不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
140816_railmodel_fes2014_001

鉄道模型フェスティバル2014の撮影分です。
関東ではコミケの真っ最中、8月16日に行ってきた鉄道模型イベントですよーヽ(‘ ∇‘ )ノ しかも、その近くではトーマスの展示会「夏休み!家族できかんしゃトーマスにあおう。」もやっておりました。鉄道目白押しですな。

っても、もともとは別のイベント目当てだったんですよね。それで阪神百貨店に行かなければいけないのに、間違えて阪急百貨店に行ってしまうという失態をおかしまして...せっかくきちゃったしということもあったのですが、もう一つの理由としてこのフェスのPVが1階で放送されていたのですが、そのムービーの中で着になるものがあったのでそれを確かめようと...。

夏休みで土日なのにくわえ、人の多い梅田近郊ということもあって、来場客も多かったでしょうか。それでも人混みになるほどではなかったので、撮影自体はそんなに苦労はなかったでしょうか。(人が写り込むのは結構あったので、そのまま載せるのは避けてそこら辺はぼかしてあります) やはりというかお子さん連れの家族客が多かったです。むしろ、そうでなくてはいけません。
このイベントでは小型1/150(標準)スケールの鉄道模型 「Nゲージ」 をはじめとしたいろんな種類の鉄道模型、 阪急電車の模型作りをメインに活動されている団体 「マルーンズ」 による建物模型の展示が行われています。阪急梅田周りの街並みや、神戸線、宝塚線、京都線の駅ホームをなども精巧に造られています。くわえて、このイベントに見所はタブレット型機器と鉄道模型が連動しており、来場客自身で操作が行えるというところ。そのためお子さんが進んで並んでいらっしゃいました。(さすがに自分たちも並ぶのはあれなので、遠巻きで見てましたw)



展示場所阪急うめだホール
(阪急百貨店うめだ本店9階)
開催期間2014/08/06(水) ~ 2014/08/18(月)
開場時間AM 10:00 ~ PM 7:00
入場料一般:600円 / 学生:400円 / 未就学児童無料
撮影使用機材PENTAX K-50 + AF360FGZII




140816_railmodel_fes2014_002


140816_railmodel_fes2014_003


140816_railmodel_fes2014_004


入り口近くには、京阪神急行電鉄初の新規設計された1000系や、京都線で運用された1300系などの模型の展示がありました。
上から、1300系、1000系、新1300系、新1000系のようです。


140816_railmodel_fes2014_005


140816_railmodel_fes2014_006


140816_railmodel_fes2014_007


140816_railmodel_fes2014_009





140816_railmodel_fes2014_010


140816_railmodel_fes2014_011


140816_railmodel_fes2014_012

宝塚線も走っている阪急電車、宝塚歌劇とのコラボも行っていたようですね(´▽` )


140816_railmodel_fes2014_013


140816_railmodel_fes2014_014

スルッとKANSAIのカードのようです。こんなに種類があるとは・・・!


140816_railmodel_fes2014_015





140816_railmodel_fes2014_016


140816_railmodel_fes2014_017


140816_railmodel_fes2014_018


140816_railmodel_fes2014_019


140816_railmodel_fes2014_020


140816_railmodel_fes2014_021


140816_railmodel_fes2014_022


140816_railmodel_fes2014_023


140816_railmodel_fes2014_024


140816_railmodel_fes2014_025

確かに阪急は静かというかゆったりしている感じでしょうか。





140816_railmodel_fes2014_026


140816_railmodel_fes2014_027


140816_railmodel_fes2014_028

こちらは、かっぱ横町辺りを再現した阪急電車周り。右の大きなビルはMBSのようですね。


140816_railmodel_fes2014_029


140816_railmodel_fes2014_030


140816_railmodel_fes2014_031


140816_railmodel_fes2014_032

製作の時の資料などもあり、見所いっぱいでございます(´▽` )





140816_railmodel_fes2014_033


140816_railmodel_fes2014_034


140816_railmodel_fes2014_035


140816_railmodel_fes2014_036





140816_railmodel_fes2014_037


140816_railmodel_fes2014_038



140816_railmodel_fes2014_039

右手奥にあるオレンジ色の服の子が座っている辺りに制御できる装置がありました。NゲージでおなじみTOMIXのマシンのようですな。



140816_railmodel_fes2014_041



140816_railmodel_fes2014_042

模型が走っている傍ら、スタッフさんが模型の手入れをされているのかな。こういう細かいことをやってくれているのは来場側としてもいいものですな。



140816_railmodel_fes2014_043



140816_railmodel_fes2014_044

昔の写真なんかも展示されていました!


140816_railmodel_fes2014_045


140816_railmodel_fes2014_046





140816_railmodel_fes2014_047


140816_railmodel_fes2014_048


140816_railmodel_fes2014_049


140816_railmodel_fes2014_050


140816_railmodel_fes2014_051

こんなグッズもあるんですね。ワッペン・・・かな?


140816_railmodel_fes2014_052





140816_railmodel_fes2014_053



140816_railmodel_fes2014_054


140816_railmodel_fes2014_055

須磨浦公園と言うことは、こちらは淡路島ですな。


140816_railmodel_fes2014_056





140816_railmodel_fes2014_058


140816_railmodel_fes2014_059


140816_railmodel_fes2014_060


140816_railmodel_fes2014_061

ここは大きい模型が走っていました。電車自体も時代を感じさせるデザインで、他のところとは違う感じがありましたねぇ。
こちらは日本ではあまり馴染みのない海外の大型鉄道模型が展示されていました。Gゲージ・1番ゲージというそうです。さきほどあったHOゲージもこちらのと同じところで作られているようですね。


140816_railmodel_fes2014_062




140816_railmodel_fes2014_063


140816_railmodel_fes2014_065


140816_railmodel_fes2014_066





140816_railmodel_fes2014_067


140816_railmodel_fes2014_068


140816_railmodel_fes2014_069



140816_railmodel_fes2014_070


140816_railmodel_fes2014_071


140816_railmodel_fes2014_072


140816_railmodel_fes2014_073


140816_railmodel_fes2014_074


140816_railmodel_fes2014_075


140816_railmodel_fes2014_076


140816_railmodel_fes2014_077


140816_railmodel_fes2014_078


140816_railmodel_fes2014_079


140816_railmodel_fes2014_080


140816_railmodel_fes2014_081


140816_railmodel_fes2014_082





140816_railmodel_fes2014_083

一番奥にあったところ。ここが一番並んでましたね(´▽` )


140816_railmodel_fes2014_084



140816_railmodel_fes2014_085

140816_railmodel_fes2014_086

大きさも一番だったかなと^^
山などもかなり精巧に造られていてすごかったです!



140816_railmodel_fes2014_087

右手の方にとても見覚えのある建物がw



140816_railmodel_fes2014_088

その裏の方に世界のラジオ会館秋葉原があるというすごい設計www



140816_railmodel_fes2014_089



140816_railmodel_fes2014_090



140816_railmodel_fes2014_092



140816_railmodel_fes2014_093



140816_railmodel_fes2014_094


まかさのボークス大阪SRww

最初に触れていたPVに映ってたってのは実はこれ。ちらっと写り込んで、あ、ボークスだ!っとね。



140816_railmodel_fes2014_095

さらには、さりげなくDDとキャラグミンの広告までww これもどこかの建物だったような...


140816_railmodel_fes2014_096


140816_railmodel_fes2014_097




140816_railmodel_fes2014_098


140816_railmodel_fes2014_099


140816_railmodel_fes2014_100

こんなところにゴレンジャーのような戦隊がww
ちっちゃくて判別しづらかったですが、おそらくゴレンジャーだと思います。

ちなみに、このゴレンジャーが乗っている建物の模型、行ったことがなかったので会場では気付かなかったのですが京都にあるボークス本社のビルです。帰ってから写真見てて、ふと横にロゴが付いているのに気付きましたw(小さいですが、こちらの写真を見るとロゴがあるのがわかいります
ゴレンジャーなのはあれかな、ジョイフェスだったかでゴレンジャーのフィギュアを作ってたからかなぁ。



140816_railmodel_fes2014_101

140816_railmodel_fes2014_102

出口の方にも展示があり、こちらも左にある機械で操作できるよう。





140816_railmodel_fes2014_103


140816_railmodel_fes2014_104

他には絵画などの展示もありました。
昔こんなものがあったんですね。昭和47年だとまだ生まれてもいないので、そりゃ見たこと亡いはずだわw



140816_railmodel_fes2014_105


140816_railmodel_fes2014_106



140816_railmodel_fes2014_107


140816_railmodel_fes2014_108







140816_railmodel_fes2014_040



140816_railmodel_fes2014_091



140816_railmodel_fes2014_064



140816_railmodel_fes2014_008

以上、鉄道模型フェスティバル2014でしたー

大人になってもこういう模型が走っているのを見ると、なんだかテンションが上がりますね(´▽` )
何よりこのイベントでは運転を楽しめるというところが大きく、家族さんには是非ともおすすめしたいイベントでございます。また、来年の夏?かなんかにあると思いますので、これを見て着になった人は次の機会に是非!!




【関連記事】
【展示撮影分】なら燈花会 x 境界の彼方
神戸北野異人館巡り ~ ラインの館、英国館、洋館長屋、神戸トリックアート 不思議な領事館
神戸北野異人館巡り ~ 山手八番館、北野外国人倶楽部、旧中国領事館
神戸北野異人館巡り ~ うろこの家・うろこ美術館
神戸北野異人館巡り ~ オランダ館、デンマーク館、ウィーン・オーストリアの家
神戸北野異人館巡り ~ 風見鶏の館、萌黄の館
【展示撮影分】サンダーバード博in阪神
【展示撮影分】交通科学博物館へ行ってきました~~3月に。
【展示撮影分】トミカ博 in OSAKA
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/296-d0f514ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック