不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


バンダイ S.H.フィギュアーツ ン・ダグバ・ゼバ

shf_daguva_00.jpg

S.H.フィギュアーツのン・ダグバ・ゼバのレビューです。
仮面ライダークウガラスボス的存在であるダグバ。

未確認生命体第0号(B群第13号)で、クワガタ種の怪人。「白き闇」、「キュグキョブン ジャリ(究極の闇)をもたらす者」と称されるグロンギの頂点に君臨する最強の存在にして王たる者。人間態にもなれその時は無邪気な笑みを浮かべる青年だが、その本性は殺しを「遊び」としか捉えていない残虐的なもの。仲間であるグロンギ約200体を復活させたのにも関わらず、その半数以上を「整理」と称して殺戮したこともある。

なお、怪人自体をS.H.フィギュアーツとして出すのはこれが初。
(敵側のライダー自体は過去にいくつも出ている)
 

 
 
作品名仮面ライダークウガ
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売時期2010/07
全高約140mm
仕様ABS/PVC/POM/Zndc製塗装済・可動フィギュア




shf_daguva_01.jpg shf_daguva_02.jpg

ライダーよりも一回り厚みがあるダグバだけに、箱も厚みが太くなっている。
魂WEB限定商品であり、専用のロゴもちゃんとついています。


shf_daguva_03.jpg shf_daguva_04.jpg

ラスボスと言うにはミスマッチな、白と黄金の神々しいカラーリング。
後ろには髪があり、これまた怪人っぽくなく見せています。



shf_daguva_05.jpg

クウガと同じ、クワガタをモチーフとしており、見事な角や牙からそのイメージが伺えなくもない。
額の古代文字もちゃんと描かれています。

shf_daguva_06.jpg

塗装がすっげぇ綺麗なのね、これ。
牙の造型もいい感じ。



shf_daguva_07.jpg

これまた素晴らしい造型と塗装。
ところどころにシャドーが吹かれていて、重厚のある雰囲気をかもし出してくれています。

ラスボスだけあって、ライダーよりも派手な面で造型とかも難しいので、ここまで作りこまれているとかほんとすごいですわ。


shf_daguva_08.jpg

ベルトもいい感じの彫り。
腰にあるのは、可動を妨げないように軟質でできているなど、出来がいいだけでなく工夫もしっかりされています。



shf_daguva_09.jpg

肩アーマーがそこそこある割りに、しっかり可動できるのは評価に値しますね。
銀色のラインもしっかり入ってます。



shf_daguva_10.jpg

これまた、よくできた脚部。
膝の辺りから出た鋭利なものがまたかっこぇえ!!


shf_daguva_11.jpg

ただ、この手の造型でありがちな、ダイキャストが盛り込まれてない脚部になってるみたい。
なんで、足の保持力には若干弱みがあるものの、ライダーよりも足がでかい分、そこをフォローしてくれています。



shf_daguva_12.jpg

後ろにある髪は単体パーツであるが、凹凸を作り髪らしさを表現できています。


shf_daguva_13.jpg

背中の装飾はいかにも王様、皇帝をイメージするような印象があります。
こういうのを肩から後ろに下げて、翻しながら戦っている様は、ほんとかっこいいですね。

でも、最終話直前は吹雪で・・・(´;ω;`)ぶわっ



shf_daguva_14.jpg

基本、拳やエフェクト系の技で戦うので、付属品は手パーツだけ。
焔エフェクトパーツとかもつけて欲しかったけど、そうしたらぜってぇ値段がやばかったのでこれでいいかとw



では、適当にポージングを交えながら・・・

shf_daguva_15.jpg

shf_daguva_16.jpg

shf_daguva_17.jpg

ぶっちゃけダグバのアクションポージングってあんまり覚えてないんだよねー
どっちかってと動より静のイメージが私にはあるんですが、それだと買った意味がないのでw

shf_daguva_18.jpg

とりあえず、箱の裏にあるのはやっておいた。

shf_daguva_19.jpg

アルティメットフォームでもやったこれ・・・
ダグバは牙の造形から、咆哮を上げていても違和感がないですね。

shf_daguva_20.jpg

ガシッ!!!



shf_daguva_21.jpg

仮面ライダークウガ アルティメットフォームと並べてみました。
大きさは同じぐらいですね。

こうして見ると、似ているところもあるんですよね。
似て非なるものということか...


shf_daguva_22.jpg

shf_daguva_23.jpg

shf_daguva_24.jpg

shf_daguva_25.jpg

ばたんきゅー_(_”_;)_~◎



shf_daguva_26.jpg

以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ ン・ダグバ・ゼバでしたーヽ(‘ ∇‘ )

出来については言うまでもない!!
あえて言うならダイキャストうんぬんぐらいじゃね?

むしろ、これで満足できないとか贅沢ですww


怪人の可動フィギュアは、装着変身シリーズでアギトのアンノウンとミラーモンスターズシリーズがあったぐらいで、それ以降は敵側のライダーが商品化されることはあっても、怪人が出ることはなかった。

S.H.フィギュアーツに入ってもそれは同じだったのですが、2010年2月に行われた魂フィーチャーズ vol.1にてついにダグバのS.H.フィギュアーツのサンプルが公開され、商品化も決まったにいたる。
以降では、仮面ライダーWのナスカ・ドーパントが商品化されるなど仮面ライダーだけではなくなってきているので、今後にも期待したいところである。

ただ、劇中の印象や単なる人気に左右されているので、なかなか難しいところですねー怪人は。




【関連記事】
”白のクウガ” ~ S.H.F 仮面ライダークウガ グローイングフォーム レビュー
”凄まじき戦士” ~ S.H.F 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム レビュー
”不完全なアギト” ~ S.H.F 仮面ライダーギルス
”もう1人のアギト” ~ S.H.フィギュアーツ アナザーアギト。


  
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/246-34437379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。