不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


maxf_xiaomei_00.jpg

マックスファクトリー シャイニング・ハーツ シャオメイのレビューです。
シャイニング・ハーツの登場する、猫の獣人。クラスはモンク。好物は中華まん。

本名は、リン・シャオメイ。ウィンダリア島で骨董屋を営んでいる。身軽ですばしっこい神出鬼没で、その正体はあたりを騒がす怪盗ブラックテール
何かと人をまき込む性格であるもよう。

何気に、シャイニング・ウィンド以外のシリーズのフィギュアを始めて買ったんじゃなかろうか(;´∀`)
ゲームはやってないんで、完全の好みで買ってます。だってニャン娘だぜ?! しかもこんなにかわゆす。買わないはずがなかった(ぉぃ



作品名シャイニング・ハーツ
発売元マックスファクトリー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2011/07/28
原型制作菜々子(マックスファクトリー)
スケール1/7スケール
全高約230mm
仕様PVC 塗装済み完成品フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




maxf_xiaomei_01.jpg maxf_xiaomei_02.jpg

ケースは、縦長。シャオメイの衣装に描かれている模様(お花?)と同じ絵が、背景に描かれています。横に場所を取る尻尾は別パーツになって、収納されています。そのため、割とコンパクトに収納されていると思います。
後ろには全身が写ったシャオメイと、その魅力を見せたカットが載っています。



maxf_xiaomei_03.jpg

全身。ややつま先立ちで、スラリと立っています。躍動感はそこまでなく、落ち着いたポーズです。見た感じ、立ち方などは公式の立ち絵からきているように感じます。身体をくねっていて、スタイルのいいボディーラインがより引き出されてもいます。なのに、首を傾げて愛らしく微笑むところなどかわいさも秘めたフィギュアと言える。猫の獣人だけあって、猫撫でした右手や、ぴょこっとあるネコミミもとてもかわゆい。


maxf_xiaomei_04.jpg maxf_xiaomei_05.jpg

腕と足に包んでいるものが左右で違うことからの、左右非対称にまた魅力があります。こういう独特なデザインも、さすがTonyさんと言えるところでしょうか^^


maxf_xiaomei_06.jpg

maxf_xiaomei_07.jpg maxf_xiaomei_08.jpg

そして、後ろでくねっている長い尻尾もまた魅力。腰に結んでいる帯は後ろでふんわり広がっていて、先のギザギザと盛り上がっている感じから花びらのように見えて綺麗。ドレスのシワ使いが半端なく、いかに身体に密着しているのかと思わせられます! ドレスはチャイナ風のものかつミニスカのようでいて、片足側は絶対領域のようなものを誇っています。そして、両側にあるスリットから垣間見れるもも肉がたまらんなーもう。

もうこの獣人っ娘、隙がなさすぎるぞ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



maxf_xiaomei_09.jpg

maxf_xiaomei_10.jpg maxf_xiaomei_11.jpg

獣人っ娘と言っても、猫目ではないのね、さすがに(ぉぃ
首を傾げているため、髪はやや右側に寄っているなど再現はしっかりされています。アイプリも睫までしっかりプリントされています。視線はやや左向きかな。
口元も開いていて、笑みがかぁいいです^^

髪も丁寧に塗装されています。造形も悪くはないかな-。前髪の真ん中のところはちょっと盛り過ぎに見えなくもないかなとは思ったりしましたw



maxf_xiaomei_13.jpg

maxf_xiaomei_12.jpg maxf_xiaomei_14.jpg

髪は左右にまとめて、お団子にしているもよう。左右にまとめている後頭部の造形も申し分ないです。お団子にはパール風味の塗装、ピンクのリボンにはメタリック風味な塗装がされていて、見映えもあります。耳の造形も悪くない。ただ、その周りに塗装がちょっと粗いかなー^^;

そして、うなじがいいね。こういう髪をまとめているからこそ見えるうなじは一味違うね(*´∀`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

しかし、やっぱりニャン娘とチャイナってあうんだろうか(ぉぃ



maxf_xiaomei_15.jpg

maxf_xiaomei_16.jpg

チャイナ風のドレスにもややパール風味のある塗装が使われていますが、そこまで強く感じないので余り派手すぎなくていいかも。シワ使いが細かく、肌にぴったりはりついたような感じで、さらにボリュームある胸元と腰の下、くびれも相まって、かわいらしさのある顔の下にとびっきりのセクシーさがあるのを感じてしまう(*´∀`)
なのに、衣装は花のような模様がついていあり、袖や裾が花びらのように丸みある形をしていると、かわいらしさ満点の衣装なので、ギャップさがなんともすごいという。



maxf_xiaomei_17.jpg

ドレスの橋に花のような模様。リボンのピンクと同じ塗料よりも明るいピンクで、綺麗に色分けされています。
そして、そのドレスの端と端の間には・・・



maxf_xiaomei_18.jpg

このボリューム(*´∀`)

結構なきょぬーさんですが、どっちかってとお椀型おっぱいってやつでしょうか。こんな数多くの女性から羨まれそうな華奢なボディーなのに、さらにきょぬーさんとは同性には敵が多そうだ(マテ
もう余裕にナニとかナニとか挟めそうです(*´Д`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
胸元を包んでいる部分の縁には、細かくフリル造形のようなものがされています。



maxf_xiaomei_19.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

見下ろさなくても、その立派さがわかります。そして、なんと言っても谷間のカーブ、半端ねぇ!



maxf_xiaomei_20.jpg

また、胸元の周りはパール風味の強い塗装がされています。ややテカりますが、それが柔肌とのコントラストのよさを出してくれます。緑の部分も花のような丸みのある模様になっていて、きょぬーをこんなかわいらしい生地に包んでいるなんて・・・もうね、もうね'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



maxf_xiaomei_21.jpg

下乳は拝めないけど、おっぱいとおっぱいの間にすごいシワ使いがされています。きょぬーさんじゃないとありえない造形ですよ!



maxf_xiaomei_22.jpg

袖が短いため、腋も拝められまふ。ただ、そこまで立派な腋でもない(立派な腋ってどんなだw
でも、そこは妄想でなんとかカバーするのさw むしろ、腋が見られるだけでもありがたく思う次第でございます!



maxf_xiaomei_23.jpg

maxf_xiaomei_24.jpg maxf_xiaomei_25.jpg

アームカバー左側がとても長く、手首からは両方とも包んでいます。やはり骨董を営んでいるだけあって、商品を大切にしているだからかこそか。また、怪盗でもなるから指紋とか残るのとあれだもんね(ソウイウモンダイカ

左のアームカバーの肩側の端には特徴的なデザインがされており、右手のアームカバーは短いためかリボンで手首を縛っています。こういった左右非対称が魅力に見えるデザインっていいですよね^^

腕は細く華奢に見えていて、しかし、そうだからこそ素早い動きができるのかな。



maxf_xiaomei_26.jpg

お背中もシワ造形などが丁寧に表現されています。また、肩胛骨も造形されているところが、個人的にもうおいしくて仕方がない!
腰をやや捻っていることから、腰回りのシワ使いやねじ切るような感じになっています。



maxf_xiaomei_27.jpg

maxf_xiaomei_28.jpg

腰に巻いた帯の造形も素晴らしいです。塗装も綺麗で、グラデーションのように明暗がわかれているのがまた見映え的にいい!
シャオメイが全体的に華奢な分、ここにボリュームがあるのがまたバランスさを出していると思います。
ただ、心配なのが付け根の接着がちょっと弱そうな感じでしょうか。なんか折れそうで怖いです^^;



maxf_xiaomei_29.jpg

maxf_xiaomei_30.jpg maxf_xiaomei_31.jpg

スラリと伸びたおみ足。腕とは逆に、おみ足は右側をニーハイソックスで包んでいて、左足はソックスをはかないまま靴をはいています。代わりに、左足はふとももにリボンを巻き付けています。膝小僧や膝裏の造形もちゃんとされていて、綺麗なおみ足が露わになっています。

リボンで締め付けているのがなんだかそそる(*´∀`)



maxf_xiaomei_32.jpg


裾が短めのチャイナドレスなので、いやがおうにもじろじろ見てしまいます(*´∀`)ニヤニヤ
その裾の辺りもシワ使いがすごく、中心の辺りがやや奥に凹んでいます。もうフィットしすぎにもほどがある・・・なんてけしからんにゃん娘なんだ!



maxf_xiaomei_33.jpg

左側はもう露出しまくっているので、生ふとももがたまりましぇん!!

そのふとももを縛っているリボンは丁寧に塗装されていて、肌の方にはみ出ている感じはないです。縛っているところの造形も悪くない感じ。



maxf_xiaomei_34.jpg

また、スリットが高い。横尻がもう見えてしまいそうではないか!!
ちゃんと前と後ろがふわりと上がらないよう、横でリボンで留めているなど、そこいらはちゃんと作られていますね。っても、右側だけなので、左側からは・・・(*´∀`)(゚Д゚ )ぇ
前に垂れているところとふとももの隙間がめっちゃ気になってしまいますね'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



maxf_xiaomei_35.jpg maxf_xiaomei_36.jpg

膝小僧も申し分なし。両膝とも若干シャドーをふいているのか、少し濃く塗られています。
膝裏をちょっとアップで。もうペロペロしたいですね(*´Д`)ヾ(ーー )ォィォィ
脛の膨らみもちゃんと造形されています^^



maxf_xiaomei_37.jpg

maxf_xiaomei_38.jpg

靴や足首をしばったリボンも申し分ない出来映え。後ろには、チャイナドレスにもあった模様が描かれています。
足を揃えて台座と繋がっているので、今後の保持がちょっと心配なところですね。傾いたりしないかな・・・



maxf_xiaomei_39.jpg

後ろ側の裾には、しっかりおしりにフィットしているかの造形が。いやま、フィットしているんですけどね。
これで見てもおしりの膨らみも素晴らしく思えるほどだなーなんて。



maxf_xiaomei_40.jpg

そして、そのおしりの上の辺りから生えている長い尻尾。毛先は細かく造形されていて、かわゆい(○´ω`○)
こんなたら~とかくねって曲がっている尻尾を見ると、つかんでふにふにしたくなる → そして、引っかかれるもといぶたれると.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○



maxf_xiaomei_41.jpg

さらにアングルで見ると、おしりの下の方がチラッ(*´∀`)

もうたまらん、早く押し倒したいであります!!(ぉぃ



maxf_xiaomei_42.jpg

というわけで、寝かせて撮ってみた画像。
おぱんちゅは白(*´∀`)ただし、ここもちょいとパール風味な塗装になっています。光を当てると、いい色艶のおぱんちゅがッ!!
この方向から眺めると、ふとももがまたたまらないのよ。



maxf_xiaomei_43.jpg

ちなみに、スカートの中はこんな風に塗装されています。さらに中にフリル造形がされているなど、ほんとデザインのすごい衣装だなと改めて思ったり



maxf_xiaomei_44.jpg

そして、この極めつけのおしり(*´∀`)もうなに、このおしり、ムチムチすぎるだろうよ!!

実に綺麗な曲線を描きつつ、ボリュームを発揮する造形。華奢な身体の中に、こんなものを隠し持っているとは恐るべし。
ぷりんぷりんなんてレベルじゃないぞ!上の方までじっくり見れないのが実に悔しい!



maxf_xiaomei_45.jpg

仕方ないので、角度とか方向とか変えてみるよ。
とても柔らかそうですね。かつ、まだ若いので張りも十分にあるんだろうなー。
おしりの谷間を両方から押している尻肉がほんといい。尻肉に挟まれたいです(ぉぃ

余談ですが、怪盗が宝を奪って逃げる時に警官が追っかけてきて、途中、いろいろあって警官の顔の上におしりから落ちるようなシーンを思い浮かべてしまったりしましたw そんなやつがいたら羨ましいの一言です!!(ぉぃ




maxf_xiaomei_46.jpg

あとは、何時も通り適当に...



maxf_xiaomei_47.jpg

こう横長で撮る時に、この尻尾と帯の先がいいバランスを取ってくれます。



maxf_xiaomei_48.jpg




maxf_xiaomei_49.jpg

猫撫でしたポージングのフィギュアってそういや今まで持ってなかったかな(゜-゜ )
こう見ていると、ほらこっちおいでおいでってされているみたいで、ふらふらと寄っていてしまいそうで(*´∀`)



maxf_xiaomei_50.jpg

そして、このチャイナドレスの魅力も忘れてはいけません。



maxf_xiaomei_51.jpg

後ろからも一枚。




maxf_xiaomei_52.jpg

最後は顔アップで...



maxf_xiaomei_53.jpg



maxf_xiaomei_54.jpg

以上、マックスファクトリー シャイニング・ハーツ シャオメイでしたーヾ(。・ω・。)

塗装は気になったのは、耳のところぐらいでしょうか。他は丁寧で言うことないです。造形も申し分ないかな。
パール風味な塗装がところどころ使われていて、見た目的にもよりいいです。
セクシーさあるボディーラインと、かわいらしさあふれるネコミミ、ネコシッポ、そして、猫撫でな手と、愛らしいお顔。もう言うことないですね! やはり怪盗は悩殺的な何かを持っているのでしょうか、と思わざる得ないものを感じさせていただきました(*´ω`*)




【関連記事】
沈着な頭脳な頭脳を持つ龍泉郷の仙女 ~ アルター ホウメイ レビュー
澪恥ずかしいよ澪 ~ マックスファクトリー 秋山澪 レビュー
幻想的なお姿、まさに女神!! ~ 風の女神 ゼクティ レビュー
“輝く盾持つ聖王女” ~ クララクラン・フィリアス 甲冑Ver. レビュー
”最年少” ”ネコミミ” ”縞々” ~ ねんどろいど フランチェスカ・ルッキーニ レビュー
紅蓮のアーティスト ~ オーキッドシード 椎名夏音 レビュー
”心なき戦闘機械” ~ シャイニング・ウィンド ゼクティ・イヴ レビュー



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/544-09516109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。