alter_toloverud_yui_00.jpg

アルター To LOVEる-とらぶる- ダークネス 古手川唯です。
TVアニメ 『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』 に登場する、風紀委員を務めるツンデレヒロイン「ハレンチな!」ことを嫌っているが、皮肉にも劇中で最もセクハラまがいの被害にあっている少女

古手川唯のフィギュアのレビューは2回目かな。前にレビューしたのはオーキッドシードです。もう3年も経っているのかぁ...
マックスファクトリーの春菜同様に、To LOVEる-のフィギュアでは発売を楽しみにしていたものですね。春菜がドスケベボディなら、唯はワガママボディかな。とにかくスタイルがよく、それがフィギュアでも再現されていると思います。
もちろん、オーキッドシードのからは時期が経っていることもありますが、アルターだけあって似せて造られていますね。某掲示板でも話題になったようで、発売日は割と在庫あったものの、翌日からちらほら消えたみたいです(なんてわかりやすい)



作品名To LOVEる-とらぶる- ダークネス
発売元アルター
販売元アルター
発売月2016/01/09
原型製作てるゆき
原型協力アルター
彩色星名詠美
スケール1/7スケール
全高約230mm
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-50 + SIGMA DC 18-250mm F3.5-6.3 MACRO HSM
AF360FGZII + FLASH BENDER L




alter_toloverud_yui_01.jpg
(画像にカーソルを合わせると、画像が切り替わります。切り替わる画像のURLはこちら

アルター作品ではおなじみになった、クリアのパッケージにエメラルドカラーのフォントが目印。作品のロゴも入っていますね。
むっつりな表情の唯なのだが、パッケージまわりにはハートマークがちょこちょこあるのがポイント。



alter_toloverud_yui_03.jpg

中身はこんな感じ。スカートは着脱できるためか、パーツとパーツの間にしっかりとビニールが敷かれていますね(´▽` )



alter_toloverud_yui_04.jpg

台座と、右のは唯が持っている風紀委員の本。
台座と足の接続部には鉄芯が使われているため、繋ぎも安心です^^





alter_toloverud_yui_05.jpg

スカートを押さえて、必死に中身を見せないようにしている唯の姿を立体化にしたもの。でも、写真見た感じ・・・見えちゃってますすよねと言う本末転倒ぶり(すまぬすまぬ><

コンセプトがはっきりとわかるポーズや表情で、ハレンチが嫌いな唯らしい。っても、何気に劇中屈指の妄想力を持つキャラクターでもあって、ダークネス最初の辺りではリトと結婚する姿を妄想していたのが、中盤からついにはリトとの子を身ごもる姿まで妄想してしまうと言う、表向きの行動からは想像つかないほど妄想が豊かであるのよね。
このフィギュアのようによく下をガードする傾向のある娘ですが、上の方もなかなかのものをお持ちだったりします。でも、唯の場合、いいものをお持ちでありながら、トラブルはだいたい下半身絡みだったりするのがまたいいところである(ニヤニヤ

フィギュアですが、スカートを押さえている感じとか、むっとしながらも頬の赤らんでいる感じとか、実にかわいらしいものになっています。くわえてそのプロポーションの良さが造型にも表れており、見事な乳・尻・ふとももを持ち合わせています。アルターというと美柑が高評価を受けていたことを覚えていますが、この唯もすこぶるかわいらしくもハレンチな美少女フィギュアに仕上がっていますね( ´∀`)b




alter_toloverud_yui_06.jpg




alter_toloverud_yui_07.jpg




alter_toloverud_yui_08.jpg




alter_toloverud_yui_09.jpg




alter_toloverud_yui_10.jpg




alter_toloverud_yui_11.jpg

このフィギュアはパンチラもですが、
それ以上に尻チラを楽しむべきフィギュアだと思うのです!


と、高らかに言いたい(マテコラ

出来映えの方なんですが、アルタークオリティなんて言葉があるぐらいのいいものでした。・・・が、うちのは個体差が悪かったのか、スカートの塗装がちょっと粗いですね。見てわかるぐらいものが...。スカート以外は特に不満もなく、全くいいk・・・と言う何時ものパターンでございます(ぇ





alter_toloverud_yui_12.jpg

このむっとしたお口がいいですね。女性らしい恥じらいを持ちながらも、ハレンチ行為には負けないという強い思いが表情に出ていると言った感じでしょうか。でも、屈してしまう姿は薄い本でね(ぇ

頬に入ったチークが魅力を上げるポイントとして重要でしょうか。これがあるないで、かなり見映えが変わってくることでしょう。眉毛の曲がり具合も細けぇこと! 髪は繊細さがあって、風紀委員らしくストレートに揃えた感じが清潔感あります。とは言え、漫画作品らしくアホ毛があるのもポイント! 振り向きポーズなので、前髪の左側が揺れているところも再現されているのはいいですね。



alter_toloverud_yui_13.jpg

別アングルも。このアングルで見ると、なんだか拗ねているようにも見えて、余計にかわいいね^^



alter_toloverud_yui_14.jpg

こっちのアングルだと、顔がいいのですが髪型がちょっと気になる感じにはなります。角度は選ぶ方なのかもしれません。





alter_toloverud_yui_15.jpg



alter_toloverud_yui_16.jpg

側頭部も、髪造型は一房一房が細く、出来映えがとてもいいですね。バリとかパーティングラインがほぼないに等しいほど! 栗色混じりの黒髪が、白い肌によく似合います^^
あと、何気に耳の造型がリアルな感じなのも見所ポイントでしょうか。



alter_toloverud_yui_17.jpg

ストレートに降ろしている髪は、毛先の方が風をはらんでおり、ふわっと浮かび上がっています。振り向くために首を振ったことで、風を受けたのが影響しているんでしょうかね。
その風を受けた髪を表現している、丸みあるカーブ造型が丁寧です。かたい感じがなく、やわらかい丸みを作りだしていると言えますね。



alter_toloverud_yui_18.jpg

アップも。



alter_toloverud_yui_19.jpg



alter_toloverud_yui_20.jpg

もう文句の付けどころを探すのが難しいほどにいいですな。







alter_toloverud_yui_21.jpg

出るところは出て、引っ込むところは引っ込んだわがままボディ。劇中に登場するキャラクターでも、屈指のスタイルの良さですね。ダークネスではティアーユ先生と言う異性のどこかへダイレクトにきそうなキャラクターもいますが、まぁあの人は大人やし。唯はこの年でこれっていうね・・・

衣装は白いブラウスに黄色い制服、スカートは緑と、改めて見てもカラーリングのいい制服なんですよね。上が黄色ってことで明るいイメージがつくのがとてもいいです。もちろん、王道は黒とかだろってのもわかりますが、まぁアニメの世界ぐらいいろんなものを見てみたいよね。





alter_toloverud_yui_22.jpg

おっp・・・の前に、それを隠さんとするエメラルド色の手帳。
風紀とあるので、おそらく風紀委員の手帳だとは思いますが、その中身は...



alter_toloverud_yui_23.jpg

ハレンチな!!



alter_toloverud_yui_24.jpg

唯さん、こちらは台本でしょうか?(ぉぃ
左の方はなんて書いてあるかはさっぱりですね。右はもう横線に合わさずに、縦に大きく「ハレンチな!!」と記載されています。こう女の子が書きそうな、やや丸みがありつつも丁寧な書き方なのがわかります。

本のこの広がり具合とか、反った感じ、横線など、細かく再現されていますね。





そして、

alter_toloverud_yui_25.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

言うほど被害には遭っていない(らしい)唯ちゃんのたわわ! アニメよろしく乳にぴったりと衣装がフィットしていて、乳の形がはっきりとわかる作りになっています。なんてけしからん! これ、下乳の辺りは一体どうなってんだって言いたいほどですわ。

クオリティ面では、赤いラインが綺麗に入っているところがいいでしょうか。黄色いセーラーは、白いブラウスの上に厚みあるように造型されており、上に着用しているのが立体的に表現されていますね。髪に隠れていてわかりづらいですが、エメラルド色のリボンも、折ったところのふわっとした感じなどクオリティは上々!

振り向き様の際、くびれを捻っているため、乳下の右側にシワがくっきり出来上がる。右くびれの辺りをぎゅっとしめる感じのシワが、丁寧に再現されています。



alter_toloverud_yui_26.jpg

唯のたわわな果実が、制服を下乳から内側に飲み込むかのようですね。
何気に、下乳の辺りのもシワが寄っているところがポイント。



alter_toloverud_yui_27.jpg

反っているポーズながらも、やはりたわわ過ぎるのか少し重たげですな。しかし、それがいい!!



alter_toloverud_yui_28.jpg

黄色い制服に、これほどのたわわとなると、なんか今放送中のアニメを思い起こさせますね(*´∀`*)



alter_toloverud_yui_29.jpg

こんなに たわわ とか おっぱい とか言っていたら、「ハレンチな!!」とか言われてしまいそうです。むしろ、言って欲しいですね、ご褒美ですね(ぇ



alter_toloverud_yui_30.jpg



alter_toloverud_yui_31.jpg

主人公みたいに、このたわわに思うがままダイブしたい。まぁ、主人公としては不可抗力なのだが...







alter_toloverud_yui_32.jpg

続いて、お腹周り。裾の方は幅があるようで、くびれの辺りより下はフィットし過ぎておらず余裕がある感じです。裾先はゴムのようにかたくしており、その上はそのやわらかさから垂れており、大きな膨れ袋を作りだしています。その感じがまた自然に見えるほどで、いかに丁寧な造型なのかがわかります。すごいよね(゚A゚;)



alter_toloverud_yui_33.jpg



alter_toloverud_yui_34.jpg

実際、スカートが外せるためか、セーラーの乗っかった感じもリアルに見えますね。







alter_toloverud_yui_35.jpg

背中側は、衣装越しに肩胛骨が再現されています。肩胛骨の膨らみの影響から、中心に背筋があるようにも見える感じですね。(実際、背筋であるわけはないですが...)
赤いラインは、後ろ側も綺麗に塗られています( ´∀`)b



alter_toloverud_yui_36.jpg

前のたわわに影響されて、背中側はフィット感が結構なものになっているようです。肩胛骨の右外側が明らかに凹んでいる他、ぴっちり感からのシワ造形もあります。





alter_toloverud_yui_37.jpg



alter_toloverud_yui_38.jpg

おへその後ろ辺りにも、シワ造形。シワにより押し出された部分まで丁寧に造られています。
表現がリアルで、衣装のやわらかさが視覚的に伝わってきますね。







alter_toloverud_yui_39.jpg

腕周りへ。華奢なながらも肘下はやや膨らみあるなど、緩やかなカーブ造型になっています。
肘の外と内には、赤みあるシャドー処理がされています。

ブラウスの袖にもシワ造形がされている他、風を受けて少しばかりふわっとなっていますかね。



alter_toloverud_yui_40.jpg alter_toloverud_yui_41.jpg

手は、爪の造型・塗装まで丁寧に仕上がっています。手の外側のカーブ具合がいいと言いましょうか、親指周りの造りがとてもいいですね。
手の平の筋もくっきり入っています。





alter_toloverud_yui_42.jpg

alter_toloverud_yui_43.jpg alter_toloverud_yui_44.jpg

右腕は後ろに送って、スカートを押さえにいっています。ふわっとしているスカートですが、腕で押さえているところはお尻にフィットしていますね。
こちらもブラウスの、袖のシワ造形が丁寧ですね。肘の内側・外側は、シャドー処理がされていて、やや赤いめ。



alter_toloverud_yui_45.jpg alter_toloverud_yui_46.jpg

こちらも、爪の造型・塗装はされていますね。指を揃えた感じですが、親指は反っている感じが表現されていていい。
手の平の筋や、やわらかい丸みもあるなど細けぇ!







alter_toloverud_yui_47.jpg

おみ足。左足で支えていて、右足はかかとだけ地につけています。スカートを隠す割に、キュートな立ち方をしているのは女の子な感じですかな。
白いおみ足に、黒いソックス、そして、おっさんには懐かしい上履きですよ。いやほんと、フィギュアとは言え、この上履き見るのどれぐらい久しぶりだか...



alter_toloverud_yui_48.jpg

後ろから見ると、まぶしいふとももと尻に....
ポーズ的に某アニメの「膝の裏を舐める」的なものに通ずるものもありますな!(ぇ





alter_toloverud_yui_49.jpg

スカートは、黄色い太線が入ったチェック柄。十字に交差するところには、四角に見える緑色のラインが入っています。
プリントは全体的には悪くないのですが、剥げている部分も少なくなく、他の部分に比べるとマイナス部分が目立ちます スカート独特のドレープは丁寧に造られているので、やはり塗装が...でしょうか。



alter_toloverud_yui_50.jpg



alter_toloverud_yui_51.jpg

折れたところの少しが折り重なっている表現も丁寧ですかね。



alter_toloverud_yui_52.jpg

後ろを手で押さえた分、左の方に押し込まれて、下から見ると丸いカーブに見える部分が出来上がっています。こういうところも表現して、作り上げてしまうのは細かいなぁとつくづく(゚A゚;



alter_toloverud_yui_53.jpg

もちろん、右側にもそれはあります。このスカートのふわっとした表現の丁寧さは、ほんとすごいですな。
ただ、塗装がもう一声なところがありますので、やはり個体差が...(苦笑





alter_toloverud_yui_54.jpg



alter_toloverud_yui_55.jpg

前は、ふとももがやや見えにくい感じ。その分、スカートの外に見えるチラリ具合が楽しめる部分もあります。
肌をさらしているので、膝小僧もはっきりと。膨らみの周りにシャドー処理が入っているなど、陰影がより強調されています。



alter_toloverud_yui_56.jpg

後ろは、ふとももがはっきりとわかるほどで、下手するとその上も見えちゃいそうな...
華奢過ぎることもなく、健康的で肉感ある魅力的なふとももですな(*´∀`*) そりゃ、下半身ばかり狙われてしまうのも納得です!(マテコラ



alter_toloverud_yui_57.jpg

膝裏の、膕も再現されていますね( ´∀`)b
こちらもシャドー処理が、丁寧にされています。赤みあるので、筋もはっきりとわかりますね。





alter_toloverud_yui_58.jpg

alter_toloverud_yui_59.jpg alter_toloverud_yui_60.jpg

黒いソックスは、おみ足自体の太さよりほんの少し太くなるよう、厚みを作った造型になっています。おかげで、こちらも履いている感が表れていますね。そのソックス越しに、踝造型があるのが細かいね。
その黒いソックスに、白い上履きがまた似合います。中間辺りにあるゴムや、かかと側にある上に突き出たところが折ってあるゴムなど、かなり忠実に再現されています! 靴裏までしっかり造型されていますね。







alter_toloverud_yui_61.jpg

最初の辺りで触れたとおり、スカートは着脱出来るようになっています。



alter_toloverud_yui_62.jpg

外すと、そこにはもう風紀が乱れてしまった唯のお姿が!!
きっとリトが躓いて、自然にスカートが外れてしまったのですな。



alter_toloverud_yui_63.jpg



alter_toloverud_yui_64.jpg



alter_toloverud_yui_65.jpg

風紀を守らないといけない娘が、風紀を乱すなんて・・・これはオシオキですな(薄い本的に





alter_toloverud_yui_66.jpg

と言うわけで、純白パンツ! やはり、風紀委員のためか、パンツも王道ですな(ぇ
女性下着らしい面積小さめのもので、鼠蹊部は見えないものの、足の付け根ギリギリまでを包み込む程度の小ささです。クロッチや縁の造型などもしっかりとある上に、クオリティもいいから文句なしですね。



alter_toloverud_yui_67.jpg

これはなかなか...



alter_toloverud_yui_68.jpg



alter_toloverud_yui_69.jpg

白いパンツに、健康的なふともも肉感、ここは天国じゃな!!





alter_toloverud_yui_70.jpg

横から見ると、(ポーズのおかげで)はっきりとわかるヒップラインの誘惑がスゴイ!!

足の付け根がよくわかり、その上にあるまろいのが 「こいつは尻だ! 尻の丸みだ!! わかる! これが尻の丸みだってわかるよ!!」 と言えるんだぜ! やったぜ!!(ナニイッテルノ



alter_toloverud_yui_71.jpg

正面から見ると、尻は見られても、大事なところはしっかりと隠す感じになります。ねー、原作だと隙あらばスー○゙ーさんを描かれかねないらしいので、守らなきゃね! ・・・まぁ、アングル変えたら見えるんだけどな!!

おふざけはさておいて、こちら側も縁造型が細かいですね。ソックスなどと同じく、パンツもやや肌より厚みがありまして、履いている感が視覚的にわかります。こういうはいいよね!



alter_toloverud_yui_72.jpg

ってなわけで、ずらしてみる。っても、スー○゙ーさん的なものはないです。
この辺は原作サイドの都合なのか、単に造られなかったのかわかりませんが、まぁR指定ものじゃないので無理にスー○゙ーさんがなくてもそれはそれでいいのよ。(あったら歓喜の声を上げてはいたでしょうけど

個人的には、純白の女性下着をここまで丁寧に造り込んでくれた原型さんや彩色さん、製造さんの感謝したい!!



alter_toloverud_yui_73.jpg

と言うわけで、何枚か...



alter_toloverud_yui_74.jpg

ほんと、ぷりっと上向いた尻しやがって!



alter_toloverud_yui_75.jpg



alter_toloverud_yui_76.jpg



alter_toloverud_yui_77.jpg



alter_toloverud_yui_78.jpg

この股から尻の向かっての辺り、生地が前後から引っ張られて、下着にシワができている。この表現をフィギュアで造り上げていると言うのがすごくて、こんなところまでやってしまおうってのがまぁ細けぇです。

こちらの方が下手なスー○゙ーさんよか生々しくて、けしからんことこの上ないんだよ!!

ただでさえ、わがままなふとももとケツをお持ちであるのに、更に下着で魅せる3コンボ! さすがアルターは一味違うな!!







と言うのを見せつけられたところで、まとめです。

alter_toloverud_yui_79.jpg




alter_toloverud_yui_80.jpg




alter_toloverud_yui_81.jpg

おぱんちゅより、ふとももを愛でたい!




alter_toloverud_yui_82.jpg

おぱんちゅよりも、尻を愛でたい!!




alter_toloverud_yui_83.jpg





alter_toloverud_yui_84.jpg





alter_toloverud_yui_85.jpg

以上、アルター To LOVEる-とらぶる-ダークネス 古手川唯でしたー

スカートのことはありましたが、もう上から下まで最高でしたね! 最高の女ですわ(ぉぃ
むっとした口の造りとかも原作に近い感じで、立体的にも見ていて「かわいいな」って素直に思える作品でしたね。
そして、衣装周りから髪造型まで、とにかく造り込みが細かい。『アルターのフィギュアはハイクオリティ』と言うのはフィギュアを少し買っているぐらいの人なら誰でも知っています。それだけに期待値とか評価が安定してしまうのですが、今回は「そこまでやってくれるのか!」とそれ以上の部分に踏み込んでくれていました。なので、嬉しさは何時も以上でした(≧▽≦)




【関連記事】
マックスファクトリー To LOVEる-とらぶる- ダークネス 西連寺春菜
ホビージャパンxアルター 百花繚乱 上杉景勝
関西弁の自称”生徒会長” ~ アルター P4U ラビリス
501部隊トップクラスの狙撃手。そして、かわいい!! ~ アルター リネット・ビショップ
ボディラインのすばらしいツンデレ風紀委員 ~ オーキッドシード 古手川唯
清楚な姿をした小悪魔♥ ~ アルター モモ・ベリア・デビルーク
髪パンチにたい焼きも付属!ヤミちゃん ~ ねんどろいど 金色の闇
”全身凶器”と呼ばれている殺し屋 ~ グッドスマイルカンパニー 金色の闇



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1285-d8f972a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック