上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


darts_metabee_00.jpg

バンダイ D-Arts メダロット メタビーのレビューです。

『メダロット』 に登場する、メダルによって機動する人型機械 『メダロット』 の一体。メダロットは、ほるまりん氏が漫画化を初めとするゲームソフトやアニメの総称でもある。ゲームの初代が発売する同時期に、コミックボンボンにて漫画が連載スタート。以降TVアニメやトレーディングカードにも展開していっている。

メダロットは、その機体はメダルを中核とし、骨子となるティンペットと外殻となるパーツから構成されている。基本フレームなどだけでは動かず、人工知能の役割を果たすメダルを装填する事により、人間と同等以上の知能と行動力を有することができる。

初代メダロットに限らず、基本はカブトバージョンとクワガタバージョンの2種類がゲームとして発売されており、メタビーはカブトシリーズの主人公機。漫画やアニメでも主人公機として使われている。

原作者ほるまりん氏の監修をえているだけあって、細部までかなり細かく作り上げられています。家のブログでは二体目のD-Artsなのですが、Xと同様、足の可動がかなりよく、綺麗に地に足を付けやすい仕様になっています。重量感は若干うーんな感じはあるものの、サイズ的には十分な重さかと。バンダイさんによると、D-Artsでは初めてダイキャストが使用されているとのこと。



作品名メダロット
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/07/23
全高約125mm
仕様ABS/PVC/POM/Zndc/ダイキャスト製塗装済・可動フィギュア




darts_metabee_01.jpg darts_metabee_02.jpg

ケースはメダロットがおさまるコンパクトなサイズです。中身が見えるブリスター面は、メダロットだけあってメダルの形。
メダロットの初作品がゲームボーイ作品であるためか、メタビーなどの文字がドット絵のように描かれているのもまたいいですね~^^


darts_metabee_03.jpg


中身はこんな感じ。Xにもあったエフェクトパーツがメタビーにも付属。そして、説明書も^^




darts_metabee_04.jpg

darts_metabee_05.jpg darts_metabee_06.jpg

再現度はかなりのもの。ゴールド(というよりはイエロー?)部分はメタリック塗装がされており、他のパーツに色移りもなく綺麗。頭部や、肩パーツ、腕のリボルバーなど、細かな再現がしっかりとされています。



darts_metabee_07.jpg

darts_metabee_08.jpg darts_metabee_09.jpg

頭部 『ミサイル』 、
瞳はクリアパーツで、中が透けて見えているのが特徴。その内部メカまでしっかりと作り込まれています。
頭はカブトムシの角のように枝分かれしていて、銃器のようなデザインになっている。白パーツのところでぐりぐり回せるようになっています。



darts_metabee_10.jpg

胴体。肩などは外せるようになっており、ティンペットらしい素体がちゃんと組み上がっています。Xなどと同じ、今後シリーズで他のメダロットが出れば、一部パーツ交換的なものも可能なように感じられます。
肘など関節部分は、ダイキャストを採用しているもよう。



darts_metabee_11.jpg


肩のポッドはボールジョイントのような関節で繋がっており、結構自由な可動ができますね^^



darts_metabee_12.jpg darts_metabee_13.jpg

右手には 『リボルバー』 、左手には 『サブマシンガン』 。
ちゃんと発射口の空間もあり、エフェクトパーツが差し込めるようになっています。



darts_metabee_14.jpg


脚 『オチツカー』 のデザインも申し分ないです。撮ってないですが、脚の裏もちゃんと凹凸などの造形がされていました。足首にもダイキャストが使用されています。



darts_metabee_15.jpg

背中側はこんな感じ。ちゃんとメダルを装填するところも再現されています。




darts_metabee_16.jpg

付属のパーツ。顔は、怒り顔っぽいのと非稼働時の目が光ってない顔。
手の追加分はパー手のみ。あとは、エフェクトパーツと、メダロットには欠かせないメダルです。



darts_metabee_17.jpg

写真のように背中のところを開閉できるようになっており、メダルを装填できるようになっています。
嬉しいほどに細かいな~^^



darts_metabee_18.jpg

darts_metabee_19.jpg

エフェクトパーツは前述通り、リボルバーやサブマシンガンの発射口に取り付けて使用します。



darts_metabee_20.jpg

こちらのエフェクトパーツはXの時と同じく、エフェクトパーツ同士が繋がっている部分を回して、いろんな位置配置に変えられるようになってます。




あとは、何時も通りブンドド...

darts_metabee_21.jpg

メダルを入れてねw



darts_metabee_22.jpg

メタビー稼働!!



darts_metabee_23.jpg



darts_metabee_24.jpg



darts_metabee_25.jpg

腕負傷?



darts_metabee_26.jpg

エフェクトパーツは組み合わせて使うこともできるよ。
っても、この写真じゃわからんかも^^;



darts_metabee_27.jpg

飛びながら撃ち出すようなポージングも...



darts_metabee_28.jpg



darts_metabee_29.jpg

左手は添えるだけ。



darts_metabee_30.jpg

以上、バンダイ D-Arts メダロット メタビーでした~

よくできてるの一言。Xと同じく、初代をプレイした and 当時コミックボンボンを読んでいたもんとしては嬉しいことこの上ない商品化です。プラモもありますが、さすがにこの重量感はフィギュアでしか味わえない!
ちょっとパーツがぽろぽろ外れやすいのが困ったところでしたが
ロクショウなども今後展開されていくでしょうし、Xと同じく楽しみなシリーズの一つでしょうかね^^



【関連記事】
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングドラゴン・ペガサス レビュー
正義感と優しさの狭間で戦い続けるレプリロイド ~ D-Arts ロックマンエックス レビュー
紫の金のクウガ ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングタイタン レビュー
カブトの最強形態! ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト ハイパーフォーム レビュー


    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/536-b625a02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。