不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


150422_tottorikurayoshi_000.jpg

みるまうすが行く 鳥取・倉吉 1泊2日の旅 ~ 2日目です。
今回は2日目と言うことで、倉吉市内とお隣の松崎駅辺りに行っていました。
グッドスマイルカンパニー イベント後の観光ぶらりなので、特にオタ的な何かは特にないです。

1日目についてはこちら。
目的だったグッスマのイベントはこちら。

打吹公園から徒歩で行ける距離に、『赤瓦・白壁土蔵群』と呼ばれているところがあります。2日目はその日を中心に歩いていました。
松崎駅の方は1時間少しばかりしか滞在してなかったので、ほぼ倉吉で写真撮ったりまったりしてましたね(´▽` )

フィギュア博覧会前後の話を一応しておくと、朝は5時40分起床。目覚ましは6時にしていましたが、思いの外、早く目が覚めた。
とりあえず、6時20分ぐらいまスマホーゲーして、朝風呂して、7時半に予約していた朝食までまったり。朝食後は準備をして、8時半前にチェックアウト。

倉吉博物館に行く前に、赤瓦十号館まで徒歩移動。この赤瓦十号館は倉吉白壁土蔵群観光案内所になっていて、この付近の観光地の情報が充実している案内所です。バスなどのダイヤ一覧もある他、車椅子や傘の貸し出しもあり、更にコインロッカーがあるんですね。このコインロッカーは100円なのですが、硬貨が戻ってくるタイプのコインロッカーになっていますので実質無料。(ただし、数は少ない) 倉吉を観光する際は、かならずと言っていいほどお世話になるところだと思います。
とりあえず、コインロッカーを使わせてもらって荷物を預けておいて、それから博物館へ行きました。

フィギュア博覧会を出たのがだいたい11時前後あたり。博覧会にはおおよそ2時間ぐらいいたことになりますかね。
今回の記事はそこからの撮影分。



撮影使用機材PENTAX K-50 + SIGMA DC 18-250mm F3.5-6.3 MACRO HSM
AF360FGZII + FLASH BENDER L
撮影日2015/04/21





撮影分と言うことで、flickrに写真をアップしました。なので、一応、ページのURLを載せておきます。
https://www.flickr.com/photos/mirumaflickr/sets/72157651867551358/





150422_tottorikurayoshi_001

打吹公園を離れて、町中へ...。
宿泊した旅館からも徒歩10分圏内辺りですね。




150422_tottorikurayoshi_002

こんなところにフィギュア博覧会のビラが。この広告、結構あちこちに貼られていて、住人の方達もフィギュアのイベントと言うことは知っているような感じでした。
でかいやつもあるらしいんですが、それは結局、どこにあるかわかりませんでしたね^^;



150422_tottorikurayoshi_003


150422_tottorikurayoshi_004


150422_tottorikurayoshi_005

綺麗に彫られた看板。
左にしょうゆアイスクリームとありますが、ここは明治10年創業の老舗醤油屋さんで、醤油が販売されている他に、前述のアイスクリームが販売されています。
もちろん、食べてきましたが、それは後ほど...




150422_tottorikurayoshi_006

150422_tottorikurayoshi_007

8号館はお土産屋さんになっています。




150422_tottorikurayoshi_008




150422_tottorikurayoshi_009

150422_tottorikurayoshi_010

そこから宿泊した旅館の方へ歩いていくと、大連寺と言うお寺への細い道がありますが、ここは素通り。




150422_tottorikurayoshi_011




150422_tottorikurayoshi_012

150422_tottorikurayoshi_013

また年代物な看板が目に入ってきました。
結構色あせているというかぼろくなっていますが、なんかいいよね。




150422_tottorikurayoshi_014

旅館の方へ向かっているのは観光MAPの案内図に従っているからなのですが、途中で少し逸れてこちらに。
先日、旅館に向かう際に、その近くに駄菓子屋さんがあるのを発見しておりまして、ちょっと立ち寄ってみようかなと思ってました。

ちなみに、ここから先に行くと泊まった旅館があります。


スーパーゼウスとオーレンジャーロボですね。
おもちゃ屋さんの入り口に、こういう像が置いてあるところもあまり見かけなくなっているので、なんだか懐かしい気持ちにひたれました。
私が行ったのは昼前だったので他のお客さんはいませんでしたが、先日に通りかかった夕方辺りは、子供たちが結構いたりして賑わっていたのが印象的でしたね。




150422_tottorikurayoshi_015



150422_tottorikurayoshi_016
wfkig_016.jpg



150422_tottorikurayoshi_018

続いて、こちら、倉吉淀屋。江戸時代の大坂で繁栄を極めた豪商・淀屋と関係のあるところだそうで。

なんでも武家社会に影響するほどの財力を淀屋が当時得ていたようで、幕府より財産没収されたとか。ひでぇ話だ...
しかし、それに先立って、ここ倉吉の地に暖簾分けした店を開いたそうで、後の世代に再び元の大坂の地で再興したそうです。

大阪から来られているならここは絶対立ち寄るべきと観光案内所で言われたので、やってきたわけです(´▽` )





150422_tottorikurayoshi_019

中は自由に撮影可能だそうで。
中を歩いていて気付いたのが、もちろん規模は全然これより低いですが・・・畳部屋の方は内装の造りが結構、家と似てるんですよね。

この写真見るとわかりますが、手間と奥で部屋の感じが違いますよね。ここは前述通り、淀屋の暖簾分けした店でこちらも反映して大きくなったのですが、最近までは普通に一般の住人がいたようで、その時は奥と手前の部屋の前にちゃんとした敷居があって、それぞれ別の人が住んでいたみたいです。

一部、柱が違うのは老朽化の影響で、一部立て替えが行われているからだそうで。

過去と現代が混在しているのですね( ・`д・´)ヾ(゚Д゚ )ォィォィ



150422_tottorikurayoshi_020



150422_tottorikurayoshi_021




150422_tottorikurayoshi_022

150422_tottorikurayoshi_023

2階には倉吉淀屋の歴史。



150422_tottorikurayoshi_024

この建物の階段が結構、高くて上りづらい。手すりもなく、左の壁もそこまで安定していないようで体重をかけるのはダメだそうで、怖い人は上らない方がいいですな。



150422_tottorikurayoshi_025

他の部屋も適当に...



150422_tottorikurayoshi_026



150422_tottorikurayoshi_028

奥には、お客さんをもてなす奥座敷がありました。
この左手に写っている押し入れは当時はなかったらしいですね。(普通、客間に押し入れは必要ないため)



150422_tottorikurayoshi_029

その部屋の襖の上に、立派な欄間が今でも飾ってあります。
こちらの左の方は、滋賀県の名所と聞きましたが・・・何処だったかな(ぉぃ



150422_tottorikurayoshi_030

右の方は、奈良県の浮見堂です。
ここは以前、奈良燈花会で足を運んでいるので、見覚えがあったりしました。

どちらも関西圏に住んでいたら目にしている可能性のある名所だったと言うことですな。



150422_tottorikurayoshi_031




出た後は少し道を戻って...

150422_tottorikurayoshi_032

昼食へ。ここはさきほど撮影した大連寺に続く細道、その真隣です。



150422_tottorikurayoshi_033

ネットの情報によると、ここのおすすめはハンバーグステーキとエビクリームコロッケだそうで。



150422_tottorikurayoshi_034

と言うわけで、『あかね屋』さんで昼食を取りました。



150422_tottorikurayoshi_035

150422_tottorikurayoshi_036

迷ったけど、お昼はハンバーグにしました。おいしかった...(≧▽≦)
お味噌汁は赤だしで、この辺では珍しいそうで。


店内は密集した感じはなく、ゆっくりまったりできる感じでした。





150422_tottorikurayoshi_037

その後は、マップに従った順路をぶらり。
この地域は、こういう川の上に石橋が立っているのが当たり前のように、そこら中にあったのが驚きでしたね(゚д゚)!
地元にもあるにはありますが、こんなに多くは見たことがないです。

ちなみに、こちらの川は玉川と言う名前だそうで。



150422_tottorikurayoshi_038

ところどころ住所を示すような石が立っています。
京都と同じで、倉吉も景観を大事にしているのところがあるんでしょうかね。



150422_tottorikurayoshi_039

さて、さきほど見えてたけど素通りした大連寺。さきほどの玉川に沿って歩いて行くと、こちらのお寺が左手に見えてきます。
こちらにはさきほどの淀屋に深く関わった淀屋清兵衛の石碑がありました。



150422_tottorikurayoshi_040



150422_tottorikurayoshi_041

驚いたのが、その中。外の門構えからは想像につかなかった建物でしたΣ(´∀`;)

と言うのも、こちらは昭和に入ってから再建されたモダン風の本堂らしいです。もともとあった本堂は江戸時代に建築されたのですが、昭和17年に解体されたようで。
この辺は江戸や明治に建設された建物が多いので、その中でも草分け的な建物になりますな。なんでモダン調にしたんだろ?



150422_tottorikurayoshi_042

大通りの交差点に出ると、左手正面に赤瓦五号館。



150422_tottorikurayoshi_043

順路ではそのまま真っ直ぐなのですが、ここでちょっと左に逸れて直進。




150422_tottorikurayoshi_044

少し歩くと、右手に見えてくる建物。



150422_tottorikurayoshi_045



150422_tottorikurayoshi_046

倉吉線鉄道記念館です。
倉吉には昔、倉吉軽便鉄道として開通した国鉄の倉吉線があったそうです。今は廃線になっていて路線もなくなったのですが、途中駅のひとつだった打吹駅の跡地に造ったのがこちらの建物だそうで。



150422_tottorikurayoshi_047


こちら開館中も人がいないらしく、入る方の方で電気のON/OFFを行っていただく仕組みになっているそうです。
こういうのは多分、今まで行ったところでは初めてでしょうか。



150422_tottorikurayoshi_048

中に入って、すぐ右手にどーんと見えるものが!
貨車移動用ディーゼル機関車です。ここの建物内は、特にバリケードなど敷居が無く、普通に触れられる距離で展示物を見ることが出来ます。
まぁ、むやみに扱うことは禁止なのが当然でしょうけど、軽く触れるぐらいにはいいのかな。




150422_tottorikurayoshi_049

150422_tottorikurayoshi_050

壁には、当時の倉吉の写真がずらり。




150422_tottorikurayoshi_051


150422_tottorikurayoshi_052


150422_tottorikurayoshi_053


150422_tottorikurayoshi_054

こんな至近距離で見させてもらえるなんて、すごいなぁ。


150422_tottorikurayoshi_055


150422_tottorikurayoshi_056





150422_tottorikurayoshi_057

150422_tottorikurayoshi_058

150422_tottorikurayoshi_059

こんなものまで展示されています。





150422_tottorikurayoshi_060



150422_tottorikurayoshi_061



150422_tottorikurayoshi_062





150422_tottorikurayoshi_063


150422_tottorikurayoshi_064


150422_tottorikurayoshi_065

隣の部屋には休憩所もあります。資料の本も置いてあって、ゆっくり読んでもいいみたいな感じですね。



150422_tottorikurayoshi_066



150422_tottorikurayoshi_067



150422_tottorikurayoshi_068

これはまた、すげぇとこ走ってるなぁ...



150422_tottorikurayoshi_069

この写真を見ていて思ったのは、そう言えば鳥取で踏切をよく見かけたなぁってことでしょうか。
鳥取駅からバスで白兎へ向かっていた時も何カ所か見ていて、更に印象的だったのはその踏切のすぐ近くにバスの停留所があることでしたね。



150422_tottorikurayoshi_071



150422_tottorikurayoshi_072

ふぉぉぉぉぉぉぉおぉぉ:(;゙゚'ω゚'):



150422_tottorikurayoshi_073



150422_tottorikurayoshi_074

SLの写真も!





150422_tottorikurayoshi_075

外に出ると、近くには彫刻が幾つか立っています。
こちらは「緑の彫刻プロムナード」と言うもので、倉吉駅からこの辺りにかけて数多くの作品があるそうです。



150422_tottorikurayoshi_076



150422_tottorikurayoshi_077

そして、さきほどの写真にも見切れていた右手奥...



150422_tottorikurayoshi_078

SLだー!!


150422_tottorikurayoshi_079

こちらはさきほどの写真にもあった 『C11 75』 ですね。当時のをそのままに、静態展示として飾っているそうです。



150422_tottorikurayoshi_080



150422_tottorikurayoshi_081



150422_tottorikurayoshi_082

階段が備え付けられていると言うことは、中も見ていいみたいですね(≧ ▽ ≦)
まぁ、さすがに中までは撮りませんでしたが。

関係ないですが、隣にパトカーが普通に止めてあったのが驚きでした。なんでも隣の建物が、警察官たちの寮だったようで。





150422_tottorikurayoshi_083

五号館の方まで戻ってきて、さきほどの順路通り進行。


150422_tottorikurayoshi_084



150422_tottorikurayoshi_085



150422_tottorikurayoshi_086



150422_tottorikurayoshi_087



150422_tottorikurayoshi_088



150422_tottorikurayoshi_089

児童公園近く。



150422_tottorikurayoshi_090

昔は普通に使われていたポストが、ここでは今でも使われているみたいです(´▽` )



150422_tottorikurayoshi_091



150422_tottorikurayoshi_092



150422_tottorikurayoshi_093

マップによると、この辺りが撮影スポットのようです。
街並みのバッグに打吹山がそびえ立つ光景!

しかし、天気がいいなぁ。22日は普通に暑かったですね^^;



150422_tottorikurayoshi_094



150422_tottorikurayoshi_095



150422_tottorikurayoshi_096

江戸・明治時代に建てられたと言う『白壁土蔵群』です。
順路ではこの奥に見える角で、右に曲がるようになっています。曲がって少し行くと、案内所の近くに戻ってくることが出来、これでマップの順路は終了になります。この一周、特に寄り道をせずなら、だいたい40分ぐらいで一周出来るとか。



150422_tottorikurayoshi_097



150422_tottorikurayoshi_098

レトロな木造の消化器入れ。




150422_tottorikurayoshi_099

さきほどのところを左に折れると、1日目に夕食をとった清水庵に行くことが出来ます。



150422_tottorikurayoshi_100

こちらも入り口にある木彫りの看板がいいですな(´▽` )



150422_tottorikurayoshi_101

兎の餅つき!





150422_tottorikurayoshi_102

そのまま真っ直ぐ行くと、『大岳院』があります。



150422_tottorikurayoshi_103

150422_tottorikurayoshi_104

150422_tottorikurayoshi_105

「南総里見八犬伝」のモデルとなった安房国(千葉県)館山城最後の城主、里見安房守忠義と8人の家臣が葬られています。





150422_tottorikurayoshi_106



150422_tottorikurayoshi_107




150422_tottorikurayoshi_108

マップにあったので、なんとなく立ち寄ってみたのですが、もちろんきたら参拝は忘れません。
これまた立派な拝殿ですね。



150422_tottorikurayoshi_109



150422_tottorikurayoshi_110

150422_tottorikurayoshi_111



150422_tottorikurayoshi_112

150422_tottorikurayoshi_113

あまりお墓は撮るものではない気もしますが..
なので、花も写しつつ撮ってみる。



150422_tottorikurayoshi_114



150422_tottorikurayoshi_115

綺麗に咲いていますね。

多分、季節を考えるとツツジだと思うのですが、いかんせん花についての知識がなさ過ぎるので自信がない。
ただ、私が知ってるツツジと大きさが違うんですよね。記憶にあるツツジの1.5~2倍ぐらいの大きさがあります。と言いますか、私のよく知ってるツツジが小さいだけかしら。



150422_tottorikurayoshi_116



150422_tottorikurayoshi_117






150422_tottorikurayoshi_118

白壁土蔵群に戻ってきました。
正面から見ると、このような建物になります。



150422_tottorikurayoshi_119

150422_tottorikurayoshi_120

看板に白壁倶楽部とありますが、ここは食事処で、レストラン&カフェになっています。
週末などにライブ演奏などを行っている他、時にレストランウェディングも行っているようです。

んで、こんな珍しい建物なのにここで食べなかったのは何故なのかと言うと、写真にも見えますが、定休日が毎週水曜日と毎月第3火曜日なんですね。

4月21日・・・第3火曜日
4月22日・・・水曜日


はい、そういうことです(´・ω・`)



150422_tottorikurayoshi_121

150422_tottorikurayoshi_122





150422_tottorikurayoshi_123



150422_tottorikurayoshi_125



150422_tottorikurayoshi_126
wfkig_126.jpg

観光案内所の方へ戻る途中、団体客の方が次々とある建物の中へ入っていくのを見かけました。
こちらは琴櫻記念館と言う建物ですね。第53代横綱になった相撲力士で、ここ倉吉市出身の方だそうで。実は、打吹公園の近くに琴櫻さんの銅像もあったりします。
ただ、いかんせん相撲さんの知識もないんですよね、ワタクシ(ナニシニキタンダ

ちなみに、入場無料らしいので相撲が大好きなフィギュアファンは、グッスマイベントの後に是非こちらにも。





150422_tottorikurayoshi_127

そして、さきほども通ったこちら。中へ入りませう!



150422_tottorikurayoshi_128

こちらが最初の方に触れた、しょうゆアイスクリームです。



150422_tottorikurayoshi_129

150422_tottorikurayoshi_130

中はごく普通のアイスクリームで、通常のバニラよりもやや黄色風味。
硬さはごく普通のアイスクリームと同じで、トルコ風のような粘りはない、触感なども普通のアイスクリームに近い。

味は確かにしょうゆが混じっていて、普通のバニラとは全然違います。
ココナッツアイスがいくらばかりか近い味ですね。うまかったです(´▽` )



150422_tottorikurayoshi_131

ふと、横を見たら店内に博覧会の広告が!



以上にて、赤瓦・白壁土蔵群でした。
観光案内所で荷物を回収して、駅へ移動...次に松崎駅方面に行くのでバス停で待機。






150422_tottorikurayoshi_132

待っていたら、鳥取砂丘コナン空港からバスがきていました。

そう言えば、調べていて知りましたが、この倉吉から西方面に青山剛昌ふるさと館と言う観光地があるんですが、空港は倉吉より東方面なんですよね(;´Д`)
鳥取空港からだと実際、電車など使っても1時間半~2時間ぐらいかかるそうです。また、最寄りはJRの由良駅なのですが、そこから徒歩20分(苦笑

おそらく、だいたいの観光客はバスか車で行くんでしょうね。












150422_tottorikurayoshi_133

さぁ、バスに揺られて、ところ変わって松崎駅付近。
広い広い畑の向こうに、赤い屋根と緑の屋根の建物が...



150422_tottorikurayoshi_134



150422_tottorikurayoshi_135



150422_tottorikurayoshi_136

近付くと、この辺ではちょっと違和感のある建物がずらりと並んでいます。
こちらは金山嶺橋と言って、最寄りにバス停から行く場合はここを通らないと向こう側へ行けません。(手前に川が...)



150422_tottorikurayoshi_137

横幅広いなぁ...



