不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


shf_mrjoker_00.jpg

バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダージョーカーのレビューです。
2010年夏に公開された劇場版 『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリで、TV本編に先駆けて登場した仮面ライダー

左翔太郎がジョーカーメモリの力で変身する仮面ライダー。外見は、セントラルパーテーションがない点を除けばMOVIE大戦2010で登場したジョーカージョーカーと同じ。パワーはサイクロンジョーカーに比べると半分程度のものだが、ジョーカーメモリの「切り札の記憶」がロストドライバーにより極限まで高められているため、翔太郎の基礎能力も相まって劇中ではかなりの活躍を見せた。

劇場版 『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』 と、TV本編の最終話でのみ登場している。劇場版では、エターナルこと大道が回収しようとしていた、街に散らばったガイアメモリの内の最後のT2ガイアメモリ 「ジョーカー」 で変身。TV本編では、何時ものハーフチェンジで使用するジョーカーメモリを使用して変身した。
また、ドライバーはスカルやエターナルが使うものと同じものであろうロストドライバーを使用しており、こちらもそれぞれ違うう経緯で手にしている。劇場版では、翔太郎がイメージしたスカル、あるいはスカルの幻影かが残した物を手にした。TVではフィリップが翔太郎に充てたプレゼントに同封されていた。また、ダブルでは劇場版とTV本編が繋がっているため、劇場版で使用した物を翔太郎に充てたのではと思われる。

こちらは、魂フェスティバルの開催記念アイテムで、その後にプレミアムバンダイにある魂ウェブ商店で受注予約が行われた。劇場版、TVともに少ない登場数ではあるが、その余りある活躍からの商品化と言える。専用の魂ステージも付いており、この商品だけで飛びポーズなども楽しめるようになっている。



作品名仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/01/20
全高約140mm
仕様ABS/PVC/POM/Zndc製塗装済・可動フィギュア




shf_mrjoker_01.jpg shf_mrjoker_02.jpg

前述通り、魂フェスティバルの開催記念アイテムのため、箱は中身が見えない仕様になっています。文字などの関係のためか、背景色は白。ライダーのバックに大きくJ(ジョーカー)のエンブレムが描かれています。

後ろにはお決まりのポーズのシルエット。



shf_mrjoker_03.jpg

まず、付属品など。メモリがジョーカーなので、特にこれと言った付属品はない。
その代わりか、台座が付属されています。以前レビューもしたジョーカージョーカーの時は紫色の台座でしたが、今回は黒の台座になっています。




shf_mrjoker_04.jpg shf_mrjoker_05.jpg

全身。素体は過去のダブルと変わりなく、見た目的にもジョーカージョーカーと比べると、セントラルパーテーションを省いたぐらいの違い。ただし、この商品はつや消し加工が施されているため、無駄に光に反射せず、黒い質感がよりよくなっているところがいい特徴。



shf_mrjoker_06.jpg

shf_mrjoker_07.jpg shf_mrjoker_08.jpg

特に申し分ない出来映えですが、よく見ると、ちょっと粗いところもなくはない。
あと、頭部の角の仕様が相変わらずそのままで、角度が変な感じのままなのもマイナス点か。まぁ、ここは元のを流用しているので仕方ないっちゃ仕方ないが・・・むぅ(;´∀`)
つや消しがされているためか、頭部の横の部分のラインが見た目的にいい感じになっている機がします。



shf_mrjoker_09.jpg shf_mrjoker_10.jpg

ベルトはしっかりロストドライバーになっています。塗りもかなりいいですね( ´∀`)b
ただ、ベルトの銀色のところに塗装が付着してしまっているのが痛い。
魂ウェブの販売ページに装飾工程は手塗りとあるので、多少のムラはまぁ仕方ないことではある。余り目立たないところなのがまだ救いか。



shf_mrjoker_11.jpg

足の部分もしっかりつや消しされているよう。
なんだかんだで、アンクレットも綺麗に塗装されています。



shf_mrjoker_12.jpg

背中も申し分ない。
やっぱりこう・・・質感とか違うのがわかりますね~。




shf_mrjoker_13.jpg


早速ポージングなどを...

仮面ライダージョーカーになる時は、何時もとは違う変身ポーズ。この変身ポーズは翔太郎を演じた桐山漣さんが考案したものであると、メイキングで語られています。前の突き出している手の方が握り手というのが珍しい変身ポーズですよね。



shf_mrjoker_14.jpg

行くぜ・・・俺、変身!




shf_mrjoker_15.jpg

仮面ライダー ジョーカー!




shf_mrjoker_16.jpg shf_mrjoker_17.jpg

お馴染みのポーズも再現可能です。



shf_mrjoker_18.jpg



shf_mrjoker_19.jpg

右手を違うのにしてみた...


shf_mrjoker_20.jpg



shf_mrjoker_21.jpg



shf_mrjoker_22.jpg

アクションポーズなんかも...



shf_mrjoker_23.jpg



shf_mrjoker_24.jpg

素体がシンプルなので、相変わらずポージングがやりやすい( ´∀`)b

ところで、台座が付属されていると前述しましたが、レビューで使用しているのはACT.4の台座です。SHF自体に付属される台座って未だにACT.3仕様なんですよね・・・なんども言っているけど、支柱がイマイチなので、使用するならやっぱりACT.4がいいですわ。



shf_mrjoker_25.jpg


ジョーカー! マキシマムドライブ!



shf_mrjoker_26.jpg

ライダー パンチ!




shf_mrjoker_27.jpg


shf_mrjoker_28.jpg




shf_mrjoker_29.jpg

ライダー キック!




shf_mrjoker_30.jpg


shf_mrjoker_31.jpg

角度とか結構がんばったつもりですが、まだもう一つだったかな(;´∀`)



shf_mrjoker_32.jpg

ハードボイルダーも久しぶりに出してみたり...
握り手はこの商品には付属していないので、この間届いた仮面ライダースカルクリスタルの握り手を使用。

左側に見える魂ステージは気にしないでねw


shf_mrjoker_33.jpg

シートに右足を乗せて、ハードボイルダーを相手にぶつける時のものなんかもやってみました。



shf_mrjoker_34.jpg

以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダージョーカーでしたー

塗装に個人差が出るのは致し方ないですが、なるべき綺麗な物を望みたいところではあります。それでも目立つところになかったのが幸いでしょうか。あと、握り手ぐらいは付けて欲しかったなーっていう。
んで、やはりつや消しされているのは大きいですね。この無駄にテカらない質感、やはりこうでなくっちゃ( ´∀`)b
付属品は少ないけど、その分、アクションで楽しむべき商品であるのがわかります。




【関連記事】
”さあ、地獄を楽しみな” ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエターナル レビュー
”すべて、振り切るぜ!” ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセルトライアル レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW CC&JJ DXセット レビュー
エクストリィィィィィム!! ~ S.H.Figuarts 仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
ジョーカー/サイクロン ~ S.H.フィギュアーツEx マシンハードボイルダー レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”ファング! ジョーカー!”
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ダブルルナセット!!
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ダブルヒートセット!!
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”サイクロン! ジョーカー!”



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/483-e494b717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。