不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


kotobukiya_samutamaki2_00.jpg

コトブキヤ 愛佳でいくの!! サムライ 環 -アカゾナエversion-のレビューです。
こちらはWF2011 WINTERの販売商品で、通販ではコトブキヤダイレクトのみで購入できるフィギュア。(限定数あり)
昨年12月に発売されたサムライ 環のいわゆるカラバリものとなります。

この姿は、Leafファンディスクシリーズ第5弾「愛佳でいくの!!」内ゲーム、「Final Dragon Chronicle」にて登場するクラスの一つ。Lv30からなれる、いわゆる上級クラス。全体攻撃を持っていたりとても戦力になるんだけど、それを実感するまでが遠い晩成型だったかなー

アカゾナエと言うのはカタカナ表記にしているだけで、そのままの通り「赤備え」。戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のことだそうで、他にも黒や黄色で揃えた部隊もあったとのこと。じゃぁ、なぜ赤かというと、当時は高級品である辰砂という鉱物で出されていたので、戦場で非常に目立つから。そういうことから、赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊であることが多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれた、とのこと。

赤備えを最初に率いた武将は甲斐武田氏に仕えた飯富虎昌らしく、赤備えは専ら甲斐武田軍団の代名詞となっているそうです。そういや戦国BASARAや無双とかじゃ、武田は赤だったような・・・(`・ω・´)


と言うことで、「ビキニ」「甲冑」「ブーツ」が全て赤いカラーリングになっています。カラーバリエーションものと言っても、色を変えると同時に質感も変わっているらしい。
(元のやつを買ってないので比べられないので”らしい”と書いてます
また、演者があのタマ姉だけあって、見所満載ですよ!! タマ姉はもともといわゆる旧家(戦国以前から続く武家の家系)の家に生まれ、本人も骨董品収集や時代劇鑑賞を趣味にしていることから、このキャラクターはとてもあっているかと。



作品名愛佳でいくの!!
発売元コトブキヤ
販売元コトブキヤ
発売月2011/01
原型K@Z (株式会社Knead)
スケール1/8スケール
全高約215mm
仕様PVC・ABS 塗装済みフィギュア




kotobukiya_samutamaki2_01.jpg kotobukiya_samutamaki2_02.jpg

ケースも赤に染まっていますね~いや、赤と言うかピンクw
ロゴやタイトルまで染めてあるのが限定っぽい感じか。

この手のフィギュアには珍しく、前後左右どこからも中が見えるようになっています。
箱詰め状態でも見放題ということかッ!(w



kotobukiya_samutamaki2_03.jpg

全身。公式の説明通り、ほぼ衣装が赤に染まっています。
なんだかガンダム的に武者っぽいカラーリングですね~(ま、こんなエロい武者はいませんがw


kotobukiya_samutamaki2_04.jpg kotobukiya_samutamaki2_05.jpg

ニーソのようなブーツがテカっているのがいい感じ。


kotobukiya_samutamaki2_06.jpg kotobukiya_samutamaki2_07.jpg

揺れるような髪に、そこから垣間見えるビキニパンツがたまりません!!(*´∀`)


kotobukiya_samutamaki2_08.jpg kotobukiya_samutamaki2_09.jpg

肉感的に見たいところはよく見えており、ほんと素早く動くのに特化したようなお姿。しかし、侍と言う割にちっとも防御力があるように見えませんねww
胸元なんか切られれば一発じゃまいか(いろんな意味で

出来映えは上々でしょうか。さすがタマ姉だけだあるし、限定品ということもあって、いつも以上なのかな。



kotobukiya_samutamaki2_10.jpg

kotobukiya_samutamaki2_11.jpg

原型師さんはよく知らない方なのですが、よく再現できていると思います。
そのかわいらしさに白旗上げて投降しそうです(ぉぃ
うっすら開いた口はしっかり凹凸があり、塗装がまた一色じゃないのがいいですね。

髪に隠れていますが、額当てはハートを3つ重ねた装飾のついたもの。また、塗装が綺麗で、下や眉毛にはみ出ていないのがグッド!

通常のと違って、頬に///のような赤みがないですね~。仕様? それが残念。
やっぱり///が実際はあるみたいです。検品してもらって交換品が返ってきたので、実際のが気になる方はこちらを...
http://mirumausu.blog18.fc2.com/blog-entry-429.html

しかし、あぁ、かわいいよ、タマ姉。いや、かわいいのはわかってるんだ、でも、かわいい(*´∀`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ



kotobukiya_samutamaki2_12.jpg

kotobukiya_samutamaki2_13.jpg kotobukiya_samutamaki2_14.jpg

振り向くような動作のためか、髪が揺れた感じになっています。深い赤色の髪なんだけど、いいね~と思ってしまう。これがタマ姉の魅力なのか。後頭部の上の特徴てきな形もちゃんと再現されています、ってか当たり前か。

右サイドには、四つ葉を合わせたような髪飾り。正面からだと気づかなかったのですが、この見えないところにちょんとあるのがまたいいですね~



kotobukiya_samutamaki2_15.jpg

タマ姉のその抜群のボディーをちょいアップ。
あのかわいらしい顔の下にこんなたまらないものを持っているなんて、なんてずるい女なんだ(ぉぃ



kotobukiya_samutamaki2_16.jpg kotobukiya_samutamaki2_17.jpg

首には、大きな宝石?のついた首輪。宝石?は、白からピンクのグラデーションのようなものが描かれています。最初、クリアパーツかな?と思ったけど違いました。

胸元には額にあるのと同じ、ハートが3つついた装飾が。
帯をまいたような感じのあるビキニですね。しかし、こういうのはビキニに含まれるんでしょうか...

しかし、どちらにしろ防御力は余りなさそうだし、こんな程度のものじゃ、激しく動いた時にめちゃくちゃ揺れそうじゃまいか。実にけしからん!!(*´∀`*)ヾ(ーー )ォィォィ



kotobukiya_samutamaki2_18.jpg

そんな揺れるまくるであろうおっぱい❤
家でレビューしてきた今までのタマ姉よりはスケール的な問題で控えめに見えますが、全体的なバランスを考えるとその大きさがよく分かります。

帯は布っぽさ意識されて作られており、他のところと違って光沢のようなものはないです。
綺麗に塗装されて、その帯がややぐらぐらっぽく見えているのがその質感を見た目で味わえますね。


kotobukiya_samutamaki2_19.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!


kotobukiya_samutamaki2_20.jpg

( ゚∀゚)o彡°腋乳!腋乳!おっぱい!おっぱい!

やはり腋と見れると、そのたまらなさが向上します。戦っている時のタマ姉ですから、その腋や胸の谷間はしっかりと汗ばんでいるはず・・・と妄想が広がります(*´Д`)ジュルリ


kotobukiya_samutamaki2_21.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!


kotobukiya_samutamaki2_22.jpg

( ゚∀゚)o彡°腋乳!腋乳!おっぱい!おっぱい!

肩も凹凸などが細かく作られており、無駄な肉は締まっているという感じがあります。なのに、胸元の膨らみはこんなにあるなんて・・・(*´Д`)/ヽァ/ヽァ


kotobukiya_samutamaki2_23.jpg

( ゚∀゚)o彡°下乳!下乳!おっぱい!おっぱい!

このぶるんぶるんな谷間に、なんかいろいろ突っ込みたいですね。
(アレとかナニとか・・・(ぇ

そのあふれんばかりのおっぱいの下にも帯状のものを巻いており、後ろに通っているので、これで固定しているもよう。センターとサイドに模様がついています。



kotobukiya_samutamaki2_24.jpg

kotobukiya_samutamaki2_25.jpg

指から肩と肘間のところまでにかけて、アームカバーのようなもので覆っています。ここは通常のサムライ環と同じかなーと思ったのですが、通常のはもう少し紫に近い色をしており、こちらは真っ黒。
このカバーも汗ばむと、きっと甘美な匂いが・・・ジュルリ(*´Д`)ヾ(ーー )マテ

肩に袖のようなつけていない代わりに、肘当てを装備しています。この肘当ては漆塗りを意識しているそうで、やや光沢がある感じに見えます。綺麗に色分けされており、その出来映えのよさがわかります。



kotobukiya_samutamaki2_26.jpg

胸元の下にラインが見えていることからもわかるように、お腹もウエストもしっかり締まっている。
おへそも丸見え! 頬を当てて、すりすりしたいです(ぇ



kotobukiya_samutamaki2_27.jpg

kotobukiya_samutamaki2_28.jpg

お股はビキニパンツで包んでいます。ここも赤色に塗り直されています。
その周りは、いわゆる草摺と呼ばれるものでガードしています。しかし、前からパンツ(ビキニだけど)が丸見えという何かw

草摺には胸元を覆っている帯状のと同じものであろうベルトがついていて、それを巻いて固定しています。
この草摺も肘当てと同じく、漆塗りが意識されているとのこと。こっちも綺麗に色分けされています( ´∀`)b
なお、これは着脱できるようになっています。と言っても何時ものところから外すのではなく、胸元とお腹の間から分割できるようになっていて、その後、持ち上げて外す仕様。

素肌に黒が色移りしたりするので、そこが困りどころ。。。



kotobukiya_samutamaki2_29.jpg

kotobukiya_samutamaki2_30.jpg

鞘や刀もよくできています。金属っぽい塗りがされており、塗装剥げはなし。
なお、刀を鞘に収めるのはできないみたいです。

指がやや柔らかい素材なので、多少無茶して持たせることもできます。ただ、無茶しすぎると、保持がしにくくなるのでご注意を



kotobukiya_samutamaki2_31.jpg kotobukiya_samutamaki2_32.jpg

おみ足には、赤いオーバーニーブーツ。
エナメル質を意識しているため、テカテカな光沢感があって映えますね~。

結び目が前にあり、またその間にセンターラインのようなものがあることから、ブーツをはいてから結んでいくのでしょうか。だとしたら、かなり面倒くさいような...お手洗いとかの時はどうするんでしょうか...



kotobukiya_samutamaki2_33.jpg

ふとももはやや引き締まった感はあるものの、むっちりしています(*´∀`)
個人的にはもうちょっとむっちむちでも構いませんが(ぉぃ

エナメルブーツがふとももにやや食い込んで・・・と言うのが余り見られないのが惜しいところかな。



kotobukiya_samutamaki2_34.jpg kotobukiya_samutamaki2_35.jpg

つま先のところまで綺麗に塗装されています。
ブーツの裏は黒かなと思ったのですが、全て赤い塗装になっていますね。

やはり光沢感があるのがいいです。撮る時には光が反射して( ̄д ̄)エーな感じになっちゃいますけど、見る分としてはとてもいい! 足首の辺りにシワなどもちゃんと作り込まれています。



kotobukiya_samutamaki2_36.jpg

kotobukiya_samutamaki2_37.jpg

後ろは見ると、こんな感じ。
こちらも膝裏などのシワの質感が表現されています。
脛の膨らみもグッド( ´∀`)b



kotobukiya_samutamaki2_38.jpg

kotobukiya_samutamaki2_39.jpg

さっきも触れましたが、ビキニパンツももちろん赤塗り。
上の帯状のものと違い、パンツらしいパンツ。・・・パンツらしいパンツってなんだww

ブーツと同じくエナメル質のように見えます。でも、エナメルのパンツを直接、股に覆うなんてことあるのかしら。それとも中の方は違う素材・・・?(ぇ


しかし、赤いパンツに赤いブーツとはいいですね~。赤は情熱や熱さの表す色なので、これで誘ってこられたら制止も振り切って襲ってしまいそうです'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



kotobukiya_samutamaki2_40.jpg

kotobukiya_samutamaki2_41.jpg

おしりの方はさらにやばい! 
ビキニだけあって、はみ出した尻肉が半端ないです!!


上にしっかりおしりの谷間が見えているし、膝との間のラインもしっかり浮き出ています。もう何このエロさ(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア

このエロ尻が普段は、挑発・・・じゃねぇw長髪に中に隠れているんですぞ。憎い!実に憎い!!



kotobukiya_samutamaki2_42.jpg

足と台座は、ビス留めされています。
これのおかげである程度は、安定できるか...



kotobukiya_samutamaki2_43.jpg

kotobukiya_samutamaki2_44.jpg kotobukiya_samutamaki2_45.jpg

kotobukiya_samutamaki2_46.jpg kotobukiya_samutamaki2_47.jpg

続いて、草摺を着脱した状態。一応、刀と鞘もどけてみました。
見た目的なそんなに変わっていませんが、草摺を外すだけで一気に解放感が感じられるようになりましたね~。特に下半身がww

草摺を失い、足下やお腹を狙われやすくなった!刀もなければ鞘もない!タマ姉ピ~ンチ!!(ぉぃ



kotobukiya_samutamaki2_48.jpg

もう一度撮ってるけど、同じようなアングルで。。。
しかし、露わになったお腹は何度撮ってもいい。
今度こそ遮るものなく頬ずりしたい(*´Д`)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ



kotobukiya_samutamaki2_49.jpg

kotobukiya_samutamaki2_50.jpg

もう生地が小っちゃすぎるぜ!
なんだよ、このビキニ
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ


また、紐が素肌に食い込んでいてもうね、もうね!!
しかも、それでいて、赤いビキニっていうのがなんだかすごいですわ。

しかし、股間には金属製の板のようなものががが・・・なぜ、ここだけガードが固いのかwww



kotobukiya_samutamaki2_51.jpg

横紐からおしりをチラッとさせるような...
素晴らしい横尻肉です(* ´∀`)b


kotobukiya_samutamaki2_52.jpg

さらに上から見下ろす感じで、おしりの谷間をパシャっと!!
背中からおしりにかけての弧を描くラインが素晴らしかぁー!!

ウエストはこんなに締まっているので、尻がムッチムチ(*´∀`)



kotobukiya_samutamaki2_53.jpg

( ゚∀゚)o彡°おしり!おしり!

もうやばいです! この半ケツとも言うべきか・・・ビキニ生地小さすぎです!!
こっちはガード小さすぎです。むしろ、ガードなんか必要ないって言いたいのか!
誘っているのかキサ.'∴・(´Д○≡(#  )=(゚Д゚ #)○


kotobukiya_samutamaki2_54.jpg

このエロ尻を思うがままに揉みまくりたい人は俺だけじゃないはずだ(*`・ω・´*)キリッ
でも、ちょっとでもタッチしたらすかさずアイアンクローが待っているゴゴゴゴゴ(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
でも、触りたい!クンカクンカしたい!!すりすりしたい!!!


kotobukiya_samutamaki2_55.jpg

( ゚∀゚)o彡°はみケツ!はみケツ!

おしりは割と食い込んだ感じになっています。後ろにこんな食い込み作りながらモンスターと闘っているとか、なんてけしからん!ヽ(*`Д´*)ノプンプン

しかし、何度も言うが、赤は良い。赤は心を熱くさせてくれます。
なんかこう私の中にあるアドレナリンがね、もうね(モチツケ


kotobukiya_samutamaki2_56.jpg

こうしてアングルで見ると、さっきはそれなりに細く見えたふとももがムッチムチに見えるのがすごいです。



kotobukiya_samutamaki2_57.jpg

ちょっと寝かせてみて、あんまり撮ってないけど、お背中も。
前は帯状タイプのビキニになっていましたけど、後ろは結構覆っている感じです。やはり、胸元を衣類で包みすぎると苦しいのか(マテ

家の撮影ブースって床に座って撮れるぐらいの低い机の上に置いてやってるから、角度を要求するアングルって実は撮るの大変なんだよね。今回も背中とかは寝かせな無理だった。ここいらはなんか考えないといけないな...



kotobukiya_samutamaki2_58.jpg

kotobukiya_samutamaki2_59.jpg

寝かせて、再びおしりをパシャリ。
この食い込みなのか素材のラインなのか定かでないセンターラインがもういただきます → ごちそうさまとしか言いようがない。




kotobukiya_samutamaki2_60.jpg

kotobukiya_samutamaki2_61.jpg

草摺なしで2枚だけ。
この胴体を正面にして撮るカットもなかなか好みな感じ。


kotobukiya_samutamaki2_62.jpg

kotobukiya_samutamaki2_63.jpg


kotobukiya_samutamaki2_64.jpg



風になびく感じで、ちょっとかっこよさも。


kotobukiya_samutamaki2_65.jpg

同じコトブキヤの川澄舞についているウサ耳をつけてみた・・・けど、サイズ合わなかったな~
ヘアーの問題で上が浮いてしまっていますね。


kotobukiya_samutamaki2_66.jpg

サムライになってもセクシー担当であることは変わらないタマ姉です!!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ


kotobukiya_samutamaki2_67.jpg

以上、コトブキヤ サムライ 環 -アカゾナエversion-でした~

出来は申し分ない感じ。意外とよくできていました。やはり、限定だからなのか、タマ姉だからなのか、少しレベルが違うなーと思ったところ。ブーツなどの光沢も飾って見るにはいいものだし、細かい部分もできているかと。

実は、もとは同じ限定のセージ愛佳に便乗して購入したのですが、買って正解だったかもと撮りながら思った次第です。まさか赤がここまで情欲をそそらせてくれるとは・・・特におしりがやっぱりね
こんなに赤がいいなら、去年のNight before Xmasも買えばよかったぜ( ゚∀゚ )クッ!!

そして、タマ姉であることがよくわかる。つまり、ちゃんと再現されている。且つ、この優しい笑顔。
こんなお姉様サムライが家臣だったら、常に自分の側に置きますねッ!!(コラコラ





【関連記事】
はちきれんばかりの・・・→はちきれた!(゚д゚ ) ~ 向坂環-パニック!-
ゾクゾクするほど挑発的 ~ 4-Leaves 向坂環 -挑発-
今にもこぼれんばかりの! ~ 4-Leaves 向坂環 -誘惑-

剣豪・三厳を宿す剣姫 ~ エクセレントモデル 覚醒せし剣姫 柳生十兵衛
華麗な技と美貌を持つ抜け忍 ~ 運命のくノ一 かすみ
”自称18歳”の魔術師 ~ コトブキヤ 神裂火織


    

    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/395-8d5e8534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。