上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


qgate_hattori_00.jpg

ホビージャパン クイーンズゲイト いちばんうしろの大魔王 服部絢子のレビューです。
こちらは、月刊ホビージャパンの2010年10月号、11月号の誌上通販として販売されたものです。

ご存じ、水城正太郎によるライトノベル『いちばんうしろの大魔王に登場するキャラクター。スハラ神を信仰する一族である服部家の一員。

服部家は代々忍者の家系であり、本人も伊賀流の忍術から、剣術も身につけている
日本刀を得物としており、衣装も忍者のような格好をしている。胸にサラシを巻き、ねじりふんどしを主に着用しているなど、下着も和物。

ただし、忍装束時もサラシを巻いているが服が破れている時以外にその描写はあまりなく、胸元が特に特に強調されています(*´ω`*) 今回のフィギュアではサラシは巻いておらず、さらに下はふんどしからはみ出た肉感も相まって見た目の勇ましさとは裏腹に非常にエロい肉体美を持つフィギュアとなっています。

曲がった事が許せない一途で純真な女の子なので、将来の職業が魔王になった主人公に、友情の誓いを立て、また惹かれるものもあるけど素直になれないもよう。よくあるタイプのキャラクターではあるが、やはりどの作品にも一人は必要なポジションなのであろうかw


このフィギュアはもともと2月発売とのことでしたが、WFの影響かもともと無理なスケジュールが原因なのか、HJ通販ものでも珍しく1ヶ月以上の延期がされて、4月にやっとこさ出荷・・・されたのだけど、出来がちょっと粗いかな あと、コトブキヤのディズィーなどと同じく、加工しないと着脱ができないのも残念なところである。

ただ、この作品のフィギュアがそもそも全くないので、貴重と言えば貴重。珍しく、グッスマが原型をしたクイーンズゲイトのフィギュアであるが、おそらくねんぷちでこの作品のフィギュアを作った経緯か何かから、グッスマが受け持った・・・のかな。



作品名クイーンズゲイト
いちばんうしろの大魔王
発売元ホビージャパン
出荷日2011/04/08
製造元グッドスマイルカンパニー
原型横田健
スケール1/8スケール
全高約200mm
仕様PVC/ABS 塗装済みフィギュア




qgate_hattori_01.jpg qgate_hattori_02.jpg

箱は、なかなかのでかさ。今までのクイーンズゲイトの箱の大きさから考えると、最初に出たアリス(大人の方)と同等ぐらいの大きさの箱かな。
箱がでかくなったのは、フィギュアの大きさだけでなく、台座によるものもあるのかな。

色合いは恒例のグレースケールで、本編にもある魔法陣の絵などが描かれている。




qgate_hattori_03.jpg

全身。燃え上がる炎を足下に、身構えた姿。まさに今、敵と戦わんとしており、表情からもその雰囲気が伝わってくるような。


qgate_hattori_04.jpg


胸元はもちろんのこと、くの字に曲げてた左ではふとももが露わになっていて、青い衣装とのコントラストがいい!


qgate_hattori_05.jpg


忍装束の裾は、後が長いだけで、おそらく普通に立っていても正面からは丸見えだろう。そして、今は揺らめく炎から出でる風から、裾は揺れ、おしりも露わになっている。

これで見るだけでも、いかに素晴らしいおしりかがよくわかると思います(*´ω`*)


qgate_hattori_06.jpg

忍装束の裾には、金箔で炎のような模様が描かれている。
後ろから見てもバランスが左側にかかりそうで、今後このまま飾っていて大丈夫かが気になるフィギュアでもありますね。ただ、両足は炎のエフェクトのついた台座に接続されており、それなりのバランスは信用されているはず。


qgate_hattori_07.jpg

そして、正面から見て膝に隠れていた前のお股の部分には、何時も着用しているふんどし。
首に巻いているマフラーも、風に揺らめいており、躍動感あるポージングになっています。

ぱっと見、出来映えはよさげに見えます。でも、近くで眺めると、ちょっと微妙な感じもあるのよね...
ただ、金箔を用いたり、具足や小手にはメタリック塗装を使用している、服には細かいシワがあるなど、質感はすごく意識されている。再現度は抜群と言えるが、出来映えは粗いよ、というところ




qgate_hattori_08.jpg

顔アップ。若干、うつむき気味であるが、勇ましい表情。ゲームブックのイラストとは違い、男勝りな感じも...若干、少年にも見えなくもない。
ただ、この童顔な顔の割に体型が...というアンバランスさも彼女の魅力と言えるのか(*´ω`*)
アイプリなどは綺麗で、髪の造型も申し分ないところ。

原型師の横田健さんの造型って感じは出ていると思います。過去に出たグッスマ美琴や早川柚子、5月発売予定の遠坂凛なんかは特に輪郭など似ている感じがします。


qgate_hattori_09.jpg

横から見ると、某執事に見えなくもないんだよなーw 
あと、「イ○ージ×ろ」でおなじみの某カードゲームの主人公にも...いや、それはちょっとオーバーか。



qgate_hattori_10.jpg

qgate_hattori_11.jpg qgate_hattori_12.jpg

マフラーの出来映えはとてもいい感じ。揺れた動きやシワの質感なども、丁寧に再現されています。首から頭が外せる故、マフラーぐらいは着脱できるかなと思ったけど、やはり加工しないと無理みたい。
首に干渉するため、首に色移りが起きてしまったなど、マイナス点も...(;´∀`)

後ろの髪も、出来はそこそこ。同じショートの美琴とは、原型師さんが同じなだけあって、作りも似ている気がします。塗装はグッスマらしく、グラデーションが使われています。




qgate_hattori_13.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

アニメ劇中でも、よくよく露わになっているおっぱい。谷間はしっかり上から下まで見れており、ほぼ先っぽを隠すためだけに忍装束を着用している過ぎない感じにも...'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



qgate_hattori_14.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

このフィギュアではどう見てもサラシを巻いている感じはなく、激しい動きなどすれば服からポロリしちゃうに違いない。動けば立派に揺れてくれるに違いないけど、忍者だけあって、多分その動きを捉えるのは無理かも^^;



qgate_hattori_15.jpg

とにかく、隙間がいいね。この隙間に手を忍び込ませて、思い通りにしてやりたくなります'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
ま、そんなことしようものなら、八つ裂きにされるのがオチでしょうけど...



qgate_hattori_16.jpg

( ゚∀゚)o彡°下乳!下乳!

下から見ても、この圧巻! 同じ忍装束衣装のDOAかすみをも越えんとせんかのようです!
ただ、出来の方はちょっと...白の塗装がはみ出ているなどマイナス点もあります
おっぱいがいいものだけに、残念...




qgate_hattori_17.jpg

qgate_hattori_18.jpg qgate_hattori_19.jpg

左には、肘近くまでに伸びた肩当てと、小手。
肩当ては黒く、小手は青みのあるメタリック塗装がされていて、かなりの出来映え。
ここは不思議と抜群の塗装ぶりでした。これだけいけるなら、他ももうちょっとと言いたい。

その左手の先には長いかぎ爪、手に握るは忍び特有の武器であるクナイ。かぎ爪は、小手と同じく青みのあるメタリック塗装。クナイもそれに近いけど、やや黒い色合い。両方とも先まで造型もよくできています。
かぎ爪は、その曲がり具合がまたいいね。切るというより抉る系の武器でしょうか。また、壁に引っかけたりして、壁登りにも使えそうな...



qgate_hattori_20.jpg

qgate_hattori_21.jpg qgate_hattori_22.jpg

そして、右腕側。こちらの肩当てはほんとに肩にだけ当てるもの。袖にはシワが深く造型されており、その質感が伝わってきます。袖の先も申し分ない感じ。
指の造型もしっかりわけられていますが、爪まで塗装はされていないみたい。

そこに握られているのは、服部家の実家に伝わる名刀「ソハヤノツルギ」。フィギュアでは柄がかなり細く、余り力を入れて持たせようとすると、折れそうな感じです^^; ただ、その出来映えはなかなかのもの。




qgate_hattori_23.jpg

qgate_hattori_24.jpg qgate_hattori_25.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!横乳!横乳!

腋から腰の辺りまでが露わになっており、立派なおっぱいが横からもおがめられるようになっています'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
腋は肩当てを縛る紐で守られているという意外なな壁が...でも、この紐に腋汁がきっと染みこんでいるに違いないジュルリ(*´Д`)




qgate_hattori_26.jpg qgate_hattori_27.jpg

左の草摺の内側に、クナイを差し込んでいる。
ちゃんと3本収められるようになっており、抜かれている一本は左手に持っているものであろう。

ここにあるクナイにの出来も申し分ない。



qgate_hattori_28.jpg

背中には、ソハヤノツルギの鞘。造型的にはマフラーから下げられた紐と繋がっていて、実際の繋がり方とは違うと思われる。
なお、フィギュアでは鍔の内側に蓋のようなものがあり、刀を差し込むのは不可能。



qgate_hattori_29.jpg

背中も前と同様、センターが露わになっており、背中のラインがしっかり再現されています。
こうしてみると、この忍装束はかなり軽く、防御性はそこまで意識されていないもよう。




qgate_hattori_30.jpg

qgate_hattori_31.jpg qgate_hattori_32.jpg

忍装束の裾には、炎のような模様が描かれています。金箔を意識したものが使われており、割と高価な衣装なのだろうか。また、腰のしばっている帯には蔦と葉のような模様が描かれている。
帯の模様はプリントのようですが、白の塗装がやや飛んでいて、余り綺麗とは言えないのが残念なところか。




qgate_hattori_33.jpg

qgate_hattori_34.jpg qgate_hattori_35.jpg

おみ足には、網目のあるニーソのようなものと具足で包まれています。
具足にもメタリック塗装が使われており、造型も悪くない。ただ、靴の黄色の塗装が粗 塗装がはみ出ている部分もあり、ちょっとしょっぱい感じも。




qgate_hattori_36.jpg

( ゚∀゚)o彡°ふ・と・も・も!ふともも!ふともも!

しかし、このムチムチ感がやばいです!さらに、この向こう側に露わになったおしりがあると思うと・・・ジュルリ(*´Д`)

もちろん、ふとももだけでなく具足の出来もいい。なぜかメタリック塗装のところは出来が半端ないんだよね。


qgate_hattori_37.jpg

右足の方も申し分ないふくらみ。
ソックスに圧迫されている感じもあり、露わになった部分からムッチムチが際立っているのがええのぅ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ


qgate_hattori_38.jpg

右足の後ろ側からパシャリ。
脛の膨らみは、膝の凸など、足の曲線美はよくできている感じ。




qgate_hattori_39.jpg

そして、お待たせしました! ふんどし、です!

もうとにかく面積が狭く、隠すのが必要最低限な感じ。こんなものを自ら付けているなんて、もうなんてイイ娘なんだ'`ァ,、ァ'`ァ,、ァ(*´Д`*)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ こんなので動き回れば、きっとふんどしが大事なところにこすれまくっているに違いない!(ぉぃ

また、お股のラインがしっかり見えてるのも眼福ものです!



qgate_hattori_40.jpg

おしりに至っては、もうはいてないのよりエロいんじゃね?ってぐらいに細く、またしっかり食い込んでいます!
そして、この尻の重量感! このおしり顔を踏まれたら、それだけで昇天できそうです!(ぇ

しかし、肝心のふんどしの出来がちょっと...(; ・`д・´)



qgate_hattori_41.jpg


しかし、尻がよけりゃぁもういいかーって気にさせてしまう、エロいおしり'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
ふとももとの間のラインもしっかりできており、このムッチムチ感!最高ですね。

ヒップアタックなどされた日にはもう...



qgate_hattori_42.jpg

さらに下から撮ると、おしりとお股の間の凹みがまた...ジュルリ(*´Д`)



qgate_hattori_43.jpg

寝かせて撮ってみると、土手の膨らみや、ふとももやおしりとの境界線が綺麗にできあがっているのがわかります。この曲線が生で見えるのは、ふんどしだからこそ可能なことであり、以下にふんどしが素晴らしいものかがわかるでしょう!



qgate_hattori_44.jpg




qgate_hattori_45.jpg

そして、お股の中心には、しっかり×ー○ーさんが(*´Д`)

前の方も、ふんどしがちゃんと食い込み気味なのが見てわかります。シワ造型もよくできていて、申し分ない。でも、やはり際が気になってしまいますね

しかし、それでもこのふんどしを再現してくれた、グッスマさんには敬意を表します!!(`・ω・´*)




qgate_hattori_46.jpg

あとは、何時も通りに...



qgate_hattori_47.jpg



こんな格好イイポーズでも...



qgate_hattori_48.jpg

上にはサラシとか下着のようなものはなく、下は食い込んだふんどしとかもうね(*´ω`*)



qgate_hattori_49.jpg



qgate_hattori_50.jpg

しかし、何度見ても、顔の若干の違和感を感じずにはいられない...



qgate_hattori_51.jpg



qgate_hattori_52.jpg

以上、ホビージャパン クイーンズゲイト いちばんうしろの大魔王 服部絢子でしたー

やはり、ところどころ塗装が粗いのが残念なところか。小手や具足などの装備は結構綺麗で申し分ないだけに、なぜこうなってしまったのかという...

ただ、再現度は本当にいい。ま、顔は若干気になるところであるが、ここは原型師さんの味がでるところですしね。ってか、作り込みは相当にいい。量産の出来が今ひとつなだけな話で...orz
あと、やっぱり着脱ができないのが惜しいかな。と言っても、格好など見ていると、これを加工なしに着脱可能にすると、強度などの問題がかなり響いてくるのもありそうなので、無理もないかもしれない。


しかし、それでも、おっぱいやおしりの素晴らしい肉感は買った甲斐があったと思わせてくれます。ふんどしからなる、股の造型も撮り甲斐がありましたわー(*´Д`)




【関連記事】
剣豪・三厳を宿す剣姫 ~ エクセレントモデル 覚醒せし剣姫 柳生十兵衛 レビュー
華麗な技と美貌を持つ抜け忍 ~ 運命のくノ一 かすみ レビュー
”恩を返すもの” ~ モエコレPLUS いろは レビュー
”世界を翔るトレジャーハンター” ~ リボルテック 門を開く者 アリス レビュー
シャイファンの対魔師 ~ エクセレントモデルCORE 対魔師ターニャン レビュー
”常盤台の超電磁砲” ~ グッドスマイルカンパニー 御坂美琴 レビュー
クイーンズゲイト 聖弓の射手 真鏡名ミナ レビュ~。



    
 

web拍手     


コメント
コメント
こんばんは~
塗装がところどころ荒いのは残念ですが、それを補うかのような乳と、食い込みの…が素晴らしいです!
もうね、エロの要素しか思い浮かばない私の脳はどうかしてる
2011/04/13(水) 20:30:30 | URL | トナカイ #- [ 編集 ]
Re
こんばんわー(○´ω`○)ノ
塗装は今ひとつでしたが、再現度はいいんですよね。それだけに...
しかし、ほんとこの食い込みはやばいですね(*´ω`*) またアニメでは、この衣装がよくよくビリビリに破れるからまた・・・
> こんばんは~
> 塗装がところどころ荒いのは残念ですが、それを補うかのような乳と、食い込みの…が素晴らしいです!
> もうね、エロの要素しか思い浮かばない私の脳はどうかしてる
2011/04/15(金) 01:10:41 | URL | みるまうす #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/448-8c8de0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。