上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手     


alter_hyakkar_maeda_00.jpg

ホビージャパンxアルター 百花繚乱 前田慶次です。
ホビージャパンのメディアミックス企画 『百花繚乱 SAMURAI GIRLS』 、テレビアニメ 『百花繚乱 サムライブライド』 に登場するキャラクター大型バイク『松風』にまたがり、放浪している傾奇者の美少女サムライ

戦闘力は超一流で、力が消耗していなければ四剣鬼ですら退けてしまうほど。また、「氣」の達人であり、三厳の人格と能力を失った十兵衛に「気」の鍛錬をさせることによりそれを取り戻させるなど、道場のメンバーに比べて登場回数が少ないものの重要人物。達人なのは本物で、ただそれが「気」によるものかわからないが、和傘の上で微動だにしないでいれたり、熱湯にも平然と使っていられるほど。「気」の使いようでどうとでもなるらしい。また、変装の名人でもあり、道場にきた頃は兼続に変装していた。
性格は自由奔放で、女好き男嫌い。実際、宗朗も気の修行を申し出るものの男嫌いを断られている(ただし、見学はしている)が、後に十兵衛を助ける際の彼の男気は少し気に入ったようで、態度を改めている。一方、その修行に便乗した千姫と幸村は「裸エプロンにならないと修行を許さねぇ」と言われ、しかも、それが慶次の趣味によるものであり、結局二人ははその格好のまま修行をさせられている。(視聴者的には美味しいシーンであるかもしれないので、まえだけさんグッジョブ!) 傾奇者というだけあるのか、アルコールも入れてないので頬を紅潮させて酔っぱらう。(演技かもしれないが)
武應学園塾・米沢分校の出身で、米沢藩出身の直江兼続とは幼なじみで、慶次は兼続を「タタリちゃん」と呼んでいる。兼続の方はやや苦手意識があるようで、慶次のことも腐れ縁と言っている。

例の如く、ホビージャパンの期間限定受注商品。製造元はもちろん、アルターです。それだけあって、以前レビューした十兵衛ともども圧倒的な完成度を誇っています。それでいて華やかでかわゆい!! 数少ない立体化でいるにも関わらず、Niθ氏の描くキャラクターデザインをよく再現して立体化されているので、まず決定版と言っても差し支えないほどです。着物に和傘とボリュームも充分で、お値段の高めなだけあります!!(ぇ



作品名百花繚乱
発売元ホビージャパン
販売元ホビージャパン
受注期間2013/04/25 ~ 2013/06/10
出荷日2014/01/31
製造元アルター
原型製作たなか☆せんう
スケール1/8スケール
全高約280mm
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-50




alter_hyakkar_maeda_01.jpg alter_hyakkar_maeda_02.jpg

パッケージは柳生十兵衛~白銀の剣姫Ver.と同じ金色の花びらを散りばめたような、煌びやかなデザインになっています。
ただし、こちらは前田慶次に合わせたような紅い色合いになっていますね。



alter_hyakkar_maeda_03.jpg

こちらは特典のランチョンマットです。 Niθ氏の描かれているイラストがプリントされています。
どういうシチュエーションかわからないけど、開脚しているまえだけさん。恥じらった表情としなやかな身体を使ったセクシーなポーズがたまらなす!!(*´Д`)



alter_hyakkar_maeda_04.jpg

和傘などの持たせ方が丁寧に書かれた説明書付き。





alter_hyakkar_maeda_05.jpg

先に本体以外のをパシャリ。和傘は3つのパーツにわけられています。



alter_hyakkar_maeda_06.jpg

そして、台座がこちら。花模様があるところなど、今までのと同じ仕様になっています。






alter_hyakkar_maeda_07.jpg

alter_hyakkar_maeda_08.jpg alter_hyakkar_maeda_09.jpg

何時も通り、ぐるりから。和傘と刀を構え、悠々たる立ち振る舞いの慶次。全体的に見て、ボディラインがくの字になるような立ち方になっており、逆S字的な見映えの良さがありますね。紐にしか見えないブラと前が少しだけ開いたホットパンツ、そこにセンターがはだけた着物を羽織っています。着物自体も胴体の部分の裾が胸元までしか垂らしておらず、更に前がはだけたデザインになっています。傾奇者と言われるだけあって実に変わった格好であるけど、粋な格好とも言えますね。膝の左右に星マークの付いた特徴的なニーソックスもまたいいですね。
和傘は肩に支点を置くような感じになっており、慶次よりも後ろ側に位置するようになっています。そのおかげで顔に影がかかたないのが構図としてもよろしいでしょうか。

着物の大袖は蝶や花模様などが描かれているのに加え、グラデーションの入ったコントラストのいいカラーリングがよく、シワやドレープなども細かく仕上がっています。




alter_hyakkar_maeda_10.jpg

alter_hyakkar_maeda_11.jpg


和傘もフィギュアにあった大きいサイズで、後ろから見ても絵になりますね。
黄色い帯が長く、細かい仕上がりだけでなく、ボリューム的な部分でも実に撮り甲斐があります。




alter_hyakkar_maeda_12.jpg

alter_hyakkar_maeda_13.jpg


原型から劣化もほとんどないほどに完成度高いでしょうか。着物のプリントなど実に細かく再現されていて、塗装自体も綺麗です。
気になるところがあるとすれば、和傘も含み重さがそれなりにある割に、ダボがそこまで大きくないので、このまま飾り続けるとバランス的に大丈夫なのかってところぐらいでしょうか。







alter_hyakkar_maeda_14.jpg

alter_hyakkar_maeda_15.jpg alter_hyakkar_maeda_16.jpg

顔アップ。公式絵にもあるようなかわいらしい美少女顔です。Niθ氏の描く目立つ睫やアイラインが再現されている他、開いた口から見える八重歯が魅力的でしょうか。年齢には不相応かもに見えるどこか小悪魔的な雰囲気を感じさせる感じがあるのがまたいいです。開いた口から舌が見えるのがなんとも(*´Д`)ヾ(ーー )ォィ
アイプリや口の造りなど言うまでもなくいいですが、くわえてやや上を向いた鼻や丸みある頬の造りなどがよくできています。髪との境目も綺麗でいて、髪自体もほどよく出来映えがいいです。ハネたところもいいですし、左右から下ろしている繋がっているところも再現されていていいですね。



alter_hyakkar_maeda_17.jpg

alter_hyakkar_maeda_18.jpg alter_hyakkar_maeda_19.jpg

髪に取り付けているキセルもそれ自体がよくできていますし、繋いでいるところも丁寧な仕上がりです。
後頭部にまとめている髪の造りもよく、それでいてうなじ辺りにある毛先もいい。毛先の方がやや濃い塗装になっているなど、濃淡があるのがまた映えますね。



alter_hyakkar_maeda_20.jpg

まとめて垂らしているポニーテールのような髪はカーブするように曲がっていて、そこから波が揺れるように靡いています。身体を右に捻ったら、こんな感じに揺れますかね・・・?
髪の房のひとつひとつが丁寧で、隙間にバリもない。こちら側の毛先はやや丸みがあって尖りは少ないですが、やはり出来映えは前の方に劣らずです。非常に満足出来ますね^^







alter_hyakkar_maeda_21.jpg

alter_hyakkar_maeda_22.jpg alter_hyakkar_maeda_23.jpg

白い肌に黒いブラとパンツ、そこに暖色の着物とコントラストいいカラーリングです。
衣装もさることながら、やはりその肉体に目がいってしまいますね(*´ω`*) ってか、男嫌いと言うなら、なんでこんな男の視線を集めてやまない破廉恥な格好なんだろう。と言う疑問がですね。しかも、着物の胸下のところを後ろに持っていって前をはだけているなど、胸元をあえて強調づけるような感じですからね。うーむ、けしからん!!(コラ




alter_hyakkar_maeda_24.jpg

もう何とは言わず、とりあえず、おっぱいにシャッターを切るしかない!! と言いつつ、ちょい上に撮っていますが。
ブラはもう紐と言っても差し支えないもので、乳の頭だけしっかり収まるようにやや面積あるもの。でも、これだと逆に乳の頭にイヤでも視線を集めてしまいそうな感じですし、加えて、そこから首にかけて網目のようにクロスして首(とおそらく背中)で固定するものになっており、この網目が余計にそこを強調づけるものになっているでしょうか。
見るとわかりますが、着物の下に襦袢を着ているのがわかります。着物と襦袢の境目が実に綺麗で、もとは別パーツなのか塗装も綺麗に塗り分けられています。縁の仕上がりがよく、粗いところなどもないですね^^

紐でややわかりにくいですが、鎖骨もしっかり造型されています。乳房は乳頭を支えられているだけで、それ自体はやや重たげに実っていますね。



alter_hyakkar_maeda_25.jpg


alter_hyakkar_maeda_26.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!



alter_hyakkar_maeda_27.jpg


alter_hyakkar_maeda_28.jpg

(*´Д`)o彡°おっぱい!おっぱい!

ブラでやや押さえつけられているのか、下から見るとやわらかお饅頭ような丸みがあります。胴体自体がほっそりしていて、明らかに乳房の方が横の長さで勝っていますね。
この重量感ある乳が下から支えるものがないのに、型崩れしなく整っているのはやはり普段からの鍛錬によるものでしょうかね。

付け根に溝というかやや深みがあり、立体的にも実にリアル。よく造型されていて、まさに お っ ぱ い と言えるべきたわわな房ですね(*´Д`)






alter_hyakkar_maeda_29.jpg

alter_hyakkar_maeda_30.jpg alter_hyakkar_maeda_31.jpg

そのたわわなカーブが突き出たカーブなら、こっちは引っ込んだカーブと言えるでしょうか、きゅっとくびれが締まっています。んで、そこからまた広がるように流線が描かれていますね。実に欲望を誘う肉体美ですね(*´ω`*)

お腹のセンターにはくっきりお腹の筋が入っていて、うっすらとシャドー処理がされています。縦長のおへそも造型されていてキュート!
また、そのおへそ周りには肉感ある膨らみがあり、そのまた周りが締まっていて、濃い塗装が施されています。お腹は突き出ていますが太ったお腹ではなく、締まるところはしっかり締まった、実にセクシー極まりない肉感です!
下着の紐がハイレグのように両腰にいっており、その紐が腰のお肉に少し食い込んでいるのがまた、身体のやわらかさを感じさせますね。こういう立体感がよく表れた造型がやはり魅力的で、それでいて塗装のはみ出しのない仕上がりの良さに満足いけますね。







alter_hyakkar_maeda_32.jpg

alter_hyakkar_maeda_33.jpg

着物の袖はとにかくシワの細かさと、グラデーションともようの綺麗さに見惚れますね。腕を上げていることからシワが寄っているわけですが、そこが再現されているのがまた現実に忠実な感じでいい。加えて、蝶々から花模様(家紋もあるかな?)が綺麗に描かれていて、セクシーな肉体にこういう華やかさもあるのが和風作品らしさあっていいですね。あと、他のキャラクターには割とあった注連縄が見られるところが、前田慶次だと手首のところぐらい。



alter_hyakkar_maeda_34.jpg

alter_hyakkar_maeda_35.jpg

赤から橙、黄色、茶色とグラデーションしていくのが綺麗に再現されていて、やはり模様のプリントが綺麗。中に着ている襦袢の袖も再現してあるのがまたいい。
大袖らしい垂れた感じも立体になっていて、且つ、風にあおられているのかやや浮き上がっているなど、とにかく細かいのが実にいいです( ´∀`)b





alter_hyakkar_maeda_36.jpg

左腕の方は肘を曲げていて、手の方が上にあるため、袖が少し垂れ下がって腕がちらっと見える感じになっているのがまたいいね。こういう大袖からちらっと見える生肌に視線が奪われることもあるでしょうか(ぇ



alter_hyakkar_maeda_37.jpg

alter_hyakkar_maeda_38.jpg

こちらも大袖の模様からシワ造形まで申し分ないです。手首辺りから垂れ下がったことによるシワの寄りがしっかり再現されていますし、グラデーションも言うまでもなし!



alter_hyakkar_maeda_39.jpg alter_hyakkar_maeda_40.jpg

指も一本一本造型が丁寧で、爪は造型から塗装までされています。両手ともグッと握っている感じが表れていて、親指の力のこもり具合も伝わってきますね。





alter_hyakkar_maeda_41.jpg

刀も質感ある塗装で、メタリック感もいいでしょうか。鍔はなく、柄の刃の付け根辺りに装飾が施されていますが、それも綺麗に創られています。
こちらの刀ですが、季節的なこともあって自分のは手に持たせづらかったです。なので、ドライヤーとかで温めてから持たせました。





alter_hyakkar_maeda_42.jpg

和傘もこの出来映え。塗装が綺麗で、且つ、親骨の凹凸がしっかりあります。
頭ろくろは別パーツで、棒状の凹凸差し込むようになっています。なので、まわして位置など調整します。(お好みで)



alter_hyakkar_maeda_42b.jpg

内側には小骨がなく、和傘にも使われているような革(もしくは装甲?)で包まれています。溝があるところから傘をたたむ時にはそこが折れるように造られているんでしょうね。
こちらも塗装がかなり綺麗で、文句の付け所がありません(゚A゚;)



alter_hyakkar_maeda_43.jpg

シャフトはやや太めで、殴られたら普通に痛そうな硬さに思える質感です。漆塗りしたような質感で、光沢あっていいですな。
石突きが鋭い造りになっているので、これで慶次が上に乗ってバランスが取れるってのはほんと凄いわけですね。まぁ普通の人は乗るだけでも無理ですがw







alter_hyakkar_maeda_44.jpg

背中側はとにかく帯のボリューム感でしょうか。細かさもさることながら、バリのない仕上がりのよさがいいですね。
加えて、帯が左右に広がっているため、下の方を見ると尻チラッも(*´ω`*)



alter_hyakkar_maeda_45.jpg

着物の、うなじ辺りにある部分が垂れているのも再現されていて、ここが垂れているのでうなじが強調されてニヤニヤ的な(コラ
帯はややパーツとして取り付けた感じもありますが、出来は充分にいいですかね。



alter_hyakkar_maeda_46.jpg alter_hyakkar_maeda_47.jpg

黄色い帯はふんわりとした質感あるようにれ下がっており、結び目からのシワもしっかり再現されています。帯の先の模様も綺麗に塗られていて満足ですね(端はもとは別パーツのようで、繋ぎ目が僅かに見えるのがわかる



alter_hyakkar_maeda_48.jpg

黄色い帯に縛られている紅いのは帯ではなく、着物の裾。前では胸元までしかなったように見えたのは、後ろ側に回してまとめているためのようです。やはり、変わってるw
黄色い帯に縛られたところのシワが細かく、且つ、裾のふんわりやわらかい質感が再現されているなど、ここの造型ぶりも非常にいいです。

見映えとしても、黄色い帯と合わさってのこのボリューム感がいいですね^^



alter_hyakkar_maeda_49.jpg

その内側にある黒い方の布もシワが細かいこと細かいこと(゚A゚;)
このシワの入ったひらひら感がまた絵になるんですよね~。







alter_hyakkar_maeda_50.jpg alter_hyakkar_maeda_51.jpg

おみ足は女性らしいやわらかく華奢で、ふとももの肉付きも相応な感じでしょうか。ただ、ふともも下まできている黒いニーソックスの影響で、白い肌が目立つので、よりその肉付きが印象付く感じになっていて、視覚的にも非常に満足いけます(*´ω`*)ヾ(ーー )ォィ

くわえて、後ろにはホットパンツにおさまりきらない尻肉ががが・・・(コラ




alter_hyakkar_maeda_52.jpg

alter_hyakkar_maeda_53.jpg alter_hyakkar_maeda_54.jpg

ホットパンツはフロント部分が開いたものになっているなど、これまた実に け し か ら ん ものです!! あと、そのフロント部分を見るに裏地は黒のようです。とすると、これはパンツの裾を裏返して重ねて、左右で固定しているんでしょうかね。(右腰の方を見ると、折り重ねたような感じに見えるのでそうなのかな~っと。
縁の造型が丁寧ですし、フロント部分の折れた感じもリアル。それだけになんともねちっこいエロス的なものを感じさせてやまないんですけどね(*´Д`)

また、ふともものほどよいむっちり感もいいです。特に内股の膨らみが・・・ジュルリ(コラ



alter_hyakkar_maeda_55.jpg

さすがにパンツ越しなので、土手の膨らみとかはわかりにくいですね。
鼠蹊部があるところのほっとパンツのシワの造りなどが丁寧で、センターの縁もしっかり造られているなど、この質感の良さだけでも満足ですな。



alter_hyakkar_maeda_56.jpg

せっかくなので、ちょっとアングル変えてもう一枚(ぇ
膨らみがあるようなパンツの造りなので、土手の盛りも結構なものと・・・思いたい!!(コラ




alter_hyakkar_maeda_57.jpg

ニーソックスも履き口や膝周りのシワ造形が丁寧。縞々や星カラーもくっきり塗り分けられていますし、やはり完成度が高いです。



alter_hyakkar_maeda_58.jpg

ニーソックス越しながらも膝小僧があり、そこはフィット感あるためかやや黒が薄くなっています。
また、膝まわりの締まった感じや、ふくらはぎの膨らみなどメリハリはよく仕上がっています! ちょうど星マークのあるところの下が締まっているでしょうかね。



alter_hyakkar_maeda_59.jpg

alter_hyakkar_maeda_60.jpg

後ろ側から見ると、よりわかりやすいでしょうか。
ふくらはぎの付け根の三角形もくっきり再現されており、やわらかい膨らみになっているなど立体感も丁寧です。




alter_hyakkar_maeda_61.jpg

alter_hyakkar_maeda_62.jpg alter_hyakkar_maeda_63.jpg

alter_hyakkar_maeda_64.jpg

遠目だとわかりにくいですが、ニーソックスに加えてブーツを履いています。同じような黒ですが、塗りの感じが違うのでわかるかなと。
靴裏を固定するための紅い紐(もしくは単なるデザインか)もくっきり綺麗に造られていて、つま先やかかとの造りも申し分ないです!
また、足首のシワも実に細かく、リアルな仕上がりですね(゚A゚;)







alter_hyakkar_maeda_65.jpg

そして、最後は当然の如く、にシャッターを切る!!

金具とベルトのようなものがあり、どうやらこっちでちゃんと固定しているみたいですね。
そして、その真下がぱっくり開いたものになっており、ケツの谷間が露わになっています。あれかな、密着しすぎて蒸れないようにするための空間なのかな・・・だとしてもそうでなくても視覚的にはとてもとても・・・(ゲス顔




alter_hyakkar_maeda_66.jpg

ホットパンツに包まれているだけあって、パンツ越しながらもそのむっちり具合が伝わります。鍛えているだけあって、とてもいいケツ肉なんでしょうね(*´Д`)
そして、ホットパンツにおさまりきらず、はみ出た下尻がまたいい。ふとももとの境目がきゅっと締まっているのですが、下乳のところと同じくその継ぎ目が実にリアル! また、尻のはみ出てむちっとした肉感がまたよく、実に・・・実にいい!!




alter_hyakkar_maeda_67.jpg

他にも何枚か・・・アングル的な問題でローアングルばかりになっちゃいましたがね^^;




alter_hyakkar_maeda_68.jpg

ローアングルとかで見ると、尻の谷間の開いたところがハート型に近い感じに見えなくもないんですよね。
あと、触れていませんでしたが、ホットパンツは後ろ側も申し分ない出来映えですね。縁の造りがやはり素晴らしいですな^^




alter_hyakkar_maeda_69.jpg

土手の方から尻の下の方にかけても出来映えがとてもいいですね~。
はみ出た尻肉がやはり生々しく、また、このアングルだとふとももと一緒に味わえて何より何より(*´Д`*)

アニメではまえだけさんの尻をじっくり見る機会があんまりなかった記憶があるので、ここでしっかり目に焼き付けておきたいです(ぇ







以上、あとは適当に...

alter_hyakkar_maeda_70.jpg

改めて、全体で見るとやはりこのボリューム感たるやすげぇものです。これで1万とちょっとってのは、価格的にもいいんじゃないでしょうかね。(しかも、限定で




alter_hyakkar_maeda_71.jpg




alter_hyakkar_maeda_72.jpg

この向きで飾ることはないでしょうけど、後ろから見てもいい感じになるフィギュアはやはりハイクオリティですね。




alter_hyakkar_maeda_73.jpg




alter_hyakkar_maeda_74.jpg


なんとなく、和傘を持っていないパターンでも(ぇ




alter_hyakkar_maeda_75.jpg

これで見ると、前があんなにはだけているとはとても思えないですw




alter_hyakkar_maeda_76.jpg




alter_hyakkar_maeda_77.jpg

以上、ホビージャパンxアルター 百花繚乱 前田慶次でしたー

十兵衛に続いてサムライブライドに合わさったフィギュアでしたが、非常にいい仕上がりでした。しかも、十兵衛のように接続に苦労しなかった部分で、こちらの方がより満足度が高いです。レギュラーキャラクターではなかったですが、いろんな意味で印象の強い人だったので、立体化されたのは嬉しかったですね~。ん、買ってよかった!




【関連記事】
桜舞う博麗神社と博麗の巫女 ~ HJ x メガハウス 幻想百景 博麗霊夢
デフォルメ級”紅の姉妹” ~ ねんどろいど クリスカ・ビャーチェノワ&イーニァ・シェスチナ
新たに覚醒した柳生三厳 ~ HJ x アルター 柳生十兵衛~白銀の剣姫Ver.
スケスケ超セクシーな白水着姿の剣姫 ~ HJ x アルター 柳生十兵衛 白水着Ver.
”お兄ちゃん”大好き柳生の剣姫 ~ アルター 百花繚乱 柳生十兵衛
蠱惑的な裏柳生の総帥 ~ アルター 百花繚乱 SAMURAI GIRLS 柳生義仙
清楚な姿をした小悪魔♥ ~ アルター モモ・ベリア・デビルーク
ドジが目立つ(自称)愛の戦士 ~ アルター 百花繚乱 SAMURAI GIRLS 直江兼続
全力全開!! エースの戦闘用モード ~ アルター 高町なのは エクシードモード
扇情的なおひぃさま♥ ~ エクセレントモデルLIMITED 徳川の美姫 千姫



    

百花繚乱 前田慶次 【ランチョンマット付き限定版】

百花繚乱 前田慶次 【ランチョンマット付き限定版】
価格:15,380円

百花繚乱 前田慶次 【通常版】

百花繚乱 前田慶次 【通常版】
価格:13,800円

1/8 前田慶次(通常版) 【百花繚乱】 ホビージャパン

1/8 前田慶次(通常版) 【百花繚乱】 ホビージャパン
価格:12,800円

【新品】アルター×ホビージャパン◆1/8 百花繚乱  前田慶次 限定ランチョンマット付き

【新品】アルター×ホビージャパン◆1/8 百花繚乱 前田慶次 限定ランチョンマット付き
価格:14,800円


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1101-2c54bd6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。