不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


nendoroid_nagi_00.jpg

マックスファクトリー ねんどろいど ハヤテのごとく! 三千院ナギのレビューでふ。
畑健二郎さん作「ハヤテのごとく!」シリーズのメインヒロイン。声はご存じ、釘宮理恵さん。

劇中に出てくる三千院財閥の令嬢幼少時から様々な分野で英才教育を受けており、白皇学院の飛び級制度により13歳で高校1年生である。8か国語を話すことができ、歌もうまい。経済学にも精通しており、遺産がなくともWEBや株式市場があればお金に困ることはないというような発言もしている。

負けず嫌いで、素直になれない性格。カッとなって追い出したハヤテを迎えに行った時も、言い出し難かったのか、変装するなどしていたほど。突然の思いつきで行動したりすることもあり、その中で誕生したのにハーマイオニー(ハヤテの女装)などがある。また、非常に寂しがりで、一人で留守番した時やハヤテが屋敷を離れただけで、強がりながらも涙ぐむシーンなどもあった。言葉遣いも、やや男性的。

ナギと言う名前は、「この世のすべてをナギ倒せ」という願いをこめて母・紫子が名付けたらしいが、マジかよwww その母も含めた両親は本編スタート時にはすでに他界している。


肝心のねんどろいどの出来ですが、造型などは申し分なし。ですが、ヒナギク、ハヤテ同様に、ミク互換を意識しているのかたまたまそうなったのか、挿げ替えするにも固い。マックスさんところのは総じて相性がわるいんでしょうかね^^; ヒナギクやハヤテのように付け耳などがない代わりに帽子が付属。それでは物足りなかったのか、タマも付属されている



作品名ハヤテのごとく!!
発売元マックスファクトリー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2010/03/28
原型あげたゆきを(マックスファクトリー)
スケールノンスケール
全高約100mm
仕様ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・専用台座付属
使用カメラPENTAX K-x





nendoroid_nagi_01.jpg nendoroid_nagi_02.jpg

ケースの模様は、ヒナギクやハヤテと同じもので、ナギに合わせて黄色のカラーになっていました。
後ろには、毎度お馴染みのポージングの画像。




nendoroid_nagi_03.jpg

nendoroid_nagi_04.jpg nendoroid_nagi_05.jpg

全身。令嬢らしい衣装を見に包み、胸元には宝石のようなもの。
光に反射して輝く黄色の髪と、青いカラーの衣装のコントラストがいい感じですね。

造型は申し分ないです。マックスのねんどろいどは総じて出来はいいですね^^
これで固くなければ.......




nendoroid_nagi_06.jpg

ノーマル顔は、笑みを浮かべたお顔。
緑色の瞳は綺麗にプリントされており、口も申し分なし。
髪は毛先にやや丸みがあります。


nendoroid_nagi_07.jpg nendoroid_nagi_08.jpg

後ろはこんな感じ。左右のツインテールはボールジョイントではなく普通に差し込み式なので、特に大きな可動ではできないですね。接続側にある赤い髪飾りとと、髪自体の塗装分けはしっかりされています。



nendoroid_nagi_09.jpg

青いドレス。ねんどろいどの中でも、良い方の出来映えになっています。胸元の宝石はメタリック風味の塗装になっている。
腕にはアームカバー。その途中に線のようなものが見えますが、これは可動部分。ハヤテやヒナギクと同じような作りになっていて、肩から手首までの交換パーツは一つも付いていないのが特徴。
おみ足は本人好みのニーハイソックスを着用しているもよう。



nendoroid_nagi_10.jpg

後ろには大きなリボン。今回の台座はこのリボンとスカートの挟まれる仕組みで、ねんどろが乗るパーツはスカートの凹凸に合わせた造型になっている。そのため、ただ乗せるという形ではなく、両方から挟んで固定する仕様になっています。




nendoroid_nagi_11.jpg

さっそくポージングなど...



nendoroid_nagi_12.jpg nendoroid_nagi_13.jpg

ナギには、サムズアップやVサインができる手パーツがついています。ただし、右手用だけ。



nendoroid_nagi_14.jpg

nendoroid_nagi_15.jpg nendoroid_nagi_16.jpg

こちらは、ナギのペットのタマ。ナギからは猫だと思われているが、言うまでもなくホワイトタイガーである。実際はナギの何倍もの大きさのある大型なので、ねんどろいどで見ると非常に違和感があるww

こちらも塗りは丁寧で、非常にいい出来映え。さすがはマックスファクトリーと言ったところです( ´∀`)b
顔と尻尾は可動できるようになっており、多少のポージングの変更は可能でしょうか。

しかし、原作通りに、トラっぽくないホワイトタイガーだわ・・・ww




nendoroid_nagi_17.jpg

さらに付属にでっかい帽子。
余りに大きくて、ちゃんと被れていない模様^^;



nendoroid_nagi_18.jpg

こちらは、照れ顔

ヒナギクのとはちょっと違うけど、似たようなツンの入った照れ顔である。
口をへの字にしていて、かわゆす(*´ω`*)



nendoroid_nagi_19.jpg

nendoroid_nagi_20.jpg nendoroid_nagi_21.jpg

付属の帽子は、劇中で登場したもの。大きなリボンがついているのが特徴。
クリアのサポートパーツがちゃんとついでおり、実際は特に苦労なく被せられます。3枚目の画像のように、そのクリアパーツには突起物があり、帽子の裏側の凹み(っても、明るすぎて見えないかもだけど)に差し込んで使用できるようになっている。

まぁ、なくても被せられますけどね。




nendoroid_nagi_22.jpg

さらに付属に、あのゲーム機が!!(゚д゚ )
なお、下のクッションは付属じゃなくて、以前コトブキヤで買ったものです。でも、あんまり沈まないので、ねんどろからするとバランスが悪かった件。なので、今回使用したのはここだけw



nendoroid_nagi_23.jpg

こちらは、ドヤ顔

「ふふん、どうだ!」と言わんばかりの自信気な表情。
口元もさきほどのへの字と違い、嬉しそうだわ。



nendoroid_nagi_24.jpg nendoroid_nagi_25.jpg

手には、ナギ愛用のゲーム機。見た目的におそらくP◎Pだと思われるw 結構、形が意識されており、この大きさでよくできているかと。左手パーツと一体になっています。
右手は添えるだけ。肘を可動させて、うまい具合に合わせることができます。

そして、足は曲げ足。地につけるように、何時もと違う曲げ足になっており、左右それぞれどちらかわかるようになっている。



nendoroid_nagi_26.jpg

では、このピースから何時ものポージングなどを



nendoroid_nagi_27.jpg

帽子でやや顔を隠して、テレテレ(///-///)



nendoroid_nagi_28.jpg

可憐に、ふふん!っと。



nendoroid_nagi_29.jpg

何やらゲームで苦戦中。隣で(・∀・)ニヤニヤとタマが。



nendoroid_nagi_30.jpg

ほれ、私の手を取るといいぞ!



nendoroid_nagi_31.jpg

立ちゲー。
一見すると、恥ずかしい気持ちにでもなるようなゲームをやっていそうな...



nendoroid_nagi_32.jpg

ぶくぶく太り続けるタマに●の宣告...Σ( ̄ロ ̄lll)




続いて、挿げ替え分です。

nendoroid_nagi_33.jpg

まずは、桂ヒナギク照れ顔

手の動きがおかしいですが、ほんとはスカートに手を当てようとしていました。なんだか失敗^^;



nendoroid_nagi_34.jpg

こちらは、高坂桐乃萌え~顔

きっとでれ~んとしてしまうようなゲームでもしているのでしょう...



nendoroid_nagi_35.jpg

かと思えば、シャロ泣き顔

泣きゲーだったのか...



nendoroid_nagi_36.jpg

さらに打って変わって、シャロトイズ顔

やはり他人に見られると困るゲームなのか・・・マジマジと見過ぎだぞ、ナギお嬢様w



nendoroid_nagi_37.jpg

そして、南極さくらぷんぷん顔です。

ゲームのクオリティに怒っているのか、はてさて...
帽子にいつの間にか「安全第一」のあれが・・・危険なゲームなのか(´∀`;)?



nendoroid_nagi_38.jpg

最後は、九重りんダンス顔でふ。

帽子をかぶって、何やら嬉しそうな楽しそうな...




nendoroid_nagi_39.jpg

せっかくなので、ヒナギクたちとの絡みも。
ヒナギクのネコミミに、親指を立てるナギお嬢様。

タマ、どこを見ている...



nendoroid_nagi_40.jpg

女装させられたハヤテに、思わず親指を立てるナギお嬢様w
よく似合っているぞ、とでも言いたげな感じかw

執事ハヤテでの絡みもやろうと思いましたが、面倒だったのでやめ(ぉぃ



nendoroid_nagi_41.jpg

また、ナギには細い穴のあいた手パーツがついており、このようにハヤテについている魔法のステッキを持たせられるようになっています。こういうのまで付属されているのは、さすがfigmaのマックスファクトリー( ´∀`)b



nendoroid_nagi_42.jpg

さて、やっとこさ三人揃いました。
多分、これ以上はもう出ないのかな。せめてマリアさんぐらいは出して欲しかったが...

ねんぷちがプライズで出ていたので、もう望み薄かな...^^:



nendoroid_nagi_43.jpg

以上、マックスファクトリー ねんどろいど ハヤテのごとく! 三千院ナギでしたー

出来は前述通り、とてもいい。タマも付属されているし、ゲーム機などもついていて、充分に遊べましたね。特にゲーム機を持たせている時の挿げ替えは楽しかったです。
帽子やちょっと角度などに困りましたが、サポートパーツもついているので安心。曲げ足は座らせるための工夫がされていて、台座はねんどろいど自体に固定できるものにしてあるなど、遊ぶためのフォローも結構考えられているのがよかったですね(○´ω`○)




【関連記事】
人形の呪いから変身!? ~ ねんどろいど 綾崎ハーマイオニー
ツンデレな一面も持ち合わせるスーパー美少女 ~ ねんどろいど 桂ヒナギク
”俺の妹がこんなに可愛いわけがない” ~ ねんどろいど 高坂桐乃



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/478-34741ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。