上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


バンダイ S.I.C. 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム

sic_new_den_o_00.jpg

ご無沙汰にS.I.C.のレビューです。ってか、こっちでS.I.C.のレビューとかやるのは初めてかな。
このS.I.C. 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォームは、東映ヒーローネットでのみ販売された受注生産もの

仮面ライダーNEW電王は、劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンより登場。野上良太郎の孫である野上幸太郎が変身するライダーで、変身システムは電王と同じだが、ゼロノスと同様にこのフォームはイマジンの憑依なく変身できる。また、憑依したイマジンを武器に変形させる能力を持つ。

S.I.C.はもともと滅多に買わないんですが、NEW電王はなんか好きなんですよね~なんでかわかんないけど。
さらにメカニカルなボディーが印象のNEW電王にS.I.C.ならではのアレンジ性が加わったものなので、これは期待できるかなと思って購入しました~わよ。
 

 
 
作品名劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売時期2010/09
原型師安藤賢司
全高約180mm
仕様ABS/PVC/一部ダイキャスト製塗装済・可動フィギュア




sic_new_den_o_01.jpg

バンダイの限定ものにはお馴染みの段ボール。


sic_new_den_o_02.jpg sic_new_den_o_03.jpg

ケースは、ストライクフォームの基本カラーである藍色を主にしています。
文字が金箔になっており、ちょっと豪華な感じw
今までの限定S.I.C.と同じで、後ろにサンプルのカットはない。



sic_new_den_o_04.jpg

デンガッシャーの付け方などの説明書です。
っても、デンガッシャーはホルダーに装備できるだけで、超電王の時みたくソードを使えるわけではない。
Episode Blueのはまぁいいとして、超電王の時に使ったソードモードぐらいはつけてくれてもよかったのではと思ったり。



sic_new_den_o_05.jpg sic_new_den_o_06.jpg

全身。ベースは、ソードフォームでしょう。
そこから新規造型になる部分を加えていった感じか。

NEW電王らしい印象は残しつつも、S.I.C.らしく重厚な作りになっています。
肩がでかいので全身負担がかかりやすいかと思ったけど、別にそんなことなかったですね。



sic_new_den_o_07.jpg

顔アップ。実は、唯一ちょっと文句が言いたかったところw
なんかね・・・ずれてるんだよ(;・∀・)

これで、塗装はとても丁寧で問題ないとかね。

複眼はクリアパーツ。
個々それぞれで見ると、出来は全く問題ないので、それだけにこの複眼と口元のずれが...


sic_new_den_o_08.jpg

そして、横から見るとそんなに気にならないんだよね~これw


sic_new_den_o_09.jpg

頭部もよしよし( ´∀`)b
この複眼とかのエッジのきいた感じが好きなんだよね~



sic_new_den_o_10.jpg

胸元には電車のターンテーブル。
ちょっと汚れとそうな感もあるが、S.I.C.ではむしろこれがいい!
この深みのある塗装がS.I.C.のいいところでしょうか。

造型もなかなかのもの。


sic_new_den_o_11.jpg

腕も申し分ない。藍色の部分も単色じゃなく、明暗が割と入り交じった感じにも見えます。
手首の部分は、電王シリーズ通して同じですね。


sic_new_den_o_12.jpg

肩の問題で、腕を上げるのは非常に困難。
可動はまぁそこそこなレベルだけど、S.I.C.はどっちかってと造型を見たいから可動はそこまで期待してないので、個人的にはこれでも十分かな。



sic_new_den_o_13.jpg

NEW電王のベルト。
音声とカラーリング以外は電王と同じ。
4色のフォームスイッチが存在するものの、今まで使われたことはない。
それ以前に憑依したイマジンは武器になるので、そもそも使えるのかという疑問が。実際に『EPISODE BLUE』でK幸太郎が変身した時も、アックスフォームの変身待機音が流れ、変身時のエフェクトも黄色だったが、なったのはストライクフォームにキンタオノだったし。。。


sic_new_den_o_14.jpg

右サイドには、ロッドパーツとソードパーツ。


sic_new_den_o_15.jpg

左サイドにはガンパーツとアックスパーツ。


sic_new_den_o_16.jpg

足もNEW電王らしく藍色に金色のラインを描いたもの。
ダイキャストも使用しているので、安定感はいい方です。


sic_new_den_o_17.jpg

ソードではプラットフォームとの兼ね合いで取り外しもできたデンキュイスもNEW電王のは固定されています。
おかげでポロポロ外れないのがいいですね~ヽ(‘ ∇‘ )ノ

なお、NEW電王も一瞬だけどプラットフォームにはなりますので、フォーム自体がないというわけではない。



sic_new_den_o_18.jpg

股の可動もそこまでいい方じゃないかも。

sic_new_den_o_19.jpg

特におしりの方が当たるので、足を後ろにするにはかなり不自由です。



sic_new_den_o_20.jpg

肩アーマーの上にはレールが走っています。
このゆるやかな凹凸の再現もいい感じです。

上の方はちょっと汚しがきついけど、そこまで気にならなかったり。


sic_new_den_o_21.jpg

横はこんな感じでしょうか。ちょっと暗いかな...(;・∀・)


sic_new_den_o_22.jpg

んで、後ろ。
こっちの方も丁寧に作られている感じ。

しかし、量産でここまでいいんだから、原型はもっとよかったんだろうなーなんて思ったり...



sic_new_den_o_23.jpg

付属品一覧。
手首は元のグーの他に、こちらの開いた手と掴み手の二種。
武器のマチェーテディとライダーパスももちろんあるよ( ´∀`)b



sic_new_den_o_24.jpg

初登場時のポーズっぽいのをやってみた。
でも、あのクロスした立ち方はS.I.C.じゃ難しいですね(;・∀・)


sic_new_den_o_25.jpg

それぞれ持たせてみたよ。



sic_new_den_o_26.jpg sic_new_den_o_27.jpg

ライダーパスも悪くない感じ。塗装も綺麗だお。

それよりも気になったのが・・・持ち方ってこれで合ってましたっけ?(ぇ
記憶がもう曖昧で曖昧で(ぉぃ

全国のライダーファンのみなさん、間違っていたらすみません(;・∀・)



sic_new_den_o_28.jpg

こちらは、幸太郎と契約しているイマジン”テディ”が変身するマチェーテディ
幸太郎が指を2度はじくのを合図に変身するのが特徴で、剣先の上に銃がある銃剣。
意志を持っており、自ら動くことができ、この状態でも会話が可能。


sic_new_den_o_29.jpg

持ち手は、スペースに余裕があるような感じ。
結構、細かに造型されています。


sic_new_den_o_30.jpg

テディの顔となっている部分もこの通りw


sic_new_den_o_31.jpg

刃先も悪くない感じ。
先の先はさすがにちょっと凸凹しているかな。。。

とにかく塗装は細かく仕上がっています。塗装飛びのようなものはなく、はみ出しもなく描かれている。



sic_new_den_o_32.jpg

もちろん、両手持ちも可能ですよ。
ただ、左手の方はライダーパスを持たせるために親指を少し突き出したような作りになっているので、右手よりもちょっとだけ入れにくいかも。


sic_new_den_o_33.jpg

「カウントは?」
「まず、イマジンの方。10でいい」


さらば仮面ライダー電王では、あらかじめ宣言したカウントをテディが数えて、その間にとどめをさす戦法を使っていたNEW電王。その後、終了までの間での心境の変化で使わなくなったんだけど、『EPISODE BLUE』でテディの提案で久しぶりに使ったんだよね、確か。
NEW電王ってか幸太郎は劇場版だけで大きく成長していく姿を見れるので、もともと持っている俊敏なフットワークも加えて、見所ですよね。



sic_new_den_o_34.jpg

では、何時も通り適当にポージング...


sic_new_den_o_35.jpg

両手で振りかざすポーズは、可動の面もあってそこそこの範囲しか無理(;・∀・)


sic_new_den_o_36.jpg

「FULL CHARGE!!」


sic_new_den_o_37.jpg


sic_new_den_o_38.jpg

大型の剣だけど、それを持ちながらでもライダーキックは可能だったり。


sic_new_den_o_39.jpg


sic_new_den_o_40.jpg


sic_new_den_o_41.jpg

あと、振り下ろすポージングがしっくりこなかったかな。


sic_new_den_o_42.jpg


sic_new_den_o_43.jpg


sic_new_den_o_44.jpg


sic_new_den_o_45.jpg


sic_new_den_o_46.jpg


sic_new_den_o_47.jpg


sic_new_den_o_48.jpg

以上、バンダイ S.I.C. 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォームでしたー

造型に関しては特に問題ないかな。顔についてはまぁ、個人差があったかもしれないので。。。
それよりも肩のレール面や胴体のターンテーブルが予想以上によかったのが嬉しいところ。
塗装も重厚で、かつ綺麗なのがいいね。汚れがない綺麗という意味じゃなくて...

プラットフォームを必要としないだけに、パーツの取り替えがないので、ポロポロパーツが取れることもないのがいいところの一つでもあるかも。ま、それを言ってはS.I.C.自体を否定することになるんだが...^^;

メカニカルなボディーがS.I.C.電王のアレンジと相性が良いのも、よかった理由の一つですわね。



【関連記事】
FINAL FORM RIDE! B,B,B,BLADE!! ~ S.H.フィギュアーツ ブレイドブレード
エクストリィィィィィム!! ~ S.H.Figuarts 仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
俺の強さにお前が泣いた!! ~ S.H.フィギュアーツ キンタロスイマジン


  
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/291-a0438f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。