バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス

shf_mr_gills_00.jpg

S.H.フィギュアーツの仮面ライダーギルスのレビューです。

「仮面ライダーになってしまった男」である葦原涼が変身する仮面ライダー。
不完全なアギトではあるが、「彼もまた、アギトの一種だ」とも劇中で言われている。
打撃力、跳躍力はアギトのグランドフォームを越えるが、防御面は弱い。だが、それを補う回復力があるという、前半で登場するには素晴らしいスペック。ただ、最初は変身が不完全であり、変身する度に極度の負担がかかり、変身解除時に不相応な老化現象が起こるというデメリットもあった(後半にパワーアップしたことでこの症状はなくなる

なお、このギルスは度重なる水落ちで腐敗したため、仮面ライダーディケイドではパワーアップ版のエクシードギルスしか登場していない。なので、登場しているのは、仮面ライダーアギトのみである。
 

 
 
作品名仮面ライダーアギト
発売元バンダイ
販売元バンダイ
発売時期2010/04
全高約140mm
仕様ABS/PVC/POM/Zndc製塗装済・可動フィギュア




shf_mr_gills_01.jpg shf_mr_gills_02.jpg

全身。
前にレビューしたアナザーアギトと同じく、非常に生物的なライダー。
でも、ライダーらしいイメージは残していますね。

アナザーアギトと同じ原型師さんが担当したとのことですが、この大きさでここまで作っていて、かつ可動であると言う点で評価がとても高いです。



shf_mr_gills_03.jpg

上半身。
特にこれと言ったデザインはないんですが、引き締まった肉体がかっこいいですね~( ´∀`)b

質感などもよく再現されているかと思います。



shf_mr_gills_04.jpg

複眼は、クリアパーツ。
ちなみに、ギルスのモチーフは、カミキリムシ。それっぽい口元をして・・・いるのかな?(ぉぃ
彼の触角・・ってか角(ギルスアントラー)が伸び縮みするのは、カミキリムシの種類によって長さが違うところからきているのかな~っと。また、角が渦巻き状に畳まれているのも、カミキリムシの蛹の特徴。



shf_mr_gills_05.jpg

膝の辺りにも多少の凹凸があったり、こうして見るといろんな特徴があるというのがフィギュアを通してわかります。
足は従来のアーツとは違いやわらかい素材だけど、何時も通りの安定感を持っています。



shf_mr_gills_06.jpg

背中はこんな感じ。



shf_mr_gills_07.jpg

付属品一覧。
ギルスでお馴染みの武器が使用可能だ!!
(身体の一部が変形するものなので武器と表現するにはちょっと疑問が感じるが・・・



shf_mr_gills_08.jpg

戦闘能力が著しく低下した時に短くなる角も再現可能だよ。
必殺技時にホーンが展開するアギトとは、真逆の付属品になりましたな。



shf_mr_gills_09.jpg

口の牙”デモンズファングクラッシャー”をむき出しにした時の顔もついております。


shf_mr_gills_10.jpg

もちろん、こっちも二種類の角を使い分けられます。



shf_mr_gills_11.jpg

さっとポージング。


shf_mr_gills_12.jpg

腕についているかぎ爪”ギルスクロウ”。
通常状態のはこっち。


shf_mr_gills_13.jpg

伸びる時は、こっち。
装着するものではなく、あくまで身体の一部である。

見ての通り、差し替えでつけられます。
従来の差し替えとは違い、スライドで差し込めるようになってます。



んで、こっちも差し替え。

shf_mr_gills_14.jpg

触手状のムチ”ギルスフィーラー”。


shf_mr_gills_15.jpg

両方とも3本ずつついており、長さを調節して使用可能です。
もちろん、片方を使ってもう片方だけ長くすることも可能。
触手の先と腕につける部分を外すことも可能で、片方に最大6個つきさすことができます。



shf_mr_gills_16.jpg

こちらは、かかとの伸縮自在のかぎ爪”。
ジョイントでつけられるようになってます。



shf_mr_gills_17.jpg

ギルスは、これを使い、跳躍からかかと落としをする必殺技”ギルスヒールクロウ”を得意とします。

どの武器にも言えることだけど、爪や牙で切り裂く・貫くのがメインの、格闘戦を行うのがギルスの特徴です。



shf_mr_gills_18.jpg

あと、ギルスと言えば、やはりこれ。
戦闘中によく雄叫びをあげることで有名でしたね。


shf_mr_gills_19.jpg

口を開いてまで吠えるのは平成ライダーの中でも珍しいです。
昭和ライダーでも同じく生物的なアマゾンぐらい。



以下、適当にポージング。

shf_mr_gills_20.jpg

shf_mr_gills_21.jpg

shf_mr_gills_22.jpg

書き忘れてましたが、ギルスフィーラーは軟質でできています。

shf_mr_gills_23.jpg shf_mr_gills_24.jpg

shf_mr_gills_25.jpg

shf_mr_gills_26.jpg

shf_mr_gills_27.jpg

shf_mr_gills_28.jpg

shf_mr_gills_29.jpg

アギトとともに。
思えば、このシリーズからライダーは衝突したりしたんだっけ。
最初は違和感が強かったけど、今になると違和感がなくなっている不思議(;・∀・)

shf_mr_gills_30.jpg

shf_mr_gills_31.jpg

shf_mr_gills_32.jpg

shf_mr_gills_33.jpg

shf_mr_gills_34.jpg

以上、バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルスでした~

もう申し分ない出来と塗装。これだけできていて、可動もしっかりしているのでもう満足する以外ねぇ!
こういう生物的なライダーはちょっとしたポージングでもより迫力が出るからいいですね~




【関連記事】
”もう1人のアギト” ~ S.H.フィギュアーツ アナザーアギト。
クワガタじゃないよ、龍だよ  ~ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト。
「その命、神に返しなさい!」 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーイクサ レビュー
毎朝 鏡の前で 顔を洗う男・・・S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーガタック。



   
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/200-2b169306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック