不動・可動関係なくレビューしてる(つもりの)フィギュアホビーブログ・たまにフィギュア以外の話も。
amakuni_qgate_guanyu_00.jpg

AMAKUNI クイーンズゲイト 蜀の武神 関羽です。
ホビージャパン社出版のゲームブック 『クイーンズゲイト』 に登場するキャラクター。同社から出ているクイーンズブレイドがオリジナルであるに対し、こちらは様々な企業とのコラボレーションからなるものになっており、彼女もネクストン傘下のゲームメーカー・BaseSonのアダルトゲーム 『恋姫†無双』 に登場するメインヒロインの1人

このゲームには本人が心を許した相手に呼ぶことを許す真名と言うものがあり、彼女の真名は愛紗三国志演義などかの有名な関羽雲長を元にしているキャラクターであり、劇中の舞台では関羽本人と言える。異世界にやってきてしまった主人公・北郷一刀が最初に出会う武将であり、野盗に襲われていた一刀の恩人でもある。占いにより一刀が降り立った辺りに”天の遣い”が現われると聞いて馳せ参じたようで、以後、彼を主として慕っていく。
義に篤く勇猛果敢な武将であり、劇中ではやはり青龍偃月刀を操る。その美しく長い髪から”美髪公”とも呼ばれているようで、その強さも相まって前述の野盗含め一部のものからは恐れられているらしい。一方で美少女キャラになっているため、主君に対しての恋愛感情も徐々に芽生えていき、最初は彼の前での着替えなども気にしていなかったようだが物語が続くにつれて変化していく。まとめ役のような部分もあるので生真面目でやや融通の利かない部分もあり、ちょいちょい仕事をさぼる主君に説教することもしばしば。また、人並みに嫉妬心もあり、美女や美少女を敵と言えど幕下に迎える主君にやきもきすることは常である。作品によっては主君に依存しすぎているのもあって、1人で暴走してしまう場面も。また、敵の女武将に想いを寄せられることもあるが、本人はいたってノーマルである
また、人間相手にはその力を遺憾なく発揮するが、お化け・幽霊など非科学的なものは全くダメ。劇中では可愛い悲鳴を上げていたので、プレイヤーはさぞかしニヤニヤものだったかと(ぇ


クイーンズゲイトの作品と言うことで、ゲームブックにあるポーズの一つが元になっている。こちらの関羽は”挑発”のポーズが元になっているが、鎖の持ち方が少し違ってたりもする。(元のイラストのように持たせることもできますが、位置のずれも少しあるでしょうか) 説明には、「相手を挑発して怒らせて、体力を回復する時間稼ぎをする・・・のが本来の目的ですが、彼女はどうやらその意味をはき違えている模様です」とある。まぁ確かにこれで怒る相手はいるのだろうか・・・クイーンズゲイトの場合は相手が女性のみだから余り意味がないような気もするけど。でも、見ている我らには大いに効果があるわけでしてね!! もちろん、違う意味でね!!
作品が作品なので着脱もできるのですが、その辺はまた別ページにね^^;



作品名クイーンズゲイト
恋姫†夢想
発売元ホビージャパン
受注期間2012/11/24~2013/01/10
出荷日2013/07/12
キャラクターデザイン井上巧
製造元AMAKUNI
原型製作間崎祐介
スケール1/8スケール
全高約300mm(青龍偃月刀含む)
仕様PVC製塗装済み完成品フィギュア
撮影使用機材PENTAX K-x




amakuni_qgate_guanyu_01.jpg amakuni_qgate_guanyu_02.jpg

パッケージは、今回もモノクロ調のカラーになっています。(違い意味での)挑発にふさわしくハートマークが背景にある他、花も描かれています。後ろには原型師さんなど詳細な情報が!
しかし、黒いハートだと余計に深読みしてしまうわね(*´Д`)ヾ(・∀・;)オイオイ



amakuni_qgate_guanyu_03.jpg amakuni_qgate_guanyu_03b.jpg

中身はこんな感じ。青龍偃月刀は幾つかのパーツにわかれています。他、本体、鎖と台座とわかれている感じですね。





amakuni_qgate_guanyu_04.jpg amakuni_qgate_guanyu_05.jpg

全身ぐるり。両膝を付き、片手をチロリと出した舌に這わせた官能的なポーズ。関羽らしくない感じですが、勘違いしてのポーズなら頷けます。違う意味での挑発ポーズですが、異性には効果抜群ですね'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ 関羽にポーズに加え、背後にある青龍偃月刀に付いているリボンがハートマークを模したものになっているなど、愛情&誘惑たっぷりの挑発です。加えて、他のポーズや普段でさえ持ち歩いているわけがない首輪をあろうことか首に取り付け(いやま、首輪だから首に付けるのは当たり前なんだけど)、そこから繋がる鎖の先にはハートマークの装飾。もう挑発を越えて、誘惑か服従なのでは、これはw
本人は回復のための時間稼ぎのようですが、シチュエーション的に破れた衣装で主君を誘惑しているようにしか見えないから面白いですね。



amakuni_qgate_guanyu_06.jpg amakuni_qgate_guanyu_07.jpg

青龍偃月刀が長いため、何時もよりサイズ大きめにしているけど、それでも全体的には何時もより画像小さめかな^^;
まぁ、後で各部アップもありますので...



amakuni_qgate_guanyu_08.jpg amakuni_qgate_guanyu_09.jpg



amakuni_qgate_guanyu_10.jpg amakuni_qgate_guanyu_11.jpg

出来はまずまずと言った感じ。造形とかは細かいのですが、どうにも塗装が・・・^^; 一部汚れ塗装のようなものも伺えるんですよね。これがあえてなのか、ミスなのか...
良いか悪いかと言われると良い方ではある。でも、限定なんだからもう少し完成度上げて欲しかったかな。レヴィアタンに比べると・・・ねぇ





amakuni_qgate_guanyu_12.jpg

amakuni_qgate_guanyu_13.jpg amakuni_qgate_guanyu_14.jpg

顔アップ。正直な話、似てるかどうかと言われると・・・似てないw 顔はもう少し細めでもよかったかな~と思ったりしましたが、全体的に見るとバランスは悪いようには見えないんですよね。でも、エロさは伝わっているのでいい(*´ω`*) 結局のところグッとくるかどうかなので、満足っちゃ満足!
ただ、惜しいのが舌が出てないこと。元のイラストはチロッと出ていたので、もう一押し欲しかったかな。舌のあるなしで官能的な要素も大きく代わるので...
指のポジションとかは絶妙なんですけどね~。

アイプリ自体はとても綺麗です。口の塗装も申し分ないですし、前髪もシャープな造形がされています。微妙ではあるけど、造形とかはいい感じでしょうか。




amakuni_qgate_guanyu_15.jpg

amakuni_qgate_guanyu_16.jpg

amakuni_qgate_guanyu_17.jpg amakuni_qgate_guanyu_18.jpg

髪造形や頭部は文句ないでしょうか。リボンのフリル造形が細かく、塗装も丁寧に塗られています。結び目のところが濃くなっているなど、質感も意識してあるよう。
髪はグラデーションなどはないですが、関羽らしい深い緑色(森林のような色?)になっています。横から後ろにかけて髪をまとめているところの造形も再現されていて、前髪との繋ぎ目も悪くはないですね。
三枚目の画像はカーソルを合わせると、首輪を外した状態になります。



amakuni_qgate_guanyu_19.jpg amakuni_qgate_guanyu_20.jpg

左右に垂らしている髪の方も繊細で、くねっているところなどよくできています。
右の方に垂らしている髪は毛先がスカートに触れるような感じなので、取り扱いの際に注しないといけません。






amakuni_qgate_guanyu_21.jpg amakuni_qgate_guanyu_22.jpg

続いて、衣装。普段着ている衣装ではないので、勝負・・・ってやつでしょうか。普段の衣装より露出度が増しているのに加え、隙間隙間に肌が見えるのでチラリズム的なエロスがあります。そして、挑発的にも手でスカートをたくし上げているので、余計に相手は興奮せざるを得ないでしょう。加えて、隷属的な要素のある鎖。

普通に考えたらこの後に待っているのはギ○ギ○ア×ア×的な展開しかない(コラ





amakuni_qgate_guanyu_23.jpg

鎖自体は質感あって出来いいです。問題は衣装ですかね~。ブラのところに接着跡のような汚れのようなものがあるのが残念(´・ω・`) 塗装自体は綺麗に見えるので前者かな。
幸いなのは肌は綺麗だと言うことですね・・・絶妙な位置に髪があるので谷間が見えないというね。ぐぬぬ!!



amakuni_qgate_guanyu_24.jpg

首輪は金具のところも再現されていて、出来は上々。鎖は首輪に直で繋がっているところ以外は、従来の鎖のように動かせます。
首のところで頭部パーツが外せるので、首輪の取り付け取り外しはその際に行う感じです。





amakuni_qgate_guanyu_25.jpg

続きまして、その豊かな乳とやら(*´ω`*)
重力に従って、たゆんと少し沈む感じの乳造形。沈むだけあって、たわたな豊乳でございます。加えて、その先っぽは衣装越しであるにも関わらず、その存在を主張するかのように生地を押し上げています。しかも、その大きさと言ったら・・・これは挑発ポーズをする前に少しいじったに違いない・・・もちろん自分で!!(ぉぃ

衣装自体はまずまず。全体的には悪くなさそうですが、やはり細部見ると粗いかな。白い部分にピンクの塗装がにじみ見えているのも残念ではあります シワ使いなど造形はそこまで悪い感じはないんですけどね。そして、乳造形自体は良い感じです。ここに汚れがないのが幸いですね、フヒヒ(マテ
鎖と髪と触れ合う感じなので、色移りなどには若干注意が入ります。




以下、別方向で...

amakuni_qgate_guanyu_26.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!



amakuni_qgate_guanyu_27.jpg

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

谷間もいいですが、なんと言っても乳の中間やや下のところが露出しているのがいいね。これはローアングルで覗いたら見えるんじゃないでしょうか(*´q`)






amakuni_qgate_guanyu_28.jpg

amakuni_qgate_guanyu_29.jpg amakuni_qgate_guanyu_30.jpg

お腹からスカートにかけての服造形はかなり良い感じです。中心の繋ぎの装飾もいいですし、引っ張られていることによるシワ造形も細かい。裾のフリルも申し分ないですね^^
何気に、隙間からチラッとおへそが見えているのが更にたまらん!





amakuni_qgate_guanyu_31.jpg

amakuni_qgate_guanyu_32.jpg amakuni_qgate_guanyu_33.jpg

腕周りもいい。腕に付けている長い袖も、巻いているリボンの出来がいい。ここいらはこんなにいいのに、何故ブラのところだけ・・・orz なお、袖のところで着脱ができるようになっています。服を脱がせる時に腕を外しておかないと引っかかるんですよね
華奢のように見えますが、二の腕は割とむっちりしている感じにも見えますね。肩の丸みとかもよくできています。

また、左手の指の感じも再現されていますね。力は抜いている感じで、人差し指だけ突き出して口に這わせているような...いいね(*´ω`*)



amakuni_qgate_guanyu_34.jpg amakuni_qgate_guanyu_35.jpg

右手の方は握るように持っています。服を着せた状態ではちょうど裾をつまむ位置に合う感じになっています。着せる時は服から着せるので、腕を差し込む前に鎖と通しておく必要があったりします。

これだけ空いていれば、他にも何か握れそうだね・・・(ナニとは言いませんがw



amakuni_qgate_guanyu_36.jpg amakuni_qgate_guanyu_37.jpg

腕とおっぱいの隙間にもちゅうもーく!!(*´ω`*) 横乳造形がちゃんと造られているのがいいですな。
この触れるようで触れない感じでできる隙間がいいね。ここに手を入れたいな・・・え、手だけじゃ満足出来ないだと?!(ぉぃ





amakuni_qgate_guanyu_38.jpg

お背中はスカートのところまで露出しています。普段の衣装に比べて、無防備にもほどがあるよね!
そこには綺麗な肌色と、肩胛骨、綺麗な背筋が入っています。締めた腋の筋もいいね( ´∀`)b



amakuni_qgate_guanyu_39.jpg

この方向だと、より背中の凹凸の細かさがわかりやすいでしょうか。



amakuni_qgate_guanyu_40.jpg

スカートの後ろ側には繋ぎ目があります。これ、上の方のダボもきっちり差し込めるのですが、少し時間が経つと開いてしまいます^^;
ただまぁ、シワ造形などはよくできています。こちらもフリルが良い感じ。



amakuni_qgate_guanyu_41.jpg

別方向でもう一枚!






amakuni_qgate_guanyu_42.jpg

amakuni_qgate_guanyu_43.jpg amakuni_qgate_guanyu_44.jpg

続いて、膝付いたおみ足へ。なんと言っても、ふとももですよね。勘違いしているとは言え、ある意味での挑発としては申し分ないと言ってもいい。上は上で良い感じですし、下はこの通りむっちりのふとももを見せながら、加えて、たくしあげたスカートの奥に見える生地の小さい下着。やはり、こんなものを主君に見せた日には、すぐにギ(マテ
また、ハート型の装飾の位置もいいですね。もう誘ってる・・・と言うか飢えているとしか思えないほどの情報量が詰まっています!

むちむちのふともももたまらんね! 鍛えているだけあって、肉感的隆起がすごい。膝下は無駄に肉がないので、引き締まっているとは言えますね。外側方見ると、尻肉の丸みからふとももへのカーブがもう最高ですね(*´q`*) また、ニーソックスもよくできています。スカートの裾と同じく、フリルにようなギザギザ造形がいいね。



amakuni_qgate_guanyu_45.jpg amakuni_qgate_guanyu_46.jpg

もちろん、造形もいい。あの時代にあるのかどうかは疑問だが、ヒールの出来も申し分ないです。つま先で立っている感じがよく表現されていて、曲げたことによるシワ造形もいい。塗装も綺麗に塗り分けられています。



amakuni_qgate_guanyu_47.jpg

鎖の先のハート造形もよくできています。元のイラストでは立体的に見えにくい感じでしたが、こちらは明らかに立体造形になっています。平面のようなものはなく、球体に近い丸みがあります。





amakuni_qgate_guanyu_48.jpg

そして、その奥には挑発的な衣装に似合うカラーの下着。しかも、 紐 パ ン です!! 更に言うと、紐がお肉に食い込んで途中から見えなくなっています。なにそのけしからんの!!(*´Д`)
衣装と同じく左右にはフリル造形がされています。よく見ると、下の方に突起のような造形が・・・これはまさか!?




amakuni_qgate_guanyu_49.jpg

と言うわけで、お股をくいっと上げさせてみました。・・・が、ハートの妨害に(ぉぃ




ではでは、改めまして...

amakuni_qgate_guanyu_49b.jpg

くいっとな!! もうね・・・すごいね、この造形が。ちょっとした食い込みと、その上にある突起からなる筋の入り込み。

明らかにク・・・造形です(*´q`)

また、股の左右の皮がよくできています。残念ながらここは外せませんが、開いたらさぞかにおいしそうなマ○肉ががが(自重





amakuni_qgate_guanyu_50.jpg

そして、おしりの方もパシャリ。スカートに隠れてはいますが、下尻ははっきり拝められます。ほんと短いスカートや、もう見て欲しいと言わんばかりですね!
豊乳に負けない豊尻肉で、その丸みったら素晴らしいですわ。




amakuni_qgate_guanyu_51.jpg

そして、何より靴のかかとに少し押し込まれるようにゆがんでいます!! これにより関羽の尻肉にやわらかさが伺えますね(*´Д`)




amakuni_qgate_guanyu_52.jpg

amakuni_qgate_guanyu_53.jpg

更にローアングルで二枚ほど。やはりかかとによりゆがんでいるのがわかります。 また、下着は尻の谷間の途中までで、そこからマ・・・のところまで少し空いている感じ。尻○は下着の中に隠れている感じでしょうか(コラ

ふとももがむちむちなので、この尻からの肉感がほんと半端ないことになっていますね!!






amakuni_qgate_guanyu_54.jpg amakuni_qgate_guanyu_55.jpg

続いて、台座です。最初の辺りに触れましたが、パーツは幾つかにわかれています。
青龍偃月刀はメタリック感ある塗装がされているなど、関羽とはまた違った魅力があります。熱い的な部分ででしょうかね。

なお、固定はサポート台座を使います。また、石突きを差し込むところもありますので、傾いたりせずにちゃんと固定出来ます。



amakuni_qgate_guanyu_56.jpg  amakuni_qgate_guanyu_57.jpg

刃の部分から龍の造形まで細かく、それでいて塗装も綺麗と言うことないほどによく造られています。



amakuni_qgate_guanyu_58.jpg

矛に付いている布も元イラストを再現するように、よくできています。
矛の方とそれぞれ質感がはっきり違うように造られているのがいいですね^^





amakuni_qgate_guanyu_59.jpg

パーツ分けするとこんな感じ。
一緒に着脱出来る服のも撮っておいたり。



そして、着脱分は何時ものように別所にて...






あとは適当に...

amakuni_qgate_guanyu_60.jpg




amakuni_qgate_guanyu_61.jpg





amakuni_qgate_guanyu_62.jpg

ちょいと下から見上げるようにパシャリ。人差し指を口の間に持ってくるのが、なんかね・・・(*´ω`*)




amakuni_qgate_guanyu_63.jpg





amakuni_qgate_guanyu_64.jpg

股のところにハートを持ってくると、エロス具合がぐぐっと・・・くぱぁ的な(ぇ




amakuni_qgate_guanyu_65.jpg




amakuni_qgate_guanyu_66.jpg

以上、AMAKUNI クイーンズゲイト 蜀の武神 関羽でしたー

幾つか惜しいところはあったけど、結局のところ残念だったのは衣装の胸元部分だけですかね。裾とかニーソもいいですしね。
また、ふとももなどむち肉感もよだれもので、豊乳尻肉も た ま ら ん です!!

ところでクイーンズゲイトはもう終わりなんですかね。最近新しいのが全く発表なくて、フィギュアも残すところ 美少女雀士 スーチーパイ だけになってしまいました。まぁ、 神速の封刃タキ もまだ立体化されていませんけどね。




【関連記事】
崇拝せよ!嫉妬の邪神像! ~ AMAKUNI 七つの大罪 レヴィアタン~嫉妬の像~
ちっちゃかわいく叛乱開始! ~ ホビージャパン クイーンズブレイド リベリオンmini
スケスケ超セクシーな白水着姿の剣姫 ~ HJ x アルター 柳生十兵衛 白水着Ver.
竜戦士を闘いに駆り立てる調教師ゴブリン ~ AMAKUNI 調教師ドグラ スケールソフビ
ヒトモノのローニン(自称)、ここに見参! ~ エクセレントモデルCORE 戦神の侍イズミ
祝福なき血統 ~ クイーンズゲイト 絡みつく孤高の刃アイヴィー
扇情的なおひぃさま? ~ エクセレントモデルLIMITED 徳川の美姫 千姫



    

商品代金合計5,000円以上のお買上げで送料無料!【中古】クイーンズゲイト 蜀の武神 関羽 真恋姫無双 乙女繚乱☆三国志演義

商品代金合計5,000円以上のお買上げで送料無料!【中古】クイーンズゲイト 蜀の武神 関羽 真恋姫無双 乙女繚乱☆三国志演義
価格:8,820円

【送料無料】【Hobby JAPAN/ホビージャパン/HJ】真恋姫無双×クイーンズゲイト 『蜀の武神 関羽』

【送料無料】【Hobby JAPAN/ホビージャパン/HJ】真恋姫無双×クイーンズゲイト 『蜀の武神 関羽』
価格:12,800円

HJ限定 関羽 蜀の武神【中古】

HJ限定 関羽 蜀の武神【中古】
価格:14,800円


 

web拍手     


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
http://mirumausu.blog18.fc2.com/tb.php/1030-d25ee74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック