不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


phat_killlakill_matoi_00.jpg

ファット・カンパニー キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver.のレビューです。
『天元突破グレンラガン』を制作した主要スタッフが設立したTRIGGERが、企画から立ち上げた初のオリジナルテレビアニメ作品 『キルラキル』 主人公何者かに殺された父親の一身の仇を探して本能字学園にやってきた女子高生。一房だけが紅くなっている黒髪が特徴。

物語冒頭で、父親殺しの犯人が残していったであろう”片太刀バサミ”を入れたギターケースを背負って旅をしていた。母親は早くに亡くしており、父親によって小学校の寮や寄宿舎付きの学校暮らしが続いたためグレて喧嘩三昧の日々を送っていたそのため、父親が死んでからというもの親のことを知ろうとしなかったことを後悔していて、仇討ちも本当は父のことを知りたくて続けている。
ふとしたきっかけから纏邸の地下にいた意志を持つ、謎の黒いセーラー服である”鮮血”を目覚めさせ、以降、それを着用することに。鮮血は流子と会話出来るが、それは他人には一切聞こえず、他人は鮮血をただのセーラー服として認識するよう。一方、鮮血は流子以外の人間の言葉も聞き取れる。(そのため傍から見ると、セーラー服に名前を付けて会話するちょっと電波な子と思われることも) その他、流子が着用している時は脈拍や血圧を通して彼女の体調管理やメンタルにおいても細かく教えてくれるが、体脂肪率など余計なことまで言ってしまうので流子にしばしば迷惑をかけるところも。纏一身が作った「神衣」と言う生命戦維を用いた服であり、流子が戦う際は戦闘形態になる。その戦闘形態の姿が余りに露出度が高いが、羞恥心を感じると力を発揮出来ないようで、変身当初は流子も使いこなせてなかったようで戦いの後、貧血を起こして倒れてしまう。(使いこなせていない状態では、鮮血が流子の血を必要以上に摂取してしまうため) なお、戦闘形態では髪の紅い部分が増える。

流子は前述の日々のこともあって、いわゆるスケバンのような感じで、自らを「さすらいのギターケース・関東無宿の流子」と名乗っている言動はあれだが、主人公らしく根は優しく義理人情に厚い。作品としての描写のこともあるが、個性の強いキャラクターの中に埋もれず表情が豊かで、よく見ているとそのかわいさ・かっこよさがわかる!(管理人の偏見含む) マコをリラックスの素と言っており、しばしば彼女に救われている。登場人物の中でも比較的常識人ではあるが、「なんだか分からないもの」の連中に影響に流されることもあり、一貫した自己を持ってない部分も。実は生命戦維と融合した存在であり、鮮血なくとも片太刀バサミと素手だけで一つ星極制服を着た生徒に囲まれても物ともしない高い身体能力を持つ。さらに流子・鮮血ともに進化する力が与えられており、物語が進むにつれて共に成長していく。(これは鮮血に流子のDNAが含まれているためらしい) また、同様に共に、倒した相手の極制服などから生命戦維を吸収することができる。


Phat!からのキルラキルのスケールフィギュア 第1弾。と言っても、今のところ流子と皐月ぐらいしか発売は決まってないが。流子はねんどろいどがすでに発売しており、figmaも今月発売予定。身体をやや屈めた戦闘態勢のポーズで、手には武滾流猛怒(ぶったぎるもーど)の片太刀バサミと通常の片太刀バサミのどちらかを持たせることが出来るようになっている。出来映えはうーん・・・な感じ(詳しくはレビュー内にて...



作品名キルラキル
発売元ファット・カンパニー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2014/08/28
原型かわにしけん(ぐりむろっく!)
スケール1/8スケール
全高約150mm
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-50 + AF360FGZII




phat_killlakill_matoi_01.jpg phat_killlakill_matoi_02.jpg

パッケージは鮮血自体を模したものになっているようで、正面のウィンドウが鮮血の開いた口になっているのが特徴。キルラキルのロゴなども実際のと同じフォントを使われているところもある他、箱の右サイドには星マークのウィンドウ。



phat_killlakill_matoi_03.jpg


そして、上から見ると鮮血の目が!
凝っていますが、ケース自体はそこまで強度あるものじゃないので痛みやすいのがあれかな^^;



phat_killlakill_matoi_04.jpg


中身はこんな感じ。本体・台座以外に、片太刀バサミと差し替えられる握り手がひとつ。



phat_killlakill_matoi_05.jpg

本体以外を並べると、こんな感じ。真ん中のパーツは台座に差し替えて使います。(支えみたいなもの)





phat_killlakill_matoi_06.jpg

全身ぐるり。片膝着くぐらいに身体を屈め、片太刀バサミを構える流子の姿。構えると書きましたが、描写としては振り切った後にも見えます。勇ましい表情も相まって、見た目は結構良い感じかな。露出度高めの鮮血の衣装ですが、身体を屈めている分、撮れるアングルはなかなか限られるという憎い造りになっています・・・チッ(ぉぃ とはいえ、一方で丸めたことによる密着した肉感などを視覚的に楽しめるところはあります(ぇ



phat_killlakill_matoi_07.jpg

片太刀バサミが長いので、全高とは裏腹に横長サイズでしょうか。



phat_killlakill_matoi_08.jpg



phat_killlakill_matoi_09.jpg



phat_killlakill_matoi_10.jpg

後ろから見ると、露出度が本当に・・・もうね(*´Д`)



phat_killlakill_matoi_11.jpg

スカートがふわっと舞い上がりそう・・・舞い上がっている感じで、本来持つ「スカートの中を見せないように隠す」という役目をあまり果たしていません。いいぞ、もっとやれ!(ぉぃ



phat_killlakill_matoi_12.jpg

出来映えですが、造型はまずまず、塗装は微妙という感じです。造型に関しては何カ所かバリが残ったような感じになっていて惜しいかなってぐらい。でも、言うほど気になるほどでもない。でも、塗装はもうね・・・特にスカートのフリルの塗装が酷い。剥げてるしはみ出てるし...作り直しを要求したいほど。

ぶっちゃけ最近のプライズの方がまだ綺麗に塗れているのではないでしょうか!!

と思わせるほど塗装があれ...(´△` )






phat_killlakill_matoi_13.jpg

phat_killlakill_matoi_14.jpg phat_killlakill_matoi_15.jpg

顔アップ。キリッとした男前な表情です。(もちろん、流子ちゃんは女の子です
目は結構劇中に近い感じですかね。つぐんだ口がまたすごい。女の子のフィギュアをこんな口にさせるかね・・・しかし、それがいい! 下唇もあって立体感もあるでしょうか。

気になったのが髪の方でしょうか。造型の方はバリが多少あるものの、特徴とらえたものになっていていいです。ですが、この・・・一部にある黄ばんだような塗装はなんですかね^^; しかも、塗っているというような感じではなく付着しているって感じに見えるのがまた更にガッカリ感。紅い部分も塗装がはみ出ていて、うーん(´・ω・`)な感じです。いや、本当に。




phat_killlakill_matoi_16.jpg

phat_killlakill_matoi_17.jpg

頭部まわりも。さきほども言いましたが、造型はそこまで気になるほどではないです。(良いとは決して言えませんけどね...



phat_killlakill_matoi_18.jpg

黄ばんだようなのは前髪以外にも何カ所かありますね。サンプルレビューなどではこういうのは見られなかったので、これがなんなのか引っかかってます。



phat_killlakill_matoi_19.jpg

後頭部側の髪の裏側は紅く染まっていますねぇ(´▽` ) ここは不思議と良い塗装ぶりw なんでや。







phat_killlakill_matoi_20.jpg

phat_killlakill_matoi_21.jpg

衣装もとことによっては塗装剥げがあったりしますが、スカート以外は真面目な話、まだマシな方でしょうか^^;
(それぐらいスカートが酷かったので...


本人が当然のごとく羞恥心を感じるほどにあの歳の子には露出度の高い衣装。と言っても、あまりに際どいってほどでもないですが、普通の人から見たら胸元の紐のような感じとか確実に引きますね。



phat_killlakill_matoi_22.jpg

首回りはなかなか塗装が綺麗な方かなと。でも、やっぱりちょっとはみ出てる(苦笑
ツヤ消しされたような黒になっているので、無駄にテカらないのはいいですね。

首の長さも割としっくりくる感じです。



phat_killlakill_matoi_23.jpg

鮮血の目は首に近い方はちょっと塗装があれでしたが、こちらの方はまぁまぁ綺麗かな。瞳の中心辺りは綺麗に塗られているのでよかったです(´▽` )
ギザギザとした造型もいい!



phat_killlakill_matoi_24.jpg

星十字を表す右側の方もこの出来映え。箇所によってこう違いすぎるのはなんなのだねw





phat_killlakill_matoi_25.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

マコ曰く、いや、傍から見ても姉さんよりも大きい膨らみ(*´▽` *) 普段の姿の鮮血を着ている時だとそれがわかりにくい(描写にもよるが)ので、余計に存在感あるおっぱい(ぇ
上の方はともかく、中心から下はそれを隠すのが本当に最低限と言えるほどなので余計にけしからんです!(皐月様曰く、この露出度の高さは”生命戦維の皮膚を通じた影響を最低限にするための必然性”からくるものとのこと)

ここら辺はもともと別パーツだったのかはわかりませんが、不思議なほどに出来がいい。おのれ.......



phat_killlakill_matoi_26.jpg

乳房の形もよく、型崩れせず整っています。美乳というやつですな。
(そう言えばこの作品で特にバストサイズが大きいのは、マコのお母さんの好代と羅暁ぐらいかな



phat_killlakill_matoi_27.jpg

左腕を前にしているので、正面からだと右乳しか見えない。左乳は横からしか眺められないのが悔しいところである(ぉぃ
このサスペンダーのような紐に乳がやや押さえつけられている感じがいいよね(*´p`)

肝心のサスペンダーの方は白と赤の境目がちょっとあれなとそうかな



phat_killlakill_matoi_28.jpg

別アングルでも...乳自体はよくできてる。不思議なほどにw







phat_killlakill_matoi_29.jpg

下に降りてお腹部分。もともとスタイルのいい流子なので、くびれはきゅっと締っているでしょうか。
そして、何より身を屈めているため腹の肉厚で、おへそが横長の線のようになっている!!

おへそが横長の線のようになっている!!

大事なことなので(ry



phat_killlakill_matoi_30.jpg

横から見ると、肋のラインやお腹の膨らみも意識された造型になっているのがわかりますかね。17歳ということもあるのかアニメの描写的な部分もありますか、無駄に肉付けされていないのがまたいいかな。(あくまで少女なので

スカートの上の紅い部分は、塗装も結構綺麗でしょうか。



phat_killlakill_matoi_31.jpg

お腹のくびれ辺りの高さのところで、ちょうと曲げているのがわかるような筋が入っています。少しだけシャドー処理もされているみたいですね。



phat_killlakill_matoi_32.jpg

右側からも一枚。こっちは捻られている分、背中側も少し見えています。
お腹の筋などはあまり見えず、ぷるんとおっぱいに目が行きそうなだけ(コラ 横から見るサスペンダーっていいね(*´Д`)



phat_killlakill_matoi_33.jpg

んで、肝心のスカートなのですが前はまだ言うほど悪くもない・・・のですが、やはり爪のようなフリルに継ぎ目が...横とかも普通に塗装剥げ多いところがありますね。それ以上に何より許せないのは色の違う境目ではなく、フリルの先に塗装剥げがあるというところですね(苦笑

あと、スカートの一部に亀裂みたいなのがあったのですが、これは仕様なのか製品の悪さの問題なのか(´Д⊂ヽ



phat_killlakill_matoi_34.jpg

下からも一枚。決して、ふとももをガン見したいわけではございません(ぉぃ
こうして見ると、スカートは造型も...ねぇ(;´Д`)







phat_killlakill_matoi_35.jpg

お背中側。襟の下に紅い機構は蒸気の噴出部分であり、これで煙幕を張ることができるとかなんとか...
こちらの方は肩の部分や襟自体も塗装は綺麗な感じ^^ 背中のサスペンダーの継ぎ目はちょっと粗いかなと思いますが、それでもまだ綺麗な方でしょうか。



phat_killlakill_matoi_36.jpg

アップでも一枚。肩への部分の折れたところも丁寧に造型されていますね。





phat_killlakill_matoi_37.jpg

そして、お背中へ。肩胛骨はちょうど機構的なところに隠れているためか、特に凹凸はなくすべすべのすっきりしたお背中ですね。
横から背中にかけてのところがややかたい感じに見えるのが気になりますかね(;´Д`)



phat_killlakill_matoi_38.jpg

背中にぴっちりくっついていながらもサスペンダー自体の塗装はお綺麗( ´∀`)b スカートを支えている部分もいい塗装ぶり。サスペンダーの食い込みのためか、その周りにシャドー処理がされているのがわかりますね。
見ると、腰回りのサスペンダーの食い込みにより、少しはみ肉的なものがあったりするのがいい!!



phat_killlakill_matoi_39.jpg

右方向からの写真も一枚。
お背中側から見るくびれとおっぱい!!(コラ



phat_killlakill_matoi_40.jpg

スカートまわり。やはり塗装が....手前中心のところに大きく黒く剥げているところと、右奥の継ぎ目の塗装剥げ。もうごまかし切れないほどに剥げててがっかり....(/´△`\)







phat_killlakill_matoi_41.jpg

続いて、腕周り。やはり紅いラインの塗装が粗いかなぁ...手首と二の腕にあるブロックのような形の隙間にある紅はまだ綺麗なんですけどね。
手の甲のところも結構綺麗に塗られているので、やはりそれより綺麗に塗れるはずだろう腕の紅いラインが粗いのが納得いかない。


phat_killlakill_matoi_42.jpg phat_killlakill_matoi_43.jpg

手の平のシワなども造り込まれています。でも、手の平側の塗装は....(´△` )
なお、左腕の手パーツのみ差し替えができるようになっており、こちらの手パーツは棒状の凹凸で差し込まれています。





phat_killlakill_matoi_44.jpg

こちらは右腕。肘周りの締まりや、そこから手首にかけてのふくらみなど、メリハリが自然な腕造型になっています。



phat_killlakill_matoi_45.jpg

ただ、こちらも紅いラインはちょっと粗いかな。



phat_killlakill_matoi_46.jpg phat_killlakill_matoi_47.jpg

こちらの手パーツまわりはまだ綺麗かな。爪のところも丁寧に塗られていると思います。







phat_killlakill_matoi_48.jpg

下にいって、おみ足周り。左膝を着かずにこのポーズってなかなかの足腰ですよね(ぇ
スタイルはいいけど、女の子らしい華奢さなので、ふとももやふくらはぎの膨らみによるメリハリで、それがまたぴっちりロングブーツに包まれているので実に...(*´∀`)b



phat_killlakill_matoi_49.jpg

後ろはもう・・・もう丸みが(結局ソコカヨ



phat_killlakill_matoi_50.jpg

履き口の赤はちょっとはみ出ていますが、塗装剥げはない感じ。
ふとももはむちむちし過ぎず、年齢・体型相応と言った感じで、それでも張りのある肉感でよろしい(*´ω`*)

ニーソのような履き物の紅いラインはまずまずの綺麗さかな。




phat_killlakill_matoi_51.jpg

phat_killlakill_matoi_52.jpg

反対側も2枚ほど。やはりヒップからふとももへのラインが格別ですな(*´Д`)

こちら側も塗装は良い感じですかね。服の方よりはテカった感じがある黒色になっていますね。
膝裏辺りもぴっちりフィットしているようで、シワが入っていますね。



phat_killlakill_matoi_53.jpg

膝からつま先にかけても丁寧に造られています(´▽` )
膝の膨らみも意識されており、ブーツ越しの膨らみが良い感じ。



phat_killlakill_matoi_54.jpg

phat_killlakill_matoi_55.jpg

ふくらはぎの肉感もよさげでしょうか。塗装も綺麗。頬ずりしたいでふ(*´ω`*) (゚Д゚ )ェ
ヒールの足首下のシワもよく再現されている他、かかとの造型も上々!





phat_killlakill_matoi_56.jpg

続いて、左脚側。スカートを支えているところから繋がっているサスペンダーはロングブーツも支えています。
こちらのサスペンダーも食い込みが多少意識されているのか、履き口辺りの肉感が・・・(*´Д`)

紅いラインはこちらも概ね良好ですね!



phat_killlakill_matoi_57.jpg

やはり、履き口からはみ出ているようなふともものお肉が・・・フヒヒ(下品な笑み



phat_killlakill_matoi_58.jpg

ふくらはぎも申し分ないです!



phat_killlakill_matoi_59.jpg

この辺は不思議なほどに出来映えがいいですね。やはり、納得がいかない...



phat_killlakill_matoi_60.jpg



phat_killlakill_matoi_61.jpg



phat_killlakill_matoi_62.jpg

左脚の方もふくらはぎから足首への出来映えがよく、くわえてつま先やかかともいい造型ぶりで塗装も綺麗に塗り分けられていますね。





phat_killlakill_matoi_62b.jpg

最初辺りに触れた台座の差し替えパーツですが、このように左膝を支えるものになっています。
左脚に負荷がかかりやすそうなポーズなんですかね。なんにしろ、飾る時はこちらの方がいいのかもしれません。







phat_killlakill_matoi_63.jpg

ではでは、何時もの...(*´Д`)

劇中でもちらちら映ったりしましたが・・・うむ、いい尻!! また、このハイレグのような生地面積の少なさ。尻の谷間のシワも再現されているなど、力入っていますな(ぇ



phat_killlakill_matoi_64.jpg

尻からふとももへの付け根も再現されているなど、いい肉感造型。
もう文章で書くのも面倒くさい...写真で見て欲しい(ぇ

ってかね、 不 思 議 な ほ ど に 塗 装 が 綺 麗 ! !

やはり納得がいかない。他もこのクオリティでやってくださいよww



phat_killlakill_matoi_65.jpg

マコのような突進ダイブで、流子ちゃんの尻に飛び込みたい!!!





phat_killlakill_matoi_66.jpg

そして、前の方はこんな感じ。これまた必要最低限の面積。
スー○゙ーさんのようなものではないですが、中心にもしっかりと筋が入っていて、形がもうま○×にしか見えないです(*´p`)



phat_killlakill_matoi_67.jpg

そして、ちょっと横にすると筋のところがしっかり凹んでいて、その周りにしっかりとお肉が...

し っ か り と お 肉 が ! ! !



phat_killlakill_matoi_68.jpg

うひょー、なんてエロい衣装なのか。鮮血、本当にありがとぅ!(コラ
流子ちゃんこんなにかっこいいのに・・・男勝りなほどにかっこいいフィギュアなのに、 カ ラ ダ はもう美少女フィギュアらしさ100%でございまふ(ぉぃ



phat_killlakill_matoi_69.jpg

ここにも飛び込みたいな(意味深





phat_killlakill_matoi_70.jpg

尻 も 眺 め て 2 倍 美 味 し い (*´ω`*)



phat_killlakill_matoi_71.jpg

寝かせて撮ると、尻を突き出しているように見えるこのポーズ(ヤメナサイ



phat_killlakill_matoi_72.jpg

造型、なかなかにいいです! こうして見ると、本当にぴっちりフィットしていますわ。鮮血羨ましいじぇ(ぉぃ




phat_killlakill_matoi_73.jpg

おまけ。
少しカメラを引いてみるとこんな感じ。つぐんだ口がなんか恥辱を我慢しているようにも見えたりなんか...(ぇ







phat_killlakill_matoi_74.jpg

最後は、片太刀バサミ。手パーツの差し替えを先にしなかったので、通常の方の片太刀バサミを先に持たせています。
カラーは一色なので、塗装自体はいい。



phat_killlakill_matoi_75.jpg

持ち手辺りの造型もなかなか良い感じですが、細部見るとバリがあったりするところも(´△` )



phat_killlakill_matoi_76.jpg

刃先の方は申し分ないでしょうか。







phat_killlakill_matoi_77.jpg

続いて、武滾流猛怒の片太刀バサミを持たせてみます。
通常形態より長いので、横幅も長めになりますね。ポーズ自体は大きくは変わりません。



phat_killlakill_matoi_78.jpg

こちらは両手で持つ仕様になっています。



phat_killlakill_matoi_79.jpg

左手も握り手になり、両手でしっかり保持しています。フィギュアとしては右手だけでも保持出来そうですが、両手の方が安定はしますね。
カーソルを画像に合わせると、分化出来る二箇所に丸が入ります。片方は左手に隠れるので、あまり目立たないのがいいですね。



phat_killlakill_matoi_80.jpg

こちらも刃先の出来映えは上々( ´∀`)b



phat_killlakill_matoi_81.jpg

そして、差し替えした左手はこんな感じ。こちらも手の甲の塗装はまずまず悪くない感じでしょうか。








そんな感じで、流子でした。
あとは何時もの感じで...

phat_killlakill_matoi_82.jpg

ポーズが前屈みなので、最初撮る時、顔アップがまぁ撮りづらかったです。
ポーズとかすげぇかっこいいのですが、やはり出来がね...




phat_killlakill_matoi_83.jpg




phat_killlakill_matoi_84.jpg




phat_killlakill_matoi_85.jpg




phat_killlakill_matoi_86.jpg




phat_killlakill_matoi_87.jpg

レビュー途中の写真もそうで、ところどころで明るさがだいぶ違いますが、特に撮影環境は変わっていません。ストロボの向きを変えることによって、明るさが変わっているだけです。
(必要のない説明かもですが...w




phat_killlakill_matoi_88.jpg




phat_killlakill_matoi_89.jpg




phat_killlakill_matoi_90.jpg

個人的に好きな向き。かっこいい流子ちゃんと、はっきり見える鮮血の目!




phat_killlakill_matoi_91.jpg




phat_killlakill_matoi_92.jpg

以上、ファット・カンパニー キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver.でしたー

塗装さえ...塗装さえよければ多少のバリには目をつむれたんですけどね。塗装がとにかく 良 く な い 、特にスカートの爪フリルが酷すぎます。あと、髪の黄ばみもね。
これならまだそこらのプライズの方が綺麗な塗装してくれますよと、発売元と販売元に言いたいです。値段はまだグッスマやマックスファクトリーに比べると安価ですが、だからと言って出来が不安定なのは不満なことこの上ない。

皐月様も予約しているのですが、非常に不安にさせるほどのクオリティでした...(´△` )




【関連記事】
天龍・龍田、出撃するぜっ! ~ ファット・カンパニー 艦これ ミディッチュ 天龍&龍田セット
絶大的な力と、扇情的な美貌を持つ魔女 ~ ファット・カンパニー BAYONETTA(ベヨネッタ)
”紅の学士”こと妙齢の女魔王 ~ ねんどろいど 魔王
見せ場だっ! 忍!転身! ~ ファット・カンパニー 閃乱カグラ 葛城
戦場の先陣を駆ける獅子王 ~ グッドスマイルカンパニー レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ
明るく前向きな、見習い錬金術士のお姫様 ~ ファット・カンパニー メルル
不知火流忍術を操る、魅力的なくノ一 ~ SKYTUBE KOFIII 不知火舞 Red ver.
肉感たっぷりズドン巫女 ~ マックスファクトリー 境界線上のホライゾン 浅間・智
勇猛果敢たまに甘え妹な姫君様 ~ ねんどろいど レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ



    

キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. 1/8 完成品フィギュア[ファット・カンパニー]

キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. 1/8 完成品フィギュア[ファット・カンパニー]
価格:7,210円

キルラキル 鬼龍院皐月 神衣純潔ver. 1/8 完成品フィギュア[ファット・カンパニー]

キルラキル 鬼龍院皐月 神衣純潔ver. 1/8 完成品フィギュア[ファット・カンパニー]
価格:6,960円

Phat! 1/8 纏流子 神衣鮮血ver. キルラキル

Phat! 1/8 纏流子 神衣鮮血ver. キルラキル
価格:7,200円

塗装済み完成品 1/8 キルラキル  纏流子 神衣鮮血Ver.(ホビー)

塗装済み完成品 1/8 キルラキル 纏流子 神衣鮮血Ver.(ホビー)
価格:7,470円

キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. 完成品フィギュア

キルラキル 纏流子 神衣鮮血ver. 完成品フィギュア
価格:8,180円


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1149-0c35b782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。