不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


excmodlim_quebla_tomoe2_00.jpg

メガハウス クイーンズブレイドリベリオン エクセレントモデルLIMITED 剣聖巫女トモエです。
ホビージャパン社から出版されている対戦型ゲームブック、及び、それを原作とするコミック・アニメである 『クイーンズブレイド』 に登場するキャラクターヒノモトの精鋭戦闘部隊・武者巫女の1人。武者巫女らしい強い意志をもちながらも、ヒノモトでは奥ゆかしく笑顔を絶やさない人物で知られている。

タイトルはリベリオンになっていますが、公式の説明にあるとおり 『クイーンズブレイド プレミアムビジュアルブック 散』 の表紙にあるトモエを立体化したものになっているこのビジュアルブックには特典DVD 『ヴァンキッシュド・クイーンズ』シリーズが付属しており、その中でトモエ自身が剣聖巫女を名乗っている他、紐に吊されているシーンなどもある。作品内ではヒノモトで人身売買を行っていたドグラをトモエが追い詰めるところから作品が始まり、ドグラに従わせられているブランウェンと戦うことに...。そして、ブランウェンに敗北し、ドグラに調教されるというお話。これ、R指定じゃないけど、なかなかにエロいです・・・!! なお、トモエ、ブランウェン以外に、ノワも登場しており今作においてトモエの仲が深まっている。

剣聖巫女と言うのは、武者巫女の最高位であるよう。ブランウェンの台詞からこの頃すでに沼地の魔女から呪いを受けて目が見えなくなっているようで、一度はブランウェンに敗北するも、後の再戦においてノワの協力を得てドグラの呪縛から離れ、ブランウェンにも勝利する強くも穏やかな性格は変わっておらず、アレインのお荷物にならないよう修行中だったノワをヒノモトに迎え入れ、武者巫女の武術や精神などを教えている。

メガトレショップCOREと言う何時ものメガトレショップ限定のフィギュアになっており、従来のメガトレショップと違ってプレミアムバンダイでは扱われていないため、予約出来るのは一つのサイトのみになっている。もちろん、限定商品で、こちらの作品がその第1弾になっている。イラストを忠実に再現しており、その破れた衣装だけでなく、表情も普段のトモエからは想像にでない官能におぼれかけているものになっている。過去に出ているエクセレントモデルのトモエが攻めなら、こちらは負けとも言える対比あるフィギュアになっています。もちろん、恒例のアーマーブレイクもあり(着脱も出来)、普段は見ることにできない肌という肌を拝めることが出来ます(*´ω`*) また、それが巫女さんというのがね・・・もう最高でふ。



作品名クイーンズブレイドリベリオン
発売元メガハウス
販売元メガハウス
出荷日2014/04/30
原型製作キバヤシノリオ
彩色Tc
スケール1/8スケール
全高約150mm
仕様PVC製塗装済完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-x




excmodlim_quebla_tomoe2_01.jpg
(画像にオンマウスで、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のURLはこちら

赤を基調に、パッケージは花を散りばめたデザインになっております。華やかなデザインでありながらそこにあるのは両手を縛られ、服を破られたトモエの哀れな姿という対比。
正面のウィンドウの左右に障子があり、障子を開いて中にいるトモエを見ると言うようなあしらいになっていますね。
公式サイトには書かれていませんでしたが、原型さんはクイーンズブレイドでおなじみのキバヤシノリオさんで、彩色はTcさんという黄金コンビ! これは期待せざるを得ないですよね^^



excmodlim_quebla_tomoe2_03.jpg

中身はこんな感じ。パッケージは二段になっており、台座は二段目に封入されています。







excmodlim_quebla_tomoe2_04.jpg

何時も通り、全身ぐるりから。クイーンズブレイド プレミアムビジュアルブック 散のパッケージ絵を元に立体化されたフィギュア。両手首を縛り上げられ、捕らえられたトモエの姿になっています。ぱっと見、両手を縛っているのに腕を上げているのに違和感がありますが、本の方を見ていただけると縛った紐に更に上から吊した紐が固定してあるのがわかります。実際は上から吊した紐に縛られていると考えていいでしょうか。くわえて、牢屋の中のよう。
本では刀がトモエの周りに突き刺さるようになっていますが、この台座でそれは無理なので添えるように置いています。(サンプルでもそうしてあったので...) 実際のところ、刀の方の使い道は背景みたいなもので、特に持たせたりできるわけではありません。

トモエは劇中で一時はそうなったように強い心が折れて、その目は輝きを失っていて、官能に満ちているようにも見えます。フィギュアでは本に比べると、それはやや抑えつつもありますが、紅潮した表情や僅かに開いた口、何かを気にしているような目線など、特徴はよくとらえられています。今までのクイーンズブレイドでもこういうやられ系のフィギュアは幾つかありましたが、このサイズのでここまで表情からの印象がはっきり伝わってくるのはなかったような気も...(小っちゃいのだと海洋堂さんのとかありましたけどね)
巫女装束は左右の開かれており、くわえて中に着ている衣の方は破られたよう。胸元が開いており、豊かな乳房が露わになっています。また、緋袴も一部切られたのか、おみ足が一部露出しています。露出度の高い美闘士たちをふしだらと思っているトモエにとっては、これは屈辱以外の何者でもないでしょうね。余計にこれを行った調教師ドグラはさぞかし昂揚していることでしょうよ。



excmodlim_quebla_tomoe2_05.jpg

では、ぐるりと...



excmodlim_quebla_tomoe2_06.jpg



excmodlim_quebla_tomoe2_07.jpg



excmodlim_quebla_tomoe2_08.jpg

見てわかるように、額当てについている布が長く、台座の下に行くまでの長さになっています。つまり、台座の上に置いておかないとしっかり地に着かないということに...



excmodlim_quebla_tomoe2_09.jpg



excmodlim_quebla_tomoe2_10.jpg



excmodlim_quebla_tomoe2_11.jpg

出来は悪くないですが、塗装は粗いかなぁ...一方、造型はよく、細かいシワ造形とか見所充分。小袖などは軟質素材を使っていて、着脱しやすい造りにはなっていますただ、取り付けには苦労しました。特に、袴の中に着ている小袖の取り付けに関しては、ダボのサイズが合っていないのか暖めても全くはまらず、多少加工する必要性が出てしまいました(´・ω・`) 衣装の都合上無理だとは思いますが、イルマのような造りの方が望ましかったなーと思う一方、こっちはこっちで脱がせ甲斐があるのでその辺は楽しめるでしょうかねw







excmodlim_quebla_tomoe2_12.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_13.jpg excmodlim_quebla_tomoe2_14.jpg

顔アップ。前述したように頬を紅潮させ、悩ましげな表情のトモエ。普段の黒目ではなく、白い目になっているのが特徴的で、頬の赤みなどもあいまって官能的でございます。
僅かに開いた唇が立体感ある造型がされている他、頬のチークと共に塗装も綺麗に引いてあります。アイプリの綺麗と細かさもあいまって、余計にそそられるお顔でございますね(*´ω`*)この僅かに開いたお口というのがたまらんのですよね....なんでかはわからないけどw

額当てはメタリック塗装になっており、中心にあるマークや上下の縁は造型もしっかりしてあって、立体感ありますね。髪造形も前髪などは良い感じですが、下に下ろしているところは毛先に少しバリが残っていたりしていてうーんなところも...。新品は髪と巫女衣装の間にビニールが敷いてあるので、特に色移りはしていませんでした。



excmodlim_quebla_tomoe2_15.jpg

頭頂部には髪を分ける筋が綺麗に入っています。シャドー処理もされているなど、細かいですね。前頭部・後頭部の境目に分割線があるのはまぁ仕方ない。
頭部に巻かれている紅い布は髪パーツとは別に製造しているのか、塗装がはみ出ていることもなく綺麗に仕上がっています。シワ造形などもいいですな!



excmodlim_quebla_tomoe2_16.jpg
(画像にオンマウスで、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のURLはこちら

下ろしている髪は、ふわふわの床にまで届いており、左右にふんわり広がった造型になっています。髪の柔らかさや少しの重みがよく再現された造型で、ひとふさとひとふさの溝まで丁寧で、冗談抜きで出来映えがよくて満足できます^^



excmodlim_quebla_tomoe2_17.jpg

毛先の方にある和風の髪飾りも出来映えは上々。ここは細かいパーツになっていて、破損しやすそうな印象があります。
毛先はややくねったりしているなど、細かい造型になっています。



excmodlim_quebla_tomoe2_18.jpg

紅い布も重力に逆らわないような意識がされた造型で、ゆるくカーブするように下に垂れています。途中に切り込みが入っているのは、ブランウェンに切られたものでしょうかね。
ヒノモノを表すような中心の火の玉を思わせるマークは綺麗で、塗装がはみ出ていることもないです。



excmodlim_quebla_tomoe2_19.jpg

右側の方もこの出来映え。







続いて、ボディの方にいきまして...例の如く、何時も通りの順でw

excmodlim_quebla_tomoe2_20.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

トモエは最初辺りで触れたとおり、余り露出することがないので、基本的に着脱しないとその肌を拝められない。それだけに、脱がせなくても見えるという貴重な貴重な貴重なフィギュア!!(ぉぃ

この綺麗な丸みを帯びた膨らみと、先っぽを隠すために被さった巫女装束。巫女衣装を横にずらしたくなりますw 左乳房に至っては中の方の破れた残りで隠れているようなもので、ぺろんと捲るだけでも(*´Д`)ヾ(ーー )ォィ



excmodlim_quebla_tomoe2_21.jpg

衣装を着た状態では先っぽはしっかり隠れていまして、他のアングルからでも見ることは出来ません。
でも、巫女衣装を押し上げる感じから、その乳房の豊かさはしっかりとしっかりと...ジュルリ(ぉぃ 巫女装束が破れている影響で、下乳まではっきりと見えていますね。



excmodlim_quebla_tomoe2_22.jpg

寄せ乳ではないので谷間は影がかかっていません。それだけに両方の内乳の造型がはっきりとわかるのがいいね。



excmodlim_quebla_tomoe2_23.jpg



excmodlim_quebla_tomoe2_24.jpg

下からのアングルでも1枚! た ま ら ぬ (*´Д`)

巫女衣装の前の部分は軟質ではないので、普通にはめこむと乳房よりやや浮き上がった感じになってしまいます。まぁ、これは仕方ねぇか。







excmodlim_quebla_tomoe2_25.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_26.jpg excmodlim_quebla_tomoe2_27.jpg

両腕は女性らしい細腕で、アニメでもそうだった綺麗な肌色です。(まぁこれはアニメではたいていそうですがw) 肘の内側の筋がまた綺麗で、細腕ながらもやわらかい肉感をちょっと感じさせますね。

手首を縛っている紐はPVC製ですが、ねじれた感じとか結び目とかもまずまず良い感じでしょうか。なお、手パーツと紐はそれぞれ別パーツで、手首のところでちょうど外せるようになっています。衣装を着脱する際に先に頭部を外すのですが、その頭部を外す時にここに干渉してしまうので、一番最初にここの手を腕から外して・・・と言う仕様になっています。



excmodlim_quebla_tomoe2_28.jpg

指には爪の造型もされています。指自体や爪の造型はいいのですが、指と指の間の溝が粗いかなーってのが正直なところ







excmodlim_quebla_tomoe2_29.jpg

武者巫女トモエの頃は白小袖を緋袴の中に入れていましたが、剣聖巫女になって外に出すタイプに変わったもよう。と言うことは、中に着ているのは襦袢のようなものでしょうか。
フィギュアでは前に垂れているところと袖の間に隙間がありますが、これ、もう少し奥に入れ込まないといけなかったようで...後で気付いたんですよね(´・ω・`)

前述したように袖の部分は軟質ですが、前に垂れている中心の方は従来の硬いパーツになっています。首の下の後ろ襟あたりのみで固定しており、そこから垂らすようになっています。途中で入っている切れ込みは、これも切られた跡でしょうかね。

中心の方に入っているラインが綺麗で、切り込み周りも細かい。シワ造形も良い感じですね^^



excmodlim_quebla_tomoe2_30.jpg

こちら側もしかり。



excmodlim_quebla_tomoe2_31.jpg

胸元辺りに飾られた紐も出来映えはいいですが、紐先はもう一声でしょうか。あと、赤の濃淡にちょっと違和感がなくもないです。



excmodlim_quebla_tomoe2_32.jpg
(画像にオンマウスで、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のURLはこちら

袖は軟質ということもありますが、造形的のもふわっとやわらかい造型になっており、上げた腕からずり下がったところなども細かいです。
ただ、縫い込んでいる紅い紐の塗装がはみ出ているのがただただ残念...



excmodlim_quebla_tomoe2_33.jpg

右側も造型はいいのですが、塗装がやはりもう一声でしょうか。ここの取り付け自体はそこまで苦労しなかったですが、やはり少し硬めでしたね。





excmodlim_quebla_tomoe2_34.jpg

後ろの方は髪で見えないので、頭部を外してパシャリ。変な感じですが、まぁその辺はスルーで...

腕から袖がずり下がっていることからできるシワが再現されている他、うなじ辺りの衣装もややずり下がっている感じがよく表現されています。巫女装束の生地のやわらかい感じが造型でよく表れていますね^^



excmodlim_quebla_tomoe2_35.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_36.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_37.jpg

別方向やアップでも何枚か...
後ろの長い裾に付いているマークも綺麗にプリントされていますね。







excmodlim_quebla_tomoe2_38.jpg

緋袴もこれまたシワ造形など細かく造られています。シワの入っているところは色濃くなっており、よりシワが目立つよう意識されています。
腰で結んでいる紐も結んでいるところが丁寧で、その先の破れた感じも申し分ないです。袴の破れたところは綺麗な造型になっているため、生地の感じとしては若干違和感あるものの、バリなどない良い造型ですね。また、普段、巫女が見せることのないおみ足の肌をさらしているというのが実に・・・実にいい!!



excmodlim_quebla_tomoe2_39.jpg

上着を外した状態でもパシャリ。見えるとまずいかなってところは隠していますw



excmodlim_quebla_tomoe2_40.jpg

地に着くように下は真っ平らになっています。ただ、地に着かないところは丁寧に造り込んでありますね( ´∀`)b



excmodlim_quebla_tomoe2_41.jpg

横から見ると、三角の隙間。本来の巫女さんは中に着ている白衣がここに見えるはずなのですが、トモエの中に着ている服は裾が短いのため、下の方に肌が少しだけチラリと(*´ω`*)



excmodlim_quebla_tomoe2_42.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_43.jpg

上着を取っ払った状態で別アングル2枚ほど。
左右の隙間のところは、周りの縁にあるラインがちょっと粗いようにも思えます。途中で薄れたり剥げたりしていないだけまだ有り難いですけどね。
左側は袴の方はぴっちり閉じていますが、前と後ろに話すことが出来、脱がす時はこちら側から脱がす仕様になっています。



excmodlim_quebla_tomoe2_44.jpg
(画像にオンマウスで、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のURLはこちら

後ろ側もシワ造形などしっかり造り込んでありますね~
外側も内側も真っ赤な衣装なので、肌に色移りする心配がありましたが、何回か付けたり外したりしていた感じでは特にそういうのはありませんでした^^







excmodlim_quebla_tomoe2_45.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_46.jpg excmodlim_quebla_tomoe2_47.jpg

中に着ている衣はこんな感じ。見た感じ、袖などはないので肌着に近いものでしょうか。
こちらも出来映えは結構よく、ぶっちゃけた話、外に着ている袖よりも塗装が綺麗ですw 細かいシワなどもよく、縁の赤色も綺麗でしょうかね。

ただ、こちらはこちらでパーツが非常に繋げにくいという不満がありました。結局、きっちり取り付けられず終いに終わりましたね....(´・ω・`)



excmodlim_quebla_tomoe2_48.jpg

後ろの方はこんな感じ。こちら側も出来映えはよさげでした^^
お腹のところを帯で固定しているのが意識されているのか、締まっている感じやその上の垂れたところなど意識された造型がよかですな。





excmodlim_quebla_tomoe2_49.jpg

台座は、もふもふの白絨毯風のもの。もちろん、アニメ内ではこのようなものが使われるシーンは一切ないですw どうせなら牢屋を意識したものにすればよかったのにと思ったりもしましたが、髪の先など意識した場合、こういうもふもふの方が安全でしょうかね。

ただ、こういうもふもふの上でこういう感じになっていると、そういうプレイをしているようで燃えます(*´Д`)ヾ(・∀・;)ォィ




excmodlim_quebla_tomoe2_50.jpg

トモエの刀はボロボロになっています。あちこちひび割れて鍛え直さないととても使える代物ではありませんね。
一応突っ込み処としては、トモエの刀って確かすげぇ刀匠が鍛えた刀でカトレアが褒めるほどのものだったので、それがここまでボロボロになるかね...

鍔などもしっかり造られている他、刀匠のこだわりと言えるその鍔の彫りも再現されています。




excmodlim_quebla_tomoe2_51.jpg

衣装をパーツわけするとこんな感じ。刀とか額当ての布も混じってますが、これはまぁ最初に載せようと思って撮ってたからです。







excmodlim_quebla_tomoe2_52.jpg

R指定なので、あんまりこっちで載せる気にはならなかったのですが、全部脱がせるとこんな感じですね。
さすがというか、中の方もしっかり造り込まれています(*´Д`)



excmodlim_quebla_tomoe2_53.jpg

excmodlim_quebla_tomoe2_54.jpg

んなわけで、この続きは何時ものところにて....







あとは適当に...

excmodlim_quebla_tomoe2_55.jpg

これ、別に紐を用意して上から引っ張り上げる感じにするともっとよかったでしょうかね(*´Д`)




excmodlim_quebla_tomoe2_56.jpg

公式の写真でもあった、下から見上げるように撮るのがいいアングル。

この官能に満ちた表情たまらなす!!





excmodlim_quebla_tomoe2_57.jpg




excmodlim_quebla_tomoe2_58.jpg




excmodlim_quebla_tomoe2_59.jpg







excmodlim_quebla_tomoe2_60.jpg

おまけで1枚。もうまんねり的な部分もありますけどねw

その手やめろww







excmodlim_quebla_tomoe2_61.jpg




excmodlim_quebla_tomoe2_62.jpg

以上、メガハウス クイーンズブレイドリベリオン エクセレントモデルLIMITED 剣聖巫女トモエでしたー

取り付けには苦労しましたが、出来映えはまぁ予想の範囲内だったかなぁなんて。値段が高いので小袖の塗装はもうちょっとちゃんとして欲しかったなーってところはあります。
何時もの着脱は当然ですが、なんと言っても表情がよかったので、この辺りは当然の如く満足出来ます! 特にクイーンズブレイドの売りでもある負けをはっきりとイメージしたフィギュアって海洋堂のリボルテックぐらいでスケールではそんなになかった(ダメージVerとかでも強気の表情のがだいたいだった)ので、この辺がやはり嬉しい限りでしたね。この感じで、他のキャラクターも出して欲しいかなーと思ったり。特にまだ立体化のないライラとかね。




【関連記事】
戦闘教官の休息。 ~ オーキッドシード クイーンズブレイド 美しき闘士たち「アレイン」
普段は清掃員、その実態は冷酷な暗殺者 ~ エクセレントモデルCORE 牙の暗殺者イルマ
ヒノモトのローニン(自称)、ここに見参! ~ エクセレントモデルCORE 戦神の侍イズミ
過激な聖女の衝撃の白さ ~ エクセレントモデルLIMITED 異端審問官シギィ 美迫の白
闘いを強いられている奴隷剣闘士 ~ エクセレントモデルCORE 囚われの竜戦士ブランウェン
錬金鋼人いざ出撃!ガオーン!! ~ エクセレントモデルCORE 錬金鋼人ヴァンテ
叛乱軍のちっちゃい軍師 ~ エクセレントモデルLIMITED 錬金軍師ユイット
正統派ファンタジーヒロイン ~ エクセレントモデルCORE 叛乱の騎士姫アンネロッテ
美学を重んじる大海賊 ~ エクセレントモデルCORE 大海賊キャプテン・リリアナ
素直で奥ゆかしい武者巫女ねんどろ ~ ねんどろいど トモエ



    
 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1122-0a4338c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。