不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


gsc_yami_00.jpg

グッドスマイルカンパニー ToLOVEる 金色の闇のフィギュアのレビューです。
『To LOVEる-とらぶる-』 に登場するキャラクターで、宇宙で最も危険視されている殺し屋。

「金色の闇」 というのはコードネームであり、劇中で本名は明かしていない。体内のナノマシンによって、髪の毛や腕など自分の身体のあらゆる器官を自在に武器に変身させ戦う能力を持つことから 「全身凶器」 とも呼ばれる。

2009年にグッスマから発売されたもので、当時に買ったものです。数日前にふと撮りたくなってので、ショーケースから取り出してみました。買ったのがブログを立ち上げる前なので、当時はほんの数枚程度しか撮ってなかったのよね。当時に比べると、多少の痛みなどはありますね、やっぱり(;´∀`)>



作品名ToLOVEる
発売元グッドスマイルカンパニー
販売元エイベックス・エンタテインメント
発売日2009/04/07
企画・制作グッドスマイルカンパニー
原型徳永弘範
スケール1/8スケール
全高約210mm
仕様PVC 塗装済みフィギュア




gsc_yami_01.jpg


箱は押し入れなので、今回は箱の写真はなし。
特に塗装が剥げたりはしてないんですが、埃が・・・(;´∀`) ずっとショーケースの中に入れていたんですが、それでも埃は割と付いちゃってましたね。ブロワーで結構飛ばしたつもりですが、それでも限界はありますかね。

モチーフは、アニメデザインの描き下ろしイラストだそうです。片足を上げて、伸び上がるようにピンと立った、躍動感あるポージング。身体を捻るように振り向き、毛先の尖った髪が翻っています。



gsc_yami_02.jpg


尖ったマントが翻り、短いスカートもやや舞っていて、そのトゲトゲさとは真逆のやわらかみのある肌が見えている、このバランスがまたいいね。
金色の髪と黒服のコントラスト、黒服と白肌のコントラストをそれぞれ楽しめるキャラクターと言えますね^^



gsc_yami_03.jpg



gsc_yami_04.jpg




gsc_yami_05.jpg



gsc_yami_06.jpg


もう二年前のフィギュアですが、再現度も出来も申し分ないと思います。二年間箱から出してたので、多少なりと色あせてはいるかもですが^^; それより、やはり埃かorz
髪は特に尖っているので、管理自体にも気を遣うフィギュもですね。

下の方はもうなんか見えちゃってますね(*´ω`*)



gsc_yami_07.jpg

gsc_yami_08.jpg

振り向きざまの視線。感情のようなものは強く感じられず、無表情。口はちょっとムッとしているように見えなくもないけど、どちらかという無に近い。
アイプリは綺麗で、前髪も申し分ない出来映えです。上に盛るような特徴的な形も再現されていますし、そこから下に垂れていくところも再現されています( ´∀`)b



gsc_yami_09.jpg

gsc_yami_10.jpg

後ろの流れる長髪は、闇の正面以外の方向にわかれるように翻っています。先まで細く伸びていて、毛先は尖るように特に細い。まるで、この毛先で物体を貫かんとするほどである。軟質などは一切ないので、取り扱いには十分注意しないと^^;



gsc_yami_11.jpg

袖部分が別になっている黒服。コルセットのようなものではないでしょうが、お腹のところを強く締めるような構造に見えますね。お腹や腕を縛っているベルト部分はより黒い色で塗装。金具まで丁寧に再現されています。



gsc_yami_12.jpg

胸元には、十字型の金具のようなものがついていて、その間が露出しています。身体の熱を外に出すため・・・のものかな? でも、胸元が十字に開いているなんて、変わった服ですね~


gsc_yami_13.jpg


小柄な割にはある方かな。でも、この作品だとやはり小ぶりな方で、本人もたまに気にしているような感じを出していましたね(*´ω`*)ニヤニヤ

袖無しであるため腋が露出しているなど、他にも見所が(*´Д`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ



gsc_yami_14.jpg

gsc_yami_15.jpg

小柄であるが、くびれは意識されて作られています。スカートはくねった身体に合わせて翻るように造形されていて、シワの再現も細かいです。しかし、やはりここが一番、埃の跡が目立ちます(´Д⊂ヽ



gsc_yami_16.jpg gsc_yami_17.jpg

髪の尖り、固そうな服とは違い、袖から出た手はやらかみのある造形。爪の造形もあるようですが、別に塗装はされてないみたい。手のひら側の線の造形もされております。



gsc_yami_18.jpg

右手部分は袖から抜いて、凶器のブレードに換装ができるようになってます。刃先まで丁寧に造形されていて、塗装も申し分なし。
ただ、正面から見ると、あんまり目立たないような・・・(ぉぃ



gsc_yami_19.jpg

gsc_yami_20.jpg


マントの裾も刺々しい形になっています。後方からくる敵に対して防衛を張っているような、とにかく触れるとただでは済まなそうな・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
造形が髪と同じく、細く丁寧に再現されているところ。ここも固いので、扱いに注しないといけない部分ですね(;´∀`)



gsc_yami_21.jpg

gsc_yami_22.jpg

背中も凹凸などは少ない作りになっていますが、真ん中がやや凹んでいるようんで、左右に肩胛骨を服が覆っているような再現は見られるような気がします。露出した肌とはちゃんと色分けされていますね^^



gsc_yami_23.jpg

おみ足も、ベルトのようなもので拘束しているような感じ。軽さを生かした防具のようなものなんでしょうか。

gsc_yami_24.jpg

それぞれ金具までちゃんと再現されていて、塗装もしっかり色分けされています。
右脚のくの字は少し曲げ過ぎな気がしないでもないですが・・・(;´∀`)


gsc_yami_25.jpg

後ろ側はこんな感じ。あ、ちょっと見えそう!? 隠すように撮ったつもりだったんだけどなー(;´∀`)



gsc_yami_26.jpg gsc_yami_27.jpg

左膝の膝小僧周りはややシャドウをふかしたように濃い塗装になっています。膝裏の凹みもちゃんと再現されていますし、脛の膨らみもあるなど、リアルな作り(*´∀`)b



gsc_yami_28.jpg gsc_yami_29.jpg

ブーツもよくできています。つま先でしっかり立っていて、これから大地を蹴ろうとするような、そんなイメージが浮かびますね。足首部分のシワ造形も細かく、よくできてます。



gsc_yami_30.jpg


台座には、作品のロゴ。色などはついていないので、写真だとわかりにくいかな^^;



gsc_yami_31.jpg

右脚も後ろからパシャッとな。こちらのブーツも申し分ない出来映え。
ベルトに拘束されたふとももがたまらなす(*´Д`) またベルトのおかげで肌とのコントラストが楽しめるのがいいね!



gsc_yami_32.jpg

ぱんちゅは純白! 割と小さめなパンツかな? 上の方はシワが細かく表現されていますね。
身体を捻っているからスカートがやや舞っているため、正面からでも堂々と見えるのさ!(ぉぃ


gsc_yami_33.jpg

下から覗くとこんな感じ(*´Д`)  縁の造形などもちゃんと再現されていて、何気に出来はいい。
ちなみに、気になるあの造形は再現はされていない・・・かな? まぁ、このロリボ.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○



gsc_yami_34.jpg

おしりもとってもいいね(* ´∀`)b
ここから見ると、ふとももも小柄な割に実っているように見えるから不思議。



gsc_yami_35.jpg

おしりの割れ目にしっかりフィットしていて、何気にエロい(*´Д`)
「えっちぃのは嫌いです」というのが決まり文句なヤミちゃんですが、言ってる本人のがえっちいおしりですわ(マテ




あとは、適当に...

gsc_yami_36.jpg

ほんと、ちょっとアングルっぽく撮るだけで、下着が見え見.'∴・(*´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○



gsc_yami_37.jpg


後ろから見ても、見応えがありますね。そして、やはり見えてしまう(マテ



gsc_yami_38.jpg



gsc_yami_39.jpg

凶器に変えてみた方のカットも。やはり顔の向こう側に回り込むので、いまいちちゃんと撮りづらい面が^^;



gsc_yami_40.jpg

あとは、何時もの顔アップで...



gsc_yami_41.jpg



gsc_yami_42.jpg

以上、グッドスマイルカンパニー ToLOVEる 金色の闇でした~

久々のブログ開設前のものを取り上げてみましたが、ちゃんと当時買っておいてよかったなーと思える作品でしたね。まぁ、このキャラクターは作品の原作者のお方が前に描いていた作品で似たようなキャラが出ていたから、また人気があったと思うのですが。凶器ブレードはおまけ低度な感じですが、袖にはめ込むので、ちゃんと差し込む部分が隠れているのもいいところです。無表情だが、それがいい。そこがかわいいので、出来としては素晴らしいものでした(*´∀`)b



【関連記事】
天使ちゃんマジ天使!! ~ グッドスマイルカンパニー 天使 レビュー
ギアと人間のハーフとして生まれた少女 ~ アルター ディズィー レビュー
翔ける疾風迅雷 ~ フェイト・テスタロッサ -PHANTOM MINDS- レビュー
パンツじゃないから(ry ~ アルター ストライクウィッチーズ 宮藤芳佳 レビュー
勇猛果敢な騎士王 ~ セイバー ~約束された勝利の剣~ レビュー



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/557-561965d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。