不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


gsc_roshinyuukai_00.jpg

マックスファクトリー 鏡音リン -炉心融解-のレビューです。略して、炉リン(w

前にレビューした初音ミク VN02 mixに続き、人気イラストレーター「なぎみそ」氏とマックスファクトリーのコラボレーション企画第二弾のフィギュア。人気楽曲「炉心融解(Hard-R.K.mix)」のPVで描かれた、どこか大人びた印象を持つ「鏡音リン」に、フィギュア用アレンジをさらに加えて立体化されたものです。

最初は買うつもりは全くなかった商品ですが、初音ミク VN02 mixをレビューしてすこぶる欲しくなったこれ。
んで、多分、次の恋は戦争もなんだかんだで買うのでしょうwww

ま、それはおいといて、レビューと参ります。。。



作品名キャラクター・ボーカル・シリーズ02 鏡音リン
発売元マックスファクトリー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売時期2010/08
原型制作シャイニングウィザード@沢近(マックスファクトリー)
スケール1/8スケール
全高約210mm
仕様PVC 塗装済み完成品フィギュア




gsc_roshinyuukai_01.jpg gsc_roshinyuukai_02.jpg

箱はそれほど大きくない感じ。いやま、これでも十分な大きさだと思うけど・・・
前の初音ミク VN02 mixはでかかったけど、あれはもともと台座や髪のボリュームが大きかっただけで、実際ボディーだけの大きさで考えるとかなりと言うほどの差はない・・・と思うw


gsc_roshinyuukai_03.jpg  gsc_roshinyuukai_04.jpg

箱の横側はこんな感じ。



gsc_roshinyuukai_05.jpg

中のブリスターは、2階層にわかれています。
左側にあるのが上で、リン本体と、台座。
右側にあるのは下で、全て台座に取り付けるパーツとなっている。

そして、説明書に、リンと台座を繋ぐコード。

このコードですが、電子工作で使うお馴染みのコードのそのままだった件w
ま、再現と言う意味ではいいのだが、売り物としていいのかこれは(;´∀`)



gsc_roshinyuukai_06.jpg

まず、台座を組んでみた。
作る自体は難しくないのですが、繊細なパーツが多いので、破損には注意しないといけません。

このフィギュアの元となった「炉心融解(Hard-R.K.mix)」ではスピーカーが2つあったことや台座の下が写ってなかったことなどから、台座は結構アレンジされている。
かつ、再現するところはしっかり再現しているみたい。

スピーカーが2つから1つになったのはコストの問題かな・・・PVのをそのまんまフィギュアにしたら値段は確実に初音ミクVN02 mixに匹敵してましたし^^;


gsc_roshinyuukai_07.jpg

3本のリング・・・レベル3のチューナーとチューニングするのかな(マテ

ま、冗談はおいといて、このリングもPVで登場しています。
ただ、PVの方はこの3本紫色を加えた4本のリングがありました。
ま、その辺はこだわるところじゃないかも。。。

リングは台座や柱にしっかり固定できるので、ものがぶつからない限りは外れたりはしません。



gsc_roshinyuukai_08.jpg

上では柱と書いたけど、実際何かわからないこれ。
台座の上はやや何かが溶けたのような造形にもなっいますし、歌詞にある核融合炉と関係のあるものかな。


gsc_roshinyuukai_09.jpg

横には大型のコード(・・・ってかパイプかな?)がスピーカーとくっついています。

このスピーカーについている金色のやつですが、置いたままスライドするとこすれます(;´∀`)
買った人は破損には注意してねw



では、リンを乗っけてぐるっと一周。

gsc_roshinyuukai_10.jpg gsc_roshinyuukai_11.jpg

コードも繋いで、こんな感じ。コードの曲がり具合は適当よw

とても大人びた印象のあるリンと言われていますが、Wikiなどに幼少リンと書かれてるところから、幼少時のリンなのかな。
それでも大人びた印象を出すのは、デザインを担当した裏花火氏の実力というものですね(゚д゚)!


gsc_roshinyuukai_12.jpg gsc_roshinyuukai_13.jpg


gsc_roshinyuukai_14.jpg gsc_roshinyuukai_15.jpg

後ろから見ると、コードの位置配置が丸見えであれですが、リンはかっこよく見えます。
私は結構好きだったりします、ここから見るの。


gsc_roshinyuukai_16.jpg gsc_roshinyuukai_17.jpg

初音ミクVN02 mixは神秘的な印象があり、こちらも神秘的なものをイメージしていましたが、ゴシックテイストなだけにヘビーなイメージを感じますね。
それでいて、やはりメカニカルな部分もあるというのがいいね( ´∀`)b



gsc_roshinyuukai_18.jpg

顔アップ。
切れ長の目に、やはりこの睫毛がいいです、睫毛!

髪は巻いて髪留めしていますね。
前髪にシャギーのないフィギュアを見るのも久しぶり。。。


gsc_roshinyuukai_19.jpg

PVでは感情の捉えにくい表情ですが、フィギュアの方は真剣なイメージが強いですかね。
それでも、どういう感情でいるのかは捉えにくいです。


gsc_roshinyuukai_20.jpg

ミクほどのボリュームはないものの、ショートのリンにしてはボリュームのありすぎる髪の毛。
ツヤのある塗装がされています。


gsc_roshinyuukai_21.jpg

後ろ頭はこんな感じ。
髪の造形はちゃんと重ねているのがわかるので、いい感じ。
塗装も綺麗ですわー


gsc_roshinyuukai_22.jpg

そこにスピーカーをつけ、コードを繋いでいます。
あとで載せますが、コードのもう片方の先は台座の裏です。

マイクがないところ見ると、スピーカーから出るのはBGMだけ・・・?

このコードですが、何回か抜けては差し、抜けては差し、面倒だった(;´∀`)
もうちょっとどうにかして欲しかったのが本音。

しかし、スピーカー越しとは言え、耳にコードを繋いでいるのってなんかあれだね(ぉぃ


gsc_roshinyuukai_23.jpg

左耳の方はこんな感じ。



gsc_roshinyuukai_24.jpg

衣装は、黒と白を交差するように配置し、ゴシックな感じのある衣装。


gsc_roshinyuukai_25.jpg

金色のギターを抱え、かっこいいイメージがかなり強くなっています。
ボカロのリンはショートパンツでしたが、こちらはスカートです。

また、動画では膝の素肌のところが正面からでも見えていましたが、こちらはそうではないので、裾の長さも違うのかしらね。
多少の誤差はあるものの、この膝の素肌が普通に見えるか、アングルでしか見えないのかでは、その手のものが好きな人には評価が分かれるところですね。個人的には、後者の方が大好きなので、これで一向に構いませんがwww



gsc_roshinyuukai_26.jpg

幼少リンというのに、若干の膨らみがあるぞ(゚д゚)!

腋の部分や腰の部分のシワがすごいです。
ボカロは本当にシワ使いをこだわるよなー、どこのメーカーも。



gsc_roshinyuukai_27.jpg

服の袖やアームカバーはこんな感じ。
ここを見ると、リンだなーととても思う。


gsc_roshinyuukai_28.jpg

黄色いラインが入るのはおなじみ。
袖の部分のフリルもいいですわねー


gsc_roshinyuukai_29.jpg

右腕は腰のところまで引いて曲げています。


gsc_roshinyuukai_30.jpg

ギターを持つ左手。


gsc_roshinyuukai_31.jpg

ピックを構える右手。
両方とも爪までしっかり塗装されており、指だとはっきりわかるような丁寧な造形がされています。



gsc_roshinyuukai_32.jpg

動画の最後にMELTDOWNのロゴと一緒に映っているギター。
見ての通り、弦はついてないです。

このギターも動画より若干のアレンジがされている。
っても、形自体に大きな変化はなく、左手を添えている部分の黒色の部分が金色で染まっているぐらい。

ギターはちゃんとストラップで支えられており、片方は金属を使って繋げられています。


gsc_roshinyuukai_33.jpg

非常に出来が良いです。
こういう形の型どりを作ったんだ(゚д゚)!って思うだけでもすごい出来だと思える。


gsc_roshinyuukai_34.jpg

弦はないけど、先の方には弦を通せるような造形はされています。


gsc_roshinyuukai_35.jpg

反対側はこんな感じ。


gsc_roshinyuukai_36.jpg

こちらの反対側もしっかり作られているみたいです。



gsc_roshinyuukai_37.jpg

スカートは、裾のフリルがまたすごい造形です。
ギターで見えない部分もありますが、シワ使いなど細かい造形がされています。


gsc_roshinyuukai_38.jpg

塗装なんかも綺麗に塗られていますしね。
そして、中のフリルは黄色と、リンの基本カラーである黄・黒・白を押さえていますね。



gsc_roshinyuukai_39.jpg

お背中側はこんな感じになっている。


gsc_roshinyuukai_40.jpg

こちらのシワの感じも細かくてすごい!
ここに写ってるマークはなんなのかしら・・・なんか見覚えがあるようなないような・・・


gsc_roshinyuukai_41.jpg

後ろのフリルもっぱねぇ出来!!



gsc_roshinyuukai_42.jpg

華奢なおみ足。
肉の凹凸がよく見えるので、フィットしているのがよくわかります。


gsc_roshinyuukai_43.jpg

ブーツは白を基調に、黄色い紐靴。
足の裏が黒に黄色と少し厚みがありますね。


gsc_roshinyuukai_44.jpg

これはいわゆる厚底ブーツというやつか(マテ
刺繍した部分まで造形されており、いかに作りがこっているかがわかります。


gsc_roshinyuukai_45.jpg

左足は、右足と対照的な構えになっている。


gsc_roshinyuukai_46.jpg

さっきからちらりちらり写ってましたが、ニーソックスですニーソ!!
正式には、オーバーニーレングスソックスというらしいけど。。。

こういうふとももがアングルでちらりちらり見えるのがたまらないのよね(*´∀`)b
特に、このリンは初音ミクVN02 mixに比べ、アングル的部分は普通に隠れているので、ここはどうしても見てしまう・・・。

ま、あっちもこっちも、どちらかというとかっこよさや神秘的な感じ、世界観を見て欲しいフィギュアだと思うけど、そこはそれ、これはこれってことでw


gsc_roshinyuukai_47.jpg

後ろの方から見ると、膝裏のところや脛の膨らみなどもしっかり作られています。



ちょっと台座の方に戻りまして・・・

gsc_roshinyuukai_48.jpg

コードのもう片っぽはここに差し込むようになっています。


gsc_roshinyuukai_49.jpg

下から見るとこんな感じになっている。
ここも差し込むのを苦労しました^^;



では、何時もの如く、スカートの中へ・・・(*´∀`)

gsc_roshinyuukai_50.jpg

おぱんちゅはシンプルな純白!!

炉リンだし、むしろこれじゃなかったらびびるわw いやま、キャラものってのもあるけど、それはそれでどうよって感じだし。。。

こうして見ると、ふともももとても素晴らしく見える(*´∀`)


gsc_roshinyuukai_51.jpg

おしりの方はこんな感じ。
パンツのラインなどもしっかり造形されていて、いい感じです。



最後は、何時も通り...

gsc_roshinyuukai_52.jpg


gsc_roshinyuukai_53.jpg


gsc_roshinyuukai_54.jpg


gsc_roshinyuukai_55.jpg


gsc_roshinyuukai_56.jpg

大きさはほんとそんなに大きく感じないのですが、それ故に繊細な造形とかが引き立ちますね。


gsc_roshinyuukai_57.jpg


gsc_roshinyuukai_58.jpg

ちょいとモノトーン的なものも一枚。


gsc_roshinyuukai_59.jpg

/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ(´Д`*)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


gsc_roshinyuukai_60.jpg

初音ミクVN02 mixと一緒に・・・こうして並べてみると、同じスケールなんだなと思えます。
やはり台座の大きさが・・・あと、ミクとリンの身長差もありますしね。


gsc_roshinyuukai_61.jpg

ラストはやっぱハイコントラストで...


gsc_roshinyuukai_62.jpg

以上、マックスファクトリー 鏡音リン -炉心融解-でしたーヾ(。・ω・。)

造形・塗装は特に申し分ないです。
ゴシックテイストなリンに、メタリックなギターや、メカニカルな台座の融合といい感じです。

意外と場所を取らないので安心した分もあり、非常に満足しています。
ただ、細いところも多いので、ずっとこのまま保存していけるかは不安ですね,..(;´∀`)




【関連記事】
モエコレPLUS 初音ミク アンコールパッケージ レビュ~。
痛車も作れるぞ! ねんどろいど 初音ミク RQ Ver. レビュー。
[フィギュア] ボカロねんぷち+α



   
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/267-3fa0d9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。