上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


shf_cureblack_00.jpg

S.H.フィギュアーツ キュアブラックのレビューです。
ふたりはプリキュアに登場する美墨なぎさが変身するプリキュア。パンチやキックなどの打撃系が中心のパワー型で、連続打撃系の技を使い、相手に打ち込んでいくパワフルな戦闘を得意とする。

プリキュア5がSHF化した時から何気に商品化を期待していたこちら。始めてお披露目されたのは今年の2月に開催された魂フィーチャーズだったので、あれから9ヶ月ですか・・・どちらかというと早かったようなそうでもないような...
 

 
 
作品名ふたりはプリキュア
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売日2010/11/27
全高約140mm
仕様ABS/PVC/POM製塗装済・可動フィギュア




shf_cureblack_01.jpg shf_cureblack_02.jpg

SHFシリーズ恒例の、イメージカラーを意識した箱。
プリキュアらしくか、ハートマークとキラキラ星と、仮面ライダーの方よりもちょっぴり豪華であるw

裏も、仮面ライダーみたいに灰色の台紙がそのまんま見えているようなものじゃなく、ちゃんとレタッチされている感じ。


shf_cureblack_03.jpg

全身。なんとか自立していますが、明らかに足の長さがあってねー/(^o^)\
多分、個人差なんでしょうけど、右足が明らかに長いです...Oh No...

塗装に関しても右足・・・だけですねw なぜ、ここに集中しているのかは謎ですが。
右足膝関節のすぐ下がちょっと残念だった。

それ以外は概ね良好。


shf_cureblack_04.jpg shf_cureblack_05.jpg

プリキュア無印の証のキュアブラックと言えば、へそだしであること!
Max Heartになって見えなくなったので、悲鳴(or奇声)を上げた人も少なくはなかったとかなんとか...(ぉぃw

うーん、やっぱり右足が...orz



shf_cureblack_06.jpg

お顔もいい感じ。ちょっと垂れ目名感じもありますが、かわいくできていると思います。
ただ、ちょっとプリントがわるいかなーって感じがあるのが残念...


shf_cureblack_07.jpg

銀色のイヤリングもちゃんとついていますし、かっこいいウルフカットもばっちい再現されています( ´∀`)b



shf_cureblack_08.jpg

胸元のリボンやスカートについたハートマークも申し分ない感じ。
おへそもちゃんとあるのよ...っても、ほとんど見えてないけどorz

そして、忘れちゃならないスパッツ!!
股の部分の造りは毎度通りな感じですが、ポージングによってはエロく見えることも(*´ω`*)



shf_cureblack_09.jpg

肩アーマー(みたいなの)は、後ろ側で繋がっています。
通常のポーズではそこまで困らないのですが、腕を上げるともろ干渉するのが痛いところ。
ちなみに、この肩パーツはもとから外れやすいためか、説明書にわざわざ外れた時にはこうつけましょう的な説明書きがありましたw

手首の部分は、指の部分とそれカバーする裾の部分でわかれているため、外す度に他のやつとあわせて差し込まなきゃいけないのがちと面倒。


shf_cureblack_10.jpg

おみ足は、ルーズソックスみたいな具足のハートの部分の上の辺りがちょっと粗め。やはりバンダイはこういうところはまだ苦手なのかしら。まぁでも、それはいいんだ。

やっぱり一番は右足の長さが...撮ってる本人もポージングする度に違和感がすごいんですけど^^;



shf_cureblack_11.jpg

腰にはカードコミューンが入った袋。
何気に、クオリティあるんですが・・・あるぇ(;´∀`)



shf_cureblack_12.jpg

後ろの方。スカートのつなぎ目がちょっと目立ちますねー



shf_cureblack_13.jpg

付属品。
お顔が別に2種類あると、ここは発表当時のまま。
あと、手パーツがちょっと物足りない感じはありますね。

台座は、Yesプリキュア5にもあったようなハート型のもの。今回は無色のクリアーに白い塗装となっています。
支柱などは魂ステACT3に近い物で若干長さが違うみたい。ACT4に慣れてしまった今では、お世辞にも・・・いや、はっきり言って使いにくいです。なんでACT4とかが出た今でもこの仕様で出しているのかが謎^^;

ひとつだけキュアホワイトの手と思われるパーツがありますが、これはブラックとホワイトが手を握り合っているパーツ・・・そう、あれに使うためのパーツです。これはまたキュアホワイトのレビューで使うつもり^^



shf_cureblack_14.jpg

迫力のある、こちらの表情。ポーズを決める時やプリキュア・マーブル・スクリューと言えば、このお顔。
こっちは綺麗にプリントされています~


shf_cureblack_15.jpg

そして、指差し手パーツ。



shf_cureblack_16.jpg

もう一つの顔が、このにかっとしたもの。
明るく活発な彼女によく似合います。


ところで、今回は首に差し込むところが後頭部側につく仕様になっていたのでいちいち首を外してつけ替えるという手間がなくなりました。・・・なんですが、その首に差し込むところが細いのよね~w

かつ、顔自体の付け替えが相変わらず辛い...(´・ω・`)
プリキュア5の時よりはマシになっているかもしてないけど、それでも付け替えづらい。ほんと、なんでこれで審査通るんだ...(;´∀`)?


外そうとすると(私の)手が(プリキュアの)首に干渉して、首が折れそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
そして、結局、首を外してから付け替えるはめになりました...(w



shf_cureblack_17.jpg

ま、それはさておき、ポージングなど。
さっきも書きましたが、付属の支柱は使いにくいので、魂ステージACT4の支柱を使っています。もうこれに慣れたらACT3のような仕様のは無理w



shf_cureblack_18.jpg

指パーツは数えるほどしかないですが、それでも組み合わせるといろいろ遊べますね~^^



shf_cureblack_19.jpg


shf_cureblack_20.jpg

やはりファイティングポーズが似合ってしまう、これ( ´∀`)b



shf_cureblack_21.jpg


shf_cureblack_22.jpg



shf_cureblack_23.jpg

蹴りを決めようとするところ...?


shf_cureblack_24.jpg

もうちょっと腕を下げるべきだったなーと後で思いました(;´∀`)


shf_cureblack_25.jpg


やはり、この顔が一番使いやすいですね。
あと、チラッチラッと見えるスパッツいいね~(ぉぃ


shf_cureblack_26.jpg


shf_cureblack_27.jpg

スカートがミニなおかげで、キックポーズが割としっくりくる感じです。


shf_cureblack_28.jpg


shf_cureblack_29.jpg


shf_cureblack_30.jpg


shf_cureblack_31.jpg

膝をぴったりくっつけられないのがちょっと残念かなとも思ったり...
こういう風に照れた感じにも使えるのはいいね~


shf_cureblack_32.jpg


shf_cureblack_33.jpg


shf_cureblack_34.jpg


shf_cureblack_35.jpg

跳び蹴りなんかもやってみました(○´ω`○)

でも、胸部、腹部、股の部分はそれぞれ別パーツなのですが、身体を前に曲げるには余り向いていないみたいです。


shf_cureblack_36.jpg



shf_cureblack_37.jpg



shf_cureblack_38.jpg

S.H.フィギュアーツとなると、ついついやりたくなる、このキックポーズw
基本ですかね。


shf_cureblack_39.jpg

そして、着地!


shf_cureblack_40.jpg

以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ キュアブラックでしたー

塗装面においては仕方ない分はありますが、まぁ仮面ライダーだってあそこまでやったんだし、なんとかブラッシュアップしていって欲しいところです。ボディーももう少しメリハリあったような気がしないでもないですが、美少女可動フィギュアとしては十分なところかしら。

指が明らか少ないんですが、顔の3種が全く異なる表情だったので遊び甲斐はなかなかあると思います。
前述した肩パーツは、3・4回ぐらい外れたでしょうか?付け直すのには苦労しないですけどね(w

でも、顔は付け替えしづらいことこの上なかった(;´∀`)



  
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/351-fcd9ff12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。