上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


gsc_yuzukopm_00.jpg

グッドスマイルカンパニー 柚子ペパーミント 早川柚子のフィギュアのレビューです。
原作:佐藤大先生、作画:ゴツボ☆マサル先生による漫画作品 『柚子ペパーミント』 に登場する主人公にしてヒロイン。一人ぼっちのペパーミント系ハンマー女子高生。

物語本編から遡ること9年前に起こった 「骸骨団地一家惨殺事件」 。早川柚子は家族を何者かに殺害されてしまう。たった一人の身寄りだった祖母が柚子に花カルタを託し、この世を去る。猟奇殺人の犠牲となった家族の真相、突如世界を襲う「全地球大震災」、すべての因果が繋がって、柚子に眠る”ペパーミント”が起動する。

普段はクールで無口な女子高生。「柚子風呂」に入るのが毎日の日課。 「骸骨団地一家惨殺事件」 に首謀者であり、柚子の家族の敵でもある 「MDD団」 への復讐を胸に、荒廃した地球を旅している。
「ペパーミント」と呼ばれる力を持ち通常ではありえない身体能力を発揮。また、巨大な鉄球 『不知火』 を振り回して、敵と戦っている。クールな性格の彼女も、敵である 「MDD団」 には容赦がない

ドラマCDでの声優は、幼女から大人の女性まで演じれる能登麻美子さん。ドラマCDで聞くと、テレビで見るのとはまた違いますね~。天涯孤独となった柚子の心に穴があいたような雰囲気や、MDD団と戦う際の普通とは違うような猟奇的な笑みを感じさせるのがもうね。能登さんのクールなお声が耳に響いてゾクゾクします(*´Д`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
っても、柚子ばかりが出ているわけじゃないけどねwww

前回に引き続き、今日もグッスマのスケールを。シュラキシリーズと同じような商品展開で行われたもので、フィギュア以外にドラマCDやブックレットも同梱されています。1/8スケールながら大きさはB★RSシリーズに匹敵するほどで、ペパーミント発動時だと全高300mm(;´∀`) 出来は申し分なし! 全高が高いけど、横幅あんまり取らないので、置き場所的にも良心的です(ソコカヨ



作品名柚子ペパーミント
発売元グッドスマイルカンパニー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2010/04/23
原型横田健
スケール1/8スケール
全高約300mm(ペパーミント発動時)
仕様PVC 塗装済みフィギュア




gsc_yuzukopm_01.jpg gsc_yuzukopm_02.jpg

ケースは白地のもの。段ボールのような凹凸の入ったものです。何気に、箱でけぇ(;´∀`)こっちは置き場所に困りますねww(ぉぃ
前にtwitterでもツイートしたような気がするけど、箱痛み未開封で買ったものです。値段も半額以下だったので、今更ではあるけどいい買い物だったかな^^



gsc_yuzukopm_03.jpg

フィギュア以外の特典。真ん中のがブックレットで、右がドラマCD。ブックレットには、柚子のフィギュアの組み立てた方も載っています。また、その組み立て方が、コミックで描かれているという(一部写真だけどなw)、実にこっているもの。



gsc_yuzukopm_04.jpg gsc_yuzukopm_05.jpg

腕に鎖を巻き付け、捻った身体の回転と力で足下の鉄球を振り回さんとするポーズ。スレンダー女性の美しいボディーラインと、気迫ある雰囲気が混ざり合ったフィギュアです^^ 短いスカートや裾を外に出した制服が、回転することによって舞い、ちらっちらっと素肌が見えそうで見えない?見えなさそうで見えちゃいそう?なのがたまらんね(*´∀`)b


gsc_yuzukopm_06.jpg gsc_yuzukopm_07.jpg

鎖は、形が固定されている3つのパーツと、じゃらじゃら動かせる実際のを小さくしたような鎖を組み合わせて使用可能。ちなみに、長い鎖もあるけど、どう使うかはお好みでってところみたいです。


gsc_yuzukopm_08.jpg gsc_yuzukopm_09.jpg

スカートが短いのに、いっぱいいっぱい動いているから、正面からでも見てはいけないスカートの中身が見えてしまっています(*´Д`) 物語の中では、パンチラ対策のためにスパッツをはいていることもありますが、このフィギュアではスパッツはない。いやま、スパッツ着用だとそれはそれでよかったですけどね(ぉぃ
常備着ているセーラー服の裾もちょっと舞い上がっていて、おへそも見えちゃったりするのだよ(*´∀`)b

出来は冒頭でも言ったけど、申し分ないです。シワ使いは相変わらず細かい。身体を捻っているため、セーラ服の寄ったシワが嫌でも目に付きます。塗装も深く、髪やスカートには何時もの濃淡を使い分けた塗装がしっかり表現されていますね。

台座である鉄球は半分だけ地中にうまったイメージでしょうか。ま、球体丸ごと表現すると、きちんと立たないから無理もないか。



gsc_yuzukopm_10.jpg

gsc_yuzukopm_11.jpg

顔アップ。クールだけあって、声など上げずに戦うのでしょうか。
口は真一文字にむっとしていて、眉はキッとつっている。とても凛々しいお顔です。

前髪はややシャギーが入っているような。毛先は丸みがあるので、簡単にはポキリいくような心配もないです。ブックレットによると、最初はパッツンにする構想もあったそうです。



gsc_yuzukopm_12.jpg

gsc_yuzukopm_13.jpg


美しいロングの髪は、動きに応じて、これまた舞っています。あっちやこっちにくねった髪造形がリアルで、こちらの方は毛先まで細く作られています。塗装は、深い緑色ところどころ明るい緑も使われていて、単色じゃないので見応えあります^^



gsc_yuzukopm_14.jpg

セーラー服も申し分ない出来映え。お腹の辺りに特にひねりがあって、シワ使いも素晴らしいです。
襟の赤いラインがちょっとだけにじんでいますけど、そこまで気になるほどではないでしょうか。肩にある接続による線もそこまで気にならないですかね。


gsc_yuzukopm_15.jpg

慎ましやかな膨らみ。

クールな女の子ではこうでないと( ´∀`)bヾ(゚Д゚ )ぇ
服にシワを作り出すぐらいだし、押し上げるのも感じられますからそこそこのサイズはあると見て取れます。


gsc_yuzukopm_16.jpg

でも、ブックレットにもあったけど、 「重力に負けるほどのパイオツはない」
っても、スレンダーな柚子さんはこれぐらいのサイズの方がも.'∴・(*´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○

かうてパッツンにする構想があったりとか、髪が緑風味でスレンダー。
・・・どう考えてもデっ.'∴・'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○



gsc_yuzukopm_17.jpg


ひらりと舞い上がりそうなセーラー服から、おへそのチラリズム(*´Д`)
ってか、これからするとセーラー服の中はブラだけですかぁ!!(゚д゚*)



gsc_yuzukopm_18.jpg

gsc_yuzukopm_19.jpg


スカートもシワ使いが丁寧。ひらひらした造形がたまんない!
塗装も申し分ないし、シャドウで濃淡も表現されているみたい?
濃いめの塗装なので、間違って何かに触れた時に色移りとかが心配ですね。



gsc_yuzukopm_20.jpg

お背中の方にもシワ表現。
シワの寄りなど見ると、服が結構身体のフィットしているのがわかります(*´ω`*)



gsc_yuzukopm_21.jpg

シワ使いもそうですが、セーラー服の裾のカーブ造形も申し分ない。
服の舞っている感じがリアル。ちょっとだけ見える肌と、その下にあるスカートの隙間が気になって気になって仕方ないですが、それ以上に服の造形がいいと思える。
じょしこーせーのセーラー服がひらひらして、隙間から生肌が見えてドキドキニヤニヤしてしまうものではなく、健全たるセーラー服のリアルな美しさがそこに(ぇぇぇ
(健全でないのは私の書き方かw)



gsc_yuzukopm_22.jpg gsc_yuzukopm_23.jpg

鎖を掴む両手。爪の塗装はないみたい^^;
右手には鎖のパーツが一つ、左手には鎖のパーツが二つ差し込んであります。また、腕に巻いている部分のチェーンの端が、右手についた鎖パーツの差し込み用凸パーツにかませてあるんですね。それでより、鎖が一本で繋がっているように見えるのを表現しています。




gsc_yuzukopm_24.jpg gsc_yuzukopm_25.jpg

gsc_yuzukopm_26.jpg

短いスカートなので、否が応にも気になってしまいます(*´ω`*)だって、短いんだもん。
ミニであるおかげで、おしりの膨らみがはっきりと見えてしまっている。正面もなんかもう見えてしまいそう、でも、見えない! 健全なセーラー服の一部なのです、はい。

ってか、ブックレットの柚子のスカートってここまで短くないのですが、フィギュアの柚子はいかにも短くさせたような感じで、なんかずるい(ぉぃ

ソックスは黒。白い肌とのコントラストがいいですね~^^



gsc_yuzukopm_27.jpg

スレンダー体型だけあって、ふとももも細め。何時もは肉付きのよさを求める私も、ここまでスレンダーらしさがしっかりあると細いおみ足でニヤニヤしてしまいます(マテ

くの字の曲がった足は、脛の後ろのお肉がより強調されるので大好きです(*´∀`)bヾ(゚Д゚ )ォィォィ



gsc_yuzukopm_28.jpg


右膝には、ややシャドウがふかれているのか、濃さがあります。造形的にもふくらみがあるので、言うことない。
下のソックスにはちゃんと縁も造形されていて、再現度は上々ってところです。



gsc_yuzukopm_29.jpg

球体の上に足を置くので、何時ものように真っ直ぐとかではなく、斜めに差し込み。へたれなど後々くるかはわかんないですが、通常はこれでバランスが取れているのかと。

その足の下には、鎖を固定するところ。ここも左手と同じく、二つのパーツがささっています。


gsc_yuzukopm_30.jpg



ブーツも質感や縁取りなど、丁寧に再現されています。足首にもシワ造形がされているなど、細かい!


gsc_yuzukopm_31.jpg

台座もリアルな塗装がされています。一色ではなく、多少剥げたような感じもあるのが、リアルでいいですね。歴戦を支えてきた武器って感じがして^^

爆弾のような突起物がある方の中心には、鎖が固定されています。ここは一つの鎖で、差し込み凸パーツがU字になったものが差し込まれています。
なお、ここには同梱されている、別パーツもつけることが可能。こちらもU字のもので、腕に付いたチェーンよりも長いチェーン(こちらも同梱されたもの)を繋いで使うもの用だと思われます。




上から下まできたので、続いてアングルなところも。

gsc_yuzukopm_32.jpg

MDD団が手に入れようとしている、殺人者の証 「入れ墨花カルタ」 。その花カルタは柚子の身体のどこかに刻まれていて、それがどこなのかはMDD団ですら知らない。(これの作成当時はね・・・今はどうかは知らない)

それがどこなのか・・・まぁ、ここだとそうそうわからんよな(*´ω`*)なんとも気になるところにあるではないですか!!
花カルタを確認するというのを名目に、ぱんちゅを卑猥に視姦できるではないか'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァなんてけしからん!!(マテ

ちなみに、花カルタにもいろいろ種類があって、こちらは 「月に芒」 。



gsc_yuzukopm_33.jpg

改めて、パンツをパシャリ。 シンプルなデザインの、純白ぱんちゅ。
ちゃんと縁造形もされていて、細かいね。いや、細かい(ぉぃ



gsc_yuzukopm_34.jpg

別方向から、もうカルタ確認を名目に、好きなだけクンカクンカペロペロしたいね(自重

また、おぱんちゅをアップで撮ると、ふとももハァハァハァハァと思えてくる不思議(ぇ



gsc_yuzukopm_35.jpg

後ろには、プリティーなおしり。 胸元は慎ましやかだけど、おしりはしっかり実っています(*´∀`)b



gsc_yuzukopm_36.jpg

いちいちアングルで撮らなくても、もうそれが見えてしまっている。これですでに見えていると言うに、より派手に動いたらどうなってしまうのか(*´Д`)



gsc_yuzukopm_37.jpg

今度こそちゃんとアングル。
残念ながら×ー○ーさんはないですが、おしりの膨らみもうたまらなす(*´Д`)気がついたら顔がにやけていますw
パンツの造形も丁寧で、申し分ない。見事に肌にフィットしていますね。





さて、アングルはこんなところにして、続いてペパーミント状態へ参りましょう。
差し替えるのは首から上まるごとと、襟。

gsc_yuzukopm_38.jpg gsc_yuzukopm_39.jpg
 
gsc_yuzukopm_40.jpg gsc_yuzukopm_41.jpg

腕などは特に変わって衣はいません。
表情は口を開いたものに代わり、髪はもう明らかに違うものへと変貌しています(;゚д゚) まるで燃えたぎる炎のように。それに連なって、襟もなびいていますね。

さっきまでの柚子はクールなじょしこーせーでしたが、こちらの柚子は胸の内に隠した熱いものが髪に表われたかのような印象ですか。でもま、中身はクールなままなんでしょうね。考えてみると、クールで容赦ないって、めっさ怖いんですけどね( ̄□ ̄||||



gsc_yuzukopm_42.jpg

gsc_yuzukopm_43.jpg

表情は、さっきよりも眉がつっているようにも見えます。ちょっと猟奇的なものを感じさせる表情でしょうか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
そう思ったのは、ドラマCDを聞いて確信に変わったような。怒っている表情かもと思ったのですが、柚子こと能登さんの声でドラマCD中しっかり解説が。復讐は笑顔で始めるものだからと・・・いやマジ怖いよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




gsc_yuzukopm_44.jpg

gsc_yuzukopm_45.jpg

前後一枚ずつパシャリ。本当にメラメラ燃える炎のようです。髪の色は、物語の名前にもあるペパーミント・・・ペパーミントグリーン。

gsc_yuzukopm_46.jpg



髪は、クリアパーツで作られています。中は淡く、毛先は濃く描かれています、
見る分にはかっこいいものですが、意外と重量あるんですよね。こちらでずっと飾るってのは危ない・・・かな?



gsc_yuzukopm_47.jpg

襟は舞い上がって、ひらひら揺れているような再現が丁寧にされています。言うまでもないけど、通常の柚子の顔だと髪が干渉するので合わないです。



とまぁ、こんな感じです^^
あとは、適当に・・・

gsc_yuzukopm_48.jpg




gsc_yuzukopm_49.jpg


顔を差し替えるだけで、イメージががらりと変わるので面白いです。ペパーミント起動時のものと両方ついてるってのがいいですよね!! だから、元は高いわけですが(;´∀`)



gsc_yuzukopm_50.jpg

やはり、ちょっと冷笑しているようにも見えるな・・・



gsc_yuzukopm_51.jpg



デフォでパンチラいいよね(*´Д`)ジュルリ
いや、デフォでなら、パンチラではないのか。



gsc_yuzukopm_52.jpg






gsc_yuzukopm_53.jpg

何気に、気にいった一枚(○´ω`○)



gsc_yuzukopm_54.jpg

以上、グッドスマイルカンパニー 柚子ペパーミント 早川柚子でした~

クールなのに、見せちゃダメなところがちらちら見えているのはなんて抜けている娘って言いたいですね。そしたら、鉄球で塵にされてしまうんでしょうけど(ぉぃ
出来は上々です。シワ使いが特によく、質感などが伝わってきます。
鎖もまたいいね。何気に、鎖使ったフィギュアが多いグッスマw 今後も鎖っ娘が楽しみです(マテ
今更ながらでも買っておいて満足満足(○´ω`○)ノ



【関連記事】
闇を貫く赤い影。 ~ ブラックゴールドソー -animation version- レビュー
闇を舞う漆黒の少女 ~ デッドマスター -animation version- レビュー
ムッチムチが露わな忍者っ娘 ~ クイーンズゲイト いちばんうしろの大魔王 服部絢子 レビュー
不敵な微笑が闇に浮かぶ ~ デッドマスター -original version- レビュー
蒼き炎が闇を駆ける!! ~ ブラック★ロックシューター -animation version- レビュー
”常盤台の超電磁砲” ~ グッドスマイルカンパニー 御坂美琴 レビュー
魔眼の騎兵英霊 ~ figma ライダー レビュー



    
 

web拍手     


コメント
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
2011/09/22(木) 22:55:32 | URL | ビジネスマナー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/559-546df5d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。