上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


バンダイ ULTRA-ACT 初代ウルトラマン

ultraact_ultraman_00.jpg

ついに着ましたかね。
S.H.フィギュアーツが続いて発売している中、ウルトラマンのアーツ出ないかなー出ないかなーと思っていたので、シリーズが決まった時は非常に嬉しかったものですヽ(‘ ∇‘ )ノ

そのウルトラマンの可動フィギュア~~ULTRA-ACTシリーズの第1弾は、ご存じ初代ウルトラマン
M78星雲光の国の宇宙警備隊員ちゃんとしたプロフィールが存在し、趣味:読書で、家族構成は父:宇宙保安庁長官・母:ウルトラ学校の先生というようなものまであるw
職業は宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長)と言う設定らしい。

地球では科学特捜隊のハヤタ隊員と一心同体となり、ベーターカプセルを点火させることによりウルトラマンとなる。なぜ、一心同体になったかは本編を見るか、Wikipediaをどうぞw

ちなみに、今日(7月10日)はウルトラマンの日なんだそうです。
 

 
 
作品名ウルトラマン
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売時期2010/06
全高約160mm
仕様ABS/PVC製塗装済・可動フィギュア




ultraact_ultraman_01.jpg ultraact_ultraman_02.jpg

フィギュアーツよりも大きめの箱。
奥行きも倍ぐらいの大きさです。

ロゴは、フィギュアーツとは全く違い、ウルトラマンらしく赤色と銀色が基調になっている。
また、商品名では「-(ハイフン)」のところは、カラータイマーが。



ultraact_ultraman_03.jpg ultraact_ultraman_04.jpg

全身。
アーツとは若干違いがあるものの、基本的な可動域は継承されている感じである。
もちろん、台座無しで立てます。

再現度は非常に高いと言っていいでしょう。



ultraact_ultraman_05.jpg

やはりこの顔!
ちょい濁り目の目から、この口元、まさにウルトラマンでございます。


ultraact_ultraman_06.jpg

口元や耳(?)もしっかり作られています。


ultraact_ultraman_07.jpg

ウルトラマンと言えば、この前後の色合い。
小学生の頃、赤白帽で遊んだことを思い出しますww

塗装は良くも悪くもと言った感じ。



ultraact_ultraman_08.jpg

胸元には独特なもよう。
ウルトラマンと言えば、この赤と銀色の模様の違いが最もな特徴でしたね。

そして、なんといってもカラータイマーである。
このカラータイマーは、付け外しが可能。



ultraact_ultraman_09.jpg

フィギュアーツのライダー群とは違い、胴体が3段にわかれている。
これをすることにより、ウルトラマン独特のやや猫背なポーズができるよ。



ultraact_ultraman_10.jpg

足下はこんな感じ。
ちょっと残念なのが、ダイキャストが使われてない点。質感を意識したのかもしれないけど、あれがないと重みが全く感じないです。

関節もへたれやすく、ふにゃふにゃ感じがちょっと・・・ねぇ。



ultraact_ultraman_11.jpg

背中の方もしっかりと作られていますよ~ん。



ultraact_ultraman_12.jpg

腕の可動もフィギュアーツ並みに可動できます。
肩アーマーがない分、ウルトラマンの方が自由度があるかな。

ただ、こっちもへたれやすいのが難点ですな。



ultraact_ultraman_13.jpg

付属品一覧。



ultraact_ultraman_14.jpg ultraact_ultraman_15.jpg

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEでも羽織っていたマント

某ライダーのでかマフラー以上の重さを持つためか、専用台座がついています。
台座無しでも一応立てますが、足にかなり負担がかかってへたるので、ちゃんと台座を使った方がいいみたいです。



ultraact_ultraman_16.jpg

ピンチになったり変身時間の限界に近づいてくると赤くなるカラータイマー。
青いカラータイマーと差し替えでつけることができます。




ultraact_ultraman_21.jpg

ウルトラマンと言えば、これ! 

スペシウム光線!!


ultraact_ultraman_22.jpg

エフェクトパーツが指ごとついているおかげで外れたりしないのがいいね。
しかし、スペシウム光線までついてくるとかもう嬉しいね、これは!!



ultraact_ultraman_19.jpg

もう一つ、初代ウルトラマンと言えばこれ。

八つ裂き光輪!!


ultraact_ultraman_20.jpg

こちもエッジのきいたいい感じのエフェクトパーツ。
ちゃんとグラデーションもかかっていますね。

指から外せそうな感じがするのですが、外そうとしたらポキリいきそうだったのでやめました。


ちなみに、私は”やつざきこうりん”と記憶しているのですが、商品には”ウルトラスラッシュ”と表記されています。

なぜ二つの言い方があるのかと言うと、初代ウルトラマンの放送当初の劇中では”やつざきこうりん”で使われていたのが、帰ってきたウルトラマンから”ウルトラスラッシュ”に変わったため、らしい。

あと、今の時代に”やつざき”って言い方はちょっとあれだしね・・・


・・・・・・・(´・ω・`)

私は初代をリアルタイムで見てたわけじゃないんだよね。でも、”やつざきこうりん”の方がしっくりくるんだよね・・・なぜだろ?



ultraact_ultraman_17.jpg

フィギュアーツとの大きさ比較。
仕様からもわかりますが、20mmほどの差があります。
ま、原寸では全然大きさに差があるのですが、フィギュアでもちょっとぐらい差があった方がまだ違和感ないよね。

ほんとは初代仮面ライダーと並べたいけど、まだ発売してないのでNext1号でw
旧1号も早くーー!!


ultraact_ultraman_18.jpg

もう10年以上も前にバンダイから発売されたウルトラ怪獣45 ベロクロン。
並べてみると、だいたい同じぐらいか。
今の怪獣もだいたいこれぐらいの大きさですよね?
同じバンダイだし、合わせたんでしょうかねぇ~

ちなみに、ベロクロンはA初登場。
家にはゴモラもあったんだが、どこに置いたか覚えてないんだよね(;´∀`)
たまたまこれが見つかったので、これで撮ってしまったw



以下、何時ものポージング・・・

ultraact_ultraman_23.jpg

シュワッチ!!

ultraact_ultraman_31.jpg


ultraact_ultraman_24.jpg

身をかがめたポージング。
もう少し猫背でもよかったかな...

ultraact_ultraman_25.jpg

後ろからだとこんな感じ。


ultraact_ultraman_26.jpg

ultraact_ultraman_27.jpg

ultraact_ultraman_28.jpg

ultraact_ultraman_29.jpg

ultraact_ultraman_30.jpg

ultraact_ultraman_32.jpg

以上、バンダイ ULTRA-ACT 初代ウルトラマンでしたー

出来も再現度もいい感じですが、やはりフィギュアーツならではの重量感が全くないのがちょっとね。
プリキュアは女の子女の子してる可動フィギュアだからあれでいいんだけど、ウルトラマンはもう少し重量感があってもいいのではないか? っつか、一応別シリーズとはいえ、同じメーカー製で似たコンセプトの仮面ライダーよりも軽そうってのはどうなんだwww 同メーカーのソフビに合わせたのかもしれないですが...

ま、まだ始まったばかりのシリーズなので、今後の方向性を見てからですかね。



【関連記事】
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”サイクロン! ジョーカー!”
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ”ファング! ジョーカー!”


   
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/229-56cb017c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。