不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
qg_kasumi_00.jpg

ゲームブック「クイーンズゲイトシリーズより「運命のくノ一 かすみ」のレビューです。
こちらは、月刊ホビージャパン2010年7月号、8月号の誌上通販、及び、テクモオンラインショップ限定商品として販売されたもの。何時もは誌上通販だけなのですが、今回は協力がテクモだったのでオンライン予約もあった稀な例ですね^^

クイーンズゲイトでは第6シリーズのキャラクターで、元はテクモから発売されているデッドオアアライブのキャラクター
原作同様で抜け忍になった後の設定になっており、クイーンズゲイト公式の設定によると、南の島でビーチバレーを楽しむ姿が度々確認されているとかなんとかw 好きな物は、ミルフィーユ。

テクモオンラインショップでの説明によると、「刀を構えステップした動きのあるポーズをし、清楚な雰囲気漂う表情や背中の「霞」のマーク、そして見事な形のバストなど、さんば挿氏の描くかすみの魅力を引き出したこの一品。」とのこと。

前の運命の子 ディズィーや聖弓の射手 真鏡名ミナに続いて、今回も原型元はコトブキヤ。
HJではそんなにないですが、ほんとタイアップと言えばコトブキヤってぐらい多いよね、ここ。
 

 
 
作品名クイーンズゲイト
DEAD OR ALIVE
発売元ホビージャパン
協力コーエーテクモゲームス
発売時期2010/11
製造元コトブキヤ
原型清原秀昌
スケール1/8スケール
全高約180mm
仕様PVC/ABS 塗装済みフィギュア




qg_kasumi_01.jpg qg_kasumi_02.jpg

ケースは何時も通りのグレースケールなカラーリング。
模様は”和”を意識したような感じで、後ろには飛び立つ鳥たちが写っています。


qg_kasumi_03.jpg

何時も通りに商品名や協力会社の表記など・・・と思ったのですが、テクモのロゴがありませんね^^;
元のゲームのタイトルロゴなども表記されているのですが、今回は必要なかったのか、ホビージャパンがミスったのか・・・(´・ω・ `)?



qg_kasumi_04.jpg

このシリーズならではの着脱が可能!!
っても、ここまでしっかり着脱出来るのはコトブキヤでは珍しい。

ディズィーは加工しなければ不可能だったし、ミナは元がああなのでそこまで着脱というギミックもなかっただけに、ここまで作り込んでくれたのはありがたい。



qg_kasumi_05.jpg

qg_kasumi_06.jpg

全身をぐるり・・・の前に、こちらの一枚。
傾き対策として、右足にサポートパーツを置くことができます。

こんなこと言ってはコトブキヤさんに申し訳ないが・・・しょぼい対策(´・ω・`)
ま、コスト面や安定面も考えても、悪くない対策ではあります。使うのも個人で選べますしね。。。

ちなみに、置くかどうかは個人の自由です。撮影時には使わなかったので、撮っているのはこちらの枚だけ。



qg_kasumi_07.jpg

女性らしい立ちで、身体をひねっている、躍動感を感じさせるポージング。
それでも落ち着いた雰囲気があり、忍びらしい”静”をイメージさせます。

動きやすくしている装束は青と白を基本カラーとしたもの。

qg_kasumi_08.jpg

qg_kasumi_09.jpg

後ろ腰に巻かれた鞘は服と一体型になっているので、ポロポロとれたりすることはないです。

qg_kasumi_10.jpg

qg_kasumi_11.jpg

qg_kasumi_12.jpg

ブキヤだけあって、安定した出来映えです。
造型は申し分なく、塗装も綺麗です。

しかし、フィギュアになったのを改めて見ると、露出の多い衣装ですね。
横は腰の方からほとんど肌が出ていて、下着がチラッとしているのがいいですね!

そして、かすみと言えばやはり胸元の膨らみでしょう(*´Д`)谷間がものすごいです!!



qg_kasumi_13.jpg

目は、濃いめの赤。目は丸みありぱっと開いていますが、眉は寄せている感じ。
相手を見据えた、真剣な眼差し。女性ながらも秘めた強い闘志を感じさせます。

どちらかというと小顔かしら。


qg_kasumi_14.jpg

髪は結構細めですね。
ブキヤならではのグラデーションな塗りも綺麗です。


qg_kasumi_15.jpg

睫毛もちゃんとプリントされていますね。
明らかに左を向いているので方向を選びます。

あと、首は型にはまるようになっており、回せません。



qg_kasumi_16.jpg

qg_kasumi_17.jpg

髪を後ろでまとめているような作りがしっかりされています。
そして、それを結ぶ大きなリボンも結び目まで作られている。


qg_kasumi_18.jpg

おさげも丁寧に作り込んであり、リボンから先も綺麗に作っています。
結び目のところの髪が締められるように作られているのもいいですね。

こちらは軟質で作られています。



qg_kasumi_19.jpg

くの一らしい忍装束。
シワや質感もしっかり作られています。


qg_kasumi_20.jpg

後ろの方はこんな感じ。
前後の垂れているところの隙間から、下着やふとももがチラッチラッと見えるのがたまらんとです(*´ω`*)



qg_kasumi_21.jpg

そして、かすみと言えば、やはりのこのきょぬー(*´Д`)

素晴らしい谷間が下まで見えているとかすごすぎます!!


qg_kasumi_22.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

この圧倒的ボリューム感!!


qg_kasumi_23.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

横から見ても、この見応え!
下着がチラっと見えていてたまらなす。


qg_kasumi_24.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

衣装にも包みきられていない、はじけそうなおっぱいですね(*´Д`)



qg_kasumi_25.jpg

若干、塗装のはみ出しがあるのものの、申し分ない出来の小手。
着脱時がちょっと外せないのが残念だったかな。


qg_kasumi_26.jpg

右肩の辺りから下乳の辺りに細かいシワ使いされています。
袖を肩の押し上げているのと、腰の方にある帯の締め付けの影響がちゃんと再現されています。

qg_kasumi_27.jpg

右手の方の小手はこんな感じです。



qg_kasumi_28.jpg

愛用の忍者刀。兄である疾風から受け継いだ刀のようです。
刃の作りもしっかりしており、鍔や柄もいい感じ。

紐の部分は軟質。


qg_kasumi_29.jpg

忍者刀は、後ろ腰にある鞘に収まります。

qg_kasumi_30.jpg

柄に凹凸がありますが。ここを右腕の手のひらにある穴に差し込むことでしっかり持たせられます。




qg_kasumi_31.jpg

裾の垂れた部分は、挟まれて曲がっているところがしっかり再現。
両側に飛び出ているふとももがたまらんね( ´∀`)b


qg_kasumi_32.jpg

qg_kasumi_33.jpg

前垂れと後垂れを縛っている左右の紐も後ろにふわっと上がるように作られています。
結び目と垂れたリボンの部分もグッド。


qg_kasumi_34.jpg

先の方がふわっとあがって、間のところがそれに引っ張られるようになっていると、後ろもこった作りになっていますね。



qg_kasumi_35.jpg

左足は台座と繋がっています。
上の方のふともとにやはり目がいきますね(*´Д`)


qg_kasumi_36.jpg

そして、こっちはさらに曲げており、詰まった肉感がたまらないふとももです(*´Д`)/ヽァ/ヽァ



qg_kasumi_37.jpg

脛当ては、足首のところで曲がっている部分までしっかりした出来映え。
これも着脱出来ないようになっています。


qg_kasumi_38.jpg

qg_kasumi_39.jpg

足もつま先まで申し分ない感じ。



qg_kasumi_40.jpg

背中には、頭領の証と霞の字。
綺麗にプリントされています。



qg_kasumi_41.jpg

前垂れと後垂れだけで隠すため、隙間やチラリズムがとにかく多いですね~

qg_kasumi_42.jpg

qg_kasumi_43.jpg

かすみが戦うと、あんなところやこんなところがチラチラ見えてしまう(*゜O゜*)
・・・かと思いますが、忍びなので早すぎて全く見えなくて、もどかしい気分にされてしまうのですね/(^o^)\

それだけにフィギュアという存在は素晴らしいですね!!





続いて、着脱分にいきまーす(○´ω`○)ノ

(*´Д`)/ヽァ/ヽァする準備はできましたか?(ぉぃ



qg_kasumi_44.jpg

着脱するとこんな感じ。
彼女のゲームブックにも写っている、バレーボールで攻撃する時に着用している”水着”だそうです。

そう、”水着”です、ここ重要! めっさ下着に見えますが、”水着”だそうですw


qg_kasumi_45.jpg

後ろから見ても下着にしか見えん。。。


qg_kasumi_46.jpg


qg_kasumi_47.jpg


qg_kasumi_48.jpg

うーん、やっぱり小手と脛当てが外せないのが残念ですねー(;´∀`)

あと、以前レビューしたターニャン同じで、色移りがやはり怖いですね。
特に水着に色移りがしやすいのに、それが一番対処しにくいという...



qg_kasumi_49.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

ブラは、花柄模様です。さすがと言いますか、しっかり作り込んでありますね~


qg_kasumi_50.jpg

( ゚∀゚)o彡°腋乳!腋乳!

水着の紐としては違和感ありますが・・・水着だそうです( ー`дー´)ヾ(゚Д゚ )シツコイ


qg_kasumi_51.jpg

( ゚∀゚)o彡°腋おっぱい!腋おっぱい!


qg_kasumi_52.jpg

この物量・・・半端ねぇです'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

圧倒的すぎる...

リボンは、着脱してから取り付けるようになっています。
差し込むところの形が違いますが、ここにつけるのは両方とも同じ形になっているもよう。


qg_kasumi_53.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

下乳もなかなか(*´Д`)

ですが、右乳のところはちょっと接続部分が・・・^^;



qg_kasumi_54.jpg

腕は女性らしく細腕な感じ。
この細腕で数々の敵を切ったり捌いたり投げたりしてるんですね・・・おそろしや((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




qg_kasumi_55.jpg

ウエストは細く、女性らしいくびれがたまらなす(*´ω`*)
腰とふとももの間にあるパンツの紐が食い込んでいるのがまた...

ここのリボンも後付け。


qg_kasumi_56.jpg

腹筋がわかるようにでており、さすが鍛えているのがわかります。
このラインがたまらないねー(*´∀`)



qg_kasumi_57.jpg

パンツも模様とリボンのついた、かわいいもの。


qg_kasumi_58.jpg


qg_kasumi_59.jpg

(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア

ふともももむっちりしていて、白がまぶしいですわ。




qg_kasumi_60.jpg

再び、おみ足。


qg_kasumi_61.jpg

ふとももムッチリ感がほんとたまらん!!


qg_kasumi_62.jpg

右足の方から見ると、この素晴らしさ。

このふともともに挟まれてクンカクンカしたい!!(*´Д`)/ヽァ/ヽァヾ(゚Д゚ )ォィォィ



qg_kasumi_63.jpg

お背中はこんな感じ。]
こちらも食いこんだような感じの作り込みがあります。

背中のラインもしっかり造型されています。



qg_kasumi_64.jpg

おしりも半端ない造型!!

割れ目もはっきりわかるように作られており、そこへのシワ使いも半端ないですね(*´∀`)

あと、こちらについているリボンも後付け。


qg_kasumi_65.jpg

パンツの上の方を見ると、少し食い込んだ感がありますね。


qg_kasumi_66.jpg


qg_kasumi_67.jpg

下着に定評のあるブキヤだけあって、力の入ったパンツ&おしりでした(*´ω`*)



qg_kasumi_68.jpg

qg_kasumi_69.jpg

ちゃっかり腰の後ろ側もパシャっていたり。。。



qg_kasumi_70.jpg

そして、背中側からの横乳!




qg_kasumi_71.jpg

qg_kasumi_72.jpg

後ろから見たふともももまた格別です!



qg_kasumi_73.jpg

ぱっと見、スージーさんはないみたいです。

qg_kasumi_74.jpg

でも、おしりの食い込みだけでもうお腹いっぱい(*´Д`)



qg_kasumi_75.jpg


qg_kasumi_76.jpg


qg_kasumi_77.jpg

着脱したままのカットを数枚...



また衣装を着せて...

qg_kasumi_78.jpg

qg_kasumi_79.jpg

やはりおっぱいに目が・・・(*´∀`)

qg_kasumi_80.jpg


qg_kasumi_81.jpg

qg_kasumi_82.jpg

アングルアングル~


qg_kasumi_83.jpg

qg_kasumi_84.jpg

ちょいとだけ暗くしたり...

qg_kasumi_85.jpg

qg_kasumi_86.jpg

以上、ホビージャパン クイーンズゲイト 運命のくノ一 かすみでしたー

色移りしやすい点は痛いですが、出来自体はまとまっていると思います。

接続しているところは目立っちゃいますが、着脱できるフィギュアにとってそこは避けられない点なので、この際突っ込まず。値段が高めなだけに、ここまで着脱できるのはよかったです。(しかも、加工しないで)
あと、飾る時は傾き対策用パーツを使った方がいいでしょうね。普通に飾ると、左足に負担がかかります^^;

おっぱいは当然よかったし、おしりもなかなかのものでした(*´Д`)




【関連記事】
”恩を返すもの” ~ モエコレPLUS いろは レビュー
”世界を翔るトレジャーハンター” ~ リボルテック 門を開く者 アリス レビュー
シャイファンの対魔師 ~ エクセレントモデルCORE 対魔師ターニャン レビュー
クイーンズゲイト 聖弓の射手 真鏡名ミナ レビュ~。
魚を捕る時に使ってたんです。 運命の子 ディズィー フィギュアレビュー?



  
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/334-e19b3df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック