不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


maxf_nishikinu_mai_00.jpg

マックスファクトリー CAPCOM VS. SNK2 西村キヌコレクション 不知火舞のレビューです。
CAPCOMとSNKのクロスオーバー作品である 『CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』 の登場キャラクター餓狼伝説の登場キャラクターだが、このフィギュアはカプエスシリーズ扱い。カプエスにおいて西村キヌ氏が描き下ろしたイラストを元に造型されている。

不知火舞については前のレビューでも書いてるので、そちらを...
カプエスの舞というと、春麗と戦う時は対戦前デモで春麗に変装しているという演出があったなぁという記憶が。初代カプエスと2で春麗の反応が少し違うんですよね。

フィギュア自体はもう7年も前のものです。この舞のフィギュアは同年に再販されているのですが、こちらのは1つ目のなのか再販なのかはわかりません。(いかんせん中古ショップで買ったものなので) この西村キヌさんデザインを元にしているフィギュアはだいたいマックスファクトリーさんから発売されているのですが、ずっと欲しかったんですよね。でもプレ値でして...ただ、この舞は割と定価に近い値段で売っていたので買ってしまいましたw あと、春麗とモリガンが欲しいかなぁ。(モリガンは半端ないほどのプレ値ですがw)




作品名CAPCOM VS. SNK2
発売元マックスファクトリー
販売元グッドスマイルカンパニー
原型濱崎剛
スケール1/6スケール
全高約300mm
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-50 + AF360FGZII




maxf_nishikinu_mai_01.jpg maxf_nishikinu_mai_02.jpg

パッケージは今のに比べると結構シンプルなもので、西村キヌさんのイラストも正面左下に小さく描かれているぐらいのもの。パッケージ左側にあるのはまた違ったポーズのもの。後ろは見所がばっちり写っていまして、ここいらは7年経った今でも変わりませんね。

もう結構前のフィギュアなので、箱もなかなか傷んでいました^^;



maxf_nishikinu_mai_03.jpg

中身はこんな感じ。台座だけが別パーツになっています。







maxf_nishikinu_mai_04.jpg

全身ぐるり。西村キヌ氏描き下ろしのキャラクターデザインをそのまま立体化したと言えるほどに、忠実な再現がされている不知火舞。さすがに今のマックスファクトリーさんと比べると精度は落ちるでしょうけど、肉感などの造型がかなり細かく、量産ものながら造型師さんの腕のすごさが感じられるフィギュアですデコマスはもっとすげぇものだったんでしょうねぇ。
長い帯を腕に巻き付けている仕草と、右手に持っている花蝶扇でおなじみの扇子など、舞の特徴がよくでている。衣装はもともと浴衣を左右に切り分けたようなものだったかな。なので、普通の忍装束とも少し違う。と言うか、舞の忍装束には鎖帷子がない上に、露出度も非常に高い。カプコンでは春麗が人気になったように、SNKでは餓狼伝説のこの舞でしたねぇ。
そしてフィギュアではこの構図・・・正面向きから 乳・尻・ふともも とこの三拍子揃ったのが一同に見れる貴重な貴重な逸品でございます。元のイラストも当時、大いに話題になりましたからねぇ(*´ω`*)



maxf_nishikinu_mai_05.jpg maxf_nishikinu_mai_06.jpg



maxf_nishikinu_mai_07.jpg

別アングルでも 乳・尻・ふともも 素晴しい!!



maxf_nishikinu_mai_08.jpg maxf_nishikinu_mai_09.jpg



maxf_nishikinu_mai_10.jpg

当時この完成度はどういう評価の位置づけになっていたのかはわかりませんが、今で言ってもなかなかの出来映えでしょうか。肌の色は個人的には悪くない、と言うか白すぎなくて日本人らしい肌色で非常にいい。惜しいのはほんの・・・本当にほんの少し塗装のはみ出があったのと、パーティングラインらしきものが結構残っているところでしょうかね。当時これが当たり前だったかどうかはわかりませんが、それが惜しいかなってぐらいに造型に関してはとてもいい。本当にいい。衣装のシワの細かさとか、髪造形のシャープ具合、肉感の部分でも造型がとてもいいです。当時すでにここまで出来ていたってのがすごいですね。





maxf_nishikinu_mai_11.jpg

maxf_nishikinu_mai_12.jpg maxf_nishikinu_mai_13.jpg

顔アップから髪の方も少し。元絵よりは目が少し大きい気もしますが、似てる感じはとてもあります。鼻も整っていますし、口の造型が実にいい。少し見える歯から下唇、横に口が開いた感じもグッときますね! 視線は左向きでやや上目遣いな感じもあって、ここもイラストにもあった特徴でしょうか。何気におでこが目立ちますな・・・撮影する時におでこが明るくなり過ぎちゃったりして、あとで編集中にあぁ...(´△` )ってなりました。
また、肌色にうっすらある頬のチークがいいですな。下唇と上唇にも少しですがピンク色の塗装が入っていて、より唇の艶やかさが感じられていいよね。

前髪の造型もいいです。毛先はやや丸みがありますが、バリもなく仕上がりが綺麗。塗装も濃い茶色と明るい茶色で塗り分けされていて、より明暗がはっきり感じられます。



maxf_nishikinu_mai_14.jpg maxf_nishikinu_mai_15.jpg

髪をまとめている後頭部の造型も非常にいい。グラデーションも綺麗で、ここいらは塗装がにじんでいるような感じは皆無ですね! ただ、髪を結んでいるところが少し粗いでしょうか。
下ろしている方も一房一房の造型が細かく、溝には粗いところが1つもない。とてもよい出来映えだなぁと満足感がかなりありますね(´▽` )



maxf_nishikinu_mai_16.jpg

ただし、アップで見ると、分割線ははっきりわかっちゃいますかね。ここいらはまぁ仕方ないかな。
耳の造型がまた細かいな、これ(゚A゚;)



maxf_nishikinu_mai_17.jpg

後頭部側は毛先のところがまたすごいね。髪の塗装が毛先の方でうっすらと塗られており、その下はやや濃いめの肌色になっています。そのグラデーションがまた綺麗のな。







maxf_nishikinu_mai_18.jpg

maxf_nishikinu_mai_19.jpg maxf_nishikinu_mai_20.jpg

舞の魅力と言えば、なんと言ってもこのスタイル抜群のボディ露出度の高い衣装もはやスリットなんてものを感じない横の肌色率と、浴衣に乗った胸元のやわらかさ! また、格闘家ながらカプコン側の春麗やキャミィとは全く対称的で、筋肉のらしさが余り見られない非常に女性的な身体というのも特徴でしょうか。

腰をやや浮かせつつ上半身を落としたセクシーポーズで、まるで誰かに見せつけるかのような姿勢ですね。視線も見せつけつつ、相手を伺うような感じがあります。カプエス2はアンディはプレイヤーキャラクターとして登場していないので、春麗とかが相手なのかな? 仕草が自然でいながらも魅力的で、こうフィギュアを見ることでその元イラストの良さが更にわかりますね。
忍者と言えば本来は肌を隠して目立ちにくい格好でいて夜に紛れやすい寒色や黒のカラーなのが当たり前ですが、それとは全く真逆をいく赤色のカラーに目立つ肌色これで忍者と言われても、正直、説得力がないですね。開発当時、これを考えた方のセンスはすごいものだなと改めて認識したりなど。





maxf_nishikinu_mai_21.jpg

おっぱい!鎖骨!

首から鎖骨にかけての造型がいいですね。首回りの造型はややかたい印象があり、そのように意識されているのかなとも思ったり。鎖骨の筋にはシャドー処理がされていて、より立体感が強調されています。
忍装束は肌とは別パーツのようで、しっかりと着ている感じが表われています。真っ平らではなく、やや浮き上がっていたり折れていたりなど自然な造りになっているのもいい。塗装も綺麗で、白と赤の境目が綺麗に塗り分けられているでしょうか。その外側にある注連縄もいい造型でしょうか。

そして、その下の立派な膨らみ。横と下だけが衣装に覆われていて、中心からその房の半分衣装が露わになっていますたゆんたゆんと揺れる音が聞こえてきそうなほどに柔らかさを感じさせる造型で、且つ、衣装もやわらかい生地のものなので、ゲーム中にそれはそれは揺れる揺れるのがよくわかるなと改めて(*´Д`) さすがの巨乳でして衣装に支えられつつも、その重量は自然の摂理に逆らわずやや重たげになっていますな!




maxf_nishikinu_mai_22.jpg

他、何枚かパシャリとな。




maxf_nishikinu_mai_23.jpg

谷間の下のところが衣服にフィットしておらず、隙間ができているのが非常に・・・非常にいい!!(*´ω`*)



maxf_nishikinu_mai_24.jpg

乳のでかさのためか、衣装の縁がたわんでいるところなども細かいですね。乳房の付け根にもシャドー処理がされているなど、ここもいいところ。
注連縄により腋&乳が拝められないのが残念ですが、再現度のよさは確かなのでこれでいいんですよね。




maxf_nishikinu_mai_25.jpg

衣装の塗装は下乳を覆っているところも綺麗でしょうか。白と赤の境目に僅かに隙間のようなものがあるので、白いところの厚みも感じられます^^




maxf_nishikinu_mai_26.jpg

腋を閉じると、二の腕と横乳がぴったりフィット(*´ω`*) 挟まれたい!(ぇ




maxf_nishikinu_mai_27.jpg

腋下から腰にある帯のところまでくっきり露出しています。ノースリーブでもここまで露出しないぜってぐらいの露出度!
そして、こんな面積の少ない衣装じゃやはり覆いきれないデカ乳だけあって、横乳が少しだけはみ出ています。この僅かにってのがまたね・・・(*´p`*)




maxf_nishikinu_mai_28.jpg

正面から胸に飛び込みたい!! あぁ、飛び込みたいとも。




maxf_nishikinu_mai_29.jpg

下からのアングルももちろんパシャリ。





maxf_nishikinu_mai_30.jpg

帯は当然ながら、くびれのこともあって中間辺りが特に締っています。帯の端のところは忍装束の食い込みが再現されており、帯の厚みも感じられるなど細かい造型がされています。また、肋のある辺りは衣装のシワが入っている他、食い込みの辺りはやや生地の垂れているところがあるなど造りが丁寧です。



maxf_nishikinu_mai_31.jpg

別アングルも。塗装もなかなか綺麗に塗り分けられていると思います。(元は別パーツだったのかな?)
それにしても乳より下のこのアングルでも非常にエロスが溢れていますな(*´ω`*)



maxf_nishikinu_mai_32.jpg

横の方もこの出来映え。肋の膨らみを意識したような膨らみがあり、シャドー処理も入っています。
肌と帯の隙間が少し気になりますが、塗装のはみ出ないなどは一切ないですね。左半分だけ見える結んでいるところの帯もよくできており、シワの溝のところもバリ1つなく綺麗に造られています^^





maxf_nishikinu_mai_33.jpg

細腕ながら筋肉らしさも垣間見えますが、やはり春麗やキャミィに比べるとやわらかい印象を得ます。二の腕が華奢なためか肩が張った感じがあり、そこから二の腕にかけてやや締っているなどメリハリがとてもよく表現されています。肘の内側の筋もはっきりとわかるほどで、本当に立体感が素晴しい( ´∀`)b



maxf_nishikinu_mai_34.jpg

後ろ側はこんな感じ。やや隙間が気にはなりますが、別パーツ故か塗装は綺麗に塗り分けられています!



maxf_nishikinu_mai_35.jpg

maxf_nishikinu_mai_36.jpg

肘周り。肘の外側も付け根の筋が綺麗に入っています。細腕ながらも肉感というかやわらかい丸みが表現されていて、なんかいいね。



maxf_nishikinu_mai_37.jpg maxf_nishikinu_mai_38.jpg

手の造型もいい。何気に手の平のシワの筋まで入っている他、指の仕草が細かい! 指の関節のところの筋もよく、親指なんかは指の付け根の筋とその周りの膨らみというところまでこだわって造られている。爪の造型もあり、くわえて塗装もしっかり塗られています。手の造型でここまで造り込まれているのもなかなか見ないので、素晴しいですわ(´▽` )





maxf_nishikinu_mai_39.jpg maxf_nishikinu_mai_40.jpg

右腕は脇を締める感じで、真っ直ぐ下に伸ばしています。左腕のように肩を上げていないですが、同じく二の腕の膨らみや肘の締まりなどメリハリがいい。
肘下の中心の膨らみや周りの締まり、横にある肉付きなど造型の見所がとにかく多いですね!



maxf_nishikinu_mai_41.jpg maxf_nishikinu_mai_42.jpg

よく見ると、肘のこぶも造型されているなど細かい!
赤い小手は綺麗に塗装されており、肌に色が写り込んでいることもないです。指に通している白い紐も丁寧に造られていますね^^



maxf_nishikinu_mai_43.jpg

maxf_nishikinu_mai_44.jpg

右手の出来映えもいい。特に扇を押すように添えている人差し指の中間の折っているところが自然でいい。横に添えた親指の出来映えも上々。
閉じた扇の出来もいいですね。横から見ると、扇の折り重ねた表現が丁寧。溝が実に綺麗で、バリのひとつもないこの完成度! 非常に満足感ありますね(´▽` )







maxf_nishikinu_mai_45.jpg

お背中は髪に隠れていてほとんどわかりませんが、衣装のシワを見る限り、他と同じくこだわって造られていそうです。背中でクロスしているであろう注連縄の造型もよく、特に不満はないでしょうか。



maxf_nishikinu_mai_46.jpg

腰の後ろで結んでいる帯も出来映えはいい。シワも細かいですし、左右のややふんわりとした感じも表現されていていいでしょうか。
ただ、やっぱり隙間は多少ありますねw







maxf_nishikinu_mai_47.jpg

maxf_nishikinu_mai_48.jpg


続いて、おみ足。くいっとくの字を描くヒップラインと、張りのあるふともも、そして、この肌色率ですよ。レオタードのハイレグなんてもう目じゃないほどの肌色率。ってか、横はもうほとんど何も覆ってないよね、これw

腕に巻いて、垂らしている長い赤い装束と白い帯は球体を通していて、その周りには深くシワが寄っています。球体より先は細い毛がかたまっているので、フィギュアではシワがより細かくなっています。



maxf_nishikinu_mai_49.jpg

前にははふとももの途中ぐらいまでに届くほどの短い前垂れ。後ろに向かって揺れている途中なのか、中心が押し込まれる感じになっています。上の方は垂れたシワが再現されていて、下に向かってできていY字のシワも丁寧な造型。白と赤の塗装の塗り分けも丁寧で、申し分ない出来映えです^^



maxf_nishikinu_mai_50.jpg

ふとももをニヤニヤ眺めつつ、垂れた帯などをパシャリ(ぉぃ
縦に入ったシワがまた丁寧で、ここもまたバリが全くないいい仕上がりです( ´∀`)b 球体との境目も綺麗で、本当によくできています!



maxf_nishikinu_mai_51.jpg maxf_nishikinu_mai_52.jpg

球体から先は実際は毛でわかれているのですが、髪造型のように房を重ねた感じになっています。溝が綺麗で一本一本が綺麗に重ねたように出来がとてもいいです!





maxf_nishikinu_mai_53.jpg

股のところは上から大事なところ包む程度の太さの生地しか通しておらず、周りは露出しまくっている。おかげで、鼠蹊部もくっきり・・・くっきりと!!

腰をくいっと上げている感じなので、腰から尻、ふとももへかけての曲線が本当にエロい(*´ω`*)
見せつけているようなポーズなので、尻が強調されていて前側からでももう見たくて見たくて仕方がない!




maxf_nishikinu_mai_54.jpg

左側も鼠蹊部の筋が綺麗。また、腰骨の膨らみがふとももに乗っかる感じで立体感をあらわにしていて、丸みややら肉感やらがもう密着しあっていて、もうたまらぬ!




maxf_nishikinu_mai_55.jpg

さきほどより更に横側から・・・華奢ながらもふとももはなかなかむっちりしていて、肉感的且つやわらかな感じでニヤリニヤリ。
周りに赤い生地があるので、余計に興奮してもう動悸がががががが(*´Д`)





maxf_nishikinu_mai_56.jpg

膝小僧の造型がまたはっきりとした膨らみがあり、且つ、周りの膨らみなどもリアルに表現されています。膝小僧や膝周りにはシャドー処理もされていて、より立体感が強調されている他、血が通っている感じでいいですね。



maxf_nishikinu_mai_57.jpg

横から見ると、膝小僧の中心が凹んでいるのがわかります。こんなところまで細かいじぇ!
左膝の方を見ると、下腿部の付け根からふくらはぎにかけての膨らみがはっきり表現されていて、膝の周りの締っているのがよくわかります。



maxf_nishikinu_mai_58.jpg

膝裏も大腿部の方から斜めに入っている左右の膨らみが丁寧に造型されていて、ふくらはぎへいく下腿部の付け根からの造りも非常にいい。シャドー処理もされていて、本当にリアルな出来映え!
ふくらはぎも華奢なおみ足ながら膨らみがあって、絞りながらも鍛えているのがわかります。



maxf_nishikinu_mai_59.jpg

maxf_nishikinu_mai_60.jpg

脛のかたい感じも再現されていて、足首までの造型が本当にリアルな感じ。肉感的な部分も造り込まれていますし、本当に文句ない仕上がり!





maxf_nishikinu_mai_61.jpg

maxf_nishikinu_mai_62.jpg maxf_nishikinu_mai_63.jpg

足首より先は、地下足袋のようなのを履いています。白い紐が通してあり、しっかり脚を固定しています。足首のところから見ると地下足袋の方が厚みがあり、しっかり履いている感じが表われています。
足首の他、指だけで立っている左脚は指の付け根辺りにもシワが入っているなど細かいです! さすがに昨今のに比べると精度は低いものの、塗装が綺麗に塗り分けられていると思います。







maxf_nishikinu_mai_64.jpg

前述したように股のところは、赤い生地を帯のように細くして上から通しているだけ。そのため鼠蹊部はくっきり見えている他、ふとももの乗っかるような腰骨なんかも魅力的(*´ω`*)



maxf_nishikinu_mai_65.jpg

同じ写真のフラッシュバックのようですが、左側からも一枚。赤い布は肌のところとはもとは別パーツのようで、塗装が綺麗にわかれていますね。




maxf_nishikinu_mai_66.jpg

下からのアングルなんかも!

ふ と も も む っ ち り (*´Д`)



maxf_nishikinu_mai_67.jpg

土手の膨らみも少し意識されているような気はします。でも、スー○゙ーさんはないですね。
脚を閉じているので、正面からだとアングルを選びますね(゚_゚;)






maxf_nishikinu_mai_68.jpg

アングルを選ぶのは後ろも同じですが、前よりは見れるアングル多いかな。

この突き出したようなポーズに見える尻肉! 尻の谷間に布が食い込んでいる感じのためか、前よりも面積が薄くなるような感じですね。

ふんどしのようでパンツよりもなんかいい(*´Д`)




maxf_nishikinu_mai_69.jpg

両方の尻肉楽しむなら、こっちからのアングルですかね。
こちら側も生地と肌の境目が綺麗で、非常によくできている。なので、安心して眺められます(ぇ




maxf_nishikinu_mai_70.jpg

では、何枚か...




maxf_nishikinu_mai_71.jpg

正面から見ると、こんな感じ。布が肌にフィットしているので、股のところのボリュームを考えると・・・'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ




maxf_nishikinu_mai_72.jpg

ふとももと一緒に二度美味しい!!




maxf_nishikinu_mai_73.jpg

さすがに奥はぼけるけど、このアングルでも 乳・尻・ふともも が一挙に見られます!!

肉感造型が素晴しいので、もうリアルに舞たんがいるかのようです。舞たんが乳や尻やふとももを見せつけてアピールしているかのようです。

あ ぁ 揉 み し だ き た い ! ! (コラ







あとは何時もの感じで...

maxf_nishikinu_mai_74.jpg




maxf_nishikinu_mai_75.jpg


何気にこれもフィギュアを買い始める前に出ていたものですが、本当にすごい造型ぶりですな。
この舞を見ると、他の春麗やモリガンとかも揃えたくなってきます!




maxf_nishikinu_mai_76.jpg




maxf_nishikinu_mai_77.jpg




maxf_nishikinu_mai_78.jpg




maxf_nishikinu_mai_79.jpg


顔の美しい立体感から首、鎖骨とかけて、ボリュームある胸元。ここの造型も本当にすごい。ニヤニヤせずにはいられない(コラ




maxf_nishikinu_mai_80.jpg




maxf_nishikinu_mai_81.jpg

以上、マックスファクトリー CAPCOM VS. SNK2 西村キヌコレクション 不知火舞でしたー

もう7年も前のフィギュアですが、造型のすごさを本当に見せられたフィギュアでした。今更でも買ってよかったなーと思ったりしています。今このクオリティで出してたら、1万どころじゃなかっただろうなぁと思いつつ眺めちゃう感じですね。本当にこれは当時のフィギュアの最高峰と言っても過言じゃないぐらいのものだったんでしょうね。じゃないと同年で再販なんて考えられない。この出来なら一緒に売っていたカラバリの青い衣装の方も買えばよかったかなと今更^^;
西村キヌ氏の描いたイラストの乳・尻・ふとももが立体感を持って世に出たスタチューと言うことで、実にいいものを見させてもらいました(*´p`*)




【関連記事】
英軍特殊部隊の殺人蜂 ~ コトブキヤ STREET FIGHTER美少女 キャミィ
インターポールの魅惑の脚線美 ~ コトブキヤ STREET FIGHTER美少女 春麗
不知火流忍術を操る、魅力的なくノ一 ~ SKYTUBE KOFIII 不知火舞 Red ver.
大人びた容姿の、あどけない純粋な少女 ~ アルター ディズィー Type-S
世界の全てに憎悪するカミゴロシノツルギ ~ フリーイング μ-No.12- (ミュー・テュエルブ)



    

【新品】西村キヌコレクション 不知火 舞 (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

【新品】西村キヌコレクション 不知火 舞 (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
価格:16,800円

【中古・開封品】【不知火舞】西村キヌコレクション 完成品フィギュア

【中古・開封品】【不知火舞】西村キヌコレクション 完成品フィギュア
価格:16,800円

【送料無料】「CAPCOM VS.SNK 2」 西村キヌコレクション 不知火 舞

【送料無料】「CAPCOM VS.SNK 2」 西村キヌコレクション 不知火 舞
価格:10,710円


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1159-a9fecc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。