不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
nendoroid_kancolle_shimakaze_00.jpg

グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 島風のレビューです。
角川ゲームズ開発、DMM.com配信の、大人気ブラウザゲーム 『艦隊これくしょん -艦これ-』 に登場する、実在する駆逐艦を擬人化したキャラクター愛称は「ぜかまし」。

艦これ内の自身の台詞にもある高速と言える速度に加え、強力な雷装、水雷決戦を目的とする艦隊型駆逐艦の最高峰を目指して建造された。当時の駆逐艦の速度が概ね35ノット(吹雪型でやっと38ノット)であるのに対して島風は1943年のテストで40.90ノットを記録した。ただし、通常の公試の際の2/3(燃料など消耗品を2/3だけ搭載した状態)ではなく、より軽い1/2にした排水量であった。最終終末公試運転では39.9ノットと、計画速力である39ノットは超えるものの40ノットの大台に届かなかったらしい。
ゲームでの初期装備は限られているが、実際の島風には竣工時より22号対水上電探を前マストに装備艦橋前には最初は13mm連装機銃1基と25mm連装機銃2基だったのが、25mm連装機銃1基と25mm三連装機銃2基と変遷していっている。魚雷発射管の間にも機銃座を設け、そこにも25mm三連装機銃2基を配備し、合計25mm連装機銃1基・25mm三連装機銃4基となった。
艦これの島風のモデルは1941年に起工されたものであるが2代目であるそうで、それより過去にある峯風型駆逐艦の4番艦・島風が名前としては初代で、それに因んでこの島風も名前を命名されている。初代島風は1919年に起工され、公試運転時に40.698ノットと言う新記録を樹立しており、2代目の島風登場までその記録を越える駆逐艦は登場していないよう。

島風はその性能の高さより多くの姉妹艦を建造予定されていたが、太平洋戦争開戦による戦術の変更の他、水雷戦自体の可能性の低さやコストの問題から計画は放棄され、後、2番艦や3番艦などは製造されずに至る。また、その速度の速さから他艦と隊列を組ませても速度差で衝突などが起きる可能性が多大にあったため、水雷戦隊所属となってからも駆逐艦隊には編入されることがなく、就役から沈没まで僚艦が付くことは一度としてなかった。そのため、ゲーム内やオムニバスではしばしば、「ぼっち」として扱われることが...。一方で旗艦を務めることがあった他、同時期に建造されている夕雲型の長波と同じ作戦に従事することもあった。(ちなみに、沈没した時の戦線も長波と一緒にいたりする)

艦これでは主人公ではないが、公式が推す看板キャラクターとなっている。(グッズもやはり島風が一番多いようで) ウサミミを思わせる大きいカチューシャに、へそだしで袖無しセーラー服、鼠蹊部がくっきり見えるローライズのプリーツスカートに、いわゆる見せTバック、紅白のニーソックスと言う特徴的&挑発的すぎるデザインに加え、連装砲ちゃんというマスコット付きという、これでもかというほどの萌え要素を詰め込んだ艦娘になっている。とにかくあざとい見た目であるのに加え、中破(大破)時はもっとすごいことになっている。この見た目のインパクトから「艦これは全く知らないけど、島風はなんとなく知ってる」と言われ、Pixivなどでも特に人気がある他、二次創作物でも「とりあえず島風出せば売れる」とまで言われたぐらい。(実際、艦これの始まった2013年の某イベントではかなりの数の島風本が出ている) そのためもあってか一部で島風好きなのはにわかと言われるなど揶揄されることもあるが、あくまで公式が艦これの人気獲得を狙ってこれでもかと要素を注ぎ込んでいるキャラクターであることを忘れてはいけない。
なお、艦これでは主に、建造で出すか、2-4『沖ノ島海域』でドロップするかのどちらでゲットできる。レア艦ながらボスドロップが多い中、島風は2-4ならどこでもドロップできる可能性があるため、まだ比較的会える確率の高い部類である。ただ、やっぱり出ない時はとことん出ないので、初めてきてくれた時は喜びもひとしおである。


艦隊これくしょんからのねんどろいど第1弾。グッスマ系列ではすでにPhat!からミディッチュがWF限定で展開されているが、一般販売物としてはこれが初。島風自体はすでにfigmaやスケールフィギュアでの発売も決まっており、やはりなんてったって速いんでしょうw マスコットの連装砲ちゃんは当然のこと、「砲撃エフェクト」や「魚雷発射エフェクト」も付属。加えて、中破・大破時を再現したダメージボディも付いていて、ゲーム中の島風の姿を再現出来るようになっています!




作品名艦隊これくしょん -艦これ-
発売元グッドスマイルカンパニー
販売元グッドスマイルカンパニー
発売日2014/03/27
原型JUN(E.V.)
制作協力ねんどろん
スケールノンスケール
全高約100mm
仕様ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-50




nendoroid_kancolle_shimakaze_01.jpg
(画像にカーソルを合わせると、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のリンクはこちら

パッケージはもうおなじみになったデザイン。背景カラーはスカートを意識した?紺色になっています。



nendoroid_kancolle_shimakaze_03.jpg
(画像にカーソルを合わせると、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のリンクはこちら

そして、こちらがグッドスマイルカンパニーオンラインショップで購入した場合に付属する限定スリーブです。雪ミクの白無垢の時のようにカバータイプのもので、海上を走る島風の姿がデザインされています。後ろにいるのは那珂ちゃんと電かな。



nendoroid_kancolle_shimakaze_05.jpg

中身はこんな感じ。グッドスマイルカンパニーオンラインショップで購入すると、もう一つ付属しているものがあるのですが、別のところで買ってた方を先に開けてしまったのでここには写ってなかったり(´△` )





nendoroid_kancolle_shimakaze_06.jpg

nendoroid_kancolle_shimakaze_07.jpg nendoroid_kancolle_shimakaze_08.jpg

全身ぐるり。最初辺りで触れたとおり、いろんな萌え要素が詰め込まれた島風。ちょいとツリ目でキュートなお口も魅力的でございます。ふんわりやわらかい感じの髪に、セーラー服もいい。
出来映えはまずまずでしょうか。ニーソックスの縞々がちと粗いかなと それ以外に関しては概ね満足いく仕上がりでした。
台座の取り付けが何時もと若干違うのですが、それについてはまた後ほど...





nendoroid_kancolle_shimakaze_09.jpg

顔アップで、ノーマル顔です。艦これでのいわゆる通常時のお顔。実際どうかはわからないけど、ゲーム中ではこの顔のまま「オゥッ!?」とか言ったりするので、もういろんな意味で癖になる(ぇ
デフォルメになりながらも、ややツリ目な瞳やちょこんと開いたお口など、特徴がよく捉えられています。造型や塗装もよく、満足いく仕上がりになっています。



nendoroid_kancolle_shimakaze_10.jpg

別アングルでも1枚。ぜかましかわいい!



nendoroid_kancolle_shimakaze_11.jpg

ウサミミを思わせるカチューシャ。やわらかい耳飾りなのか、右はそれこそウサミミのように折れてシワが形成されていますね。
こちらの耳の部分は頭部とは別パーツで差し込んで固定しています。



nendoroid_kancolle_shimakaze_12.jpg nendoroid_kancolle_shimakaze_13.jpg

なので、撮っている最中にちょい抜けかけてたりね(/´△`\)
カチューシャの塗装は綺麗に塗られていて、髪の方に色移りしているようなこともないようです。後ろは背中にある艤装に干渉しないように左右にかき分けられており、毛先の方はふんわりと広がっているのが特徴。髪のやわらかい質感があるのがいい造型である証ですかね~。



nendoroid_kancolle_shimakaze_14.jpg

nendoroid_kancolle_shimakaze_15.jpg nendoroid_kancolle_shimakaze_16.jpg

セーラー服も金色の装飾や黒いスカーフが丁寧に造られています。ニーソの紅白の縞々が少し粗いですが、他は綺麗に塗り分けられています。スカートは下半身パーツとは別パーツで、また何時ものように胴体・スカート・下半身と繋がっているのではなく、下半身パーツに引っかかるような造りになっています。おへそはチラリズム程度にも見えないですが、ちゃんと造型されています。

台座は何時ものように背中に直接差し込むものではなく、背中に装備する艤装との間に噛ます仕様になっています。台座が直接差し込まれているわけではないので、どんどん保持が緩くなっていくのがちと悩み所でしたね。
ただ、造型や塗装などはいいのであまり文句も言えないかな



nendoroid_kancolle_shimakaze_17.jpg

ねんどろの中でもそうはないプリティーなおしり(*´Д`)

ただ、パンツは粗い(/´△`\)







続いて、オプションパーツなど。

nendoroid_kancolle_shimakaze_18.jpg

連装砲ちゃんなども並べて、ずらりと勢揃いです!
先に触れておきますが、ちっちゃな連装砲ちゃんは専用の支柱アームがあり、それを下に繋いで浮かせるように見せることが出来ます。ボール型の関節で、ねんぷちなどで使われているのとほとんど同じ感じでしょうか。



nendoroid_kancolle_shimakaze_19.jpg

途中まで撮ってこれは最初から付いてるものなのねと気付いた件(ぇ
形からしてイカリを再現したものだと思います。ちょうど差し込み口の辺りに結び目のような造型があるので、実際にはそこで固定しているんでしょうね。



nendoroid_kancolle_shimakaze_20.jpg

続いて、連装砲ちゃん。浮き輪を付けたやや大きめのが1機、小さいのが2機付属しています。
かわいい顔も再現されている他、造型なども結構良い感じです。真ん中の連装砲ちゃんのみ、砲身の角度を変えることができるようになっています。



nendoroid_kancolle_shimakaze_21.jpg

nendoroid_kancolle_shimakaze_22.jpg

別方向。中心の連装砲ちゃんの浮き輪には、島風の名前が平仮名で書かれています。これは縦一列に一文字ずつ文字があり、それを縦読みで本来の右から読むことにより「しまかぜ」と読むんだけど、最近は縦読みでも左から右へ読む本とかもあって、それの影響で右から読むのを知らない人が「ぜかまし」と読んでしまったのが愛称が出来た由来らしいけど・・・本気で読み方を間違えたのか、ネタだったのか....



nendoroid_kancolle_shimakaze_23.jpg

おまけ。こちらは、前に買ったアクアマリンの連装砲ちゃんチャームとの大きさ比較です。
ねんどろいどに連装砲ちゃんつくからチャームは買ってないって人もいるかなーと思ったので、とりあえず撮っておきました。



nendoroid_kancolle_shimakaze_24.jpg

首下にある分割線のところでパーツがわかれており、その上は差し替えることで中破(・大破)状態にすることが出来ます。ちっちゃい連装砲ちゃんの表情は2種類が1つずつ付いています。
また、浮き輪付きの連装砲ちゃんにはばってんシールを貼ることで、より忠実に再現することが出来るようになっています( ´∀`)b








nendoroid_kancolle_shimakaze_25.jpg

続いて、魚雷どーん!(ぇ



nendoroid_kancolle_shimakaze_26.jpg nendoroid_kancolle_shimakaze_26b.jpg

魚雷発射エフェクトは背中に背負っている魚雷発射管に取り付ける仕様になっています。
魚雷が発射した瞬間の煙のもくもくまで再現されていますね。



nendoroid_kancolle_shimakaze_27.jpg

浮き輪付きの連装砲ちゃんにはこのように、砲撃エフェクトを取り付けることができます。パーツを付ける都合上、砲身の角度は揃えなければいけませんが、まぁ角度をばらばらにすることってそうそうないよね^^;







nendoroid_kancolle_shimakaze_28.jpg

ちっちゃな連装砲ちゃんはこんな風に抱えたりもできるよ^^



nendoroid_kancolle_shimakaze_29.jpg

抱える用の腕パーツが付属しています。
この写真だと後ろからアームで繋いでいたりしますが、こんなことしなくても保持出来ることに後で気付いた件・・・今回は何かとやらかしてしまってますね(/´△`\)







nendoroid_kancolle_shimakaze_30.jpg

最後に中破(・大破)状態の島風も(*´Д`)



nendoroid_kancolle_shimakaze_31.jpg

表情は、照れ顔です。中破顔でもいいかもですがw
驚いているような恥ずかしいような、引きつった表情になっています。ノーマル顔のような感情がはっきりしていない表情と違って、大きく感情が変化しているのがわかりますね。

こちらもアイプリが綺麗ですが、何より頬の赤みやつぐんだ口がはっきりわかるのがいいですね。



nendoroid_kancolle_shimakaze_32.jpg

ウサミミカチューシャもすっかり破けてしまい・・・oh...(´Д` )



nendoroid_kancolle_shimakaze_33.jpg
(画像にカーソルを合わせると、画像が切り替わります。切り替わる方の画像のリンクはこちら

セーラー服も破けてしまっており、特にパンツは大変なことになっております・・・何故これで脱げ落ちないのか!!(コラ

なお、造型などはこちらもとてもいいですが、やっぱ紅白のニーソだけ塗装が粗いかな^^;





nendoroid_kancolle_shimakaze_34.jpg

グッドスマイルカンパニーオンラインショップで購入すると、専用スリーブ以外にこのような波が描かれた台座が付属します。
どうせなら今後発売されるねんどろも一緒に載せられるようなでかいサイズのが欲しいですが・・・まぁそれはdi:stageで勝手にやってくれって話ですかね








では、後は適当に...

nendoroid_kancolle_shimakaze_35.jpg

しまかぜ、砲雷撃戦入ります!




nendoroid_kancolle_shimakaze_36.jpg

連装砲ちゃん、一緒に行くよ~




nendoroid_kancolle_shimakaze_37.jpg

連装砲ちゃんと一緒に歩いているイメージはあまりないんですが、これから出撃ってことで進水するまでは歩いているのかな。




nendoroid_kancolle_shimakaze_38.jpg




nendoroid_kancolle_shimakaze_39.jpg

なんとなくこんなのも撮ったけど、多分、この状態から撃ったら転んで沈むよね(;´Д`)




nendoroid_kancolle_shimakaze_40.jpg

連装砲ちゃんによしよし。




nendoroid_kancolle_shimakaze_41.jpg

特製台座も使ってみるけど、これならやっぱりもう少し大きいサイズか、なんか箱庭的なものの方がいいですかね^^;




nendoroid_kancolle_shimakaze_42.jpg

連装砲ちゃん、あぶなーい!!(ぉぃぃぃぃ





nendoroid_kancolle_shimakaze_43.jpg

最初のあたりでも触れたけど、台座のアームが保持させにくいタイプのやつのためか、この状態で飾ると横に傾いていくのよね




nendoroid_kancolle_shimakaze_44.jpg

この私がやられるなんて・・・って顔してる(ぇ







nendoroid_kancolle_shimakaze_45.jpg

天龍龍田、島風に出会う。

「駆逐艦島風です。スピードなら誰にも負けません。速きこと、島風の如し、です!」

天(俺たちよりでけぇ・・・だと!?)




nendoroid_kancolle_shimakaze_46.jpg

こうして見ると、やはり明らかに大きさの比率合ってませんね。(まぁシリーズ自体違うものなので...
多分、赤城とかだとねんどろでもサイズ的に悪くない感じになりそう。島風はねんぷちも出るので、それの時にまた天龍とかと並べてみるかな^^

でも、今回はこれで抜錨だっ!!







最後は、挿げ替え分です。小顔なねんどろではなく、だいたいのねんどろの表情がはまりました。(初音ミク系のサイズでも大丈夫そう) ただ、ファット・カンパニーのねんどろとはやっぱりサイズ合いませんね^^;

nendoroid_kancolle_shimakaze_47.jpg

こちらは、初音ミク 2.0興奮顔です。

連装砲ちゃん、いっくよ~♪




nendoroid_kancolle_shimakaze_48.jpg

続いて、ホライゾン・アリアダスト 制服Ver.デフォルメ顔です。

オゥッ!?




nendoroid_kancolle_shimakaze_49.jpg

こちらは、エーリカ・ハルトマン戦闘顔です。

目の印象かなり違うのに、なんかすごいしっくりくるww




nendoroid_kancolle_shimakaze_50.jpg

ミクのとほとんど変わらないけど、はかせデフォルメ顔なんかも。




nendoroid_kancolle_shimakaze_51.jpg

お次は、棗鈴フカーッ!顔です。

もはや、擬声だけで戦える駆逐艦(マテ




nendoroid_kancolle_shimakaze_52.jpg

こちらは、佐倉杏子怒り顔です。

これまたイメージにあまりない歯を食いしばった表情とか。実際、こういう顔とかするのかなぁ。(台詞からだと想像付かないんだけど
ちなみに、島風は多数ある魚雷発射管で遠距離から魚雷をばらまく先制雷撃を行うコンセプトで造られた丙型駆逐艦だったので、一気にぶっ放すのもおかしくはなかったり。ただ、結局、戦術的に無理があって、結局その所為で量産はされなかったらしんですよね。oh...




nendoroid_kancolle_shimakaze_53.jpg

あと、ネタでこんなのもw

こちらは、明智小衣ブチギレ顔です。




nendoroid_kancolle_shimakaze_54.jpg

続いて、湯音驚き顔です。

しかし、魚雷は発射されなかった....




nendoroid_kancolle_shimakaze_55.jpg

こちらは、ミルヒオーレ・F・ビスコッティ目閉じ顔です。

目を閉じていると、こう・・・連装砲ちゃんの声が(幻聴です




nendoroid_kancolle_shimakaze_56.jpg

こちらは、立花響暴走顔です。

深海棲艦じゃないけど、こう悪墜ち的な(ぇ
さすがにこれは怖い...




nendoroid_kancolle_shimakaze_57.jpg

お次は中破もの。こちらの表情は、御坂美琴恥ずかしがり顔です。

恥ずかしがってる島風、超かわいい(*´Д`)




nendoroid_kancolle_shimakaze_58.jpg

続いて、森島はるか困り顔です。

こちらも羞恥心をいっぱい感じているような様子で・・・いいよね!




nendoroid_kancolle_shimakaze_59.jpg

こちらは、月読鎖々美あわて赤面顔です。

大破撤退余儀なく!!




nendoroid_kancolle_shimakaze_60.jpg

そして、赤座あかり喪失顔です。

これはもう大破どころじゃない気もしますが・・・まぁうんw




nendoroid_kancolle_shimakaze_61.jpg

あと、もうちょっと。こちらは、雪ミク Magical Snow Ver.デフォルメ顔です。

しまかぜ、砲雷撃戦入ります!!




nendoroid_kancolle_shimakaze_62.jpg

お次は、初音ミク 浴衣Ver.キラキラ顔です。

連装砲ちゃんを愛でる島風。でも、その顔はちょっとあれな感じに見えなくも...




nendoroid_kancolle_shimakaze_63.jpg

最後は、ニャル子 冥土Ver.興奮顔です。

あんなところにちょっと大きな連装砲ちゃんが!!?




nendoroid_kancolle_shimakaze_64.jpg

以上、グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 島風でしたー

ニーソックスがちょいあれでしたが、出来は結構いい方でしたね。特にセーラー服が丁寧に塗装されていたのがよかったです^^ エフェクトなんかもしっかり造られいて、楽しく砲雷撃戦ごっこが出来そう(ぇ 個人的には、ねんどろならではのオリジナル表情があった方が楽しめたのと、台座の支柱周りの保持力をもう少しどうにかしていただければというところぐらいでしょうか。
赤城や金剛も予約開始していますし、今後のねんどろ展開も楽しみです。とりあえず、ちゃんとした第1艦隊が組めるまでの数は出してもらわないとね。(今のところ原型と加賀と北上がいるので、あともう一隻を・・・重巡辺りで何か期待したいけど)




【関連記事】
天龍・龍田、出撃するぜっ! ~ ファット・カンパニー 艦これ ミディッチュ 天龍&龍田セット
「連装砲ちゃん、一緒に行くよ!」 ~ アクアマリン 島風の連装砲ちゃんチャーム
超時空(デフォルメ)シンデレラ ~ ねんどろいど ランカ・リー
”紅の学士”こと妙齢の女魔王 ~ ねんどろいど 魔王
天真爛漫、運動神経抜群の赤 ~ ねんどろいどぷち 一色あかね
そして・・・今日もがんばらない、引きこもり主人公 ~ ねんどろいど 月読鎖々美
”デュフフ”と残念系美少女プログラマー ~ ねんどろいど 神代フラウ



    

ねんどろいど 島風【発売済】

ねんどろいど 島風【発売済】
価格:4,166円

ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 【2次出荷】

ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 【2次出荷】
価格:3,760円

グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 島風 艦隊これくしょん

グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 島風 艦隊これくしょん
価格:4,050円

【2次出荷分】 ねんどろいど 艦隊これくしょん~艦これ~ 島風

【2次出荷分】 ねんどろいど 艦隊これくしょん~艦これ~ 島風
価格:4,500円


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1116-42dbd3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック