上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


150402_00_kyoto_sakura_00.jpg

桜を見に京都へぶらり・・・だけじゃなかった京都めぐり。 2015

と言う今月上旬の話の撮影分。
また、載せるのが今更な時期になりつつありますが(苦笑

前の梅は地元・万博記念公園の方で撮ったので、桜はちょっと県外に足を運ぼうかと思ってましたまぁ県外って言っても、京都なのでお隣さんぐらいの距離ですが。京都はアニメ作品と縁のある神社仏閣もあるので、その辺を中心に巡ってきました。

なので、桜を見に行きつつも、桜がメインでもなかったりします(ぇ

何時も通り、電車運賃などはきっちりチェックしていったわけですが、現地についてはそこは私、行き当たりばったりな感じでございます。途中途中にあぁ....しまった....ってところがあったりなかったり。



撮影日2015/04/02
撮影使用機材PENTAX K-50 + SIGMA DC 18-250mm F3.5-6.3 MACRO HSM
AF360FGZII + FLASH BENDER L





150402_00_kyoto_sakura_01

今回、京都に行くに当たって利用した 『京阪みやこ漫遊チケット』
いわゆる一日乗り放題乗車券なのですが、こちらは

【京阪電車 全線】
【男山ケーブル】
【京津線(御陵駅~浜大津駅間)】
【京都市営地下鉄 烏丸線・東西線】
【京都市バス 全線】
【京都バス(京都市内均一性区間、大原、岩倉地区)】


の全てが乗り放題になります
。京都バスの利用区間が少しややこしいですが、ある一定の範囲内になっているようで、詳しくは京阪電車HPにあるページを見ていただいた方がわかりやすいと思います。

値段は 1,600円 とお高く、子供料金のない大人用料金のみの販売になっています。発売期間も梅や桜が開花する春の時期のみだそうで、今回は 3月6日(金) から 5月31日(日) までで、利用出来るのもこの期間内になっています。

くわえて、このチケットには特典があり、付属のガイドマップに記載されている施設で幾らかの割引きをしてもらうことができます。(ただし、クーポンの数に限りあり)
と言っても、今回はある一箇所以外はクーポンを使用することはなかったわけですが(ぇ



値段がお高いですが、この日は

・京阪
 寝屋川市駅 ~ 八幡市駅 : 310円
 男山ケーブル利用 : 200円
 八幡市駅 ~ 黒染駅 : 270円
 黒染駅 ~ 伏見稲荷駅 : 150円

・バス
 河原町今出川 ~ 烏丸今出川 : 230円
 烏丸丸太町 ~ 花園扇野町 : 230円
 衣笠校前 ~ 二条城前 : 230円

・京阪
 二条城前 ~ 三条京阪駅(東西線) : 210円
 三条駅 ~ 門真市駅 : 390円

と言うルートだったので、もとはとっている・・・はず。と言うより、途中でいちいち切符を買ったりするのが面倒くさいんですよね。特にバスはおつりなしで払わなきゃいけないので、お金崩すのも面倒ですし(ぉぃ

あと、私はモノレールで門真市まできてから京阪に乗り換えていますが、上のルートで最初が寝屋川市駅からになっているのは、このチケットを買える駅で家からの最寄りが寝屋川市だからです。(京阪の全ての駅で購入出来るわけではありませんので、利用する場合は事前にサイトをチェックしましょう)

ちなみに、これ以外にも乗り放題のチケットがあったりしますので、乗る交通機関などに合わせて買うのがいいと思われます。



150402_00_kyoto_sakura_02

前述したように、中にはガイドマップや利用方法を記載した説明書が同封されています。



150402_00_kyoto_sakura_03


チケットはこんな感じ。
ちゃんと改札機にも通すことができるタイプになっています。
バスの場合は、まずは降車する時にカードリーダーに差し込みます。すると、裏面に日付の記載が印字されるらしいので、あとはそれを運転手さんに見せるだけでいいそうです。しかも、カードリーダーに通すのは1回目だけでいいらしく、2回目以降は運転手さんに見せるだけでいいらしい(´▽` ) 便利ねぇ~。





と言うわけで、寝屋川市から出発~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
(実際、走っていったわけではありません、もちろん)

150402_01_iwashimizu_001

まずは、八幡市駅



150402_01_iwashimizu_002

目的はこちら 『石清水八幡宮』 です。
名前はちょこちょこ聞いたことがあるのですが、実は一度も行ったことがなかったようです。ようですと言うのは記憶にないぐらい幼い頃も、と言うことです。(私の親は行ったことがあるとのことで)





150402_01_iwashimizu_003

周辺マップ。石清水八幡宮以外にも観光スポットが何カ所かあるようで。



150402_01_iwashimizu_004

駅の周り。観光地だけあってか、結構広いでしょうか。



150402_01_iwashimizu_005

駅の裏手の方に、背割堤と言う呼ばれるところがあり、そこに満開の桜が咲いているそうで、予定にはなかったのですが行ってみることに。
距離的にはそんなに遠くないと思ってたんですが...



150402_01_iwashimizu_006



150402_01_iwashimizu_007



150402_01_iwashimizu_008


あ、思ったより遠いかも(;^_^A
ってか、すげぇ広い・・・橋の反対側から撮っても、横幅埋まらないとか...



150402_01_iwashimizu_009

橋見る感じ、そんなには遠くなさそうにも思えますが、行って撮って帰ってきたら結構時間がかかりそう。



150402_01_iwashimizu_010

と言うわけで、引き返しました(笑

あそこはまた何時か見に行こう(ぉぃ



150402_01_iwashimizu_011

駅の方へ真っ直ぐ歩いて、そのまま真っ直ぐ通過。





150402_01_iwashimizu_012

石清水八幡宮・・・ですが、ここはほんの入り口と申しますか、いわゆる山麓の入り口ですね。



150402_01_iwashimizu_013



150402_01_iwashimizu_014

でも、ここからすでにでっけぇ鳥居でした:(;゙゚'ω゚'):



150402_01_iwashimizu_015



150402_01_iwashimizu_016


一ノ鳥居とあります。この石清水八幡宮には、この他に二ノ鳥居と三ノ鳥居があります。
この2つの鳥居も後ほど...



150402_01_iwashimizu_017



150402_01_iwashimizu_018

この近くにも桜がちらほら咲いていました。
これだけを撮りにこられる方もいましたね。



んで、実は言うと、行きはここから上っていこうかぁなんて考えていました。いましたが...

150402_01_iwashimizu_019

空いてねぇ(;´Д`)

後でわかりましたが、9時にならないと開門しないそうです。もっと早く開くものだと思っていたんだけど。
っても、この日は家を出たのが6時前で、、ここに着いた時点で朝の7時40分ぐらい(笑
一日かけてまわりたいところを確実に行こうと思っていたんですが・・・まぁこういうのは何時ものことです(ぉぃぃぃぃ



この時は何時に開門するか知らなかったので、Uターンして

150402_01_iwashimizu_020

男山ケーブルへ来ました。結局、楽して上るのか...(苦笑
こんな時間なのでガラガラで1人貸し切りだーとか思ってたのですが、出発する頃には10人ぐらいになっていました。



150402_01_iwashimizu_021

ケーブルカーの中から1枚。
手すりが写り込んでいますけども





150402_01_iwashimizu_022

ケーブルカー 男山山上駅を降りると、左右への分かれ道。
どちらからも石清水八幡宮へ行け、こちらの方が少しまわり道になるそうです。

ただ、この時期は梅が少しばかり残っているとのことで、こっちから行ってみることに。
石清水八幡宮の公式ページの、「境内のご案内」に地図があるのですが、こちらの道はいわゆる裏参道に当たります。



150402_01_iwashimizu_023

反対側はこんな感じ。左下の方にゴミ箱が見えますが、その手前から駅に入れます。
なお、そのまま真っ直ぐ行けば階段があり、そこから展望台に上がることも可能。
(展望台自体は、前の写真の方からまわり道しても行くことが出来ました)



150402_01_iwashimizu_024



150402_01_iwashimizu_025

桜が咲いていたのでパシャリ。



150402_01_iwashimizu_026

肝心の梅が見当たらなかったです...多分、見落としただけだとは思いますが^^;



150402_01_iwashimizu_027



150402_01_iwashimizu_028



150402_01_iwashimizu_030

せっかくですので、展望台にも行ってみようかなと。



150402_01_iwashimizu_031

その展望台の傍らに建物が、そこに結構な数の竹筒がありましたね。
灯籠に使うものなのかな?



150402_01_iwashimizu_032

こちらが展望台。



150402_01_iwashimizu_033

見晴らしいいかと思いきや、木々が生い茂ってて遠くの方しか見えないじゃないか(笑



150402_01_iwashimizu_034

150402_01_iwashimizu_035



150402_01_iwashimizu_036

150402_01_iwashimizu_037

この辺りも桜が結構咲いていましたね(´▽` )





さきほど案内板のところに戻って、今度は反対側へ...

150402_01_iwashimizu_038

すぐに鳥居が見えてきました。
これまた、大きな鳥居だなぁ(゚д゚ )



150402_01_iwashimizu_039

やや上りでしたが、緩やかな参道で歩きやすいです。
階段も少なめなので、ベビーカーなどでも行こうと思えば行けるかもしれません。



150402_01_iwashimizu_040


途中、階段とその上に門が見えるところが。
ここから入ると、石清水八幡宮の右手の方に入れるみたいです。



150402_01_iwashimizu_041


まぁ、今は封鎖されていましたが。





150402_01_iwashimizu_042

朝方に来ましたが、歩いていると他の参拝者の方が何人か。
中には小学生らしき子供たちもいて元気に走っておりました。

しかし、もう帰られる辺りとは早いな...



150402_01_iwashimizu_045





150402_01_iwashimizu_046

階段を上がると、本殿手前にある南総門の前に出てきました。



150402_01_iwashimizu_047

手前左手にある、手水舎で手のお清め。



150402_01_iwashimizu_048

150402_01_iwashimizu_049



150402_01_iwashimizu_050

食事も取ることが出来たりするんですねぇ。
ただ、10時半からだそうですが(笑



150402_01_iwashimizu_051

ではでは...



150402_01_iwashimizu_052

入りませう!



150402_01_iwashimizu_054

立派な建物ですなぁ。綺麗な赤色は漆でしょうか。
こんな山の上なので、こんな綺麗な状態で残せるものなんでしょうかね。いや、山の上の方が荒れやすいかどうかは知りませんが(ぉぃ

そう言えば最初の方で、アニメうんぬんで場所をみたいなことを書きましたが、
この石清水八幡宮は、戦艦「扶桑」「山城」に分霊が祭られていたそうです。いわゆる、艦内神社です。
あとで知ったことですが、昨年がちょうど戦没70周年だそうで、慰霊祭も行われたらしいです。

ちなみに、この日の翌日の3日、石清水八幡宮では御鎮座奉祝祭や舞楽奉納が行われるのを事前に知っていたのですが、この頃の天気で晴れているのが2日のみだったので2日に来ました。



150402_01_iwashimizu_055

上の方に、龍と虎が見えますね。立体感があり、色彩も鮮やかでした。
って、別にそういうコメントはいらないかw



150402_01_iwashimizu_056

横には舞を見ることが出来るようなところも。



150402_01_iwashimizu_057

ちなみに、境内の中には桜は一本だけ。
横のやつがばっさり切ってありますが、何かあったんでしょうかね。



150402_01_iwashimizu_058






150402_01_iwashimizu_059



150402_01_iwashimizu_060



150402_01_iwashimizu_061

せっかくきたので、本殿の周りをぐるりと一周。



150402_01_iwashimizu_062



150402_01_iwashimizu_063

ここの右手に門があったのですが、そこがさきほどの赤い門だと思います。



150402_01_iwashimizu_064



150402_01_iwashimizu_065



150402_01_iwashimizu_066



150402_01_iwashimizu_067

こちらは反対側の門。



150402_01_iwashimizu_068



150402_01_iwashimizu_069

一周した後、ちょうど宮司さんらしき方がいらっしゃったので、さきほどの一ノ鳥居の話を聞いて、開門時間のことを知りました。



150402_01_iwashimizu_070

南総門を出てちょうど、まわりり道から南総門前へ入ってきたところまで戻ってきました。
一の鳥居は9時には開いているとのことでしたので、行きは無理だったから帰りは歩いて行こうかなと、このまま真っ直ぐ。



150402_01_iwashimizu_071



150402_01_iwashimizu_072



150402_01_iwashimizu_073



150402_01_iwashimizu_075





150402_01_iwashimizu_076

そのまま真っ直ぐ行こうと思ったのですが、右手に桜が見えたのでちょっとだけ寄り道。



150402_01_iwashimizu_077



150402_01_iwashimizu_078



150402_01_iwashimizu_079

知らなかったですが、お祭りの期間?だったようで。
夜はライトアップされるんですかね。

この写真を奥にある階段を上って、左手の方へ行くと男山ケーブルの駅の方へ行けるようで。
(さきほどまわり道した方と反対側の方に出る)



150402_01_iwashimizu_080


この建物はなんでしょう...



150402_01_iwashimizu_081

ちなみに、さきほど櫻の方へ行く前のところから本殿の方を向くと、こんな感じ。



150402_01_iwashimizu_082

150402_01_iwashimizu_083

くぐってからパシャリ。こちらが三ノ鳥居です。
普通は、ここを最後にくぐると思うんですけどね(苦笑



150402_01_iwashimizu_084

下りと言っても、ほぼ階段のようです。



150402_01_iwashimizu_085

階段...



150402_01_iwashimizu_086

階段...



150402_01_iwashimizu_087

まだまだ階段...



150402_01_iwashimizu_088



150402_01_iwashimizu_089

そして、階段...



150402_01_iwashimizu_090

ひたすら階段なのです。



150402_01_iwashimizu_091



150402_01_iwashimizu_092

階段を下りきると、ゆるやかな道になり



150402_01_iwashimizu_093

真っ直ぐ行くと鳥居が・・・と言うことは!



150402_01_iwashimizu_094

そう、二ノ鳥居でした(´▽` )



150402_01_iwashimizu_095

麓には駐車場もあるんですね。



150402_01_iwashimizu_096



150402_01_iwashimizu_097

真っ直ぐ行って、門をくぐりました。
中の際のところで、何やら準備をされている方が。
この参道、しばしばウォーキングコースとしても使われているようで、どうもウォーキングゲームをやる準備をしていたようです。



150402_01_iwashimizu_098



150402_01_iwashimizu_099



150402_01_iwashimizu_100



150402_01_iwashimizu_101

少し距離をとってもう1枚。
奥の山すごいなぁ...さすが結構な数の階段を下りてきただけあります。



150402_01_iwashimizu_102

この門が、最初の方に出てきた閉まっていた門です。
以上、石清水八幡宮の撮影分でした。

これ...早くきてまだ開いてなくてoh(´△` )ってなったけど、閉まっててよかったかな。
ここから上ってたらまぁ疲れてただろうなぁ...










150402_02_bokusenzi_01

続いて、ところ変わって、同じく京阪本線の黒染駅です。

八幡市は急行まで、黒染駅は準急までしか止まりません。
(京阪電車は、普通・区間急行・準急・急行・快速急行・特急があります)

八幡市駅に戻った時にちょうど急行がきたので、黒染駅の一個手前の丹波橋まで行って、そこで普通に乗り換え。



150402_02_bokusenzi_02

次の目的は、黒染駅から5分ぐらい歩いたところ。



150402_02_bokusenzi_03

見えてきたよ~(´▽` )
っても、実は最初、案内に気がつかなくて、ちょっと行きすぎてしまったんですよね





150402_02_bokusenzi_04

墨染寺です。「ぼくせんじ」と読みます。
実は、駅名は「すみぞめえき」で、こちらのお寺さんが「ぼくせんじ」と同じ漢字でも読み方が違います。



150402_02_bokusenzi_05



150402_02_bokusenzi_06


町の中にちょこんとあったりしたので、ビックリしました。



150402_02_bokusenzi_07



150402_02_bokusenzi_08


うぉぉ、ここも桜がすご~いヽ(‘ ∇‘ )ノ



150402_02_bokusenzi_09



150402_02_bokusenzi_10



150402_02_bokusenzi_13



150402_02_bokusenzi_14



150402_02_bokusenzi_15



150402_02_bokusenzi_16


150402_02_bokusenzi_17



150402_02_bokusenzi_18

綺麗な桜が多く咲いていますが、ここにきた目当てはこの桜色らしい桜ではなく...





150402_02_bokusenzi_19

150402_02_bokusenzi_25


こちらの桜です。

そこ、しょぼいとか言わないでください!(ぉぃ
まだ若木のようなんですよね。何時か大きくなったのを見てみたいですね。

また、この桜はやや遅咲きだそうで、この日の段階ではちょっと早かったみたい^^;



150402_02_bokusenzi_20

なお、この木は三代目のようです。



150402_02_bokusenzi_21

前の写真にあるように、墨染桜とあります。
自分の写真があれなのでわかりにくいかもですが、やや黒みのある白い桜なんですよね。

んで、こちら、お寺の名前と桜と言うところで気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが...



東方妖々夢に出てくる西行寺幽々子。彼女のテーマ曲にある『幽雅に咲かせ、墨染の桜~ Border of Life』。
この黒染の桜と言うのが、こちらの桜にあたるそうです。


平安時代の歌人・上野峯雄氏が藤原基経氏の死を悲しんで、「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」と歌を詠んだところ、桜の花が墨染色に染まったという伝説があり、そこからこの名がついたそうで。

なお、ゆゆ様と言うと白玉楼の咲かない桜がありますが、そちらの元ネタはまた別のところにあります。そちらは京都でも西京区の方にあって、この日まわるところからは大きくルートがずれるんですよね。また、機会があれば行こうかなと思います^^;



150402_02_bokusenzi_22



150402_02_bokusenzi_23



150402_02_bokusenzi_24





150402_02_bokusenzi_26

せっかくきたので、桜色の桜も撮っていきましょう(´▽` )



150402_02_bokusenzi_27



150402_02_bokusenzi_28



150402_02_bokusenzi_29



150402_02_bokusenzi_30



150402_02_bokusenzi_31



150402_02_bokusenzi_32



150402_02_bokusenzi_33

以上、墨染寺でした。

ここは急行が止まらない駅にあるということもあってか、人はあまりいませんでしたね。この後、あるとても有名なところへ行くのですが、そっちとは本当に人の数が違います。途中、2、3人程度来られていたぐらいですね。
なので、じっくりゆっくり撮れたのはよかったです。シャッター音で住職さんはいい迷惑だったでしょうけど

まぁ、平日だからこそってところですけどねw










150402_03_hushimiinari_01

続いて、きました! 伏見稲荷です。
ここは予定には入れていなかったのですが、時間に少し余裕があるのと、黒染駅から出町柳方面に向かうとして、急行に最初に乗り換えられるのが伏見稲荷駅と言うことでせっかくだから寄ってみようってところでした。



150402_03_hushimiinari_02

伏見稲荷大社は駅から少しばかり歩くみたいですね。



150402_03_hushimiinari_03



150402_03_hushimiinari_04

これまた広大な・・・多分、全部まわるのは無理やな(苦笑



150402_03_hushimiinari_05



150402_03_hushimiinari_06

予想はしていましたが、外国人の観光客がちらほら...ってか、ほとんど外国人です。
ただ、ちょうど春休みと言うこともあって子供も割といましたね...



150402_03_hushimiinari_07



150402_03_hushimiinari_08



150402_03_hushimiinari_09



150402_03_hushimiinari_10



150402_03_hushimiinari_11



150402_03_hushimiinari_12



150402_03_hushimiinari_13


おぉ、これまた立派な...(; ・`д・´)



150402_03_hushimiinari_14



150402_03_hushimiinari_15

せっかくなので門前にもまわってみたり。立派な狐の像がありますね。



150402_03_hushimiinari_16



150402_03_hushimiinari_17



150402_03_hushimiinari_18



150402_03_hushimiinari_19


境内には、しだれ桜がありました。



150402_03_hushimiinari_20



150402_03_hushimiinari_21



150402_03_hushimiinari_22



150402_03_hushimiinari_23



150402_03_hushimiinari_24



150402_03_hushimiinari_25

噂の千本鳥居。
とりあえず、きたので入ってみよう。



150402_03_hushimiinari_26

と言っても、人が多いので、やはり混雑してる^^;



150402_03_hushimiinari_27



150402_03_hushimiinari_28



150402_03_hushimiinari_29



150402_03_hushimiinari_30



150402_03_hushimiinari_31



150402_03_hushimiinari_32



150402_03_hushimiinari_33



150402_03_hushimiinari_34



150402_03_hushimiinari_35



150402_03_hushimiinari_36



150402_03_hushimiinari_37



150402_03_hushimiinari_38



150402_03_hushimiinari_39



150402_03_hushimiinari_40

さすがに人が多いので、もうこの辺で撤収しようーー;
ここを上がっていけば、確か、ARIAの原作1巻にあったシーンの場所などに行けるのですが・・・まぁそれはまた空いている時にでも。

空いている時ってあるのかしら...いやきっとシーズンじゃない時なら。



150402_03_hushimiinari_41

では、降りましょうか。




150402_03_hushimiinari_42



150402_03_hushimiinari_43




150402_03_hushimiinari_44



150402_03_hushimiinari_45



150402_03_hushimiinari_46



150402_03_hushimiinari_47


桜なども見かけたので、とりあえず、パシャリ(ぉぃ



150402_03_hushimiinari_48

以上、伏見稲荷大社でした。
さすが有名所とあってか、人が多く、撮りたいものも隠れてしまって一苦労です。
また、ゆっくりまわれる頃に来てみたいですね^^;










150402_04_demachishoten_01

続いて、護王神社に行くために出町柳へきたのですが、せっかく出町柳にきたのでちょっと寄り道
この辺りでちょうどお昼時でした。



150402_04_demachishoten_02



150402_04_demachishoten_03



150402_04_demachishoten_04



150402_04_demachishoten_05

河合橋と出町橋を越えて...



150402_04_demachishoten_06



150402_04_demachishoten_07

見えてきました。

出町桝形商店街です。去年行けば一番よかったのですが...まぁそこまでして行く気なかったし(ぉぃ



150402_04_demachishoten_08



150402_04_demachishoten_09



150402_04_demachishoten_10

ここは、たまこまーけっとに登場するうさぎ山商店街のモデルになった商店街で、ところどころ全く同じようになっているそうです。
まぁ、どこがどうなのか詳しくは知りませんが(ぉぃぃぃぃ

あくまでモデルと言うわけで、この辺の土地の全てを再現したわけではないみたいです。
なんせ、たまこが通っている学校はこの出町柳から10駅離れている藤森駅にありますし、劇中で出た歩道なども藤森駅周辺のようで。

まぁ、そんなことはおいといて、軽くぶらぶらしてました。



150402_04_demachishoten_11



150402_04_demachishoten_12



150402_04_demachishoten_13



150402_04_demachishoten_14



150402_04_demachishoten_15

みどりのおじいちゃんが営む 「トキワ堂」 のモデルになったお店。
モデルのこちらもおもちゃ屋さんなんですな。



150402_04_demachishoten_16



150402_04_demachishoten_17

デラもおったで。

と言うわけで、出町桝形商店街でした。










150402_05_gooujinja_01

そこから近くのバス停から移動して、続いて、さきほど触れたこちら。



150402_05_gooujinja_02

護王神社です。



150402_05_gooujinja_03



150402_05_gooujinja_04



150402_05_gooujinja_05


外壁の外回りには、護王神社の歴史らしい絵画が展示されていました。



150402_05_gooujinja_06



150402_05_gooujinja_07

道路を挟んで向こう側からも1枚。
っても、これは去る時に撮ったものですが(笑

入り口側からは距離的に画角におさまらないんですよね。





150402_05_gooujinja_08



150402_05_gooujinja_09

足腰御守とあるように、この神社は足腰の守護神を祀っている神社だそうです。
実際、自分以外に来ていた方はご老人ばかりでございまして、足腰の病気やけがの早期回復や緩和の祈願に来られている方が多いようです。



150402_05_gooujinja_10

狛犬ならぬ狛イノシシです!

護王神社の公式サイトにある「和気清麻呂公といのしし」の項目を見ていただけるとよくわかると思いますが、和気清麻呂公がその昔、足が災難に遭われた時、どこからか表れた三百頭ものイノシシが清麻呂公を護ったことから、この神社ではイノシシが建てられているとのことで。



150402_05_gooujinja_11

しかし、よくできています。
勇ましいイノシシだなぁ(´▽` )



150402_05_gooujinja_12



150402_05_gooujinja_13



150402_05_gooujinja_14

表門の反対側です。入って、右手に手水舎があります。



150402_05_gooujinja_15

150402_05_gooujinja_16

手水舎にもイノシシの像が建てられています。
なんとこの神社、このイノシシの口から水が出ます。

撮った時はたまたま水が止まった時でした^^;
何かセンサーでもあるのかしら。

なお、このイノシシ、鼻を撫でてあげると幸運が訪れるとか!?



150402_05_gooujinja_17

境内の中央には拝殿があります。ここにきたお目当ては、この拝殿にあるのですが、それがなんなのかは後ほど。



150402_05_gooujinja_18

こちらにもイノシシ。さきほどのよりちょっと小さい? 子供かな(ぉぃ



150402_05_gooujinja_19

拝殿の奥に中門があります。
この更に奥に、本殿があるようですが、見た感じでは入れなさそうでした。



150402_05_gooujinja_20

そのお隣には「足萎難儀 回復の碑」と呼ばれる碑石があります。



150402_05_gooujinja_21

下には足を合わせる窪みがあり、ここに両脚を添えて乗ったり、さすって祈願すると足に良いらしいです。





150402_05_gooujinja_22



150402_05_gooujinja_23

150402_05_gooujinja_24

手水舎の先には、歌碑もありました。



150402_05_gooujinja_25

なお、こちらの方は駐車場も設けられています。
外にも駐車場があったので、こちらは関係者が利用するところなのかな?



150402_05_gooujinja_26



150402_05_gooujinja_27


こちらはさきほどのイノシシと縁の深い、和気清麻呂公の銅像です。
平安京への遷都を決断した人物、歴史のかの時代の人物でも重要な方の1人ですね。



150402_05_gooujinja_28

150402_05_gooujinja_29

その清麻呂公の銅像の奥には、さざれ石があります。
なんでも、このさざれ石が日本の神社仏閣にあるものの中で一番大きいとか。

この護王神社はそちらの方でも有名だったりするそうです。



150402_05_gooujinja_30





150402_05_gooujinja_31

中門の隣には、祈願殿があります。



150402_05_gooujinja_32



150402_05_gooujinja_33

祈願殿の隣には、「飛翔親子猪」と呼ばれるものが。
こちらはチェーンソー彫刻で造られており、チェーンソーアートの世界チャンピオン城所ケイジ氏が「生命のよみがえり」をテーマに彫刻し、翼の生えた神猪が子猪を守る姿が表現されているとか!



150402_05_gooujinja_34

150402_05_gooujinja_35



両側の作品は、北山杉で彫刻した作品「昇り神猪と降り神猪」



150402_05_gooujinja_36

150402_05_gooujinja_37



150402_05_gooujinja_38

150402_05_gooujinja_39

その他、全国から奉納された多数のいのししが展示されています。
置物に限らず、土鈴・色紙・絵馬もありました。





150402_05_gooujinja_40

さて、ここにきた理由ですが、さきほどの拝殿。



150402_05_gooujinja_41



150402_05_gooujinja_42

四方聖獣の絵も飾られています。



150402_05_gooujinja_43

そして、見たかったのはこの後ろ側。
左下の方に見えますよね(´▽` )




150402_05_gooujinja_44

150402_05_gooujinja_45

こちらは右の方にある四陣の絵馬。



150402_05_gooujinja_46

150402_05_gooujinja_47

150402_05_gooujinja_48

そして、こちらですよ!

この護王神社は、重巡洋艦・高雄の艦内神社として分霊が祀られていました。
説明にもある通り、当時の乗組員の方々も訪れていたんですね。

上にある額は、当時の乗組員の方々が奉納されたものだそうです。
こういうのがちゃんと残っているのがいいですなぁ^^


以上、護王神社でした。
この神社自体は桜はあまりなかったのですが、この近くには京都御苑があり、そちらは桜が多く咲いていました。
来年またくることがあればそちらにも足を運んでみたいですね。










150402_06_houkongou_01

そして、また移動。右京区の花園駅あたりへきました。
太秦映画村から徒歩15分ぐらいの辺りでしょうかね。

この花園駅のすぐ近くに次の目的地があります。



150402_06_houkongou_02

写真から奥の方に向かっていくと、もう見えてきました。
でも、反対側ですね。



150402_06_houkongou_03

お次の目的地、法金剛院です。この辺りは双ヶ丘の麓で、古くから名勝の地とされているそうで。
広い車道に面したところなので、これまたこちら側からでないと画角的にきつい場所ですね。



150402_06_houkongou_04

この辺りは桜も結構咲いているようでしたね。
とりあえず、向かいに渡って...



150402_06_houkongou_05



150402_06_houkongou_06

撮りつつ進みましょうか。





150402_06_houkongou_07


150402_06_houkongou_08


こちらは、関西花の寺二十五霊場のひとつで、その十三番。
この日は桜を見に来ただけですが、ここは蓮の名所です他に嵯峨菊、紫陽花なども見ることが出来るそうで。



150402_06_houkongou_09



150402_06_houkongou_10



150402_06_houkongou_11



150402_06_houkongou_12

寺内の地図。
こちらは拝観料がいります。500円だったかな。
なお、こちらは 『京阪みやこ漫遊チケット』 による割引が適用されます。まぁ、50円引程度ですが、それでも割引を使わない手はないです(`・ω・´)



150402_06_houkongou_13

外の参道でも、なかなか桜が綺麗です。



150402_06_houkongou_14



150402_06_houkongou_15



150402_06_houkongou_16



150402_06_houkongou_17



150402_06_houkongou_18





150402_06_houkongou_19

では、中へ...



150402_06_houkongou_20

庭園のような感じでして、中に入ったばかりだとあまりわからないですが、この向こうが凄かったですね。



150402_06_houkongou_21

桜以外のも。



150402_06_houkongou_22

広い参道に出ると、右手に大きなしだれ桜。



150402_06_houkongou_23



150402_06_houkongou_24





150402_06_houkongou_25

150402_06_houkongou_26

もちろん、礼堂などもあり、何気にゆっくりできるようなところも。





150402_06_houkongou_27

そして、ここのメインがこちら。さっきのよりも大きなしだれ桜ですわ(゚д゚ )

さて、こちらの桜・・・ 『紫の桜』 と呼ばれています。

どこが紫やねん!って思われそうですが、紫の桜なのです。拝観受付で聞いたところ、昔はもっと青みがかっていていもっと紫に近い色をしていたそうです。時代が経つにつれて、どんどん赤紫と言いますかより桜色になっていったとか。


さて、こちら。東方花映塚の最終ステージ開始前に、四季映姫ヤマザナドゥが言った 「紫の桜の下は罪を持った霊でいっぱいです。」 の台詞で触れている紫の桜がこちらのに当たるそうです。
正式名称は 『待賢門院桜』 です。ヒガンザクラ系のベニシダレザクラの変種だそうで、花の色が紫に見えることからそう言われるようになったとか。



150402_06_houkongou_28



150402_06_houkongou_29

ちなみに、隣には白いのも。




150402_06_houkongou_30



150402_06_houkongou_31





150402_06_houkongou_32



150402_06_houkongou_33





150402_06_houkongou_34

それにしてもここ...



150402_06_houkongou_35



150402_06_houkongou_36

まぁ、広いなぁ:(;゙゚'ω゚'):



150402_06_houkongou_37

この日は幸い、天気もよく、雲もちょうどよいぐらい。いい撮影日よりと言えました。
ただ、暑かったけど...



150402_06_houkongou_38

いやほんと、ここすげぇなぁ....





150402_06_houkongou_39

150402_06_houkongou_40





150402_06_houkongou_41


拝観している他の方も、やはりあのしだれ桜を撮っていましたね。
駅近なこともあってか、人はそこそこいました。ただ、それでもその数は全然少ない方なので、マイペースに撮っていけるのはいいですね。




150402_06_houkongou_42



150402_06_houkongou_43



150402_06_houkongou_44



150402_06_houkongou_45

ほんと広いなぁここ(ソレシカイッテナイ





150402_06_houkongou_46


さきほどと違う桜もあります。こちらもなかなか(´▽` )



150402_06_houkongou_47



150402_06_houkongou_48



150402_06_houkongou_49





150402_06_houkongou_50


こちらは、待賢門院氏の歌碑です。
平成に入ってから建てられたものだそうで、まだ新しいですかね。



150402_06_houkongou_51

150402_06_houkongou_52


底辺の北の端には、「青女の滝」と呼ばれるものが。
人工の滝だそうですが、出来たのが平安時代末期からあるものらしく、日本最古の人工滝だそうで。



150402_06_houkongou_53





150402_06_houkongou_54



150402_06_houkongou_55



150402_06_houkongou_56

礼堂の裏には仏殿がありました。中には入れないのですが、覗くことはできるようで、見ると大きな大仏様が。
その戻りがてら、見えたので1枚パシャリ。



150402_06_houkongou_57

礼堂前に戻ってきて、あとは紫の桜を撮ったりしてましたヽ(‘ ∇‘ )



150402_06_houkongou_58



150402_06_houkongou_59



150402_06_houkongou_60



150402_06_houkongou_61



150402_06_houkongou_62



150402_06_houkongou_63



150402_06_houkongou_64



150402_06_houkongou_65



150402_06_houkongou_66



150402_06_houkongou_67



150402_06_houkongou_68



150402_06_houkongou_69

以上、法金剛院でした。
ここは広いし、景色もとてもいい。人の少なさもあって、この日行ったところでは一番の満足度がありました。

東方の情報できただけですが、いやはや、これで拝観500円は安いわ。










150402_07_hiranojin_01

さて、次へ。法金剛院の横の脇道をくぐって、妙心寺の方へ向かってそこからバスで移動。



150402_07_hiranojin_02

幾らかの停留場を越えて、バス停を降り、徒歩移動。
ここんとこ、どこで乗ったかどこで降りたか、停留場名を覚えてないんですよね(ぉぃ



150402_07_hiranojin_03

次の目的地はこちら、平野神社です。
ここに来るのも初めてでしょうか。ここの近くにある北野天満宮には何度か行ったことがあるのですがね。(そこで何時も、ベビーカステラを買って帰ってるw)



150402_07_hiranojin_04

こちらは表通りではなく、西側らしいです。
と言うわけで、西大鳥居です。



150402_07_hiranojin_05

桜のシーズンと言うことで、出店がありました。



150402_07_hiranojin_06

出店の屋根越しですが、一際、赤みのある桜が(´▽` )



150402_07_hiranojin_07



150402_07_hiranojin_08





150402_07_hiranojin_09

出店はそれこそ神社の入り口近くまで連なっていて、中には多くの座席付きのところまでありました。(畳状で、ちゃんと靴も脱いでゆったり座れる)



150402_07_hiranojin_10



150402_07_hiranojin_11



150402_07_hiranojin_12

こちらは桜の名所らしく、敷地内には約60種もの桜が咲いているそうです。
そのためか、お客さんの数も結構なもので・・・。

伏見稲荷は外国人が多くいらっしゃいましたが、こちらは日本人ばかりでしたね。



150402_07_hiranojin_14



150402_07_hiranojin_13



150402_07_hiranojin_15



150402_07_hiranojin_16

手水舎で手を清め。



150402_07_hiranojin_17

そして、中へ...



150402_07_hiranojin_18

まず、正面に拝殿があります。慶安3年に建てられたものだそうで。
屋根の損傷が結構激しいらしいですーー;



150402_07_hiranojin_19

その左手には、それはそれは大きなご神木があります。楠の木のようですね。
この平野神社は桜が有名なので、桜ばかり見ている人がほとんどでしたが、このご神木の存在感たるや...(゚A゚;)

ってか、大きすぎて画角におさまりません。



150402_07_hiranojin_20

桜が有名と言いつつも、本殿は軽く行列が出来ていました^^;

もちろん、ちゃんと並んで、二礼二拍手一礼を...



その後は桜を見て回っていました。

150402_07_hiranojin_21

150402_07_hiranojin_22

四月中旬に開花とだけあって、まだほんの少し咲いているほどだった白雪。




150402_07_hiranojin_23

150402_07_hiranojin_24

大島はもう立派に咲いていましたね。

150402_07_hiranojin_25




150402_07_hiranojin_26


150402_07_hiranojin_27


150402_07_hiranojin_28

芝山はもう結構咲いていましたね。




150402_07_hiranojin_29

そして、平野神社の原木とも言える桜・衣笠!


150402_07_hiranojin_30


150402_07_hiranojin_31

わぁ、まだ全然、花開いてねぇ...衣笠ぁ...


150402_07_hiranojin_32

そんな中、少しだけ咲いていた衣笠。




150402_07_hiranojin_33


150402_07_hiranojin_34


150402_07_hiranojin_35

その隣にあった胡蝶も開花が四月中旬でしたが、こちらは割と花開いていましたね。


150402_07_hiranojin_36


150402_07_hiranojin_37




150402_07_hiranojin_38


150402_07_hiranojin_39


150402_07_hiranojin_40


150402_07_hiranojin_41

本当に、いろんな桜があるんですな。神社内に入ってから撮った桜は全部、その境内にある桜ですが、これでもほんの一握りだからすげぇ。




150402_07_hiranojin_42


150402_07_hiranojin_43


150402_07_hiranojin_44


150402_07_hiranojin_45



150402_07_hiranojin_46


150402_07_hiranojin_47


150402_07_hiranojin_48




150402_07_hiranojin_49

150402_07_hiranojin_50


150402_07_hiranojin_51

一際、赤い桜ですな。





150402_07_hiranojin_52


150402_07_hiranojin_53





150402_07_hiranojin_54


さて、この平野神社にきたもう一つの目的がこちらの建物にあります。場所は、さきほどの手水舎のすぐ近く。
こちらの建物、いわゆる休憩所なのですが、普段は開いてないらしいです。調べた情報によると、毎月の下旬辺りのどこかの一日のみ開いているらしいです。なので、こちらは半ば諦めていたのですが...

桜のシーズンで参拝者も多いわけか、ラッキーなことに開いていましたヽ(‘ ∇‘ )ノやったぜぃ!



150402_07_hiranojin_55

見たかったのがこちら。さきほど桜の名前でも出てきたのでぴんときた方もいらっしゃったかもですが...

こちらは、重巡洋艦・衣笠に分霊が祀られた艦内神社にあたります。

この写真額はこの休憩所でしか見ることが出来ないんですね。
と、せっかく見に行ったのに、帰った後で確認したら、撮ってる自分が軽く写り込んでいました:(;゙゚'ω゚'):やっちまたわ...



150402_07_hiranojin_56



150402_07_hiranojin_57

150402_07_hiranojin_58

客船・平野丸の写真額もありました。



150402_07_hiranojin_59

衣笠の解説までちゃんと書かれていました。



150402_07_hiranojin_60


150402_07_hiranojin_61



150402_07_hiranojin_62

なんとなく別アングルでもう1枚撮っていたり。
よかった...撮っていて(;´Д`)

ちなみに、このシーズンは桜の羊羹が売っていたので、お一つ買っていきました。
桜のリキュールが入っていて、食べると確かにやや桜のような風味を感じたり^^





150402_07_hiranojin_63

ちなみに、さきほどは脇道から入りましたが、真っ直ぐ行くと、表の鳥居に行くことが出来ます。



150402_07_hiranojin_64

こちらが、本来の正門とする鳥居にあたります。桜の季節は自分のように出店のある方から入る方が極めて多いらしく、あちらの方が正門の鳥居と思っていらっしゃる方が結構いるそうで^^;
中心にある額ですが、昔は「平野大社」となっていたそうです。何時頃か、新調されて「平野大神」になったそうです。



150402_07_hiranojin_65

神社の外には広い敷地があり、そこら中を埋め尽くすほどに立派な桜が咲いています。



150402_07_hiranojin_66



150402_07_hiranojin_67



150402_07_hiranojin_68

そう言えば、この近くに衣笠小学校と言う学校があるそうで、そこの小学生達の絵が展示されていました(´▽` )



150402_07_hiranojin_69



150402_07_hiranojin_70



150402_07_hiranojin_71



150402_07_hiranojin_72



150402_07_hiranojin_73



150402_07_hiranojin_74

以上、平野神社でした。

今回はここで終了~にする予定だったのですが、まだ時間があったので、もう一つ移動してみました。






150402_08_nijojo_01

そちらがこちら、二条城です。
と言っても、今は改修中のようでした。

まぁ、桜が目的なので、城に関しては特にどうということはないのですが(マテコラ

実は、夜に桜のライトアップがされるとのことで、ちょいと興味本位で見に来ました。京都を観光している間にもらったパンフレットに載ってたんですよね。
なので、ここは特に他の目的はございません。最後でそれかよって言われそうですが、ないものはないのです(苦笑



150402_08_nijojo_02

正面に見える大きな建物が入り口の門にあたるようで、その前の建物が券売受付所になります。
すぐに入って夜まで待つつもりだったのですが、どうもライトアップに合わせて、いわゆる閉場時間を過ぎていました。

一度、閉め出して準備をしてから、また開城になるとのことで、券売機周辺で待っていたり警備員さんに外国語で話をされている方がちらほら・・・ここも外国観光客ばかりか。
ちなみに、開城し直すのが18時。私が着いた時がだいたい17時・・・oh、1時間もあるのか(;´Д`)

しかも、事前に入場券を買うこともできないようで、いやはや困りました状態に。
仕方ないので、近場で食事でもとろうかということに。ただ、これがまた困って...この周辺ですが、まぁ食べるところがほとんどない。一番近いところが、大勝軒さんだったかな。ラーメン屋さんの。

なので、そこで夕食を取ろうかと。思えば、この日も昼飯を食わずの行動でした。



私は一人だったのでカウンター席で楽々と食事をとれたのですが、他のお客さんが家族などが多く、テーブル席もいっぱいで待ち行列が結構できるほどに
店長さんもあまりの混み具合に焦っている感じでした。今日に始まった話じゃなかったのかな。しかも、質の悪いことに、外人の女性客がレストランと勘違いされているのか、食事を終えても全然席を立とうとせず、他の店員さんもピリピリされている感じでしたね。これだから外国の観光客は...(ぉぃ



150402_08_nijojo_03

まぁ、そんなこともあって、長居はせず食べてすぐに離脱しました。戻ってきたのが、17時40分ぐらいで。
そうしたら券売機にすごい行列ががががが...って、そりゃそうですよねw 仕方なく、行列に並んで待ち。

んで、これまた結構並んでいても、18時まで一切、券売がスタートしない始末。幸いだったのは、ここの券売はいわゆる券売機制でしかも4、5台ぐらいかあったので、券売自体はスムーズに進みました。券売がスタートして10分経たない内に中に入れたので、まぁよかったですわ(´▽`;)



150402_08_nijojo_05

中に入ると、まずお薦めされたのが切妻造、桧皮葺の四脚門となる唐門。

なんでも、こちらでプロジェクションマッピングが行われるそうで。



150402_08_nijojo_06


150402_08_nijojo_07

軽く撮ってから、せっかくなので正面辺りで待つことに。



150402_08_nijojo_08

この横の壁にもプロジェクションマッピングがされるそうです。



150402_08_nijojo_09

百花繚乱・・・ホビージャパンか!(チガイマス



150402_08_nijojo_10



150402_08_nijojo_11



150402_08_nijojo_12



150402_08_nijojo_13

なかなか華やかなのは華やかなのですが...なんかパチスロのアニメーションみたいな印象が(ぉぃ
私の心が腐ってるからそう見えるだけかな...



150402_08_nijojo_14

襖のアニメーションとかもされていて、見所もあったりはしました。あくまで華やかさを意識しているためか、万博で見れるような思いっきりなものはなかったですね。
そうか・・・大阪のノリで期待するからダメなのか。



150402_08_nijojo_15



150402_08_nijojo_16



150402_08_nijojo_17



150402_08_nijojo_18

後で場所を変えて撮ったものも。時間が割と後になったので、ノイズが...



150402_08_nijojo_19



150402_08_nijojo_20

なお、これの他に北大手門辺りでは鯉が跳ぶプロジェクションマッピングもあったのですが、そちらは暗さの影響でほぼ撮れなかったです...くそぅ、まだまだ技術が...



150402_08_nijojo_21

なお、その近くではこんな桜も。





150402_08_nijojo_22

ライトアップされた桜は庭園の方にありました。人がすげぇ...



150402_08_nijojo_23

普通に撮ると、金剛色の花にしか見えないですね(苦笑



150402_08_nijojo_24

ちょっとWBをいじったりしてみたけど、うーん...



150402_08_nijojo_25

あと、フラッシュも。



150402_08_nijojo_26



150402_08_nijojo_27



150402_08_nijojo_28





150402_08_nijojo_29

150402_08_nijojo_30


二の丸御殿台所にて、いけばなの作品が展示されていました。華道家元池坊のご協力を得ての作品だそうで!




150402_08_nijojo_31



150402_08_nijojo_32



150402_08_nijojo_33



150402_08_nijojo_34

以上、桜を見に京都へぶらり・・・だけじゃなかった京都めぐり。 2015でしたー

京都は神社仏閣が本当に多いので、まだまだ見て回りたいところはありますが、それはまた来年か紅葉の時期か...ですかね。
最初に触れたように帰りは、二条城前から京阪電車に揺られて帰りました。

しかし、大阪にしろ乗り放題チケットがあるのはいいですな^^ なんだかんだ切符を買う手間が省けるのが非常にいいですな。




【関連記事】
【撮影分】金沢旅行と思いきや・・・ in 2015 ~ 雪が・・・・・・・な2日間。
【撮影分】東京観光です! ~ 上野東照宮、それ以降のぶらり
【撮影分】東京観光です! ~ 上野動物園
【撮影分】東京観光です! ~ 新宿 - 東京スカイツリー - 浅草寺
万博に梅を見に行ってきました~
【撮影分】なら燈花会 x 境界の彼方
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1209-53e337c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。