150422_tottorikurayoshi_138



150422_tottorikurayoshi_139

こちらは、燕趙園という中国庭園です。
こんな畑ばかりの田舎に、こんな大きな建物があるのが驚きですね。

開園したのは、1995年で、ちゃんとした中国の職人が造った建物だそうで。(ばったものではない)
ただ、あまい造りでもあるそうで、改修にまぁお金がかかっているらしく、一部からは批判を受けているそうで(笑
ちなみに、お金は鳥取県から出ているそうです。そりゃ批判も出るわ。駅からも徒歩で15分ぐらいかかるんですよね。観光地の割に、何処も駅から遠いんじゃ

まぁ、それでもこういうところはなかなか見る機会がないので、行きましょうかと言うところで。
ここは「鳥取鐇のりあいばす乗放題手形」で入園料割引きができるので、使わない手はないです(`・ω・´)

中国庭園だけあって、それらしさが垣間見えていますね。
さきほどの金山嶺橋も万里の長城を意識して造られた建物だそうです。


また、ここは SMAPの香取君が主演した西遊記のロケ地 として、劇中のシーンでたびたび使われていたらしいです。と言うのを後で知りました(何時ものパターン
西遊記見てましたけど、どこがそうなのかもう覚えてない^^;

あと、もう一つ。ここは年1回コスプレ大会を行っており、中華コスプレ愛好家の間では有名なコスプレ撮影場だそう。実際、施設にもコスプレに着替える場所を提供している他、衣装を借りることもできるらしいです。真・三國無双や十二国記、彩雲国物語、西遊記などを中心としたレイヤーさんが集まるそうで。
ちなみに、公式ページを見ると、巫女風衣装の某ゲームキャラクターのコスプレ衣装をされた女性の写真を見ることが出来ます(笑



150422_tottorikurayoshi_140

さすが平日で連休でもない時期なので、ほぼ貸し切り状態で中をまわっていましたw
ここもコインロッカーが無料で使えるので、有り難く使わせてもらいました。



150422_tottorikurayoshi_141

さきほどの建物の中には、大きな龍の作り物が。
見た感じ、中国の龍らしい印象がありますな。



150422_tottorikurayoshi_142

しかし、ここ・・・



150422_tottorikurayoshi_143

広いなぁ(;´Д`)
それでも普通に歩いて一周する分には30~40分程度でまわれるそうです。




150422_tottorikurayoshi_144

150422_tottorikurayoshi_145

ここにも鯉がいたので、またカメラが勝手に(マテ



150422_tottorikurayoshi_146

何気なく撮っていたのですが、奥に見える緑の屋根の建物は別の施設のなんですよね。
てっきり、この園内のものだと思っていましたわ^^;



150422_tottorikurayoshi_147

入り口でもらえるマップに順路が書かれているのですが、途中、いろんな分岐があるので、自由に道を楽しめます。



150422_tottorikurayoshi_192



150422_tottorikurayoshi_148

残念だったのが、第8景・荷池に網がかかっていたことですね。
これで一気に現実に引き戻された感(´・ω・`)



150422_tottorikurayoshi_149



150422_tottorikurayoshi_150

実際、彩色などは中国のプロの方がやっているらしく、絵はかなりうまいのは確か。
でも、多分、日本の気候とかに合わせてないから、あちこち損傷が起きたんでしょうね。まぁ、そこは何時ものチャイナクオリティなんでしょう。



150422_tottorikurayoshi_151



150422_tottorikurayoshi_152



150422_tottorikurayoshi_153





150422_tottorikurayoshi_154



150422_tottorikurayoshi_155



150422_tottorikurayoshi_156



150422_tottorikurayoshi_157

この辺りも西遊記で使われたところだそうで。



150422_tottorikurayoshi_158



150422_tottorikurayoshi_159

三景軒と言う建物の中。円形の穴を通して、園内の景色を楽しむことが出来ます^^



150422_tottorikurayoshi_160



150422_tottorikurayoshi_161



150422_tottorikurayoshi_162

魚背橋と言う橋で、下が水面にぴったり張り付くぐらいの高さになっています。
まるで魚の背中に乗っている気分が味わえる・・・だそうで。



150422_tottorikurayoshi_163

こちらは、七星橋です。この橋、実際に上ってみるとわかるのですが、階段の一段一段が斜めになっています。
なので、最初はまぁ上りにくいです。向こうではこれが普通なんでしょうかね^^;



150422_tottorikurayoshi_164

150422_tottorikurayoshi_165

七星橋の両側の左右には、獅子の像があります。左右に2匹。

この燕趙園には、何カ所かで音声ガイダンスを受けることができるようになっていて、この近くにもボタンがありました。
その説明によると、向かって左(写真1枚目)が雌で、右が雄(写真2枚目)です。また、この2体の像が足を乗せているものですが、雌の方が子供の獅子に足を置いていて、雄の方が球に足を置いているらしいです。これはこの燕趙園入り口にある獅子も同じようになっているそうで...

ここで見ると、雄の球はなんとなくわかるのですが、雌の子獅子は・・・わからん(;´Д`)



150422_tottorikurayoshi_166



150422_tottorikurayoshi_167



150422_tottorikurayoshi_168





150422_tottorikurayoshi_169



150422_tottorikurayoshi_170





150422_tottorikurayoshi_171

さきほどの七星橋です。
横から見ると、こんな感じ。



150422_tottorikurayoshi_172



150422_tottorikurayoshi_173

ここから道なりに行くと、



150422_tottorikurayoshi_174



150422_tottorikurayoshi_175



150422_tottorikurayoshi_176



150422_tottorikurayoshi_177


150422_tottorikurayoshi_179





150422_tottorikurayoshi_180

第17景・一覧亭はこの施設の中で一番高いところにあり、周りを眺めることができるようになっています。
また...



150422_tottorikurayoshi_181


おや、何かが見切れていますな(ぉぃ



150422_tottorikurayoshi_182

傍らを見ると、小さな銅鑼が飾ってあります。

これ、勝手に叩いていいらしいんですね。説明書きには、思いっきり叩いて辺りに響かせてくださいとありました。

なので、思いっきり叩いてみました(`・ω・´)

すると、お腹にめっちゃきました(´△` )
振動半端ないです(苦笑



150422_tottorikurayoshi_183



150422_tottorikurayoshi_184



150422_tottorikurayoshi_185



150422_tottorikurayoshi_186

天地山は危ないらしく、道が封鎖されてましたな^^;



150422_tottorikurayoshi_187

んで、下の方は中に入ることが出来るようになっていました!
わくわくしましたが、まぁ普通の空洞です。そんなことよりも中に入った途端、小さい虫の群れに襲われるという事件が(笑



150422_tottorikurayoshi_188

中には、福の文字。



150422_tottorikurayoshi_189



150422_tottorikurayoshi_190



150422_tottorikurayoshi_191



150422_tottorikurayoshi_193

以上、燕趙園でした。



150422_tottorikurayoshi_194

外に出て、改めて獅子を見てみます。



150422_tottorikurayoshi_195

球ですな。



150422_tottorikurayoshi_196

そして、雌の方。



150422_tottorikurayoshi_197

おぉ、子供だ!
この大きさで見ると、よくわかりますね(´▽` )



150422_tottorikurayoshi_198

そこから歩いて、松崎駅へ。
JRに乗って、東京駅へ戻りました。





駅に戻ってからは、高速バスまで1時間30分ほどありましたので、夕食を取ったりぶらぶらしてました。

150422_tottorikurayoshi_199

町中を歩いていて、見つけた懐かしいものが・・・Windows95ぇ(;´Д`)



150422_tottorikurayoshi_200

そして、鳥取駅へ戻ってきました。



150422_tottorikurayoshi_201

夕食は、駅構内にある砂丘うどんなるところで。
炭水化物&炭水化物か...



食べて、高速バスの停留所へ。
実はここでちょっとしたトラブルがあったのですが、まぁそこは伏せておこうかなと(笑

以上、みるまうすが行く 鳥取・倉吉 1泊2日の旅 ~ 2日目でしたー!

フィギュア博覧会がメインで行ってきましたが、振り返ると博覧会よりも観光の写真の方が多かったと言う何か。
今回よかったのは何よりも天気に恵まれたことですね。天気がいいと行動もしやすいですし、ダイヤの乱れも起きにくい部分があります。そういう意味では恵まれたなぁと。

倉吉では観光している中、地元の人に声を掛けていただいて、町の良さについて語ってもらったりもしました。おすすめの観光地なども教えていただいたりして、今回も旅行先の地で住民の温かみに触れた2日間でございました(´▽` )

さて、次は何処へ行く...(ぉぃ











最後に。。。

150422_tottorikurayoshi_202

今回の旅行に備えて、造ったしおり。
東京観光の時にもしおりは造っていました。


150422_tottorikurayoshi_203

だけど、今回は観光地にくわえて、公共交通機関のダイヤもある程度記しておきました。
万が一、乗り遅れたりしたらのためです。まぁ、問題なかったですけどね。

倉吉のなしっこ館も候補には入れていたのですが、今回は結局行きませんでしたね。




150422_tottorikurayoshi_204

鳥取駅近くで買った、鳥取砂丘の砂を固めて造られたモアイ像とウルトラマン。
モアイ像は大きいサイズもありましたが、こっちの方が数が多かったので^^




150422_tottorikurayoshi_205

観光地などの広告や案内紙です。白兎神社のだけ入手しておくの忘れてましたね。
右下のトリパスは、鳥取の観光地が書かれていて、このトリパスに書かれている施設でちょっとしたサービスが受けられるパスポートです。

私が宿泊した旅館でも、自販機からお好きな飲み物をひとつもらえるという、ちょっぴり嬉しいものがありました(笑




150422_tottorikurayoshi_206

今回の記事の前半にあたる『赤瓦・白壁土蔵群』の散策マップ。
赤い矢印と青い矢印のルートがありますが、赤い方が長い方で、一通りまわるのに1時間半ほどかかるそうです。




150422_tottorikurayoshi_207

今回、バス移動で大いに役に立った『鳥取鐇のりあいばす乗放題手形』です。
右にあるように、本当に手形なんですよね。左の紙にあるように、絵違いで何種類かあります。




150422_tottorikurayoshi_208

博覧会会場で購入出来る、打吹公園だんごです。
1人で食べる分と、家族の分と、二箱購入しました。




150422_tottorikurayoshi_209

ミクデザインの包装紙に包まれているだけで、中はこのようなパッケージ。
それから、おまけの「桜ミク Bloomed in Japan」ステッカーです!




150422_tottorikurayoshi_210

団子は五本入りで、よく見かける三色団子よりは小さめ。
でも、おいしい(´▽` ) 抹茶のはしっかりと抹茶の風味があるものでしたな。




150422_tottorikurayoshi_211

他、博覧会で購入したものなど。
そっちの記事でも触れたとおり、湯飲みはすでに売り切れで買っていません。
とりあえず、アクリルキーチェーンとクリアファイル。

あと、figma島風があったので買っておきました。




150422_tottorikurayoshi_212

クリアファイルは3種類の図柄のセットになっています。
マジかわいい(*´ω`*)

以上!!




【関連記事】
【撮影分】桜を見に京都へぶらり・・・だけじゃなかった京都めぐり。
【撮影分】ねんどろいどがやってきた! フィギュア博覧会in倉吉 2015春
【撮影分】金沢旅行と思いきや・・・ in 2015 ~ 雪が・・・・・・・な2日間。
【撮影分】東京観光です! ~ 新宿 - 東京スカイツリー - 浅草寺
【撮影分】なら燈花会 x 境界の彼方
2012/04上旬 滋賀旅行 ~2日目。
2012/04上旬 滋賀旅行 ~1日目。
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1213-20e8ecae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。