上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


150208_gundamfrtokyo_100

【撮影分】東京観光です! ~ ガンダムフロント東京です。
WF記事から少し時間経っちゃいましたが、東京観光への話にシフトしたいと思います。もういくらばかりか覚えてない部分もありますが(ぇ

 
 
と言うわけで、東京観光の最初の記事はガンダムフロント東京。WF後で最初に行ったところですね。正確には、ガンダムフロント東京に行って、ガンダムフロント東京から去るまでのお話です。なので、1日目に宿泊したところや、駅最寄りのショッピングモールの話も少しだけ。

現地でお会いしたフォロワーさん方に夕食に誘っていただいたのに、それを断ってきてしまいました。てっきりアキバとかに行って少し散策してから、夕食とっているのかなとか勝手に思っていたんですよね。お誘いいただいたのに申し訳ありませんでした。今度行く時は、ちゃんと予定を開けておきます。

ガンダムフロント東京は、お台場ダイバーシティ東京にありまして、最寄りはりんかい線の東京テレポート駅。幕張メッセからは海浜幕張駅から京葉線に乗って、新木場駅まで行き、そこでりんかい線に乗り換え。料金的にも遠くないですし、幕張からなら1時間ぐらいで行けるので、そんなに苦ではなかったですね。何より海浜幕張駅からお台場方面に乗る人が少なかったので、座ってゆっくり出来ました(笑

下に記載していますが、ガンダムフロント東京はほぼ事前予約制のような感じになっていて、当日券はあるものの予約しておくのがベストと言える入場形態になっていますまた、下の入場料は有料ゾーンの入場料になっています。無料ゾーンが他にあり、そこには今まで発売されたガンプラがずらりと展示されています。
また、ダイバーシティ東京にはご存じ、「RG1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」の立像が飾ってあり、夜にはそのライトアップが行われています。また、夜のみ特別演出があり、ダイバーシティ東京の壁面に特別映像が流れるので、夜には夜の楽しみがあります。(映像は上映時間が決まっています。詳しくは公式サイトにて) また、この映像、期間限定のものもあり、私が行っていたこの日もちょうどその期間内でした。

期間限定で行われていたのは、2014年12月6日(土)から行われていた 『ガンダム立像 WINTER LIGHT UP 14‐15』 と言うもので、こちらは2015年2月15日(日)まで行われていたそうです。
これが見たかったのと東京駅からお台場まで距離というところで、1日目はお台場へ行くのがベストだろうという考えになりました。
ちなみに、計画段階では1日目にその映像と無料ゾーンを見て、翌日に有料ゾーンをという形でしたが・・・。録画中にエネループのバッテリーが切れるなどトラブルが起きて、1日目は映像を録画するのでいっぱいいっぱいでしたw なので、無料ゾーンも2日目に見て参りました。



撮影場所お台場 ダイバーシティ東京 7F・ガンダムフロント東京
〒135-0064 東京都江東区青海1-1-10
入場料・事前予約大人1,000円 / 小中学生:800円
入場料・当日券大人1,200円 / 小中学生:1,000円
入場時間
(平日)
10:00~20:00
(時間フリー制で、好きな時間で入場可能。最終入場は20:00)
入場時間
(土、日、祝日)
第1回目:10:00~12:59 / 第2回目:13:00~14:59 / 第3回目:15:00~20:00
(入場時間指定制で、予約した時間内でないと入場できない。入れ替え制ではないため、一度入れば閉場時間まで滞在可能)
撮影使用機材PENTAX K-50、RICOH CX5 (フラッシュ使用不可のため、ストロボはなし)
撮影日2014/02/08・02/09




ここに載せている写真は、flickrにアップしているものと同じです。一応、flickrのURLも置いておきます。
https://www.flickr.com/photos/mirumaflickr/sets/72157648876395803/with/16555616600/




150208_gundamfrtokyo_101

特にどうというわけじゃないけど、東京テレポート駅に着いたということで。
近くにいた人はほんの数人程度で、明らか地元の人ぽかった。何してるんだろ?的な目で見られていたような(苦笑





150208_gundamfrtokyo_102

150208_gundamfrtokyo_103

外に出ると、最初に見えると言ってもいい観覧車。その隣には、Venus Fortと言うところが。
見た感じ、ショッピングモールのようで、中に入ったら結構な広さと店の数でした。モールに入ったのは、SDカードリーダーを買うためです。中にエディオンだったかがあったようなので。



150208_gundamfrtokyo_104

150208_gundamfrtokyo_105

17~18世紀の中世ヨーロッパの町並みを再現したショッピングモールのようで、中に入って見ると確かに日本のよくあるモールとは結構違う感じでしたね。何気にレゴショップやキディランドもあったりしました。



150208_gundamfrtokyo_106

150208_gundamfrtokyo_107

奥には教会までありました(゚д゚)!
最初ここに入った時、明らかに場違いなところに来てしまった感がすごいありましたね。

その後、目的のエディオンは今いた階じゃなかったことを知って、買い物して・・・そして、また外へ。





150208_gundamfrtokyo_108

今度こそガンダムの下への向かいます。





そのVunes Fortから5分~10分歩いて...

150208_gundamfrtokyo_109

ガンダァァァァァァム!!!

きました。


やっと初めてお目にかかれましたね。テレビやネットの写真では何度も見ていましたが、実際に見に行くと 「でけぇ...」 って思えましたね。
でかいし、細かいところまで再現されていて本当によくできている。

着いた時はちょうど映像が流れていて、だいたい8時半ぐらいだったかな。

写真は正面辺りぐらいから撮っています。最初、三脚を置いている人が1人もいなかったのが気になって、電話してスタッフさんに聞いてみたら特に不可ということはなく、でも、敷地内でと言われました。とりあえず、あまり距離を取りすぎず、かといって前にいる人の邪魔にならない位置でと考え、このポジションに。



では、何枚か...
最初、一眼で数枚撮っていたんですが、どうもWFでパワーを使い果たしていたようですぐにバッテリー切れ・・・予備もすでに使い果たしていたので、手軽な撮影用に持ってきていたRICOH CX5の方で撮影動画も録っていますが、そちらは全てRICOH CX5で録画しています。
この日だけは本当にエネループ不足でしたね。次回はもっと用意しておかないと...と言うか、Venus Fortで電池買っておけばよかったんですよね(いろいろ考えがあまかったです)

150208_gundamfrtokyo_110



150208_gundamfrtokyo_111


150208_gundamfrtokyo_112



150208_gundamfrtokyo_113



150208_gundamfrtokyo_114



150208_gundamfrtokyo_115


150208_gundamfrtokyo_116




150208_gundamfrtokyo_117

映像の合間に食べた、晩ご飯。片手がふさがっていて、片手で持ってたので運んでいる途中でこぼしてしまいました^^;
前述のエネループ切れなどで時間も惜しく、とにかく急いで





150208_gundamfrtokyo_118

結構しっかりライトアップされているので、撮影しやすいのはありがたいですね。



150208_gundamfrtokyo_120



150208_gundamfrtokyo_121



150208_gundamfrtokyo_119

ガンダムの足下には、イルミネーションのごとく光る赤い奴らも(´▽` )





それから、動画の方も。



こちら動画が、期間限定の 『ガンダム立像 WINTER LIGHT UP 14‐15』 と通常演出の 『RISE!』 が入っています。
『RISE!』は通常はWINTER LIGHT UP 14‐15の時間で演出されるそうですが、期間限定演出があるため少しばかり時間をずらしているそうです。ただ、『ガンダム立像 WINTER LIGHT UP 14‐15』の後すぐに『RISE!』が始まるため、一緒に録画していました。

と言うか、後で別々の演出だと言うことに気付きました(笑
時折、動く頭部にもご注目!!








こちらは通常演出の 『GUNDAM STAND at Jaburo 哀・天使編』 になります。RICOH CX5の録画可能時間の都合上、アイキャッチのところで1回切っています 電池を買っていればこんなことには...(/´△`\)


改めて見ると斜めになっていますね^^; あれ、ちゃんと三脚の脚伸ばしきってたはずなんですけどね。
あと、寒かったのと風が強かった影響で、溜め息とか風音が入り込んでいます。すみません



この動画がちゃんと録画出来たところで、本日の撮影は終了。ちなみに、動画も最終上映でした。
それが終わったところの時間が21時50分辺り。ホテルのチェックインが22時30分。

ダイバーシティ東京からホテルまで、徒歩でだいたい30分ほど・・・ギリギリやん:(;゙゚'ω゚'):

すぐに三脚などを片付けて、早足でホテルに向かいましたww





と言いつつ、歩いている途中の写真も。

150208_etc_001

ここはダイバーシティ東京から東京テレポート駅に向かう道の写真。
東京テレポート駅が最寄りとありましたが、以外と距離あるなぁと感じましたねw



150208_etc_002


東京テレポート駅方面の写真。正面にある長い橋の向こうに駅があります。



150208_etc_003

更に、国際展示場方面に。ホテルは国際展示場駅の最寄りだそうですが、東京テレポート駅からも徒歩で行けるらしいの歩いて移動。





150208_etc_004


んで、歩いて30分ぐらいかな? ホテルに到着・・・写真ぶれていますが(;´Д`)

こちらは、『東京ベイ有明ワシントンホテル』と言うところ。
国際展示場・・・東京ビッグサイトに結構近いところにあるので、その時期に案外利用されている方もいらっしゃるのでは...

ちなみに、着いたのが10時27分でした...危ねぇ...
まぁ、遅れそうなら電話すればいい話ではあるんですけどね。




ここ、設備がとてもよかったです。ビジネスホテルぐらいの値段で宿泊したのに、かなりの満足感が(≧ ▽ ≦)

室内が綺麗で、照明も天井・枕元・ベッド下など個々で設定可能。デジタル時計付きで、目覚まし機能あり。
鍵はカードキーになっていて、室内に入ってすぐ左手の方にカード差しがあって、そこに差すと部屋の照明と暖房がつくんですよね。
バスローブなんかも常備されていました。ビジネスホテルではこれが基本なのかな?(ほとんど外泊したことがない私)

トイレは各部屋にあるようで、洗面所も備え付きで、お風呂もあります。ズボンプレッサーもありましたし、加湿機能付の空気清浄機も置いてありました
もちろん、Wi-Fiも完備されている他、有線LANもあります。(LANケーブルは部屋に常備) 着いてから気付いたのですが、パソコンの1泊貸し出しもありました。(1000円)

利用していませんが、他に宅配便などを申請できるコーナーからコインランドリー、マッサージサービス、レディース専用ルームなどあったり。レンタサイクルもやっているようです。女性だとサービス受けられるのもあったので、女性におすすめかも。

チェックインはロビーのデスクで行うのですが、チェックアウトはロビーに端末があり、そこにカードを挿入するだけでOK
ぶっちゃけると、ここのホテルの設備がよすぎて、2日目に泊まったホテルがそれに比べてしょぼかったこと...なので2日目のホテルについては触れないことにします(ぇ



本当は室内とかもそれなりに撮ればよかったのですが、この日はもうへとへとでしたし、カメラのバッテリーもほぼ尽きかけていたので、フロア内の写真は一切ないです。まぁ、気になる方はホテル名を検索すれば出てくるかなと。

早く寝たかったのですが、2日目の月曜日に備えての充電や、撮影した写真を持参したPCへ移すなど、いろいろ作業することがありまして、結局寝たのが2時半か3時ぐらいだったか(;´Д`)

















さぁ、2日目です。
起きたのが、8時20分辺り。

そして、いろいろ準備したりのんびりしたりして、ホテルをチェックアウトしたのが9時半ぐらいでした。ホテルを出たら、ちょうど見えたので撮った写真もツイートのところに。



150209_etc_005

ホテルの窓からなんとなく撮った写真...



150209_etc_006



150209_etc_007


そして、今日もダイバーシティ東京へ行きます。
1日目は外で撮影するだけで終わったので、今度は中にもちゃんとね^^





150209_gundamfrtokyo_201

そして、朝のガンダム!

平日ながらお客さんもそこそこ。修学旅行らしき学生さんがちらほらいました。
あと、ガンダムを前にえらくテンションの高い外人さんもw





さて、中へ。

150209_gundamfrtokyo_202

ガンダムフロント東京はダイバーシティ東京の7階にあります。
6階にコインロッカーがあるので、そこに荷物を預けておいて、身軽に7階へ^^



150209_gundamfrtokyo_361

有料ゾーン用のチケットを渡すと、入場券がもらえます。
入場券はカードみたいになっていて、私がもらったのはこちら。他にも幾つか種類があり、このオリジンのもの以外にも初代ガンダムのアムロやシャア、BFのセイ君やリン子ママのもあるようで。





マップはこんな感じになっています。

中に入ったのが入場開始時間すぐの10時過ぎだったので、ちょうど 『DOME-G』 と言う映像ゾーンで上映があったので、最初にそちらへ向かいました。

DOME-G:公式サイトによると、「直径16m、6台のプロジェクターと13台のスピーカーが設置された特設巨大ドームで、迫力の映像が楽しめます。」とのこと。

なお、このDOME-G内の映像は、撮影・録画・録音禁止のため、一切データはございません。


150209_gundamfrtokyo_362

最初に見たのは、『機動戦士ガンダムUC ネオ・ジオング、お台場に現る!』と言う映像でした。広告があったので参考までに載せておきます。

最初に、ネオ・ジオングとシャンブロがお台場に現れて戦い合うところから始まります。あとの方でユニコーンやバンシィも出てきていましたね。ドームの天井全てがプロジェクターになっていて、正面だけでなく上から後までいろんな方向を見て楽しめる造りになっていて、迫力はかなりのものでしたね(≧ ▽ ≦)



その後、有料ゾーンに行きましたが、その後すぐにもう一つの映像上映時間になったため、DOME-GにUターンw

もう一つの映像は『GUNDAM DIVE One of Seventy-Two』と言う映像。
今までのガンダム作品の映像を映しつつ、繰り返される戦いの哀しみや平和について触れるのがメインの映像でした。またオリジナル?の特別映像があり、そちらではユニコーン、バンシィ、フェネクスが登場していまして、暴走するフェネクスを・・・という映像でした。
この映像、何時から上映されているかは知らないのですが、見たところガンダムSEEDの映像が特に多かったような印象でした。人気故のところでしょうかね。






ではでは、続いて、有料ゾーンの撮影分です。
twitterでも触れていましたが、こちらの有料ゾーンは全面フラッシュが禁止になっていますそのためISOをかなり上げて撮影しています。
一部ノイズが半端なくて見るに堪えない写真もありますが、それでもよろしい方はどうぞです。

150209_gundamfrtokyo_203
DOME-Gの出口側から出ると、どーんと目に入るほどの迫力があるのが、こちら。
『RG1/1 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム Ver.GFT』 胸像。1/1スケールってのがもうすごいよね。



150209_gundamfrtokyo_204

マーキングやキラの名前も。


150209_gundamfrtokyo_205

胸像ですが、かっこえぇのぉ(≧ ▽ ≦)



150209_gundamfrtokyo_206

なお、こちらのストフリに胸像、『SHOT-G』と言うコーナーになっていて、コクピットのところに乗って3D写真を撮ってもらうことができます。案内アナウンスをキラ・ヤマトがやってくれるそうで、3Dの写真とクローズアップの2D写真をオリジナルのペーパーフォトフレームとセットでご提供してもらえるようです。

こちらは入場料とは別の有料でして、こちらも前売り券が御座います。こちらのチケットは前売りと当日券で割と値段が変わるので、最初から撮って欲しい気でいる方は前売りを買うことをおすすめします。私はやりませんでしたがw





その隣にコア・ファイターとかもあるのですが、そちらの方に行かれる方がやはり多く。
先にガラガラだった『ミュージアムスペース』の方へ。

150209_gundamfrtokyo_207

関西圏で行かれた方は記憶にあると思いますが、『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』で販売されていたポストカードにあったイラストですね。



150209_gundamfrtokyo_208

DOME-G出口右手には、オフィシャルグッズとして販売されているガンプラなどがずらり。



150209_gundamfrtokyo_209

150209_gundamfrtokyo_210





150209_gundamfrtokyo_211






150209_gundamfrtokyo_212


150209_gundamfrtokyo_213


150209_gundamfrtokyo_214

ミュージアムスペース最初の辺りは、アムロたちの初期設定画などが飾られていましたね。
『超・大河原邦男展』や『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』で拝見したことがあるものも(´▽` )



150209_gundamfrtokyo_215

150209_gundamfrtokyo_216

ボリュームある内容がずらりと...時間の都合上、読んだのは家に帰ってからでしたが


なお、この奥に有料ゾーンで唯一になるでしょうか、撮影禁止のイラストが飾ってありました。
そちらは『超・大河原邦男展』などでも飾ってあった円盤のジャケット絵や雑誌に載ったイラストなどだったので、過去の展示会行っている人はだいたい見てるかなと。




150209_gundamfrtokyo_217

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクの立体像がずらりと並んでいました。大きさはだいたい人の身長と同じぐらいです。



150209_gundamfrtokyo_218


150209_gundamfrtokyo_219


150209_gundamfrtokyo_220

何気に、ガンキャノンがかっこよかったなぁ(´▽` )



150209_gundamfrtokyo_221


150209_gundamfrtokyo_222





150209_gundamfrtokyo_223

150209_gundamfrtokyo_224

一部ぼかしてありますが、実はこの写真にさきほどの撮影禁止のイラストが映り込んでたんですよね:(;゙゚'ω゚'):
現像するその時まで全く気付かなかったww



150209_gundamfrtokyo_225


150209_gundamfrtokyo_226


150209_gundamfrtokyo_227

劇場版のパンフレットも展示されていました。





150209_gundamfrtokyo_228


150209_gundamfrtokyo_229





150209_gundamfrtokyo_230


150209_gundamfrtokyo_231





150209_gundamfrtokyo_232


150209_gundamfrtokyo_233

150209_gundamfrtokyo_234







150209_gundamfrtokyo_235





150209_gundamfrtokyo_236


150209_gundamfrtokyo_237


150209_gundamfrtokyo_238


150209_gundamfrtokyo_239


150209_gundamfrtokyo_240


150209_gundamfrtokyo_241


150209_gundamfrtokyo_242

今までのシリーズがずらり!
何気に、ガンダムフォースや三国伝までありますね。これでSDガンダムの昔のもあればよりよかったけど、でも、あれは劇場版だからまた別か...







150209_gundamfrtokyo_243






150209_gundamfrtokyo_244


150209_gundamfrtokyo_245


150209_gundamfrtokyo_246





150209_gundamfrtokyo_247





150209_gundamfrtokyo_248


150209_gundamfrtokyo_249


150209_gundamfrtokyo_250

公開がはじまったORIGINの広告もあったり。


150209_gundamfrtokyo_251


150209_gundamfrtokyo_252

安彦監督の貴重なコメントも。


150209_gundamfrtokyo_253





150209_gundamfrtokyo_254

150209_gundamfrtokyo_258

そう言えば、現在放送中のGレコの資料はほとんどなかったですね。。また、展示には早い段階なのかな。



150209_gundamfrtokyo_255

ただ、G-セルフの立体像があったのはよかったです。こちらは先程のガンキャノンたちと同じぐらいの大きさ。
敷居内には入れないですが、家族で来られている方はここで子供と一緒に撮るのもいいですねぇ。



150209_gundamfrtokyo_256


150209_gundamfrtokyo_257

結構よくできているでしょうか(≧ ▽ ≦)





150209_gundamfrtokyo_259

DOME-Gのドームがこちら。
外側には、『キャラクターフォトスポット』と言うコーナーがあります。



150209_gundamfrtokyo_275

こちらがそれです。キャラクターが映っているところの左に小さなモニターがあるのが見えるでしょうか。ここでガンダムのシリーズとキャラクターを選択することで、右にキャラクターが等身大で映ります。写真右側で子供達がやっているように、一緒に写真を撮ったりできるコーナーというわけですな。右上に07とありますが、これはタイマーになっていて、キャラクターが映っている時間を表わしています。10秒だったか20秒だったか忘れましたが、一定時間のみキャラクターが映し出されるようになっています。



150209_gundamfrtokyo_276

こちらのコーナーは全部で3箇所ございました。





150209_gundamfrtokyo_261

続いて、 『1/1 コア・ファイター Ver.GFT』 です。


150209_gundamfrtokyo_263


150209_gundamfrtokyo_262


150209_gundamfrtokyo_264

コクピットですな。


150209_gundamfrtokyo_265

このでかさながら、ウェザリングなどかなり細かく仕上げられていますね(゚A゚;)


150209_gundamfrtokyo_274


150209_gundamfrtokyo_273


ここら辺かなり暗かったのでノイズががが:(;゙゚'ω゚'):
近隣の方は是非とも直に見に行って欲しい。





150209_gundamfrtokyo_267


150209_gundamfrtokyo_272

コア・ファイターの近くには、 『ア・バオア・クー』 も展示されていました。これはさすがに小さくしてありますがw





150209_gundamfrtokyo_279


ビルドファイターズのコーナーもありましたね。
物語にも出てくるバトルシステムを再現したところになっています。



150209_gundamfrtokyo_278



150209_gundamfrtokyo_277

ただ、お手に触れられないのがちょっと残念...



150209_gundamfrtokyo_269

近くにガンプラも飾ってありました。





150209_gundamfrtokyo_270


150209_gundamfrtokyo_271





150209_gundamfrtokyo_284

そのバトルシステムの方からゾーン内を見るとこんな感じ。





150209_gundamfrtokyo_280

続いて、こちらのコーナー。こちらは実はマップには記載されていないコーナーです。
名前にもある通り、プロジェクションマッピングを見ることが出来ます。



150209_gundamfrtokyo_282

中にはぽつんとガンダムが一体。こちらは1/48サイズのガンダムになっており、前の写真ではわからないですが実際には色を塗っていない真っ白のガンダムになっています。



150209_gundamfrtokyo_283


150209_gundamfrtokyo_281

わかる人には説明不要ですが、その真っ白のガンダムに映像を通して、あたかも色がついているように見せているんですね。



では、何枚か撮ってきたのでずらりと。

150209_gundamfrtokyo_285


150209_gundamfrtokyo_286


150209_gundamfrtokyo_287


150209_gundamfrtokyo_288


150209_gundamfrtokyo_289


150209_gundamfrtokyo_290


150209_gundamfrtokyo_291


150209_gundamfrtokyo_292


150209_gundamfrtokyo_293


150209_gundamfrtokyo_294


150209_gundamfrtokyo_295


150209_gundamfrtokyo_296


150209_gundamfrtokyo_297


150209_gundamfrtokyo_298


150209_gundamfrtokyo_299


150209_gundamfrtokyo_300


150209_gundamfrtokyo_301




150209_gundamfrtokyo_302

再び、ストフリを何枚か...


150209_gundamfrtokyo_303


150209_gundamfrtokyo_304


150209_gundamfrtokyo_266





150209_gundamfrtokyo_305

有料ゾーンは以上です。





続いて、無料ゾーンへ...

150209_gundamfrtokyo_306

こちらでは、ガンプラがショーケースに飾ってあるのを見ることが出来ます。




150209_gundamfrtokyo_307


150209_gundamfrtokyo_308


それ以外にも、『STRICT-G』と言うメンズファッションブランドの旗艦店があります。




150209_gundamfrtokyo_309



150209_gundamfrtokyo_310



150209_gundamfrtokyo_311



150209_gundamfrtokyo_312



150209_gundamfrtokyo_313



150209_gundamfrtokyo_314

ユニコーンのガンプラもずらりと!



150209_gundamfrtokyo_315



150209_gundamfrtokyo_316


何気にフィギュアまで飾られていました。ってか、売店に売ってましたね(´▽` )



150209_gundamfrtokyo_317

大阪のジョーシンとかでも見ましたが、やっぱりでけぇ...





150209_gundamfrtokyo_318

そして、噂に聞いていた今までのガンプラが飾られているゾーンへ。



150209_gundamfrtokyo_319



150209_gundamfrtokyo_320

初代?のらしきガンプラまで展示されていて、初めて見たのもいっぱいありましたね。



150209_gundamfrtokyo_321



150209_gundamfrtokyo_322



150209_gundamfrtokyo_323



150209_gundamfrtokyo_324



150209_gundamfrtokyo_325



150209_gundamfrtokyo_326



150209_gundamfrtokyo_327

しっかし、すげぇ数・・・:(;゙゚'ω゚'):



150209_gundamfrtokyo_328



150209_gundamfrtokyo_329



150209_gundamfrtokyo_330



150209_gundamfrtokyo_331

Gのレコンギスタのガンプラもしっかり飾られていました(´▽` )



150209_gundamfrtokyo_332

こちらは割と最近ぐらいに発売した新商品かな。



150209_gundamfrtokyo_333

こちらのガンプラ進化の系譜。見比べると、とても本当に進化したなぁというのがわかります。



150209_gundamfrtokyo_334

1/60って言うと、パーフェクトグレードぐらいでしょうか。当時の安いなぁ(チガウダロ



150209_gundamfrtokyo_335

右奥にあるのが1/48とあるので、メガサイズモデルでしょうか。んで、その手前がPGですかね。



150209_gundamfrtokyo_336

MGサイズも右に行くほど、すごいスマートでバランスよくなっている気がします。進化ってすげぇな(ぉぃ



150209_gundamfrtokyo_337

小さくなりつつも、造りが細かくなっているのがわかりますね。
ってか、このRGすげぇな...



150209_gundamfrtokyo_338







最後は、外にあるガンダムで終わりにしましょうか。
(と言っても、撮ったのは着いてすぐですがw)

150209_gundamfrtokyo_339



150209_gundamfrtokyo_340



150209_gundamfrtokyo_341



150209_gundamfrtokyo_342



150209_gundamfrtokyo_343



150209_gundamfrtokyo_344



150209_gundamfrtokyo_345



150209_gundamfrtokyo_346



150209_gundamfrtokyo_347



150209_gundamfrtokyo_348



150209_gundamfrtokyo_349



150209_gundamfrtokyo_350

以上、【展示撮影分】東京観光です! ~ ガンダムフロント東京でした。

もっとゆっくりしたかったですが、次の予定も立てていたので、結局見ていたのは2時間ほどだけですね。
コーナーが多く、初代ガンダムに関しては資料も充実していて、時間があればそれこそ丸一日楽しめるほどのボリュームでした。年間パスもあるようですが、立地上近場じゃないと行くのも辛そうですね^^; ただ、一度ぐらいは行っていい場所かと思います。関東圏に住んでいる人はもちろんのこと、観光に来られた方も是非!



【関連記事】
【撮影分】ワンダーフェスティバル2015[冬] おまとめ記事。
【撮影分】京都国際マンガ・アニメフェア2014
【撮影分】バンダイ ミニホビーショー:大阪
【展示撮影分】手塚治虫記念館 第59回企画展 「MACROSS:THE MUSEUM」
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1191-91d78625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。