上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


darts_megamanx_00.jpg

バンダイ D-Arts ロックマンX エックスのレビューです。

株式会社カプコンの名作アクションゲーム 「ロックマンX」 シリーズの主人公。限りなく人間に近い思考能力を持つロボット「レプリロイド」であり、平和を脅かす脅威から世界を守るために戦い続ける。

Xシリーズの先駆けとも言えるあのシリーズでロックマンを作り、没後に「ロボット工学の父」と讃えられる天才科学者トーマス・ライトの手で、晩年に作られた「悩み、考え、行動する」という従来にはない画期的な機能を備えたロボットとして製作されている。ただし、「ロボットは人間を傷つけてはならない」という”ロボット工学の原則”の意義にまで疑問を抱き、自らそれを破ってしまう危険性があることも想定されていて、安全性を確かめるために長い間カプセルにて封印されていた。

平和を守ろうとする「正義感」と、敵とは言え破壊することをためらう「優しさ」を併せ持っていて、その狭間で揺れ動き、思い悩みながらも闘う様子が、シリーズで通して描かれている。一度は、思い悩む余りに闘うことから逃げ、一線を退いたこともあった。X以降に発売したロックマンゼロやロックマンゼクスシリーズにも使用できないが登場しており、各シリーズの主人公たちに様々な形で力を貸している。ロックマンがモチーフになっているのであろうというだけあって、どの話でも基本カラーは青となっている。


ロックマンXはスーファミから始まったシリーズで、当時からシリーズ通してずっとプレイしているだけあって、この商品化は非常に嬉しいところ。この発売に先駆けて、2011年2月に行われた魂フィーチャーズvol.2でもサンプル品が公開されましたが、Xたちは撮影禁止...(´;ω;`) 購入するまでお預けなんて、と思ったことも...
なお、その魂フィーチャーズでは、エックス、ゼロ以外に、ライト博士が遺したカプセルもサンプルとして並んでおりましたので、ひょっとしたら魂ウェブ辺りで...(;´∀`)



作品名ロックマンエックス
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2011/04/28
全高約125mm
仕様ABS/PVC/POM製塗装済・可動フィギュア




darts_megamanx_01.jpg darts_megamanx_02.jpg

ケースは、エックスの基本カラーである青色。金色で大きくX(エックス)が描かれている。
D-Artsは初めて買ったのですが、ロゴはドット文字なんですね。

後ろにはポージング画像と、各部詳細が英語で書かれています。




darts_megamanx_03.jpg

darts_megamanx_04.jpg darts_megamanx_05.jpg

どう見てもあのエックスである。ややメタリック風味の青色で、間にある水色やねずみ色は普通に塗ってあります。全体的に塗装は綺麗な感じですが、汚れのようなものが何箇所か付着しており、絶対にいいとはいえないところ。
あと、メタリック塗装故か、妙にぬるっとするのが・・・撮影中何回か手を洗いつつ撮る羽目に...

パワーアップのしていないノーマルタイプのエックスです。プレイ当時の子供の頃は、パワーアップ機能がある故にそのシンプルさに微妙さを感じていましたが、大人になってから見てみるといいものを感じさせてくれます。エックスは細いボディーですが、D-Artsとしてはマッシブに見えます。脚部などがごついからでしょうか。
関節はSHFとは全く違うものが使われていますが、可動するにしては申し分ない。ただし、関節がボディーに合わせたカラーリングでないため、後ろからでしかわからない脚部はさておいて、肘の関節は気になりますねー。



darts_megamanx_06.jpg

darts_megamanx_07.jpg darts_megamanx_08.jpg

額のパーツは赤のクリア。コミックなどで描かれているエックスと同じく、頬が少し盛り上がったような人間らしい作りが、フィギュアにもしっかり出ています。瞳の印刷は悪くはないが、もう一声ぐらいでしょうか。あと、眉に少し汚れがあったのがマイナス点

耳に当たる部分や、ヘッドの作りは申し分なしですが、後頭部の赤い塗装はちょっとはみ出ています。
頭部は挿げ替えの時に前後に外してから差し替える仕組み。耳に当たる部分は前頭部に繋がっています。



darts_megamanx_09.jpg

darts_megamanx_10.jpg darts_megamanx_11.jpg

ボディーは、胸までと腹部分、そして股関節部分の3つにわかれている。それだけにパーツがわかれているだけに塗装もとても綺麗です。右腕にはお馴染みのロックバスター・・・ではなくエックスバスター。肩アーマーは全く可動しませんが、腕の可動自体には影響はないみたい。

また、肩はボール状のものをはめ込んであり、可動だけでなく取り外しが可能。肘の部分も取り外し可能で、こちらは後で載せる画像を参照してください。
とりあえず、ここから言いたいことはひとつ。フルアーマー版のエックスと組み合わせることで、”各部だけパワーアップ!”というカスタマイズが可能になっている可能性がある、ということ。
おそらくフルアーマーのエックスも同じ素体から作り上げているはずなので、可能なのではなかろうか。これは発売前から気になっていたのですが、ちゃんとやってくれそうですね( ´∀`)b

おそらくゼロのも差し替え可能だと思いますので、X初期であったエックスにゼロバスターを取り付けるのも再現できるのでは((o(´∀`)o))ワクワク



darts_megamanx_12.jpg

darts_megamanx_13.jpg darts_megamanx_14.jpg

darts_megamanx_15.jpg

続いて、脚部。先に言っておくが、股関節から足への接続も肩と同じになっているので、カスタマイズ可能である。
足はでかいので余り可動に向かないように見えますが、割と結構いける方だったりします。ただ、軽いので、前にレビューしたNEW電王と同じく身体を支えきれないポーズもあるのが難点。

555と同じく、足の裏までちゃんと再現されているのもいいところ( ´∀`)b



darts_megamanx_16.jpg

背中はこんな感じ。
こちらの塗装も申し分ないところでしょうか。



darts_megamanx_17.jpg darts_megamanx_18.jpg

表情パーツの残り2つ。
どの表情も、眼が真剣になっているのが特徴ですね。左は歯を食いしばっており、右は声を張り上げているような表情と鳴っています。右の顔が一番使いそうですかね。
個人的には、ボスを倒した時に出る決めポーズの時の顔も欲しかったかなー




darts_megamanx_19.jpg


darts_megamanx_20.jpg

早速ポージング...


darts_megamanx_21.jpg darts_megamanx_22.jpg

ちょいとエックスバスターもアップ。発射口パーツの下の方に出っ張りのようなものがありますが、これはここに爪を引っかけて、パーツを外すためのもの。
エックスバスターを肘から外すとこんな感じになってます。

個人差かもしれないですが、私は右肘からエックスバスターがよく外れてしまうことが...差し込むのも少し面倒で、何度もやるのはちょっと嫌でしたね^^;



darts_megamanx_23.jpg


darts_megamanx_24.jpg darts_megamanx_25.jpg

右腕は、エックスバスターから通常腕に差し替えることもできます。肘から手まで別パーツとしてあります。
壁登りとかダッシュの時とか使えそう?

また、手パーツはパーとグーの二種類のみ。




darts_megamanx_26.jpg


先ほど触れたのエックスバスターの発射口のところパーツのことですが、中に赤いクリアパーツがないこちらのものと差し替えることが出来ます。


darts_megamanx_27.jpg

darts_megamanx_28.jpg

こちらにはこのようにエックスバスターやハイパーXブラスター(シリーズ中期以降の「チャージショット」)のエフェクトパーツを差し込んで、よりポージングが楽しめるようになっています。発射する時に出る反動のようなエフェクトも再現されていて、その部分とエフェクト本体は別パーツ。なので、魂ステージなどを使えば、エフェクトが飛んでいるところの再現も可能でしょうか。

ただ、ハイパーXブラスターは重いので、ポージングが難しいでしょうか。右腕にも負荷がかかっちゃうのもちょっと...




darts_megamanx_29.jpg


では、いろいろポージングなど...



darts_megamanx_30.jpg



darts_megamanx_31.jpg





darts_megamanx_32.jpg

初期では無理でしたが、X2からはノーマルタイプからダッシュが可能になりましたよね。



darts_megamanx_33.jpg

こちらは空中ポーズから決めると、いい感じになるでしょうか。



darts_megamanx_34.jpg


劇中にはないけど、斜め撃ちなども...



darts_megamanx_35.jpg

まだ、開けていない某SHFの箱で三角跳びなどもやってみたりw



darts_megamanx_36.jpg



darts_megamanx_37.jpg

とにかく撃つぜ、撃つぜ!!



darts_megamanx_38.jpg

もう10年以上前に出ているバンダイのソフビと並べてみました。
右はフルアーマーですが、スケールは違うとは言え、ここまで変わったと思うと、感動できるものがあります(´;ω;`)

良い意味で変わったと思うもので、同じ魂フィーで公開されていたゴジラも気になるところです。これを撮っていて、ふとあちらも気になってしまいましたねー早く予約開始しないかなー。



darts_megamanx_39.jpg

フルアーマー以外のキャラクターのソフビもあるので、ちょっと対決風味はカットも。



darts_megamanx_40.jpg

これはもうちょい角度を調整するべきだったかなーっと(;´∀`)>



darts_megamanx_41.jpg



darts_megamanx_42.jpg

台座を使って、撃った後のカットも...



darts_megamanx_43.jpg


顔は違うけど、ボスを倒した後の決めポージングみたいなのをw



darts_megamanx_44.jpg

以上、バンダイ D-Arts ロックマンX エックスでしたぁ~

再現度もよく、出来映えが申し分ないです。メタリック塗装なのがまたメカっぽくていい。
そして、なんと言っても挿げ替えが可能かもしれないということ。X2以降のも出していくなら、それにも合わせてできるようにしていってくれると嬉しいところですね。夢が広がりますわー(○´ω`○)



【関連記事】
対グノーシス用人型掃討兵KP-X ~ figma KOS-MOS ver.4 レビュー
ワンコイングランデフィギュアコレクション 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 決闘開始!! レビュー
”メタリックでミックミク” ~ 超合金 初音ミク レビュー
闇を駆ける青い流星。 ~ figma ブラック★ロックシューター レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”ルナ! トリガー!”


     
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/474-f6aa5dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。