不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
figZero_smilodon_00.jpg

バンダイ フィギュアーツZERO スミロドン・ドーパントのレビューです。
仮面ライダーWに登場する。黄金の毛並みと鋼を思わせるボディーを持つ、獣人型のドーパント。

変身するのは人手はなく、園咲家の飼い猫 『ミック』 品種はブリティッシュショートヘア。琉兵衛が園咲来人(フィリップ)の3歳当時に買い与えた猫で、名付け親もフィリップである。
琉兵衛には大切にされていて、晩餐会にも参加させるなど家族と同等の扱いを受けている。そのためか、首輪型のドライバーも与えられている。そして、メモリーも自分ではさせないが与えられておりそれがスミロドンのメモリー。猫ならではの隠密性を活かした標的の追跡・捕獲、要人の護衛といった諜報活動を主に行っている。
Wにメモリブレイクされたのと、テラーの登場により園咲家をいったん離れるも、翔太郎が発見し保護され、以後は鳴海探偵事務所の飼い猫となった。

猫型だけあって高い身体能力を持っており、高速移動と俊敏なアクションが得意アクセルがトライアルでさえ翻弄させるほどの圧倒的機動力を誇る。また、反射神経も変身前のものが引き継がれており、嗅覚もなかなかのもの。しかし、猫であるが故に、飼い主との習性も引き継がれており、そこをつかれてメモリブレイクされた。

テラードーパントと同じく、石ノ森ストアの限定商品。これの後には、タブー・ドーパントも限定で出されており、可動ができるナスカとクレイドール以外は石ノ森ストアから販売されたことになる。



作品名仮面ライダーW(ダブル)
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/06/25
全高約120mm
仕様PVC製塗装済フィギュア
使用カメラPENTAX K-x




figZero_smilodon_01.jpg figZero_smilodon_02.jpg

ケースの大きさは、テラードーパントと同じサイズのもの。
後ろ側。ポイントを説明する箇所の背景が黄色になっています。テラーは青で、スミロドンは黄色なので、それぞれの基本カラーにあわせた背景になるのね。



figZero_smilodon_03.jpg

figZero_smilodon_04.jpg figZero_smilodon_05.jpg

まさにテラーこと琉兵衛の直属と言わんばかりのファイティングポーズ。
テラーに同じく、クオリティに意識されています。毛並みの造型がかなりのもので、鋼のような装甲も申し分なし。
塗装もとても丁寧で、質感がわかるほどにいいですね^^



figZero_smilodon_06.jpg

正面には、スミロドンのマークに、台詞など。っても、台詞は琉兵衛がミックにいったものである。
まぁ、ミック自体は変身後もしゃべらないので無理もないわけですが。

スミロドンのポーズから、穴の位置が今までにないものとなっている。魂ステージとしても今までにないカラーのものですね。



figZero_smilodon_07.jpg

額には、左右対称の特殊なマーク。
顔の輪郭の造型も作り込みされており、特に鼻や頬の造型などがよくできています。
猫なだけあって、耳も特徴的。


figZero_smilodon_08.jpg

牙は、メタリックレッド。歯も同じであるが、ここは若干塗装が粗い。と言うよりも、血が飛び散っているようにも見えますね^^;



figZero_smilodon_09.jpg

figZero_smilodon_10.jpg figZero_smilodon_11.jpg

筋肉質な胴体。元が猫とは考えられませんな~w 特に腹筋がすげぇ・・・見事に割れていますね~。
ドライバーは園咲共通のもので、金色の球体が中心に表れています。

右腕は猫の頭のようなものになっており、この猫の目から強烈な破壊エネルギー光弾を放つことができる。左腕には装甲がついており、高い腕力で爪をふるうことができる。生身の人間は粒子化して消滅してしまうほどに協力。
両腕とも細かいクオリティです。とにかく毛並みの造型がよく、塗装の色分けがかなり綺麗です。



figZero_smilodon_12.jpg

脚の筋肉もかなりのもの。ここは特に装甲に包まれていますが、その装甲から筋肉質な造型が浮き出ています。



figZero_smilodon_13.jpg

後ろから見ても、なかなかの筋肉質。毛並みもほんとよくできてます(゚д゚)!



figZero_smilodon_14.jpg

尻尾もご覧の通り。細かい造型がされています。




figZero_smilodon_15.jpg


付属はスプーンのみ。猫であるが故に、余り印象に残るものがないので仕方ないでしょうか。
スプーンは琉兵衛がミックをしつける時にも使っており、スミロドンをメモリブレイクする時にもWが使用しています。




figZero_smilodon_16.jpg

では、さっそく適当に撮ってみる。
可動はできないので、アングルで楽しむしかないぜ!



figZero_smilodon_17.jpg



figZero_smilodon_18.jpg

見た目がすごいので、アップで撮ると結構見応えありますけどね。



figZero_smilodon_19.jpg

VS 仮面ライダーW
さぁ、お前の罪を数えろっ!



figZero_smilodon_20.jpg

振り切るぜッ!
VS アクセルトライアル

特にしゃべらないので、これといった台詞がないのがかわいそうなところである。



figZero_smilodon_21.jpg

テラーと共に...タブーがそろったらまた全員で撮ろうかな^^



figZero_smilodon_22.jpg

以上、バンダイ フィギュアーツZERO スミロドン・ドーパントでした。

造型は実に申し分ない。塗装も歯の辺り以外は本当に綺麗。ま、歯に関してもわざとはみ出るように塗っているかもしれないけど(血ってイメージなら
マッシヴ故に可動には向かないので、非可動であるのも頷けます。似たような感じのキンタロスも可動はちょい難がありましたしね^^  非可動な分、造型はかなり意識されており、このスミロドンでは特に筋肉の造型がいい。
ポージングも絡ませやすいファイティングポーズなので、仮面ライダーたちとブンドドしやすいのもよかったです(○´ω`○)




【関連記事】
ミュージアムの創設者にして恐怖の帝王 ~ フィギュアーツZERO テラードーパント
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム
行くぜ・・・俺、変身! ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダージョーカー
”すべて、振り切るぜ!” ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセルトライアル
ナスカを刻む赤き騎士 ~ S.H.フィギュアーツ Rナスカ・ドーパント
ナスカを刻む青い騎士 ~ S.H.フィギュアーツ ナスカ・ドーパント
エクストリィィィィィム!! ~ S.H.Figuarts 仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”ファング! ジョーカー!”
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ダブルサイクロンセット!!



    
 

web拍手     


コメント
コメント
テラーもそうですけどスミロドンも良い出来ですね♪ できればZEROではなく可動で出してほしかったかな。だったらスルーしなかったのにな。
2011/07/04(月) 14:26:27 | URL | よーきー #- [ 編集 ]
Re
確かに可動じゃないのはちょっと残念ですよね。
でも、テラーに関してはやっぱり頭の保持の問題がありますからねー。腕の差し替えぐらいは欲しかったですがねww
スミロドンは多分、SHF仕様にしたらかなりスマートになってコレジャナイ感が出るので、これはこれでよかったかも。
ディティールを維持する意味でも、フィギュアーツZEROでよかったと思ったり^^;
ただ、今月来るであろうタブーに関しては、別にSHFでもよかったんじゃね?と思ってますw
2011/07/04(月) 21:34:17 | URL | みるまうす #qyT2749. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/512-7a78d8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック