raquel_lolita_00.jpg

クエスチョナーズ オリジナルキャラクター ラクエルロリータのレビューです。
前のラクエルゴシックと同じく、Vispo片桐氏原型の元、クエスチョナーズから発売されたオリジナルキャラクターのフィギュア。ポーズ的に、ラクエルゴシックと対称になっています。

Vispoさん曰く、 『フリフリの国からやって来た、フリフリ魔人』 。ふんだんにそれが使われており、これまたVispoさん曰く、 『フリフリ地獄』 だったそうです^^;
こちらも同じく、元はガレキだったものらしいです。こちらは2010年冬からの作品らしい。

ラクエルゴシックが文字通りゴシック風のものなら、こちらはロリータ風のもの。ゴシック・ファッションとは違い、日本独自の解釈からなるファッションである。少女のあどけないかわいらしさ、小悪魔的な美しさを表現したスタイルであり、欧米文化の憧れと想像力をエンジンに、懐古的でありながらまったく新しい解釈を加えたものであるとのこと。いわゆる 『大人の少女服』 とも言われているらしい。

名称の由来であるロリータは、同名の小説に登場するドロレス・ヘイズのドロレスの部分を変形したニックネーム。ドロレスは12歳の美少女であり、少女期特有の妖しい魅力を持った魔性の少女で、彼女に一目惚れした中年の文学者を翻弄し、破滅に導いてしまう。この作品に由来して、ロリータコンプレックスという言葉ができたとのこと。

ラクエルゴシックが漆黒でモノクロ調なのに対して、ロリータはガーリーなピンクも多く使われています。髪は金髪、衣服はピンクにブラックと、バランスのいい配色かと思います。ゴシックよりもやや、露出があるものの、全体的には露出少なめの衣装であるかと。



発売元クエスチョナーズ
発売元クエスチョナーズ
発売日2011/06/19
原型制作片桐克洋(Vispo)
スケール1/6スケール
仕様ATBC-PVC/ABS/ 塗装済み完成品フィギュア・金属棒使用




raquel_lolita_01.jpg raquel_lolita_02.jpg

ケースは、ゴシックの時と同じく、チェック風の模様。
前面には、リボンらしき模様。前回レビューしたラクエルゴシックの箱にドレスについている青薔薇を絵にして描いていたように、ラクエルロリータには襟元にあるピンクのリボンを描いたのではと思われる。


raquel_lolita_03.jpg raquel_lolita_04.jpg

ゴシックとは対照的に、左側を軸に展開するようになっています。
そして、台座もおなじみのものが付属されています。こちらの方は、鏡にフィルターをつけたまま撮りました。



raquel_lolita_05.jpg

raquel_lolita_06.jpg

今回も最初は、鏡付きでパシャリ。見る分には、鏡越しで見るフィギュアも一興。でも、例のごとく室内が写っちゃうので、写真ではある程度考えた方向で。。。


raquel_lolita_07.jpg

パーツ構成は、ほぼゴシックと同じですが、胴体には金属棒は使われていません。また、スカートのパーツもひとつのみとなっています。ただ、その分、ボリュームのあるスカートですが。




では、全身ぐるりから...

raquel_lolita_08.jpg

raquel_lolita_09.jpg

raquel_lolita_10.jpg

raquel_lolita_11.jpg

raquel_lolita_12.jpg

raquel_lolita_13.jpg


ポーズは、ラクエルゴシックと対称的な向きになったもの。見た目もまったく違い、小悪魔的少女という言葉が本当によく似合う印象です。いかにもかわいくあるような、アマロリ系でしょうか。
金髪巻きロールに、ピンクのドレスと、かわゆい少女風。ゴシックとはまた違った身体のくねらせかたで、片足をくの字にしたり、脇をきゅっとしめて手を前に伸ばしているポージングがなんとも少女を作っているというイメージを感じさせます。本当に少女かもしれないけど、ボディー的に少女ではないよな、多分w

背中から生えている羽根は、ゴシックのようなやや機械的に見えるものとは違い、花が描かれている、カーブしている部分が花びらのように見えるなど(違うかもしれないけどw)、幻想的な――夢の国のもののようなイメージを感じさせます。前のゴシックも、今回のロリータも、本当に特殊な羽根造型で、数多く存在するフィギュアの中でも珍しい部類だと思います。Vispoさんが羽物シリーズと呼んでいるだけはありますね。

武器がクロスボウというがまた、なんかエルフを連想させます。(個人的な想像ではありますが・・・ 接近向きのハルバードと、後方支援向きのクロスボウ・・・なんという相性のよさ( ´∀`)b



raquel_lolita_14.jpg

raquel_lolita_15.jpg

顔はもうキュートそのもの。特に唇がたまらん!なんだ、このけしからん唇は'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
言葉は昔からあり、去年辺りにまた話題になっていたアヒル口が再現されているという。それこそ鳥のように啄みたい唇です!

視線は、ゴシックと対称に右視線。また、ゴシックのような切れ目と違い、ロリータは垂れ目になっているのも特徴。前髪もシャギーがかっているのがゴシックで、ロリータはパッツンと、こうしてみると細かく違う。瞳の色は緑、北ヨーロッパに多い虹彩の色らしいです。



raquel_lolita_16.jpg


ヘッドドレスは、髪に留めるタイプのもの。ここだけでも、なかなかのフリル数を誇っています(゚д゚ )ヾ( ̄o ̄;)なに、フリル数て・・・



raquel_lolita_17.jpg raquel_lolita_18.jpg

raquel_lolita_19.jpg

ゴシックがポニテなら、ロリータはツインテ。しかも、巻き巻きのツインテと、上品なお嬢様を思わせるような髪型である。ややパーティングラインが見えるものの、複雑な巻きロールがしっかりと作り上げられています!色の濃淡も使い分けられていて、仕上がりはかなりのものかと。ツインテなので髪がキュッと上がり、うなじが見えるのも魅力(*´∀`)b




raquel_lolita_20.jpg

衣装は、もうフリフリ――フリフリのドレス。もうこれでもか!ってぐらいにフリルが使われていて、これをかわいいと言わずなんという。また、白ではなく、黒のフリルというところにどこか悪魔的少女を思わせるものがあります。恐ろしや(マテ


raquel_lolita_21.jpg

首に巻いたチョーカーには、パッケージデザインにも使われたピンクのリボンがアクセント。



raquel_lolita_22.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

ゴシックのように谷間は見えないですが、手を下げている分、しっかりと拝められます。
しかも、その果実には、しっかり先っぽの造型が '`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ もうなんてけしからん!(ぉぃ

谷間のシワ使いなども、しっかり再現がされています。


raquel_lolita_23.jpg

その周りにはもうふんだんのフリル・・・まさにフリル地獄(;゚д゚)ゴクリ…
肩はボリュームのあるパフスリーブの半袖。袖の縁には、かわいくリボン付き。


raquel_lolita_24.jpg

ローアングルで下乳も(*´∀`)もちろん露わにはなってないですが・・・
このピンッと張り出した先っぽがもうほんとエロい(*´∀`)



raquel_lolita_25.jpg

raquel_lolita_26.jpg raquel_lolita_27.jpg

腰のくびれはわかりにくいけど、上の方に比べると、しまっていると思います。シワ使いも入っていて、しかし、何よりフリル!もうフリルなんです!もうフリルフリルフリルフリルフリルフリル・・・フリフリすぎてヤヴァス(*´∀`)

彼女も手のひらに穴が開いており、こちらはボーガンの持ち手の先を差し込めるようになっています。ゴシックとは違って、ロリータは手袋をつけています。袖も長袖半袖と違いがある。



raquel_lolita_28.jpg

raquel_lolita_29.jpg raquel_lolita_30.jpg

そして、まさに一番フリル地獄であるスカート。フリルの影響で、3階層にわかれていますね(マテ もうほんとすげぇ、挫折しなかったVispoさんに経緯を評したいぐらい。
右足に押し上げられる再現もされていて、やや盛り上がった造型もされています。



raquel_lolita_31.jpg


そして、おみ足。ソックスは膝下までのハイソックス。そのハイソックスの縁にもフリル造型(;・∀・)
ロリータの方がやや露出しているためか、なんだか健康的なおみ足にも見えます。


raquel_lolita_32.jpg

右膝はくの字に曲げていて、かわいさ元気っぽさをやや見せているかな^^


raquel_lolita_33.jpg


左膝も、ちょっと突き出すような造型ができています。



raquel_lolita_34.jpg raquel_lolita_35.jpg

靴は同じくヒールものですが、革靴っぽい?
つま先の辺りには靴にはやや大きめのリボン。




raquel_lolita_36.jpg

raquel_lolita_37.jpg

ワンダーランドへお出迎えされそうな羽根。付け根の方には大きな花を描く造型がされています。尖った造型が全くなく、ほぼ丸みある作りになっているのも特徴でしょうか。
明るく見えますが、色はゴシックと同じもののようです。



raquel_lolita_38.jpg


raquel_lolita_39.jpg

raquel_lolita_40.jpg

遠くの的も片手で仕留められるクロスボウ。これまた西欧チックで、留め具まで再現されていると、結構こった作りになっています。矢は金属棒を使用しています。

ハルバードの時と同じところで固定するには長さが短く、台座の方が中途半端な引っかけになっています。これでいいのかな、位置は・・・




そして、忘れちゃいけない―――

raquel_lolita_41.jpg


スカート着脱!!

いや、忘れちゃいけないわけじゃないけど、やらずにはいられないね(*´ω`*)ニヤニヤ


raquel_lolita_42.jpg raquel_lolita_43.jpg

raquel_lolita_44.jpg


特に、羽根の間に見えるぷりんぷりんのおしりがたまらん。ゴシックといい、ロリータといい、本当にけしからんです(ぉぃ



raquel_lolita_45.jpg

スカートを外すと、やはりなんか変わった娘なのかと思わせるような感じに(ぉぃ
こうして足全体で見ると、ふとももも華奢な感じに見えますね。



raquel_lolita_46.jpg

まさかの下着にまでフリルが・・・まさに”フリフリの国からやって来た、フリフリ魔人”(ぉぃ
やや高級そうな下着に見えますが、なんかデザインが変わってますね。Tバックっぽいけど、ちょっと違うような・・・いや、わからないけど(ぉぃ


raquel_lolita_47.jpg


raquel_lolita_48.jpg

とにかくフリル造型が半端ない。ロリータの方もややおしりを突き出しているポーズなためか、このムチっとした肉の押し合いみたいになっているのがたまらない(*´Д`) ふとももも細めだけど、弾力がありそうな(ぇ



raquel_lolita_49.jpg

後ろがなんかTバックっぽくないんですよね。これ、前と後ろが逆だったらソングらしいんですけど、これの場合はなんなんだろう。ほんとこういうのは疎いのでダメですね(;´∀`) ま、詳しかったらそれはそれであれですが・・・

しかし、このローアングルから見る、おしりはほんとたまらなす!


raquel_lolita_50.jpg


下着の上には、しっかりおしりの谷間がッ!


raquel_lolita_51.jpg


raquel_lolita_52.jpg

フリルいっぱいの下着ですが、色が黒ってのがまたね。かわいい系なのに、どこか大人の妖艶さを感じさせます。
かわいい見た目の中に隠し持つ、抜群のボディーライン・・・ものすごくいいギャップじゃないですか?!

某ゲームじゃないけど、あぁ、(かわいい)女の子のパンツになりてー(マテ




raquel_lolita_53.jpg


では、最後に何時もの...



raquel_lolita_54.jpg


彼女は、ゴシックと違って、平面を意識したような造型はありませんでしたね。
古風なゴシックと、近代的なロリータを区別化したのかな。



raquel_lolita_55.jpg




raquel_lolita_56.jpg





raquel_lolita_57.jpg

二人いるので、一緒のパシャリ
ぱっと見わからないけど、鏡も使用していますw



raquel_lolita_58.jpg


鏡を外して、鏡のふち越しに撮ってみたりなんかも。



raquel_lolita_59.jpg

ロリータのレビューですが、もちろんゴシック単体でも...



raquel_lolita_60.jpg

二人揃うと、まさにゴシック・アンド・ロリータ!
略して、ゴスロリ(*´ω`*)




raquel_lolita_61.jpg

せっかくなので、スカートを外してもう一枚(自重



raquel_lolita_62.jpg

あとはロリータのみでちょっとずつアップで。



raquel_lolita_63.jpg



raquel_lolita_64.jpg

以上、クエスチョナーズ オリジナルキャラクター ラクエルロリータでしたー

コンセプトに沿った作品であるのがよくわかる逸品。フリルいっぱいの全身。むしろ、フリルが写ってない写真とかほとんどないんじゃね?ってほどに、フリル満載でしたねw 

造型がとにかくすごいです。フリルもそうですが、ゴシックにもあった羽根や、巻きロールの出来がよかったのが嬉しかったところです。
おしりも相変わらず素晴らしく、胸元には先っぽ。でも、私が一倍押したいのはやはり唇!! ゴシックの時も唇の造型に立体感があるなーと思ったんですが、ロリータはもうほんとにアヒル口と言っていい。キスできるものならしたいです!!!

やはり、ラクエルゴシックと一緒に並べて飾りって、これでゴスロリ!といきたいですよね。でも、いざ並べるとなると、台座が結構場所取るのよね、これ(;´∀`)




【関連記事】
漆黒・耽美な新世界 ~ クエスチョナーズ ラクエルゴシック レビュー
邪気眼厨二病、松戸ブラックキャット ~ ねんどろいど 黒猫 レビュー
紅魔館の紅い悪魔 ~ ねんどろいど レミリア・スカーレット レビュー
“輝く盾持つ聖王女” ~ クララクラン・フィリアス 甲冑Ver. レビュー



   
 

web拍手     


コメント
コメント
造形はいいけど抜きが甘すぎるな
かなり目立つ所にゲート後ついてるし
後頭部の線がちょっとなあ
2011/07/06(水) 04:00:20 | URL | 。 #- [ 編集 ]
Re
コメども~です。
確かに何時もに比べると、粗さはありますねe-330
でも、それより軽いのがなー(;´∀`)
2011/07/07(木) 00:59:52 | URL | みるまうす #qyT2749. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/501-29a9f95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック