね^^;

WRSは限定で、THE GAME版のBRSが一般ということは、GRAYも何かの形で出るんでしょうかね。とりあえず、ゲーム版のBRSを出すなら、この3人は出し切って欲しいところです、はい!




【関連記事】
かわいくも大きく強力な2つの剛腕 ~ ねんどろいど ストレングス レビュー
闇を貫く赤い影。 ~ ブラックゴールドソー -animation version- レビュー
闇を舞う漆黒の少女 ~ デッドマスター -animation version- レビュー
切り裂く闇を、大剣を担う謎多きもの ~ figma ブラックゴールドソー レビュー
かわい~く微笑む漆黒の・・・ ~ ねんどろいど デッドマスター レビュー
不敵な微笑が闇に浮かぶ ~ デッドマスター -original version- レビュー
蒼き炎が闇を駆ける!! ~ ブラック★ロックシューター -animation version- レビュー
闇を駆ける漆黒の刃!! ~ ブラック★ロックシューター Black blade ver. レビュー
闇に微笑む漆黒の少女。 ~ figma デッドマスター レビュー
闇を駆ける青い流星。 ~ figma ブラック★ロックシューター レビュー
蒼い炎は勇気の証!! ~ ねんどろいど ブラック★ロックシューター レビュー



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/563-c8a88af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。